誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


覚者と呼ばれている人の自殺に関しての考察(6/12)「自分の執着している思考」を免除しない

03-09(月)09時41分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




このシリーズ記事において私たちは、

「目覚め体験」が起こったあとでも

「分離した自己の幻想」の解体作業が起こっていない場合は、

ふたたび「分離した自己の幻想」との同一化が起こったり、

「悟り」つまり「『分離した自己の幻想』からの目覚め」が

起こったあとでさえも、「その人にとって執着のある思考」は、

宿主を操作することに成功する場合があることを学びました。




「悟り」つまり「『分離した自己の幻想』からの目覚め」が

起こったあとに起こりえる、

「その人にとって執着のある思考」の操作が

大きな問題になる場合は、

虚無主義に陥った場合や、

自我がそれをつかみとっているために、

自分や自分たち「だけ」が正しいという

錯覚に陥ったときです。




一方で、

「分離した自己」が幻想にすぎないことが

理解(体験)されている場合は、

それはあまり大きな問題にはなりません。




もしもそのような人が、

「ある一部の執着のある思考」にだまされても、

「分離した自己」のうそからは目覚めているために、

必要以上に自己を守る必要性を感じないからです。




けっきょくのところ、問題をつくるのは

「分離した自己の幻想」だからです。


(だからといって、

自分の執着している思考を免除してもいいと

いいたいわけではありません。

そのうそも、みずから見抜いていくことで、

思考のうそから目覚めた真の自由が可能になるからです)




このように思考は巧妙に宿主の操作性を取り戻そうとして、

私たちの隙を狙っているようにさえ感じられます。




*Information*




◆第8回 「やまがみてるおサットサンin大阪」

大阪市内 (お申し込みいただいた方に、ご連絡いたします)

日時 2015年3月 13日(金)19:00~21:00 (受付開始 18:45~)

参加費:3000円 (お申し込み後、お振り込みをお願いします)

詳細は こちら

お申し込みは こちら




◆やまがみてるお×地球ひろし トークライブ in 琵琶湖

滋賀県、京阪電鉄「浜大津駅」、JR東海道線「大津駅」近くの会場

(お申し込みいただいた方に、ご連絡いたします)

日時 2015年4月19日(日) 14:00~16:30 (受付開始13:30~)

(終了後、懇親会の予定あり。ご自身のご飲食代金をお願いします)

参加代金 5000円  (定員あり 15名)

詳細は こちら

お申し込みは、こちら  (アースヒーリングHP告知ページ内)




*ご訪問、ありがとうございました。

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村


*また、スピリチュアルなテーマに興味のありそうなお友だちや、

 「引き寄せの法則」のさらに先(悟り)に

 興味がありそうなお友だちがいたら、ぜひ教えてあげてね!
関連記事
スポンサーサイト


コメント:

神経を逆なでされるような出来事が次から次へと起こるのは目覚めのプロセスであり恩寵なのですね。。

神様はスパルタですね 涙
2015/03/09(月) 17:26:47 |URL|岩本 #- [編集]
言葉にするほど遠ざかるというのに、なんと毎日!
言葉にしているというあなたの試み、または行
でしょうか?に、なんというか、感動します。

あなたのひと噛みもまた、大変効きました。

昨年夏に、ブックマークに入れていたけれど、
昨日になってここを読むという出来事が起こる羽目になり、
疲れきるまで昨年8月までを読み、6分ほどの動画も見る羽目になり、
こうしてこんなことを書く羽目になっているのかを
どうしようもなく、やっております。

一時は、マハルシさんマハラジさん等の本以外
必要なものなど何もないというところから、耽溺や
混乱なども挟みつつ、今年初めにはラメッシさんの
新刊を手に取る羽目になり、レジに持っていくのを、もう、
うんざりしたとしか言い様のない、
しかしもう、   これしかない とは分かりつつも・・・

この後、アンマさんに会う羽目になるのかも知れないと恐怖していて
しかし、それまでは大丈夫と思っていたのに、こんな罠があるとは
思いませんでした!
(しかし、あなたとアンマさんのホームページを
サットサンガという単語を求めて検索してブックマークに
入れたのはわたしなのでした!)

・・・

いろいろとありがとうございました。 
これからまた勉強に伺わせて頂きたいと思います。
お身体を大切になさって下さいませ。


2015/03/09(月) 20:30:24 |URL|ありがとうございます #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/784-61d8bc12

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。