誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


「気分、感情と思考との関係」(1/5)平安の鍵は、「ただゆるす」だけ。けれども、「ただゆるす」を選択できない理由

05-02(金)14時02分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




いつも、お越しくださり、ありがとうございます。




今回からの5回は、コメント欄にいただきました、

岩本さんのご質問にお答えさせていただきたいと思います。




岩本さんのご質問は、以下の3つです。




*****




【質問1】エックハルトトールの言う、ペインボディにさいなまれているとき、

同じような感情が何度も繰り返されるときも、

やはり「内側から観ている意識」に努めて戻るようにすれば良いのですか?




【質問2】セドナメソッドとか、マネーゲームとかでは

「感じきる」ということが言われますよね。

内側の意識に戻る と、感じきる はイコールなのでしょうか?

少しニュアンスが違うような感じがします。





【質問3】ペインボディが活性化してしまっているとき、

どのような態度が良いのでしょうか?




*****




最初に【質問3】にお答えするのが、わかりやすいのではないかと、思いましたので、

こちらから、お答えさせていただきます。




まず、私の体験をお話します。




「ペインボディが活性化している状態」を「苦しい状態」、

「ペインボディの影響をあまり受けない状態」を

「気づいている状態(意識)」と呼ばせていただき、

お答えさせていただきます。




※なお「その状態」の呼び方

―「内側から観ている意識」「内側の意識」

「気づいている意識」「気づいている視点」などのことばの選択―は、

自分にとってピンと来るものを選択して、ご理解ください。

「内側から観ている意識」「内側の意識」

「気づいている意識」「気づいている視点」がまだはっきりと認識できていない場合は、

著書、ブログのエクササイズをご参照ください。

ワークショップでは、これをいっしょに探し、その安定化についてお伝えしています。

安定化した状態が、さとりです。




いまの私が、「ペインボディが活性化している状態」から、

「ペインボディの影響をあまり受けない状態」へと

戻るために大切だと感じていることは、




つまり、




いまの私が、「苦しい状態」から、

(ふたたび)「気づいている状態(意識)」へと戻るために大切だと意識していることは、




「苦しい」ときには、「無意識の思考」が起こっていることに意識を向けて、

その思考(たとえ無意識の部分で起こっているとしても)をしているのは、

自分自身だと意識を向けるようにすることです。




これがうまくいくと、

「苦しいときには、そのもとになる思考が起こっている」→

「その思考をしているのは自分」→

「自分がそれをやめると、楽になる」が、理解され、

この理解によって、「自分を苦しめるのはやめよう」が可能になるからです。




これが、私たちの感じている「気分、感情」と「思考」との関係です。




私の体験から理解した「気分、感情と思考との関係」は、

以下のようにまとめられます。




(1)気分、感情の原因は思考である。


(2)思考は自分が(無意識に)おこなっている。


(3)無意識であるかぎり、思考はその活動を続ける。


(4)思考を意識化する練習、つまり「気づいている意識」を発見し、

  それに慣れ親しみ、それが活性化(安定化)されると、

  「気づいている意識」は思考から分離し、

  思考の影響を受けにくい状態になる。


(5)ただし、過去の人生で抑圧してきた感情(後回しにしてきた感情)がある場合は、

  ふたたびその当時に抑圧した感情を再体験する必要があることもある

  (【注意】これが起こらない方が、楽に目覚めが進行するはずです。

  けれども私の体験ではこれは〔私にとっては〕必須の体験だったと感じています。

  現時点では、情報量が少ないため、すべての人にとってこれが

  必要か必要ではないかは、まだはっきりとはいえません)。


(6)感情との関わりにおいて、抑圧してきた過去の感情の影響が少なくなってくると、

  瞬間瞬間に起こる(純粋な「いまここ」の)感情との

  純粋な関係が築けるようになっていく。


(7)過去からの荷物(過去の物語による感情)を現在に投影しなくなるため、

  現在の体験に対して起こる瞬間瞬間の思考の語る物語の影響を受けにくくなる。


(8)思考は、世界や出来事、人々に対しての、

  自分の物語の(過去の経験がつくりだした判断材料の影響を受けた)

  一方的な見方の投影にすぎないため、真実ではないことがわかる。


  したがって―、


(9)気分、感情は、思考によってつくられたもの、

  つまり真実ではないことがわかってくる。


  さらにいえば―、


(10)思考をつくりかえれば、受け取る気分、感情がかわる。




―という理解でした。




そして、もっとも重要な選択は「ゆるし」でした。




つまり、どのようなことに対しても、

「ゆるし」の思考を選ぶということでした。




いつもお話してますように、無意識の抵抗(その思考)が、苦しみの原因です。




私にとって、無意識の抵抗(その思考)を意識化するときにわかりやすかったのは、

「ゆるせない」「ゆるしてはならない」という、思考、物語の主張でした。




自分のゆるせないものは何か、

自分がゆるしていないのは誰かに意識を向け、

ただ「ゆるす」ことができると、自分が楽になっていることを体験しました。




それは本当に、「ただゆるす」だけのことでした。




けれども、これがなかなかできません。




これが、「気分、感情と思考との関係」の

(1)~(10)の理解が必要な理由だと思います。




「気づいている意識」が、

「気分、感情と思考との関係」の(1)~(10)を理解していないと、

つまり、思考の物語を信じたままであると、

「ゆるし」を選択することは到底できないからです。




「ゆるせない」「ゆるしてはならない」という思考と

ともにある段階なのですから、当然のことといえると思います。




*Information*




*各種イベント開催いたします!




◆「やまがみてるお サットサンin大阪」


・大阪市内:2014年5月9日(金)19:00~21:00(受付開始 18:45~)

・参加費:3,000円(お申し込み後、お振込み)

・お申し込みは こちら

・サットサン詳細は こちら




◆「2Daysワークショップ『さとり意識定着』in松阪」

・松阪市内:2014年6月28日(土)~29日(日)

・参加費:35,000円~(お申し込み後、お振込み)

・ワークショップin松阪 詳細はこちら

・主催者、伊勢の菊理姫さんのごあいさつのページは、こちら



◆「1Dayワークショップ『さとり意識発見』in浜松」

・浜松市内:2014年7月6日(日)10:00~16:30(9:45受付開始)

・参加費:20,000円~(お申し込み後、お振込み)

・お申し込みは こちら




◆2014年7月下旬、トークライブ&1Dayワークショップin福岡 詳細準備中




*ご訪問、ありがとうございました。

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村


*また、スピリチュアルなテーマに興味のありそうなお友だちや、

 「引き寄せの法則」のさらに先(悟り)に

 興味がありそうなお友だちがいたら、ぜひ教えてあげてね!
関連記事
スポンサーサイト


コメント:

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/557-eb64b5b7

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。