誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


さまざまな常識と呼ばれているものに、疑問を感じてみませんか?(2/3)

05-23(木)11時31分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




さまざまな常識と呼ばれているものに、疑問を感じてみませんか?




とくに、私が観察してほしいと思っている常識は、

自分自身のことです。




自分自身のことも私たちは、

生まれてからずっと、定義し続けてきています。




「私は〇〇です」という説明が幾重にも、

その核にある「本当の自分」のまわりに重ねられ、

記憶され、そうして記憶された定義が、

自分という感覚をつくりだしている可能性があることに

意識を向けていただきたいのです。




それを可能にする土台となっているものが、名前です。




「私は〇〇〇男です」

「私は〇〇〇子です」




名前でまず自分が他者とはちがうことを宣言し、

そのあと、自分の考える自分の特徴

(自己紹介のときに話すような内容)が、

これに続きます。




かつてはこれを無条件に信じていました。




多くの人は、この説明に疑問を差し挟むことができるような

可能性があるかもしれないことにさえ、気がついていないかもしれません。




自分以外の人が、誰も疑問を感じていないからといって、

それは正しいという意味ではありません。




それを正しいということ自体が、

私たちが後生大事にしている「科学的」態度に反していることに

意識を向けていただきたいのです。




生まれてきた瞬間、私たちは名前をもっていません。




名前のない存在でした。

それから何日かのあいだに、名前を授けてもらいました。

その後、その名前で呼ばれるようになります。




「名前を授けてもらったあとの私」と

それ以前の「名前がまだなかったときの私」では、

いったい、どちらが本当の自分なのでしょうか?




名前を授けてもらったあとの、名前をもった私でしょうか?




それとも、名前やそれで表現されている部分は、

私の真実のすべてではない、ということなのでしょうか?




同じように、世界中に存在するすべてのものは、

もともと、名前をもちません。




では、さまざまなものの名前や、それが伝えようとしている説明は、

世界のいったいどこに存在しているのでしょう?




あなたの思考は、これに対して、何と語りますか?




*ワンクリック、応援おねがいします。

 みんなで世界観を転換しましょう♪

精神世界ランキング  にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト


コメント:

やまがみさん、こんにちは!いつもありがとうございます!
ご無沙汰しててすみません(^^;


普段私はいわゆる瞑想というものはしないのですが、今回の記事を読んで体験しようと思い、やってみました。

少し暗い場所で楽な姿勢になり、呼吸を整えて、じっくり私を感じます。
そして、「私」とは過去の記憶を元に作り上げられた幻想であることから、

名前?→つとむ→記憶!
年齢?→36歳→記憶!
性別?→男→記憶!
国籍?→日本→記憶!
何科?→人間→記憶!
何類?→哺乳類→記憶!
生物?→記憶!
物体?→記憶!…

このように自分を定義してる名前、レッテルをどんどん「記憶!」と言って剥がしていき、
最後に名前をつけようのない所まで行ったら、
「この記憶!、記憶!と言っている者は?」→記憶!!
となった時点で頭がクラクラしました(笑)

多分セドナメソッドに近いのかもしれませんが、少し改造してやってみました。
記憶を思考に言い換えても良いかもしれません。

こういうのも自分の無さを体験するには面白いと感じ、シェアさせていただきました!(^^)
お暇な時にやってみて下さい☆
2013/05/25(土) 19:25:26 |URL|つとむ #- [編集]
つとむさんへ
とってもおもしろい方法だと思って、感心しました。

私もやってみたいと思いました。
また感想お伝えしますね。

内的な対話によって、真実を追究する方法ですね!
2013/05/30(木) 11:49:04 |URL|やまがみてるお #- [編集]
やまがみさん、おかえりなさい!

すみません(^_^;)
オリジナルの発案者を書きわすれてました…汗

かなり前に雲黒斉さんがブログでレッテル剥がしの瞑想をお下品に??(笑)お話されてて、それを自分で改造してやってみた次第です。


以前感じた「自分はいない」という感覚が、いつの間にか消え去ってしまいました…。
普段の生活に追われてると、元に戻ってしまうもんなんですね…。
それでいろいろ試していた次第です(-_-;)
もう一度、思考の観察を一から見直し、完全に定着させてやろうと思います!
しかし焦らずゆっくりとですね!(^^)
2013/05/30(木) 12:33:07 |URL|つとむ #- [編集]
つとむさんへ
ご紹介の瞑想法の発案者は、

「レッテル剥がしの瞑想 お下品Ver. by 雲黒斎さん

だったのですね。

> 以前感じた「自分はいない」という感覚が、いつの間にか消え去ってしまいました…。
> 普段の生活に追われてると、元に戻ってしまうもんなんですね…。

そうですよね。

やはり私たちは日常生活を送っていると、思考を活用する必要がありますので、無意識の度合いが高くなり、その時間が長くなると、どうしても、思考に乗っ取られていく傾向にあります。

> もう一度、思考の観察を一から見直し、完全に定着させてやろうと思います!
> しかし焦らずゆっくりとですね!(^^)

そうですね!

定着までいくと、習慣化されていますので、戻る可能性がゼロではありませんが(注意を怠ると、戻ってしまうこともあります)、戻りにくくなることは確かです。

2013/05/30(木) 12:55:47 |URL|やまがみてるお #- [編集]
ご返信ありがとうございます。

>やはり私たちは日常生活を送ってると、思考を活用する必要がありますので、無意識の度合いが高くなり、その時間が長くなると、どうしても、思考に乗っ取られていく傾向にあります。 

仰る通りです(^^;)
1ヶ月前ほどから気のすすまない仕事を任されたり、その他懸案事項がいくつかあったりで、
いつの間にか無意識に呑まれる状態が長くなることが多くなりました。

それにプラスして、おそらくですが、以前のような解放感に身体が慣れてしまい「あの時の解放感をもう一度!」と、記憶を追い求めている状態にはまってしまったのかなと感じます。

幸い源泉への信頼感はまだあるようで、時間を取れば「いろいろあるけど、まいっか」という気持ちに落ち着けるのが救いです。

今一度体験の主体に浸り続ける努力をし、この感覚をまた深めていこうと思います。


努力と言いましたが、先日努力という思考が体験の主体に導くのではなく、源泉から努力が湧き出て導いている、すべて逆だったんだなということが体験の主体に居てリアルに感じました。

このようなスランプもあるがまま起きたことであり、
あるがままにゆだねることの理解が深まったように思います。
結局、すべてOKだったってことですね(笑)
2013/05/30(木) 22:57:38 |URL|つとむ #- [編集]
つとむさんへ
> 今一度体験の主体に浸り続ける努力をし、この感覚をまた深めていこうと思います。

けっきょく、基本は、思考に気づいている「体験の主体」を維持する、につきますよね。

こういう体験もくり返して、思考からはなれていることの価値、重要性がさらに理解されていくのでしょうね。
2013/05/31(金) 14:10:21 |URL|やまがみてるお #- [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/06/07(金) 21:11:32 || # [編集]
Peaceさんへ
Peaceさんは、いろいろと情報通さんですね!

参考にさせていただきますね。

ありがとうございます。


コメントへの返信、遅くなりすみませんでした。
2013/06/13(木) 00:10:25 |URL|やまがみてるお #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/402-4450fa8c

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。