誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


(51) 「あるがままの受容」をベースにして、願望実現に取り組むことをおすすめする理由

10-06(木)22時28分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。

はじめてお越しの方は、「こちら」をご覧ください。




私は、自我の願望に巻きこまれて、

つらく苦しい年月を長く経験しました。




私が「あるがままの受容」をベースにしたうえで、

願望実現に取り組んだほうがよりよい展開につながることを

強調する理由は、ここにあります。




願望実現がベースになると、自我がコントロール性を取り戻し、

振り回されることになります。

自我がコントロール性を取り戻すと、自我の声をそのまま信じることになり、

私たちはまた木をゆすります。

「〔49〕豊かな人生を生きるために重要なことは「意識性を高めて、あるがままにゆだねる」ことです」参照)




木の実が頭に落ちてきても、自我は私たちにこのように語りかけます。


「これこそが、よりよい未来の展開を約束する証である。

 私が押すと、木はゆれる。

 私のアクションは外的環境に、物理的に影響を与えることに成功した。

 見よ、木は木の実を落として動揺しているではないか!

 木の実は、たまたま私の頭のうえに落ちてきたけれども・・・」




私たちが、世界との関係をこのようにしか築けないのは、

これまでの私たちの常識的な世界観の影響を受けているからにほかなりません。




私たちは世界に生きる個別の生命であり、この分離した生命は、

世界から何か (食べもの) をもらわなければ (得つづけなければ) 

生き延びることができません。

このため、つねに世界に働きかけ、つねに得つづけようとしています。





世界から分離し、世界に働き (圧力を) かけ

(幼児期のころ、私たちは、泣けばミルクを与えられました)、

何らかの利益が得られるように見えるのは、限られたときだけです。

(親の自分の子どもの幼児期に対する厚い介助は、

 成長とともにしだいに得られなくなっていきます。

 他人は、最初のうちは私たちの圧力に屈することもあるでしょうが、

 そのようなことを長くつづけると、けっきょくは見放されたり、

 逆に痛い目に合うことがあります)




けれども自我はなかなかこのことには気づかず、

私たちの (そして世界の) コントロールをもくろみます。

「何もしなければ、きっと誰かの餌食にされてしまうだろう。

 それが嫌なら、世界に働きかけなければならない。

 圧力をかければ、世界は私に屈するかもしれない」

個人差はありますが、自我はこのようなことを私たちに語りかけます。




では「あるがままの受容」によって、どうして願望が実現するのでしょうか?




「あるがまま」の出来事が、私たちを

それぞれの秘めている真の能力の解放へと導くからです。




一方、自我の判断基準から導きだされた願望は、

私たち一人ひとりの秘めている真の能力を完全に解放するものではありません。




自我は自分の経験してきたこと以外経験することができません。

自我は自分の経験こそが、すべて (100パーセント) であると

疑うことなく確信しています。

このため、私たち一人ひとりが秘めている真の能力の存在に気づくことができません。

この誤解は当然のことではありますが、

これこそが、その狭い範囲内での行動以外の選択肢 

(無限の能力を活用することへの挑戦) を妨げている原因です。





自我の願望に巻きこまれてしまうと、

私たちは、制限された能力とその力の及ぶ範囲内

(木をゆすったり、力で人の行動に影響を与えたり) だけで、活動することになります。




あるがままの出来事を通して、世界 (宇宙) は、つねに私たちを

よりよい現実 (真の能力の発現) へと導こうとしています。

それはかならずしも、自我にとって心地いいものではありません。

自我はこの言葉に耳を傾けようとしないかもしれません。




けれども、出来事が秘めているかもしれない導きの可能性を否定することから、

それを観察してみる態度に変換すると、事実を目撃する可能性を私たちは手にします。




精神世界ランキング  にほんブログ村  人気ブログランキング  FC2ランキング 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
スポンサーサイト


コメント:

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/83-88d0d2f1

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。