誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


私たちは「気づいている意識」によって、何を経験したいのか? (1/2)「思考観察」をすると思考は消える

02-07(金)13時42分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




悟りとは、無意識の(思考の)抵抗がなく、

あるがままにゆだねている状態のことです。

すべては、あるがままであることがわかっており、

それに抵抗のない状態のことをいいます。




ところが、これを思考と感情の反応が妨害します。




この妨害があるかぎり、あるがままにゆだねることはできません。




そこで私は、「思考観察」と「感情の解放」

の必要性をお伝えしています。




つまり悟りには、三つの方向からのアプローチ方法があります。

(1)思考観察

(2)感情の解放

(3)あるがままにゆだねる




これを私は、

「悟りへの三つのアプローチ」と呼んでいます。




「思考観察」と「感情の解放」に関して、

ご質問をいただきましたので、お答えします。

(今回は、思考観察について)




*****




思考に気づいている意識に気づくというのが、私の場合




思考に意識を向けると思考が消える→

これを繰り返す→

思考があったところにだんだん空間、広がりがはっきり感じられる→

そこに意識を置き続ける




というものなのですがどうなのでしょう。

ぜひアドバイス欲しいです。




*****




いつもお伝えしていますように、その状態が、ノーマインドです(※)。




私たちは、通常、

以下の二つの意識状態のあいだを

無意識にいったりきたりする経験をしています。




「意識的状態」←→「無意識状態」です。




現代は、一般的にはほとんどの人が、

目覚めている時間のほとんどの時間を、

「無意識状態」で生きている傾向にあります。




無意識の傾向が高いと、

それ以前の人生で学んできたことのデータによる判断によって

(そのデータが真実であってもなくても、そして、

 ほとんどの場合、真実ではありません。

 これが、無意識の思考です)

無意識に振り回されることになります。




いま、目のまえにあるパソコンの画面を見ていることを

意識してみてください。




いま、自分が目のまえのパソコンの場面を見ていることに「気づきました」。




意識を向けるまえにも、気づいていたとしたら、

意識性の高い人ということになります。




意識を向けるまで、意識されていなかっとしたら、

それまでは、無意識の傾向が高かった、ということになります。




さきほど、私は、

無意識の傾向が高いと、

それ以前の人生で学んできたことのデータによる判断によって

無意識に振り回されることになることを指摘しました。




いまの自分の状況に意識を向けるだけでも、

意識性は高まりますが、

「思考観察」をする理由は、

「無意識の思考」に気づくことで

「無意識の思考」による乗っ取りから、

はなれることができるようになるからです。




質問者さんの

「思考に意識を向けると思考が消える」という体験が起こる理由は、

それが、私たち人間のもともともっている能力だからです。




しっかりと意識をすると、私たちは、それだけで「ノーマインド」

つまり、悟りの意識状態になります。




ですから、体験が必要なのです。

(ところが、私たちは思考の語ることの方を

 信じます〔信じたい〕ので、この状態を評価しません)




「意識を向けることで消える思考」が真実でありえるでしょうか?




では、真実は、何―もしくは、

「思考」と「それに気づいている存在、意識、自分」のどちら―

でしょうか?




少なくとも、

消えた思考のあとに残ったものの方が、

真実性が高いといえることがわかっていただけるのではないかと思います。




このように、

私が「思考観察」をおすすめしている理由は、

これによって、自分の意思で容易に「ノーマインド」になることができることを

経験的に学んでいただくためです。




この経験をくり返していくことで、

意識を向けると消え去るものに、振り回されることの無益さを、

体験的に理解できるからです。




ですから、これに慣れ親しむために、

日常生活中に、つねに「思考観察」をしていただき、

思考に気づく習慣を身につけていきたい、ということになります。




ノーマインドの状態は、あまりにもあたりまえの意識状態であるために、

それを認められなかったり、認めたくない欲求のために、

退けられる傾向があります。




このためにまた悟りは遠のくわけです。




アジズ・クリストフ(アナディ)は、

目覚めている時間のおよそ70パーセントがノーマインドの意識状態に

占められるようになると、その状態が定着し、それが悟り(気づきの悟り)であると

語っています。

アジズとの対話―魂の覚醒を求めて




質問者さんの「そこに意識を置き続け」ている状態が、

目覚めている時間のおよそ70パーセントを

占めるようになったらという意味です。




私はそれを、習慣の転換にすぎないとお話しています。




「ノーマインド」については、以下の過去記事をご参照ください。

「(8)悟りの「直接体験」の伝達を試みてみましょう」

「『ノーマインド』の体験」

「『体験の主体』は、ことばを発したのが自分自身でありながら、 発せられたことばを、第三者的にも気づくことができる」

「『体験している自分』を取り戻す (1/2)『忘れてもオッケー! でも、思いだす!』」

「『体験している自分』を取り戻す (2/2)『ずっと』は『いまここ』の積み重ね」

「思考に気づいているとき、私たちは思考からはなれている」




(※)自我は悟りに抵抗します。
 
   悟りによって、自分が幻想に過ぎないことが

   ばれてしまうことがわかっているからです。

   そうすると、もう宿主をコントロールすることができません。

   コントロール欲求のあるところには、自我があります。

   思考と同一化しているということです。

   『はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね』にて、お願いしていますように、

   最低でも、通し番号を入れてある過去記事はすべてお読みのうえ、

   新しい記事を読んでいただけますよう、お願いします。

  (通し番号のついている記事は、91番まであります。

   ワークショップなどにご参加を検討いただけている方は、

   それに合わせて、著書もお読みのうえご参加いただけました方が、

   より深い理解(体験)へとご招待できるのではないか思っています。

   「いまここ」にさとりを選択する生きかた―21世紀のさとり読本 (覚醒ブックス)

   悟りは「人生で最大のチャレンジ」といっても

   いいすぎではないと私は感じてます。

   最大のチャレンジのための貴重な機会を、

   最大限に生かしていこうではありませんか!)

   一つの小さな記事だけを読むと、自我が悟りを妨害するために、

   自我を維持するために役に立つ意味へと翻訳して解釈し、

   より悟りを妨害しかねません。

  (いまでは私は、この妨害でさえも、

   それぞれにとっての必要な体験であると感じているのではありますが・・・)

   たとえば、「本当にやりたいことをすると、勝手にうまくいく」のは、

   思考のいう「本当にやりたいこと」がうそであることが見破れる感覚が

   内側にできているからです。


   願望実現に関しては、以下の記事をご参照ください。

   「(62)「なりたいもの」ではなく、
    ほんとうに「やりたいこと」に焦点をあてることがポイントです」


   「悟りのあと、どうして願望が実現化するようになるのか?」




*Information*




*各種イベント開催いたします!




◆「やまがみてるお サットサンin大阪」


・大阪市内:2014年3月 7日(金)19:00~21:00(受付開始 18:45~)

・参加費:3,000円(お申し込み後、お振込み)

・お申し込みは こちら

・サットサン詳細は こちら




◆「やまがみてるお トークライブin福岡」


・福岡市内:2014年3月14日(金)19:00~21:00

・参加費:3,000円(お申し込み後、お振込み)

・お申し込みは こちら



 
◆「1Dayワークショップ『さとり意識発見in福岡』


・福岡市内:2014年3月15日(土)10:00~16:30

・参加費:20,000円(お申し込み後、お振込み)

・お申し込みは こちら




◆「1Dayワークショップ『さとり意識発見in大阪』

 
・大阪市内:2014年3月29日(土)10:00~16:30

・参加費:20,000円(お申し込み後、お振込み)

・お申し込みは こちら




◆「2Daysワークショップ『さとり意識定着in東京』


・東京都区内:2014年4月19日(土)~20日(日)10:00~17:00

・参加費:35,000円(お申し込み後、お振込み)

・お申し込みは こちら



*1Dayワークショップ&2Daysワークショップ詳細は こちら




*ご訪問、ありがとうございました。

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村


*また、スピリチュアルなテーマに興味のありそうなお友だちや、

 「引き寄せの法則」のさらに先(悟り)に

 興味がありそうなお友だちがいたら、ぜひ教えてあげてね!

関連記事
スポンサーサイト


コメント:

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/515-8b378cd0

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。