誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


私たちの関わることのできる現実

12-21(月)09時21分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




「生きている!」




すべてが、

「生きている!」




これだけが、

私たちの関わることのできる、現実!




*Information*




◆2Daysワークショップ「悟り―そして自己の才能の発現を生きる!」開催決定!




ナチュラルスピリット主催




・日時:2016年 1月 23日(土)・24日(日)

・参加費 : 36,000円

・会 場 : スペースジ

       JR山手線 高田馬場駅(早稲田口)から徒歩5分

       東西線 高田馬場駅(6番出口)から徒歩2分




*同時開催! 東京初個人セッション

・あなたの悟りへの疑問にお答えします!

 一瞥体験後に苦しい体験が起こった人、

 エゴ消滅のプロセスの最中にあると感じておられる方、

 悟りのプロセスの全体像、

 あなたの悟りのプロセスの疑問を解消しましょう!

・限定6人(先着順)

・日時:2016年 1月 22日(金)

・個人セッション代金:60分18000円

・会 場:お申し込み、確定後、ご連絡

・詳細、お申し込みは こちら




*ご訪問、ありがとうございました。

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村


*また、スピリチュアルなテーマに興味のありそうなお友だちや、

 「引き寄せの法則」のさらに先(悟り)に

 興味がありそうなお友だちがいたら、ぜひ教えてあげてね!
関連記事
スポンサーサイト


コメント:

こんにちは、リクと申します。

いつもやまがみさんのブログを読ませていただき感謝しています。


今日は一つ質問をさせてください。

私は対人恐怖症、自律神経失調症、強迫性障害、軽い憂鬱で外にもあまり出ることができない状態でした。

理由は恥ずかしながら容姿的なコンプレックスからです。
しかしこのブログに出会い外にでる回数も増えました。

私が恐れていた物は全て自我による物で実態のない物だと理解したからです。

今は意識の定着を目指し思考を観察する日々を送っています。

そこでいくつか質問をさせてください。

私は自分の本質である観察者のいちに在る時、目を閉じ意識を頭に集中します。


すると瞼の裏の模様が見え、それを見ている意識があります。

そして思考が入ってくると、

はっ、と、すぐに気がつきます。

そしてまたその位置に戻ります。
しばらく続けていると、なにも浮かばない時間があります。

私はこれを感じた時、ここが悟りの位置だ。と確信しました。

しかし私の自我がそこは、悟りなんがじゃないよ?
っと、語りかけてきます。

正直自我に耳を貸したくありませんが、少し不安があります。
この不安さえも自我ですよね?

感覚的な部分もあり、かなり判断するするのは難しいと思いますが、やまがみさんから見て、

私の体験は悟りに触れているでしょうか?


それと私は、というより私の自我は、容姿的なコンプレックスが原因で苦しみを感じています。

なので家にいる時や、自我の安心できる場所なら、観察者の位置にいられるのですが、

自我が恐怖を感じる場面、
例、電車の中や対面での食事、異性と関わる時、

などは、観察者の位置から自我に戻されます。

軽くパニックになってしまう時もあります。

それが怖くて今まで外に出られませんでした。


今は恐怖を感じる場面でも、観察しようと意識しているのですが、

どうにも思考の荒波に飲まれます。
このまま続ければ、私の意識は定着するのでしょうか?


読み辛い文章だと思いますが、よろしくお願いします。

2015/12/22(火) 13:35:15 |URL|リク #- [編集]
やまがみてるおさん!
本記事と関係ないコメントですが失礼します。ブログは何記事かだけ拝見しました。やまがみさんのYouTube動画2.3観てなんとなくスッと腑に落ち。本日やまがみさんのいまここにさとりを選択する〜の本を買って読んでおります。
ここ3年くらい探求で一喜一憂して、現実世界少し置き去りにしてまでもまるで脅迫観念に囚われたかのように探求に明け暮れてました。本当に古今東西の数々の探求本やセミナー等経験しましたがイマイチだったのが、ただ全部オッケーといった心境になれました。ステマでも何でもなくあの本は素晴らしかったです。タイミングが良かったってのを差し引いてもどうしてもお礼が言いたくコメントしてしまいました!
ありがとうございました。それだけです。助かりました。
2015/12/25(金) 23:10:55 |URL|k #K9UPeZzQ [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/942-7001a60b

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。