誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


覚者と呼ばれている人の自殺に関しての考察(11/12)世界は、私たちの理解できない方法で、私たちに理解できないことを成し遂げていく

03-14(土)08時45分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




2015年3月13日開催、

「やまがみてるおサットサン」無事終了しました。




ご参加くださいましたみなさま、

楽しい時間をありがとうございました。




またどこかでお会いできますことを、

楽しみにしています。




*****




覚者と呼ばれているような人の自殺を分析することで私は、

一般に覚者と評されている人にさえもまだ、

自分にとって執着のある思考の盲信が残っている場合や、

虚無主義に陥っていることがあることを理解しました。




ところがその後、

あきらかに虚無主義を超えていると思われる覚者が

自殺したという話を耳にしました。




あるとき、ある覚者は、

進行性の病に犯され、

その後彼はその「進行性の病のあるがまま」を生きるよりも、

劇―その人の生―をみずから終わらせることを選びました。




これを耳にしたとき、

すぐには私には「この意味が理解できません」でした。




さて、ここですでに私は、「自分の執着している思考」ゆえに

真実を取り逃がしていることに気づいていただけたでしょうか?




私は、「虚無主義を超えている覚者が自殺するには、

意味や理由があるはずだ」と錯覚していたのです。




この覚者の自殺の理由を理解しようとしたとき、

私は、自分自身が

「『悟ったら、自殺するはずがない』という思考を『信じたがっていた』」ことに

気がつきました。




全部、劇。




すべては、劇で、起こっていることが起こっています。




そもそも、そこに意味はありません。




意味が必要だという思考があっても、

意味はそもそも必要ないわけです。




そもそも、いい/悪いはありません。




虚無主義の段階で、自殺することも、OKです。




虚無主義の自殺によって起こっていることは、

さらにその先へと進むもののために、

そのうそから目覚めるようにと、

「自分はすべての思考のうそから目覚めたかのように『錯覚し』、

それでもなお(人々に『自分は目覚めた』と思わせておきながらも)、

『まだなにかの思考にだまされている段階』がある」ことや、

「その矛盾を表現してくれた人が、そこにいる」だけなのだと思います。




世界は、「私たちの理解できない方法で、

私たちに理解できないことを、成し遂げていく」ようです。


(私自身、虚無主義を超えていると思われているにもかかわらず、

自殺した覚者のおかげで、自分のなかに

「悟ったら、自殺するはずがない」という

思考の盲信が残存していたことに気づけました)




劇に気づいたまま、

さまざまなあらわれ(多様な演技)との戯れが、

ただ起こっているのだと思います。




あきらかに虚無主義を超えていると思われる覚者が

自殺したと耳にし、それに疑問を感じたことで私は、

自分のなかに「悟ったら、自殺するはずがない」という思考が

まだ残存していることに気づけました。




これが理解できたとき、

虚無主義を超えていると思われる覚者は、

みずから自殺したことによって、私たちに、

「もっと自由に執着を手ばなそうよ」と

語りかけてくれているように感じました。




このおかげで、いまでは私は、

今後どこかの覚者が、彼と同じ立場になったとき、

そのあるがままを見せてくれることもあるかもしれませんし、

彼と同じように、自由に肉体を終わらせること(ひそかな入滅)も

あっていいこと(あるがまま)だと感じています。




これが、覚者と呼ばれている人が自殺する、二つ目の理由です。




*Information*




◆やまがみてるお×地球ひろし トークライブ in 琵琶湖

滋賀県、京阪電鉄「浜大津駅」、JR東海道線「大津駅」近くの会場

(お申し込みいただいた方に、ご連絡いたします)

日時 2015年4月19日(日) 14:00~16:30 (受付開始13:30~)

(終了後、懇親会の予定あり。ご自身のご飲食代金をお願いします)

参加代金 5000円  (定員あり 15名)

詳細は こちら

お申し込みは、こちら  (アースヒーリングHP告知ページ内)




*ご訪問、ありがとうございました。

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村


*また、スピリチュアルなテーマに興味のありそうなお友だちや、

 「引き寄せの法則」のさらに先(悟り)に

 興味がありそうなお友だちがいたら、ぜひ教えてあげてね!
関連記事
スポンサーサイト


コメント:

そうですよね。私も矛盾を感じていました。自殺はいけないこと。よって自殺を選ぶ人も否定されてしまうことを。
すべては起こりなのだとしたら、例外はないはずですよね。
私はまだ夢から覚めることができていません。早く夢から覚めたいです。本当に酷すぎる夢です…
2015/03/14(土) 11:56:51 |URL|M #- [編集]
僕は逆に「自殺がなぜいけないのだろうか?」と不思議でした。この世がバーチャルなもので、真我が完璧なら、肉体を持って生き続けようが、自殺して「ゲーム」をやめようが、どっちでもいいはずです。単なる趣味の問題。今回の記事はとても納得がいくものでした。
2015/03/14(土) 12:32:27 |URL|金子譲(ゆずりん) #/b0keslo [編集]
私には その方が何故人生を終わらせる選択をしたのか分かる気がします。。。

それでもなお
私は どんな理由があるにしろ 自ら人生を終わらせることには反対します

体が病に侵されても 心が病に侵されても 人生が不幸に侵されても

生きていることにこそ絶対的に価値がある

それが私の持論です
2015/03/14(土) 14:56:46 |URL|歩ayumi #- [編集]
やまがみさんだけでなく、雲黒斎さん、阿部敏郎さん、エックハルト・トールさん、「神との対話」のウォルシュさんなど、覚醒体験をした方は「人生には何の意味もない」とみな口をそろえて言ってますよね。また、「生まれることも、死ぬことも幻想で、私たちは永遠に生き続ける」とも。肉体を離れることはあっても、そもそも死ぬことはあり得ないのですから、「自殺」しても問題ないのは当然ですよね。
2015/03/15(日) 18:06:21 |URL|金子譲(ゆずりん) #/b0keslo [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/789-ac7511f4

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。