誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


何もしないで「いまここ」に向き合う時間をつくる

05-03(金)22時42分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




何もしないで「いまここ」に向き合うことはできますでしょうか?




おそらく、何割かの方は、これをおこなうと、

落ち着かなくなるのではないでしょうか。




これが「いまここ」の否定です。




私たちは、無意識のうちに、

「いまここ」を否定している傾向にあります。




思考とともに生きる習慣が長いために、

このようなことがおこっています。




「いまここ」に向き合ってみましょう。




最初は、10分くらいから、

チャレンジしてみるといいでしょう。

(むずかしいようでしたら、もっと短い時間〔5分、3分、1分〕でもかまいませんが、

 はじめるまえに決めて、決めた時間は向き合うようにしましょう)




気に入っていただけましたら、

少しずつ増やしていきましょう。




この時間を、より長く、より頻繁に生きることができるようになると、

否定性は減少し、より楽に生きることができるようになります。




10分間「いまここ」に向き合います。




真剣に向き合います。




私の場合は、何か落ち着かなくなり、

モヤモヤする気持ちがあることに気づくことがあります。




こういうときには、

無意識の「いまここ」の否定が起こっています。




そこでやめずに、

さらに真剣に「いまここ」に意識を向けます。




向けつづけます。




あきらめずにつづけていると、

モヤモヤ感をこえた感覚につながっていることに気づきます。




そのとき「いまここ」を体験します。




その状態を味わってみましょう。




それでは、10分間、どうぞ。




※やることが苦痛に感じられましたら、

「やらなければならない」という思考が背後にあるかもしれません。

 そのような場合には、ご無理はなさらずに。




*Information*


*『「さとり意識」発見ワークショップ』を開催いたします。

「意識化している自分」という定点を見つけることに重点をおいた、

 ワーク中心のワークショップになります。


◆2013年5月26日、東京にて 詳細は、こちら

◆2013年4月27日、大阪ワークショップ 終了いたしました。

 ご参加くださいましたみなさま、
 楽しい時間をいっしょにすごさせていただき、
 本当にありがとうございました。




*『「いまここ」にさとりを選択する生きかた』ナチュラルスピリット刊、好評発売中!






*ワンクリック、応援おねがいします。

 みんなで世界観を転換しましょう♪

精神世界ランキング  にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト


コメント:

新しい切り口ですね!

やってみると手応えを感じます。

この実践は「体験の主体で在ること」とも言えますでしょうか?
2013/05/04(土) 00:54:29 |URL|てる #- [編集]
やまがみさん、こんにちは。
お久しぶりです。

またわからない事が沸いて来たので質問させて頂きたいと思います。

前回頂いたアドバイスで
思考→観察
感情→感じきる
という事がわかり実践して来たのですが、思考と感情はどこで区別をつければ良いのでしょうか?

と申しますのも何度か私はメンタルという事を書かせて頂いているのですが、常時ネガティブな感情と共にある事が多いので、そうなると感情を感じきる機会の方が多く、思考の観察をする機会があまりありません。

で、だんだん途中からこれは思考なのか感情なのか混乱してしまうようになってきました。
感じきった方がいいのか観察した方が良いのか?

以前頂いたアドバイスで感情は観察してもあまり意味がない、感じきる必要があるという言葉を頂いたのですが、じゃあこれは感情なら観察ではなく感じきった方がいいのか?
いやこれは思考だから観察した方がいいのか?
という具合になります。

この混乱を観察した方がいいのでしょうか?

2013/05/05(日) 13:31:25 |URL|おりえ #- [編集]
つとむさんへ アンボ―さんへ(シェアリング)
いきなりで、すみません
感情と思考の違いをどう識別していますか?
自分は、思考観察で、軽いエネルギーを思考、重いエネルギーを感情ととらえる傾向があります。
識別できない場合は、味わうか消去をします。
感情は、消去ができにくいので味わうことが多いです。
2013/05/05(日) 20:33:11 |URL|Peace #Gq//HHxQ [編集]
シェアリングブログ
ラムダの脱・私考のすすめ 宜しくお願いいたします。
2013/05/05(日) 20:35:52 |URL|Peace #Gq//HHxQ [編集]
ありがとうございます
アンボーさん 本を参考にしてみます。
他の皆さんもコメントいただくと思考錯誤が減ります(笑)
2013/05/05(日) 23:03:11 |URL|Peace #Gq//HHxQ [編集]
Peaceさんへ
こんにちは。

私の場合、胸が締めつけられる感覚があれば感情と判断します。

感情が湧き出る時は、その根っこになる思考があるはずなので、その思考を探して観察してますかね。
少しの感情なら、そうしてるうちに胸の締めつけも治まることが多いと感じます。

私は焦りと怒り(笑)の感情が多いのですが、イライラ爆発寸前で周りに悪影響を及ぼしそうな大きな感情がある時は、思考は無視して、やはりスクリーンを意識して見続けます(笑)

またそれか〜!って感じです?(笑)

「頭のない」場所から下を見ると、胸に燃えたぎるものを観ます。

その状況を一枚の絵で言うと、絵の下の方に胸が描かれており、そこに重ねて何かモヤモヤした物が上塗りされている構図と言えます。

「私とはこの身体である」という認識だと、このような感情は辛いものですが、
「私とはこの一枚の絵である」という認識にあると、このような感情は熱や圧力などと同じような「ただのエネルギーらしき物体」に感じます。
それが絵の中で「ただ漂ってるだけ」と見え、そのうち治まってきますね。

それは言い方を変えれば、「感じ尽くしている」とも言えますね。
そんなようなことを一人やりながら過ごしてます(笑)
2013/05/05(日) 23:59:39 |URL|つとむ #- [編集]
怒りや苛立ちの感情
つとむさん、具体的にわかりやすくお教えいただきましてありがとうございました。
自分にも、無意識の怒りや苛立ちの感情が現れる時があり、つとむさんのお答えは参考になります。深層心理の中には、人って、怒りや苛立ちや
場合によっては、妬みもあると最近、痛感しています。思考や、感情のシェアは、勉強になります。
2013/05/06(月) 05:25:07 |URL|Peace #Gq//HHxQ [編集]
アンボ―さんのURL:08:32:49
アンボ―さん、補足ありがとうございました。
アンボ―さんとシンクロして、さっきアンボ―さんのHP見てました。(笑)素敵な仕事していますね!ありがとうございます。
2013/05/06(月) 08:56:48 |URL|Peace #Gq//HHxQ [編集]
皆様のご参考に。
‥あなたは自分の思考に

気づく代わりに…、

自分の思考に気づいてい

る自分を自覚する。



あなたの意識が自らを照

らすのだ。



「意識の中心」が「意識

の中心」を見つめている

のだ。



それが本物の瞑想である








マイケル・シンガー
書籍『いま、目覚めゆくあなたへ』より…
2013/05/06(月) 10:44:07 |URL|平井ケンタ #- [編集]
Peaceさん、Ambhoさんへ
こちらこそありがとうございました。
参考にさせて頂きました。

感情に苦しめられると胸が締めつけられ、安心してすべてを委ねられると、胸がパア〜っと開き心地よさを感じることが以前からありました。

そのことからハートついても興味がありますね(^^)
2013/05/06(月) 18:51:09 |URL|つとむ #- [編集]
何もしないでがポイント
今日何もしないで観ました。正確には前半にはネットを見ながらです。どんどん重くなります。で、はと気づきほんと何もしないで観ました。リアリティあるエゴの脅し文句に同調して重くなっている自分が観え、失笑しました。このくらいでゆるしとったるわ、ほんとエゴさんはいうよねー(笑)。
2013/05/06(月) 19:40:51 |URL|Green bird #Pg6Ch65A [編集]
つとむさんへ
ハートは、感情を受け入れ、癒し、変容することが出来ます。

それを既に体験されているのですね~

何かのお役に立つことができたのでしたら、嬉しく感じます。

2013/05/06(月) 20:48:24 |URL|Ambho #UXr/yv2Y [編集]
てるちゅわ~んへ♪
そうよ~♪

体験の主体で「いまここ」に在ることよ~♪

でも、なかなか、いやがっちゃうわよね! 思考って(笑)
2013/05/06(月) 20:52:31 |URL|やまがみてるお #- [編集]
おりえさんへ
私の場合は、ことばや考えをとおして起こるものを思考ととらえ、

何か漠然と、もやもやして感じるものを感情ととらえています。

最初は漠然として、もやもやして感じるのですが、感じていくと、しだいに大きくなり、これにゆだねると、感じきることができます。

感じきるときも、観察者の視点で感じるようにしてください。

自分に起こっていることを観察しながら、感じているような感じです。
2013/05/06(月) 21:02:35 |URL|やまがみてるお #- [編集]
Green birdさんへ
> どんどん重くなります。
> で、はと気づきほんと何もしないで観ました。
> リアリティあるエゴの脅し文句に同調して重くなっている自分が観え、失笑しました。
> このくらいでゆるしとったるわ、ほんとエゴさんはいうよねー(笑)。

気づかないときには、ほんとうに、どんどん、重くなりますよね!

とってもわかりやすい、おちいりやすいポイントの解説、ほんとうに、そのとおりですね!
2013/05/06(月) 21:13:08 |URL|やまがみてるお #- [編集]
ウィパッサナ
先週、大阪の森ノ宮のセラピストの方と、京都の操体の大御所?さんとお会いしました。どちらも観察と身体の関係で身体が改善されることを目撃されています。Googleも社員向けセミナーにウィパッサナをいれる時代です。愉しんでいきます。
2013/05/06(月) 22:10:05 |URL|Green bird #Pg6Ch65A [編集]
Green birdさんへ
> どちらも観察と身体の関係で身体が改善されることを目撃されています。

そのとおりですね。

「いまここ」の身体こそが、自分自身を感じる媒体なのですものね。
2013/05/07(火) 11:21:02 |URL|やまがみてるお #- [編集]
やまがみさんへ
伝説のおねぇキャラ、頂きました!
ありがとうございます(笑)

「いまここに向き合う」を日々実践してまいります。
ありがとうございました!
2013/05/07(火) 19:41:28 |URL|てる #- [編集]
>感じきるときも、観察者の視点で感じるようにしてください。
自分に起こっていることを観察しながら、感じているような感じです。

この部分がよくわからないのですが、感情を観察しながら味わうという事でしょうか?
2013/05/08(水) 01:10:09 |URL|おりえ #- [編集]
はじめまして
おりえさん、はじめまして 感情の観察は、おりえさんが言われるとおりだと自分はそう思考しました。お節介ごめんなさい。
2013/05/08(水) 06:56:06 |URL|Peace #Gq//HHxQ [編集]
おりえさんへ
感情は瞬間的に起こり冷静さを保ちにくい場合が多いと考えます
したがって感情に埋没してしまう場合はあとからそれに気がつくこともあると思いました。いかに自分の感情に速く気がつくかだと思います。やまがみさんはどう言われるかはわかりません(笑)
2013/05/08(水) 07:09:04 |URL|Peace #Gq//HHxQ [編集]
てるちゅわ~ん♪
本日、5月8日の記事から、「大いなる存在」に意識を向けるシリーズはじまったわよ~ん♪

こちらも、よろしくね。
2013/05/08(水) 11:32:55 |URL|やまがみてるお #- [編集]
おりえさんへ
感情に対しては、それが起こったときに否定せず、ただ感じることが大切であることを忘れないようにしてくださいね。

感情が私たちを悩ませるときというのは、それに抵抗していたり、無視しようとする無意識の思考が働いているときです。

いまおこなおうとしている「感情を解放させる方法」も、ただそれが過ぎ去り、私たちの障害にならないレベルに解消するためのテクニックの一つにすぎません。

大切なことは、感情に巻き込まれず(感情こそが自分であると主張しない姿勢で〔これを「観察者の視点」を維持するように注意して、と語っています〕)、それがもっているエネルギーを解放したいというわけです。

感情に巻き込まれると、私たちは感情にエネルギーをどんどんと注入し続けますので、ずっと居座ることになります。

今回の記事(『「大いなる存在」に意識を向ける』シリーズ)から、思考や感情に意識を向けるのではなく、感じる感覚に意識を向けるアプローチをはじめましたので、しばらく、これにチャレンジしてみてください。

その場合も、ことばの内容や、方法論に意識を向けるのではなく、「感じること」に意識を向けるようにしてみてください。
2013/05/08(水) 11:52:09 |URL|やまがみてるお #- [編集]
マインドセット
やまがみさんコメント拝見しました わかりやすいと感じました
ありがとうございます
アンボーさんには先にコメントしてごめんなさい

悟りのシンクロニシティの第7章に書いてあるマインドセットがおりえさんに参考になると思います
2013/05/08(水) 13:37:36 |URL|Peace #Gq//HHxQ [編集]
悟りとは
悟りとは寝ても覚めても意識が同じで頭が空である

このブログのおかげで感じました!!!
2013/05/08(水) 14:01:53 |URL|Peace #Gq//HHxQ [編集]
やまがみさん、お返事ありがとうございます。
チャレンジしてみようと思います。

Peaceさん、お返事ありがとうございます。
私の捉え方で良いのですね。
2013/05/09(木) 13:13:51 |URL|おりえ #- [編集]
Peaceさんへ
読者さん同士のあいだで、善意からの情報交換が起こることは、とってもいいことだと思いますので、どうぞご交流ください。

私に対しての質問でも、意見を交流することはいいことではないでしょうか。

私のお伝えすることだけが、「絶対」であってはいけないと思います。

すべての人が、ご自身の体験(自分で実験されること)から、自分の答えを導き出すことができるようになること、これが悟りだと思います。

> 悟りのシンクロニシティの第7章に書いてあるマインドセットがおりえさんに参考になると思います

『悟りのシンクロニシティ』途中で休止しており、まだそこまでいっていません(汗)

まだ読めていませんので、なんともいえませんが、興味のある方は、ご参照ください。

すばらしい著書だと思いますので、ブログでもご紹介したいと思っていますが、まだ追いついていません(涙)
2013/05/09(木) 14:00:52 |URL|やまがみてるお #- [編集]
Peaceさんへ
> 悟りとは寝ても覚めても意識が同じで頭が空である

すてきですね!

> このブログのおかげで感じました!!!

Peaceさんご自身が、思考との正常な関係を取り戻されたからにほかなりません!

でも、うれしいです。

ほんとうに、ありがとうございます!!
2013/05/09(木) 14:02:43 |URL|やまがみてるお #- [編集]
おりえさんへ
最近、私は、思考は完全に無視して(思考に対して主体的な立ち位置で)、

この「大いなる存在」の感覚に、意識を向けるだけでいいのではないか、と感じるようになってきました。


これからしばらくの記事は、これをお伝えすることに専念します。

そこからの結果で、私たちが伝え合おうとしているものに対して、
何が重要なのかが、明らかになってくると思います。


思考と感情の違いをはっきりとさせることにはあまり注意を向けずに、
しばらくは、「大いなる存在」の感覚を探し、それに「意識を向けてみる」ことを試してみてください。


2013/05/09(木) 14:23:46 |URL|やまがみてるお #- [編集]
おりえさん やまがみさんへ
おりえさん やまがみさんが言われているように思考と感情が組合わさり起きる場合があるので おりえさんはそれらを区別せずばっさりと手放せばいいと感じました

おりえさんはできてると感じてます

悟りも意識せずに経験していると感じます

ただ 頭が空に気がつくだけです(笑)
つまり 単なる認知症です(笑)
ただ 楽なんです
だから素晴らしい(笑)
やまがみさん

ニサルガダッタ・マハラジも悟ってからまだ思考などが浮かび自分の物じゃないから即座に棄てるとたしかアジャシャンティのあなたの世界の終わりに書いてあったと思います

あ これは過去の記憶です(笑)手放します(笑) いやあ やまがみさん、僕も嬉しいです!おめでとうございます!→男性でいて(笑)
2013/05/09(木) 16:48:14 |URL|Peace #Gq//HHxQ [編集]
アンボ―さんへ
今日のコメントも、素敵です!
やまがみさんとシンクロ中(^^)
2013/05/09(木) 18:17:56 |URL|Peace #Gq//HHxQ [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/387-f73665d8

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。