誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


感情解放の目的は「体の中に抑圧している感情エネルギーを『解放する』」だけではない

10-30(金)15時17分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




最近よくご質問をいただきます、

感情解放について、

スピリチュアルTV」にてお話ししました。

興味のある方は、ぜひ見てください。







*****




動画の中でもお話ししていますが、感情解放の目的は

「体の中に抑圧している感情エネルギーを『解放する』」だけではありません。




感情解放の目的は、

感情の抑圧の原因になっている、

「ストーリーのうそから目覚める」ことにあります。




感情解放によって、

「体の中に抑圧してきたことによって『たまっているエネルギーを解放』し、

その上で、(個別の自分を守ろうとする物語

〔過去の教育によって内面化した、

人生の先輩たちから学んだことからできた声の集大成〕が、

うそだったと見抜く」ことにあります。




抑圧した感情のある人の場合は、

「体の中に抑圧してきたことによって『たまっている感情エネルギー』」を、

感情解放によってある程度解放した「あと」、はじめて

「うそのストーリー」に気づけるようになります。




それ以前は、「『うそのストーリー』の無意識の盲信が起こっているがゆえに、

『感情の抑圧』が起り、こうして起こっている『感情の抑圧』

(無視しようとしても感じている)が、「ある」ために、

『うそのストーリー』と同一化した体(個人)が

実体として存在しているかのような錯覚を、可能にしているからです。




それは次のようにして起こっています。




「『うそのストーリー』
(「私がいる」「私とは『○○』である」「私は○○ねばならない」)
の盲信(無意識の盲信)」
 ↓
「ストーリーの盲信ゆえに、悪い感情があるという錯覚が起こる」
(ストーリーの盲信ゆえに、感情が、いい感情と悪い感情に錯覚される)
 ↓
「悪いと判断した感情の抑圧」(幻想の完成)
 ↓
「無意識の無視」(幻想の維持)
 ↓
「悪いと判断した感情の抑圧」が起こり、
それの無視(しようとする動き)が起こることで、
それが存在している(悪い感情がある)という錯覚が強化される。
 ↓
「『うそのストーリー』の無意識の盲信」の無限ループへ




ここから目覚めるに、

私の場合は、以下のプロセスが起こりました。

(わかりやすくするために、もう一度盲信の形成から語っています)




「『うそのストーリー』
(「私がいる」「私とは『○○』である」「私は○○ねばならない」)
の盲信(無意識の盲信)」
 ↓
「ストーリーの盲信ゆえに、悪い感情があるという錯覚が起こる」
(ストーリーの盲信ゆえに、感情が、いい感情と悪い感情に錯覚される)
 ↓
「悪いと判断した感情の抑圧」(幻想の完成)
 ↓
「無意識の無視」(幻想の維持)
 ↓
「『うそのストーリー』盲信ゆえに起こる
『嫌だと判断された感情』が、
無視しようとしても、どこかで感じられている
(もともと、常にあり、悪いものではないため)」
 ↓
「無視しようとしても、どこかに感じている
抑圧している感情に意識を向けて、
アクセスする覚悟を決めて、
自分からそこ(抑圧している感情)に入っていくと、
アクセスできるようになる」
 ↓
「抑圧している感情に
アクセスできるようになることによって、
体の中に抑圧してきたことによって
『たまっているエネルギーの解放』が起こる」
(動画の中でお話しした、
感情の中への突入。
私の場合は、怒り→恐怖→自虐思考への突入)
 ↓
「体の中に抑圧してきたことによって
『たまっているエネルギー」の(ある程度の)解放が起こると、
その原因(個別の自分を守ろうとする物語
〔いま自分を支配している
「過去の教育によって内面化した、
人生の先輩たちの声」〕が、
うそだったと見抜くことができるようになる。
 ↓
「いま自分を支配している
『過去の教育によって内面化した、
人生の先輩たちの声』」によってできた
「『私とは○○である』『私は○○ねばならない』などの盲信が
うそだったと『気づき続ける』(意識を向け続ける)」
(個別の自分をつくりだし、
それを維持し続けようとする「プログラム」には
「慣性の力〔ほうっておけば、それをさらに強めようとし続け、
けっして自然には止まってくれない力〕が働いているため。
少なくとも、私の場合はそうだった)
 ↓
「自分を支配している『過去の教育によって内面化した、
人生の先輩たちの声』」によってできた
「『私がいる』『私とは○○』『私は○○ねばならない』などの盲信」が
うそだったと「気づき続ける」、「意識を向け続ける」ことによって、
やがて、それがすべてうそだったわかる。




*****




感情解放は、私にとって、過酷なチャレンジでした。




このような体験が、

これ以降誰にも起こらないですむのであれば、

私はそれを願います。




けれども、私たちの思惑とは関係なく、

あるがままの出来事は、

私たちをそれぞれに必要な場所へと導きます。

(導いてくださいます)




この記事の最後に、

このチャレンジに導かれた方に次のことばを贈ります。




このチャレンジの真っ最中の私には、

この苦しみの意味がいっさい見えず、

自分の人生と運命のすべてを呪ってやりたいとさえ、

感じていました。




「弱い私」は何度も、

この苦しみ(チャレンジ)から逃れよう(「自殺しよう」)と考えました。




私の場合に、救いだったのは、

いまから考えると意味がわからないのですが、

私には、自殺は「自殺以上に恐ろしいこと」に感じられ

この「弱さ」ゆえに、この一歩を踏み出すことが躊躇され続けたことです。

(これが、私を救ってくれていたのかもしれませんね)




私には、このチャレンジに、

向き合う(この謎を解明する)以外にありませんでした。




その後、長い期間 (2年半) 

何度もあきらめようとしながらも、

向き合おうとしました。




これも、動画の中で語った

「正反対の動き」であることに気づいていただけるでしょうか。




私たちの中には、

常に「真実に気づいている存在」があります。




同時に、「『真実を避けたがっている存在』もある」ということです。




このチャレンジを感単にいうと、

「『真実を選び続ける』チャレンジ、あるいは試練」だともいえます。




このプロセスは、「自分の中の真実を知っている存在」を発見し、

これとともに生きることを学ぶまで(覚悟を決めるまで)、続くのです。




私の場合は、このプロセス(悟りへのプロセス)は、

「逃避をゆるしてくれません」でした。




たとえ、「人生からの逃避の目的」でそれがはじまったとしても、

悟りは、「人生に向き合うこと」

(真実に向き合うこと、

悪いといって分類していただけで、

もともとは何も悪くはない感情、

そしてこれがわかることによって、

あるがままの世界がそのままですばらしいものであることに気づくことに

向き合うこと)へと反転したときに、その目的を果たします。




「逃避」→「反転」→「向き合う」―。

こららの言葉で、

人生の意味がしだいに理解していただけるようになるのではないかと思います。




この過酷なチャレンジの真っ最中の私には、

まったく理解できなかったことではありますが、

このチャレンジ、このプロセス

(逃避から反転し、向き合うこと)によって

得ることができたもの

(逃避から反転し、「向き合う」を学べたこと)は、

人生最大の贈り物だったと感じています。




いまこの過酷なチャレンジの真っ最中にある人の幸運をお祈りします。




「『向き合うことからの逃避』が手ばなされますように!




*Information*




◆悟りアカデミー主催「悟りサポート3ヶ月コース」1期、11月14日スタート!




・参加代金 1期特別価格25万円〔+税〕 (通常価格35万円〔+税〕)

・9月末日お申し込み分まで、早期割引 22万円〔+税〕

0期の体験の再現性(高い確率での伝達性)の確認の目的を含んでいるため、
1期特別価格にて、ご提供させていただきます。

・定員 15名 (予定・先着順)

・詳細は こちら

・お申し込みは こちら




◆やまがみてるお&えみ 覚醒トークライブ




*やまがみてるお&えみ 覚醒トークライブ

・日時 2015年11月28日(土)、14時~16時30分 (受付開始13時30分)

・参加代金 5,000円


*やまがみてるお&えみ 覚醒ワークショップ

・日時 2015年11月29日(日)、10時~17時 (受付開始9時45分)

・参加代金 20,000円


*両日参加者様特典、
 28日トークライブ後、懇親会ご招待 (ご自身の飲食代金のご負担をお願いいたします)

*懇親会会場は、開催会議室下1階レストラン個室に決定しました。(ご飲食代金お一人4500円)

 参加者様には、開催日までに、順次メールにてご連絡いたします。

・場所 東京都目黒区

 東急田園都市線「池尻大橋駅」徒歩3分

 (詳細はお申し込みいただいた方にご連絡いたします)

・詳細は こちら

・お申し込みは こちら




*ご訪問、ありがとうございました。

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村


*また、スピリチュアルなテーマに興味のありそうなお友だちや、

 「引き寄せの法則」のさらに先(悟り)に

 興味がありそうなお友だちがいたら、ぜひ教えてあげてね!
関連記事
スポンサーサイト


コメント:

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/916-71d862d3

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。