誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


「大いなる存在」の感覚に意識を向ける(5)「ネガティブな思考」こそが「ネガティブな気分」の原因

05-15(水)14時54分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




子どものころや、大人になってもしばらくのあいだは、

私たちは自然に「大いなる存在」につながっていました。




けれども、いつのころからか、私たちは、この感覚からはなれ、

ひどい場合には、完全に断絶されてしまいます。




この原因が、ネガティブな思考です。




私たちの受けとる気分は、思考と関係しているからです。




ネガティブな考えに意識を向けると、

ネガティブな気分を受けとります(※)




「ネガティブな思考」→「ネガティブな気分」です。




じっさいには、出来事や状況には関係なく、

これが起こっているのですが、私たちにはこれがわかりません。




この因果関係が理解されたら、

私たちは、この無益な思考をやめることを選びます。




頭で考えてもなかなかわかりません。




「ネガティブな思考」を考えることは、

自分の権利だと感じるようにさえ

なっていることもあります。




そこで、です!




しばらく、

「ネガティブな思考」を考えていることに気づいたら

もしくは、

「ネガティブな気分」であることに気づいたら、

意識を、

「大いなる存在」に意識を向けなおしてみましょう。





これは練習ですので、

気分が滅入っていることに気づいたら、「大いなる存在」に意識を向けます。




たんなる練習ですので、

慣れてくるにしたがって、よりかんたんにできるようになっていきます。




そうして、自分に何が起こるか、観察しましょう。




※感覚的な変化を感じられましたら、よろしければ、

 ぜひ読者の方にコメント欄にてシェアをお願いします!




(※)「意識を向ける」と「思考観察」のちがいについて
「思考に気づいている」状態には、思考が自分ではないことに気づいている視点(意識)が誕生しています。「意識を向ける」ことで、これが起こる場合もあれば、「意識を向ける」ことで、思考との同一化を招く場合もあると私は考えています。「思考観察」をしている場合は、自分のなかの「思考に意識を向けて、さらにそれ(思考が自分ではないこと)に気づくようにする必要があると考えています。別のいいかたでは、それは「思考に気づいている視点」や「思考からはなれた視点」になります。





*Information*


*『「さとり意識」発見ワークショップ』を開催いたします。

「意識化している自分」という定点を見つけることに重点をおいた、

 ワーク中心のワークショップになります。


◆2013年5月26日、東京にて 詳細は、こちら




*『「いまここ」にさとりを選択する生きかた』ナチュラルスピリット刊、好評発売中!






*ワンクリック、応援おねがいします。

 みんなで世界観を転換しましょう♪

精神世界ランキング  にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト


コメント:

やまがみさんへの賛同
やまがみさんは、悟りや覚醒に関して、明確に、定義されていません。
思考や心理を観察することに、眼が向いています。悟りや覚醒を、明確に、定義することは、されていません。
悟るためや、覚醒の無理やりな方法は、危険だと確信しています。もう一度、皆様に呼びかけます。

悟ってるや覚醒したと言う人が、霊的能力者の場合があり、一般の方は、見抜けません。注意を喚起します。
やまがみさん、講演会、リラックスで!行けなくてすみません。車の点検の日です(^^)
2013/05/20(月) 22:15:15 |URL|Peace #- [編集]
やまがみさんの方法
現時点で、推奨できる方法です。
他の方法もあると言う方が、たくさんいますが、
手軽さと安全さでは、これです!
2013/05/20(月) 22:28:38 |URL|Peace #Gq//HHxQ [編集]
悟りと覚醒
悟りと覚醒は、どちらも相対評価です。
基準は、自己には存在しません。
聖者が、認めたから覚醒者という基準が、かなり信じられています。覚醒した人は、自分が覚醒したとは言いません。覚醒すべくそうなっただけです。謙虚さが、大切です。名もなき覚醒者が、本物でしょう。(^^)
2013/05/20(月) 22:36:12 |URL|Peace #Gq//HHxQ [編集]
Peace さんへ
私のお伝えしていることは、悟りを求めていらっしゃる方から見ても、
ある人たちからは必要とされるかもしれませんが、別の人たちからは不必要に感じられることだと思います。

結局、ことばにした時点でそれは、説明になってしまいますので、それぞれの人が、それをじっさいに体験されて、体験から理解していただく以外には、何も起こりません。

お伝えしている悟りも、体験すると、多くの人は、「なあんだ」といってその価値に気づかないこともあります。

けれども、すべての人のそれぞれの人生の経験が、けっきょくは最終的には私たちをそこへと導こうとしているのだと思います。

コメント、メッセージ、ありがとうございます。

ワークショップの件も、ありがとうございます!

楽しんでお伝えしてきます♪
2013/05/21(火) 01:51:58 |URL|やまがみてるお #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/394-05be0773

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。