誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


自分の見ていたものが、幻想にすぎなかったと気づく準備ができるとき

03-31(火)08時43分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




「主観」と「客観」

「思考」と「気づいている意識」

「自我の視点」と「真実を知っている視点」


この三つは、すべて「同じこと」をいっています。




「主観」=「思考」=「自我の視点」

「客観」=「気づいている意識」=「真実を知っている視点」

です。




今回は、「主観」と「客観」ということばを使って説明したいと思います。




主観の見ているものは、幻想です。




この衝撃に負けずに、

真実に目を向けることができるかどうかです。




主観をとおしてのみ世界を見てきたため私たちは、

主観を自分だと錯覚しています。




錯覚が起こっているために、

主観を守るために必死になる傾向をもっています。




生命は、生き延び、変容することを根本原理にしているため、

主観をとおして見た自分の重要性を

引き下げることに強い抵抗を感じるのです。




意識の軸が、客観に変容すると、

宇宙はもともと「一つの存在」であり、

それ以外は存在していないことがわかります。




そこにあらわれるものも、消えていくものも、

生まれてくるものも、死んでいくものも、

客観の視点から見ると、「一つの存在」のなかの変化だとわかります。




これが「命」です。




このとき、「あらわれて消えていくこと」までが、

「生まれては死んでいくこと」までが、

「生」に含まれていたことがわかります。




つまり「命」とは「生」であり、

そこには「死」は含まれていなかったことがわかります。




「死」とは、主観にとってのみ、

認識できる単なるレッテルにすぎないことがわかります。




ある景色を写真に収めて

「ほら、動かなくなっただろう。これが『死』だ」

といっているのと同じです。




自然界の方は、けっして静止することなく、

いまも草木は風になびき、

土も山も呼吸をしているというのに(笑)。




客観の視点で見ると、

現実の世界には「死」は存在していません。




私たちの「死と呼ぶ」

小さな「死」の積み重ねが

「生」を可能にしていることがわかります。




客観の視点で、

目のまえのものを観察しつづけると、

これがわかるようになるでしょう。




それほど難しいことではありません。




それにもかかわらず、

これが難しい理由は、

それに「抵抗しているもの」があるからです。




主観の見ているものを守ることに

必死になっているからです。




主観の見ているものは、幻想です。




が、この衝撃に負けることで、

真実に目を向けることが避けられるからです。




私たちは、生まれてきていません。




宇宙から分離した個別の「私」は、存在していません。




宇宙という「一つなるもの」だけが存在しています。




客観の視点から見ると、

「命」は「生」だけが感知されるようになり、

これゆえ「永遠の命」になります。




「唯一つの永遠の命」になります。




けれども、この「一つなるもの」さえも観念です。




すべてのことば、すべての観念に関係なく、

「これ」だけがあり、「これ」以外は存在していません。




主観をとおして「これ」を見てきたため、

主観をとおして見た「これ」の説明以外

―それをこえた「唯一なるもの」―にまで、

意識が届かないだけなのです。




主観をとおして世界を見るから、

問題があるように見えるだけです。




問題など、もともと存在していません。




このように、私たちが、

自分の主観を守るために

必死になる傾向をもっているために、

問題という概念が可能になります。




「いまこの瞬間」以外存在していません。




客観の視点で見つめると、

そこには、過去に学んできたことも、

記憶のなかにある何らかの権利さえも存在していません。




そのようなものは、必要がなくなります。




それらを必要とする「主観の視点」がなくなるからです。




このとき、自分の「信じている(いた)もの」を「守る」必要がなくなります。




「自分の信じているもの」を「守りたい」段階ではこれはけっして起こりません。




それが、「主観のなか」だからです。




主観の見ているものが

幻想にすぎないと気づく準備がまだできていないからです。




準備ができるときとは、

この衝撃に負けずに、真実に目を向けることができるときです。




「あなた」も「私」も客観の視点のなかでは、

宇宙という「一つなるもの」のなかへと消失していきます。




このとき、すべての問題の原因である

「私」という駄々っ子がいなくなります。




*Information*




◆やまがみてるお×地球ひろし トークライブ in 琵琶湖

滋賀県、京阪電鉄「浜大津駅」、JR東海道線「大津駅」近くの会場

(お申し込みいただいた方に、ご連絡いたします)

日時 2015年4月19日(日) 14:00~16:30 (受付開始13:30~)

(終了後、懇親会の予定あり。ご自身のご飲食代金をお願いします)

参加代金 5000円  (定員あり 15名)

詳細は こちら

お申し込みは、こちら  (アースヒーリングHP告知ページ内)




◆2Daysワークショップ「『目覚めの一瞥』から『自我消滅のプロセス』へ」 in 東京

東京都新宿区高田馬場 スペースジー

日時 2015年 6月 6・7日(土・日) 10:00~17:00 (受付開始 9:45~)

参加費:36,000円 (お申し込み後、お振り込みをお願いします)

詳細は こちら

お申し込みは こちら


※過去のワークショップ参加者さんの感想


・今まで相談できる、話せる方がいませんでした。

今回、先生が一人一人にふさわしいコメントを下さり、

すばらしいワークショップでした。

先生の様な方に自分の状況過程を話し、

それを認めて頂き、アドバイスを頂けるこのワークショップは

今まで参加した中で一番私は嬉しかった。

これからも自信と信頼を持って一歩一歩やっていまいります。

(Y.Sさん〔50代男性〕)


・やまがみさん自身がおっしゃられていたように、

悟りの話でプロセスを語られる方は少なく、

話を聞いても、なにやら禅問答のようで理解しにくかったのですが、

プロセスがわかったことで安心して悟りへのとりくみが始められると感じました。

ありがとうございました。

悟りのきっかけと、理論面が同時に得られる/わかる、いいWSだよ!!

(H.Yさん〔50代女性〕)


・あやふやな状態やよくわからない方、

もっとよく知りたい方には必須ワークだと感じました。

ぜひ受講していただきたいです。

とても丁寧でわかりやすく、親切で誠実なワークショップです。

痛みでさえ、病気でさえ、自分で創っていたことに気づいた? わかった? 理解した? 

ギョウテンしました?! 治りました(闘病生活3年でしたが・・・)。

ありがとうございました。

(M.Mさん〔50代女性〕)


・本とかブログで今まで学んでたけど、半分しか分かっていなかったと思った。

初めてこんなに思考の観察をした。思考を観察する意味がわかった。

自我が消滅するという意味が分かった気がする。

本とかブログを見ても半分くらいしか分からないと思うから、参加してみたら良いと思う。

思考の観察方法がよく分かるようになる。

(30代女性)


・いつも無意識に生きていたなと思います。

意識することによって「今ここ」に存在することがわかるようになりました。

本のとおりに今朝、瞑想し、「只在る」ということを感じ、

瞑想の本当のやり方が解ったという感じです。

このワークショップは体験する価値がある。

悟りたいと思っている人には、超お勧めです!

(60代女性)


・考えや感情が本来の自分ではなく、その考えや感情を選択している主体、

ウォッチングしている主体が自分である事がわかれば、

もっと自由に楽に、とらわえれず生きて行けると思います。

悟りの大衆化が先生のワークで分かりやすく広がって行く事を私も同じように願っています。

(40代女性)


・2年前にワンネスを経験したことが一度だけありました。

その後、なぜ自分の人生がうまくいかなかったのか、

なぜ悟りが自分には起きなかったのかということがようやく解り、

大変満足しています。

何かを追い求める事につかれた方、どんな精神法則を学んでも、

何も人生が変わらなかったと感じ絶望している方、

もうこんな人生ホントにイヤダと苦しんでいる方にオススメします(笑)。

特別な体験は何もできませんが、

悟りとはそういうものだと実体験を通して理解することが、

このワークショップではできます。

(30代女性)


・覚醒、意識の目覚めを人々に伝えるのには、

いろいろな伝え方があると思いますが、

やまがみさんの伝え方、切り口はわかりやすいと感じました。

「さとり」「覚醒」を日常にもたらすワークショップで、わかりやすいよ。

(50代 男性)


・悟り意識なんて言うとすごく難しい事と感じるかと思うけど、

意外とそうでもなく、少し視点を変える、意識するの繰り返しなのだと、

そして誰でもそうなれるのだと思います。

(40代女性)


・私はまだまだ思考に振り回されているが、

一人で普段(思考観察に)トライしているので、

同じような感覚の人とじっさいに会えただけでも、勇気がもてた。

現実が、ほんとうにがらがらと壊れてる最中なので、やはり、

こっちに向かっていくのが、自分の感覚を信じていくのがいいんだと思えてよかった。

(40代 女性)




*ご訪問、ありがとうございました。

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村


*また、スピリチュアルなテーマに興味のありそうなお友だちや、

 「引き寄せの法則」のさらに先(悟り)に

 興味がありそうなお友だちがいたら、ぜひ教えてあげてね!
関連記事
スポンサーサイト


コメント:

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/806-e7154cd9

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。