誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


「気づいている意識状態」で、常時、生きるようにする

04-02(火)14時06分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




「気づいている意識状態」とは、

自分のいまの状態に意識を向けて、

それに気づいている状態のことです。




普段、私たちは「自分の状態」に意識を向けていません。




「自分の状態」に意識を向けず、状態に流される、

ようなことがおこっているのです。




テレビを見ている時間というのは、

私たちは無意識になる傾向にあります。




テレビの内容に意識が吸収されるため、思考は起こりません。




このため、思考から逃れるために、テレビに逃れるというようなことが起こります。




ドラマの連続番組の最終回にしても、

たとえそれを見逃したとしても、

人生に大きな影響は起こりません。




バラエティ番組にしても、笑いは健康にいいとはいわれていますが、

毎週かならず見る必要はありません。




けれども、無意識に日常をすごしている傾向が高いと、

テレビから得られるもの(思考からはなれられることができることや、

ドラマやドキュメンタリーなどがもたらす感情的快楽

〔日常で味わうことを忘れている興奮〕など)への

無意識の執着が起こりえます。




「気づいている意識状態」は、

私たちのなかのどこかにあるのではありません。




「ただ、『その瞬間の自分の状態』に気づいている状態」

のことをいっています。




「自分のそのときの状態に意識を向けて、

その状態に気づいている状態」をいっています。




瞬間瞬間の自分の状態に気づきつづけていくことが

できるようになることによって、




瞬間瞬間の「それぞれの気づいている意識」がつながり、

それまでは瞬間と瞬間のあいだにあった

無意識の時間で分離していた意識がつながり、

「連続性をもった気づいている意識」が思考(無意識)の背後から

立ち現れてきます。




けれども、これが起こるためには、

いまこの瞬間の自分の状態に気づき、

その気づいている自分が、それまでは無意識であった状態から

「意識化」される必要があります。




この「意識化」の積み重ねが、これを可能にします。




ある日

「『意識化』します①」→「忘れます」→「忘れます」→

「忘れます」→「忘れます」→「忘れます」→「『意識化』します②」→

「忘れます」→「忘れます」→「忘れます」→「忘れます」→「忘れます」




「『意識化』①」と「『意識化』②」のあいだに

長く忘れている時間があるため、この関連性には気づきません。




それから数日

「『意識化』します③」→「忘れます」→「忘れます」→「『意識化』します④」→

「忘れます」→「忘れます」→「忘れます」→「『意識化します⑤』→「忘れます」




上記のようにランダムに思いだされる可能性があるのですが、

「意識化」が「無意識のまま」意識的におこなわれていない場合

(意識化している自分に意識を向けずに不在のまま、

意識化が起こっている場合)意識化の効果は発揮されません。




自発的に、自分の「その瞬間の状態に意識が向けられ」、

それに「気づいている状態」が起こり、

それが忘れられながらも、「何度もくりかえされていく」と、

「意識化」が起こる頻度がしだいに増えていきます。




数日後(「意識化の回数が少しずつですが、増えていきます)

「『意識化』します⑥」→「忘れます」→「『意識化』します⑦」→「忘れます」→

「忘れます」→「『意識化』します⑧」→「忘れます」→「『意識化』します⑨」




意識化がうまくいくと、忘れている時間はしだい減少していき、

意識化されている時間もしだいに増えていきます。




このような経験をくり返していくことによって、

バラバラに起こっている「意識化している瞬間」の「経験」が、

一つにつながっていく経験が起こる可能性が高まります。




*Information*


*『「さとり意識」発見ワークショップ』を開催いたします。

1日をとおして「さとり意識」にフォーカスすることに特化したワークショップになります。

◆大阪(2013年4月27日)

◆東京(2013年5月26日)

詳細は、こちら




*『「いまここ」にさとりを選択する生きかた』ナチュラルスピリット刊、好評発売中!






*ワンクリック、応援おねがいします。

 みんなで世界観を転換しましょう♪

精神世界ランキング  にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト


コメント:

やまがみさん、こんばんは^^
昨日今日の記事、今まででも特にわかりやすく、また勉強になりました。

思考発生の瞬間に気づき続ける方針の重要性(思考の虚偽が暴けること)ももちろん大事ですが、たまにこういう側面(気づいている意識状態とは一体どんな感覚のどんな状態なのか)からも切っていただけるとハッとします。

気づきをありがとうございました^^
2013/04/02(火) 23:08:25 |URL|nobody #noRfYm1U [編集]
やまがみさん、先日は抵抗とゆだねるの違いを丁寧にお答えいただいて本当にありがとうございました。ゆっくりと過去の記事を読んでいたので返信が遅くなりました。元の記事が見当たらないので、こちらで失礼します。

やまがみさんの文章は俳句のようで、自分なりの映像が浮かびやすく、理解し感じるのにとても分かりやすいです。

急にごちゃごちゃして迷いや葛藤による疑いに溢れてしまいましたが、結局、質問対象でなく、無意識なところで気づくというプロセスへの抵抗があったと思います。

コメント欄に記入するのは勇気がいります。でも、皆さんのコメントのやり取りも大変参考になりますし、今回は自分ひとりだと気がつけなかったので、思い切って質問させていただき本当に良かったです。

今は、無意識の抵抗と、それに気づく意識があり、また抵抗、また気づく、の繰り返しであるのがはっきりしています。

全体的に意識化の回数が増えてきていますが、最近、特定な出来事が起こっていないのに深い感情や不快感が起きます。それもただ観察していますが、もやっと残る感覚が強いです。定着が近いとこういうことは起きますか?




2013/04/02(火) 23:28:09 |URL|mocha #- [編集]
nobodyさんへ
こんにちは。

> 昨日今日の記事、今まででも特にわかりやすく、また勉強になりました。

ありがとうございます。

> 思考発生の瞬間に気づき続ける方針の重要性(思考の虚偽が暴けること)ももちろん大事ですが、たまにこういう側面(気づいている意識状態とは一体どんな感覚のどんな状態なのか)からも切っていただけるとハッとします。

新しい側面からの説明は、読者の方との対話のおかげです!

心がけていきますね!
2013/04/03(水) 16:12:58 |URL|やまがみてるお #- [編集]
mochaさんへ
こんにちは。

先日の記事は、こちらです。
http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/blog-entry-361.html

> やまがみさんの文章は俳句のようで、自分なりの映像が浮かびやすく、理解し感じるのにとても分かりやすいです。

ありがとうございます。

> 今は、無意識の抵抗と、それに気づく意識があり、また抵抗、また気づく、の繰り返しであるのがはっきりしています。

これは大きな前進ですね。
気づいたときに、忘れていたことを責めずに、気づいたことを褒めるように注意してくださいね。

> 全体的に意識化の回数が増えてきていますが、最近、特定な出来事が起こっていないのに深い感情や不快感が起きます。それもただ観察していますが、もやっと残る感覚が強いです。

感情や不快感は、過去に無意識に抑圧していたものが、意識化されてきている証拠です。

感情に対しては、感じる必要がありますので、不快感を否定せずに、不快感を感じるように注意してください。

不快感を感じるように注意して感じると、不快になりますが、それを感じつくすと、それは自然に消えていくことを体験され、その不快感も、たんなる空想であったことが体験されます。

そうすると、不快感を恐れずに行動することができるようになります。

> 定着が近いとこういうことは起きますか?

定着はいつでも起こりえます。

とりあえず、定着の時期には関係なく、気づいている意識状態の維持に努めるように注意してください。

気づいている意識状態の維持が、定着です。

定着が近いか、遅いかに意識を向けることは、気づいている意識状態からはなれることになります。

気づいている瞬間とは、定着していなくても、気づいています。

思考しているとき、私たちから、気づいている意識はうばわれます。
2013/04/03(水) 16:29:12 |URL|やまがみてるお #- [編集]
やまがみさん、おはようございます。先日の記事のリンクをありがとうございます!

貴重なアドバイスをありがとうございます! 今回のお返事と最近の記事から、観察ということの枠組みから離れて、気づきの状態がどういうものかを意識する視線が生まれました。

無意識の感情や不快感を感じつくすことが分からなかったのですが、観察を開始できても不快感を味わった段階で諦めのようなストップがかかっていました。それをストップしないで続行してみます。

知らずと、観察や定着という言葉に囚われていました。気づきの状態にあることを素直に感じられるよう努力します!

今後ともよろしくお願いします。今回のシリーズの切り口はとても参考になります。引き続き楽しみに読ませていただきます。
2013/04/04(木) 08:58:03 |URL|mocha #- [編集]
mochaさんへ
こんにちは。

> 貴重なアドバイスをありがとうございます! 今回のお返事と最近の記事から、観察ということの枠組みから離れて、気づきの状態がどういうものかを意識する視線が生まれました。

「気づいている意識」ですね!

> 無意識の感情や不快感を感じつくすことが分からなかったのですが、観察を開始できても不快感を味わった段階で諦めのようなストップがかかっていました。

これは、無意識の抵抗です。

無意識に抵抗し、抵抗していることにすら気づいていない状態だったのですが、
意識を向けることで、これに気づきます。

> それをストップしないで続行してみます。

抑圧がひどい状態になると(抑圧することによって、抑圧された感情が内側に蓄積されていくため)
その蓄積された感情を感じることに対する恐れが増大し、
向き合う勇気を持てなくなってしまうことがあります。

このような人は、これを避けつづけ、
避けることによって心が晴れないというような状態を生きていることがあります。

まだ軽い段階で、向き合うことができるうちに、ぜひ向き合い、
その負のエネルギーを解放する体験をしてみてください。

効果を体験されましたら、ぜひご報告いただけましたら、幸いです。

> 知らずと、観察や定着という言葉に囚われていました。気づきの状態にあることを素直に感じられるよう努力します!

「努力」ということばに巻き込まれないように注意して、
ただ「いままでは無意識だったことに気づき」、「意識的であることを思いだす」ように注意してくださいね。

私たちの目的は、「ただ気づいている状態であること」です。

「ただ気づいている状態であること」によって、
無意識だったときに巻き込まれていた思考から、はなれることができるようになります。

無意識であったときには、「努力しなければならない」という思考が私たちを支配していたかもしれません。

いまは、それが思考であることに気づくように注意しているわけです。

ただ思考に気づく努力の連続。

気づくようにしなければ、いつまでたっても無意識のままだからです。

ただ気づきます。
ただ気づきつづけていきたいわけです。

「気づいている『いまここ』」の連続です。

「悟ること」は関係ありません。

「いま気づいている」か「否か」です。

「気づいている『いまここ』」をつづけていきたいのです。

> 今回のシリーズの切り口はとても参考になります。引き続き楽しみに読ませていただきます。

今回のシリーズは、これで完結かな、と考えていたのですが、ではしばらく延長することにしますね!
2013/04/04(木) 21:05:39 |URL|やまがみてるお #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/369-2a0705dd

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。