誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


世界と自分を制限する、人生で学んできた世界観と自己イメージから目覚めるためのヒント(2/3)

10-02(水)12時41分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

 さっそくの応援ありがとうございます!

 『誰でも「悟り」プロジェクト』ブログランキング、応援週間開催中!

 期間:2013年10月1日~2013年10月7日

 ↓ ぜひぜひ、ワンクリック、応援お願いします!

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




自分がどうやって、自分の心臓や肺を動かしているのか、

私は知りません。




このことに気づく以前の私は、

「自分のことをわかったつもり」になっていただけでした。




けれどもじっさいは、私たちは「自分のことをまったく知らなかった」ことを目撃し、

それを受け入れたら、自分とは「自分の知らないもの」になり、

「自分とは何か」がわからないのに「自分とはこうだ」に執着しないようになります。




これによって、自分が自分に制限していない、

未知の可能性を秘めていたことがわかってきます。




ただこれには恐れがともなう可能性があり、

恐怖を感じると躊躇されます。

私は、この恐怖も受け入れていきました。




私は、自分が未知であることの恐怖を感じながら、

真実(未知)に目を向け続けていきました。




受け入れることで起こる恐怖の感情のなかに入くと、

感じる恐怖感は非常に強く、しばらくの期間、私は圧倒されました。




長い期間の末に、しだいに恐怖の背後には、

自分に対して押しつけてきた、無数の解消する必要のある

観念があることがわかっていきました。




そのなかで、もっとも有害だったものは「自分を責める自分」でした。

無意識の部分で、私はつねにもう一人の自分に

責め続けられていたのです。

というよりも、自分で自分を責め続けていただけなのですが。




彼は私の背後から、つねに私を脅迫していました。




「おまえなんか、最低だ!」

「おまえなんか、最悪だ!」

「おまえなんか、死んでしまえ!」




最初のうち、私はこの声を恐怖して無視しました。

もう一度、無意識に押し戻そうとしたのです。

もちろん、不可能でした。




仕方なく私は、この恐怖の声を、

その恐怖の感情を感じていきました。    




数日だったのか、数週間だったのか、

それとも、もっと長い期間だったのか覚えていませんが、

いくら感じても恐怖はなくなりませんでした。




これに気づいたとき、私は、

私がいくら恐怖を感じていても、

「世界はそのままにある」

「『いまここ』には恐怖は存在していない」と気づきはじめました。




私がリアルに感じている恐怖は、世界には関係ない

ということがわかりはじめ、これがきっかけとなり、

マインド(思考)がつくりだす恐怖は幻想であると

気づきはじめ、さらにこれを数日、数週間感じることで、

感情も幻想にすぎないことがわかっていきました。




恐怖をとおしてわかったことは、

けっきょくのところ、未知をおびえているのも、マインド(思考)だったということです。




幻想の恐怖から逃れようとする抵抗によって、

その幻想を自分が認めることになっていたのです。

幻想であるにもかかわらず、認めることで

現実になっていたというわけだったのです。




感情に抵抗したり、無視しようとしたりするのではなく、

しっかりと向き合い、感じつくすことで、

このことに気づくことが、幻想から私たちを目覚めさせてくれます。




抵抗したり、無視しようとすることで、その存在を暗に認めることになるからです。




感情と思考が信じるに値しないことの理解が取り戻されるにつれて、

未知に対する恐怖からも、解放されていきました。




*Information*


2DAYSワークショップ『「さとり体験」から「定着」までの過程』開催いたします!


場所:東京、大橋会館

日時:日時:2013年 11月 23・24日(土・日)
   10:00~17:00(受付開始9時40分~)

詳細は、こちら




*ご訪問、ありがとうございました。

 ぜひ、応援ください!

 『誰でも「悟り」プロジェクト』ブログランキング、応援週間開催!

 期間:2013年10月1日~2013年10月7日
 
 毎日、押してくれているあなたも、これまで、一度も押したことのないあなたも、

 ぜひ、この一週間、応援ください!


 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。


 一週間、みんなで、いっせいワンクリック!


 ↓ どちらか、お好きな方! よければ、両方とも!

精神世界ランキング  にほんブログ村


*また、スピリチュアルなテーマに興味のありそうなお友だちや、

 「引き寄せの法則」のさらに先(悟り)に

 興味がありそうなお友だちがいたら、ぜひ教えてあげてね!

関連記事
スポンサーサイト


コメント:

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/445-2697b46d

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。