誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


(17) おすすめスピリチュアル・ティーチャー 〔2〕 ダグラス・E・ハーディング

08-27(土)20時44分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。

はじめてお越しの方は、こちらをご覧ください。




おすすめスピリチュアル・ティーチャーの二人目にご紹介したい人物は、

ダグラス・E・ハーディング(*1)です。




ダグラス・E・ハーディングは、33歳のときに自分の本質に覚醒し、

その後、主観的な気づきへと導く独自の方法を開発しました。




この直接的方法は現在、ダグラス・E・ハーディングと30年以上も親交のあった、

生徒であり、友人でもあったデヴィッド・ラング(*2)によって、

YouTube (翻訳:高木悠鼓〔*3〕) をとおして紹介されています。




ダグラス・E・ハーディングは、90代になっても

「私とは本当に何か」に至る直接的方法をわかちあうために精力的に活動し、

2007年、97歳のときにその生涯をおえました。



(*1)ダグラス・E・ハーディング:神秘主義者・哲学者。
主な著作物
On Having No Head: Zen and the Rediscovery of the Obvious, Harding, Douglas E, Penguin Books, 1986.
『心眼を得る』ダグラス・E・ハーディング著、由布翔子訳、図書出版社、1994年。
The Little Book of Life and Death: The Moral Rights of the Author Have Been Asserted, Harding, Douglas E, Penguin Books, 1988.
『今ここに、死と不死を見る』ダグラス・E・ハーディング著、高木悠鼓訳、マホロバアート、1997年。
Face to No-Face: Rediscovering Our Original Nature, Harding, Douglas E, The Inner Directions Foundation,Ink., 2000.
『顔があるもの 顔がないもの』ダグラス・E・ハーディング著、デヴィッド・ラング編集、高木悠鼓訳、マホロバアート、2003年。
(*2)デヴィッド・ラング:英語・コミュニケーション学教授。ダグラス・E・ハーディングの遺した、主観的気づきへと導く方法を伝える活動を引き継ぎ、人々とわかちあっている。“THE HEADLESS WAY, A method of self-enquiry pioneered by Douglas E. Harding”
(*3)高木悠鼓:作家・翻訳家・元マホロバアート代表。「私とは本当に何かを見る会」や講演活動、執筆活動をとおして、自己の学んできたことを人々とわかちあっている。日本語版「The Headless Way―頭がない方法」。ブログ「シンプル道の日々」
主な著作物
・『楽しいお金』高木悠鼓著、マホロバアート、1991年。
・『人をめぐる冒険』高木悠鼓著、マホロバアート、1998年。
Who Cares?!: The Unique Teaching of Ramesh S. Balsekar, Balsekar, Ramesh S, Advaita Press, 1999.
『誰がかまうもんか?!』ラメッシ・バルセカール著、ブレイン・バルドー編、高木悠鼓訳、ナチュラルスピリット、2010年。





「私たちの本質とは何か?」を見る動画は、4部構成です。

各部ABの合計8パートからなります。

すべてをとおしますと、一時間弱要しますので、

時間のおありのときに、お楽しみください。



1A




1B




2A




2B




3A




3B




4A




4B





精神世界ランキング  にほんブログ村  人気ブログランキング  FC2ランキング  

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
スポンサーサイト


コメント:

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/35-575ed74e

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。