誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


真実を知っている自分

01-10(金)13時55分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




すべての人のなかには、「真実を知っている自分」がいます。




けれども、それは人生経験によって身につけてきた知識によって、

すっかり隠されてしまっています。




人生経験によって身につけてきた知識とは、

自分が経験してきた物語、ストーリー、

それによって確立された「自分という感覚」です。




そこには、すべての教えられてきたこと、学んできたことから、

体験のすべてが含まれています。




「『自分の体験』のすべて」を含んでいるのですが、

それが「すべて」ではありません。




けれども、それが、「『自分の体験』のすべて」であるため、

それこそが、「すべて」だと勘違いしています。




ですから、それは「いつわりの自分」といえるわけです。




そして、その「勘違いの『すべて』」

(本当は自分から見ると「すべて」に見えるだけの、

真実から見ると、ほんの小さな小さな一部分。

「自分の記憶」という狭く制限されたもの)を守るためには、

他者との衝突も厭いません。




この衝突が、自分を不運におとしいれることになるのですが、

それでも私たちは(無意識に思考に同一化している状態においては)

この勘違いに執着します。




これが「『いつわりの自分』に乗っ取られて、操られている状態」です。




けれども「真実を知っている自分」は、

けっして、いなくなったわけではありません。




つねに私たち(「『いつわりの自分』に乗っ取られて、

操られている状態」の私たち)に信号を発し続けてくれています。





その信号は、「何かが間違っている!」という感覚として

発信されます。





そうです。「真実を知っている自分」は、

真実を知っているから、自分の人生は、

何かが間違っていることを知っているのです。





狭い狭い知識にとらわれていては、

幸せになれないことを知っているのです。




けれども、私たちはこの「真実の声」を恐れ、

無視する傾向があります。




当然その場合には、いらだちがつのります。

これが、不幸の原因です。




このいらだちが、自分に押しつけられると、

うつや自殺に発展しえます。




これが、外界に向けられると、

衝突や暴力、犯罪に発展しえます。




この「狭い知識」―「自分という感覚」(「偽りの自分」)―を

守ろうとすることが、苦悩の原因なのです。




では、この「真実を知っている自分」は、

どうやって見つけることができるのでしょうか。




信じている思考が、うそである可能性に意識を向けることです。

無意識に起こっている思考に気づき、観察することです。




偽ものの思考を観察することです。

偽ものの思考は、私たちに苦悩を与えます。




無意識の思考が観察されると、

その影響からはなれた意識が発見されるかもしれません。




それが「真実を知っている自分」です。




どうして、その意識は「真実を知っている」といえるのでしょうか?




自分で試してみることです。




どれほど勉強しても、どれほど知識をえても、

それが体験されないかぎり、何の役にも立たないでしょう。




二つの状態を試してみればいいだけなのです。




一つは、「無意識に思考と同一化していた経験」。

もう一つは、「真実を知っている自分」の声を信じたときの経験。




これが体験的に理解する方法です。




どちらが、自分にとって真実と感じるのか、試してから、決めましょう!

そう提案しているだけなのです。




このどちらかが、私たちを真実へと導いてくれる内なる羅針盤です。




それが見つかったときには、わかっていただけるでしょう。

スピリチュアル・ティーチャーなんて必要ありません。




自分の内側に、それを発見することです。




*ご訪問、ありがとうございました。

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村


*また、スピリチュアルなテーマに興味のありそうなお友だちや、

 「引き寄せの法則」のその先に見えてくる悟りに

 興味がありそうなお友だちがいたら、ぜひ教えてあげてください!
関連記事
スポンサーサイト


コメント:

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/509-ffb56707

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。