誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


「ビジネス系の人が嫌う傾向にあること」と「スピリチュアル系の人が嫌う傾向にあること」

11-28(金)09時59分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




「生きる」とは、「いまこの瞬間」の要求に向き合うこと、

応えていくことだと学びました(※)




けれども、私たちは、このような

『「いまこの瞬間」の要求に応える』というような概念に、

拒絶感を感じる傾向があるのではないかと、私は感じています。




この理由が、星 飛雄馬(ほし ひゅうま)的な努力(強制)では、

真の意味で価値のあるものは(あるいは、より価値の高いものは)

生み出されない、と気づいているからではないかと思います。




これには私も同感です。




けれども、現代の私たちはこれを嫌うあまりに、

ただほうっておくだけで実現しうる可能性

イチロー選手的、自己の当然の能力の活用)さえも

いっしょに捨て去っている可能性がある、

というのが、私の意見です。




それが、「いまこの瞬間」の要求に応えることの連続によって

到達しえる地平です。




このなかに入ると、努力のない努力が、

私たちを誘引していくようになります。




このとき、私たちは、

本来の、「創造主のしもべ」の役割に戻ります。




私たちのなかには、二つの対立する傾向があると私は感じています。




スピリチュアルな傾向(「Be感覚」優勢の感覚)と、

ビジネス的な傾向(人生を活動と認識している傾向。「Do感覚」優勢の感覚)です。




それぞれ、どちらか一方しかもっていないわけではなく、

人生の時期によって、どちらの傾向が強く働いているかの問題です。




当然のことながら、

生きることは、両方のバランスを必要としています。




私自身は、私たちは、「Be感覚」をベースとして必要とし、

そのうえで、「Do感覚」を謳歌しているように感じています。




ですから、私がお伝えしていることは、

「Be感覚」を主体にして生きる方法といえるでしょう。




けれども、「Be感覚」のみを生きるために、

私たちは生きているのではありません。




「Be感覚」は静の感覚、

つまり、そこには生は含まれていないからです。




つまり、生(動、活動)が必要ないとしたら、

誕生はなかったことになります。




生まれてきたということが、

私たちが動の存在で(も)ある証拠です。




この世界に生まれてきたことが、

動を要求している証拠といえます。




けれども、スピリチュアルを探求しておられる方のなかには、Beを追求するあまり、

Doを拒絶、無視、抵抗する傾向のある方もいらっしゃるということがわかってきました。




その一方で、ビジネス系から人生を追求されておられる方は、この逆で、

Doを追求するあまり、Beを拒絶、無視、抵抗する傾向があるということがわかってきました。




もしもそのような傾向があるとしたら、

(意識的、無意識にかかわらず)それを守ろうとすることは、

「生きる」ことを拒絶する(している)ことを意味します。




そのようなとき、私たちは生きることが苦しくなります。




「生きる」ことに、このような方法で

(意識的であれ、無意識であれ)自分が抵抗しているからです。




「ただ在る」とは、何もしないで「ただ在る」ことを

いっているのではありません。




「いまこの瞬間」の「起こり」として、「在ること」をいっている、ということがわかると、

その人は、「いまこの瞬間」の要求に応えるという自然な活動によって、

イチロー選手的、自己の当然の能力が発現されていくことを目撃するでしょう。

(当然ですがこれは、今日バットをもって素振りをはじめた鈴木一郎選手〔少年野球の選手〕が、

 明日にはイチロー選手〔プロ野球、そしてそれを経たゆえのメジャーリーグの選手〕になっている

 という話ではありません。

 小学生の鈴木一郎選手は、自分の時間のほとんどをそれに費やし、

 さらにそれを何年も彼なりに〔彼なりにというのは、この努力が好きだった。

 それほど野球が好きだったということですが〕楽しんだゆえのことである、といえるでしょう)




一方で、「成功法則」が伝えていることは、

私たちの活動を、無理やりある方向へと導くことではありません。




私たちが自分の活動を

意志の力によってある方向へと導こうとしているようなときには、

必要不可欠なベースとなる「Be感覚」が欠落しているはずだからです。




なぜなら、「Be感覚」があるときには、

努力など存在していない

(どちらかの方向へと導く必要もなく、

ある方向へと自然に進展していく状態にある)からです。




「Be感覚」があるときには、

「ただ在る」だけで完璧であることが

わかっているはずだからです。




「Be感覚」のベースのうえに「Do感覚」が生きられているとき、

ただ「いまこの瞬間」の要求への対応が生きられているとき、

私たちは、まったく努力のない努力に誘引されることで、

自分本来の能力が自然に発現されるようになります。

(くりかえしますが、これには何年も要することがありますが)




「Be感覚」であったとしても、

「Do感覚」であったとしても、

何かに拒絶感を感じる傾向があるとしたら、

それこそが、過去に学んだ物語によって

つくられた虚偽にほかなりません。




たとえば、

「いまからでは、遅すぎる」そんな物語が、

「いまこの瞬間」の要求から逃れるための

怠惰のいいわけに選ばれたり、

「より多く、もっともっと」という物語が、

私たちを「いまこの瞬間」の「あるがまま」から

逃れさせようとしているのです。




「いまこの瞬間」の「あるがまま」、

その要求から逃れることなど、

誰にもできるはずはありません。




なぜなら、それ以外存在していないのですから。




鍵は、「いまこの瞬間」に「生きる」ことです。




それはつまり、

「いまこの瞬間」の要求に応えること、

応え続けていくことを意味しています。




(※) 『「成功法則」盲信の時代が終わる理由』

    『「成功法則」盲信の時代が終わる理由』の補足―すべての人に今生における役割・使命がある』参照。




*Information*




◆第7回「やまがみてるおサットサンin大阪」

大阪市内(お申し込みいただいた方に、ご連絡いたします)

第7回:2015年1月16日(金)19:00~21:00(受付開始 18:45~)

参加費:各回、3000円(お申し込み後、お振り込みをお願いします)

お申し込みは こちら




*ご訪問、ありがとうございました。

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村


*また、スピリチュアルなテーマに興味のありそうなお友だちや、

 「引き寄せの法則」のさらに先(悟り)に

 興味がありそうなお友だちがいたら、ぜひ教えてあげてね!
関連記事
スポンサーサイト


コメント:

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/706-118368f5

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。