誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


「ことば」の錯覚から目覚めよう(4)

02-02(土)14時57分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




(1)名前に同意する

(2)意味・説明を覚える

(3)完結する




あらゆるものに対して私たちは、これをおこなっています。




自然界にもともとあるものとか、

人間がつくりだしたものとかにはかかわらずに。




命のあるものとか、

ないものとかにもかかわらずに。




けれども、じっさいの宇宙には、

そのような分離はもともと存在しておらず、

いまも存在していません。




花を「花」と呼び、

「『花』以外の何ものでもない」

(覚えた部分以外の何ものでもない)

という解釈をしているのは、私たち人間だけです。




木を「木」と呼び、

「『木』以外の何ものでもない」

(覚えた部分以外の何ものでもない)

という解釈をしているのは、私たち人間だけです。




命のあるものを「生命」と呼び、

「『生命』以外の何ものでもない」

(命のあるものと、ないものがあり、それらが別々に存在している)

という解釈をしているのは、私たち人間だけです。




野原に咲いている花になったところを想像してみましょう。




自然界に咲いている花は、

自分が「花」という名前であることを認識しているでしょうか。




私たちが「花」と呼んでいるそれは、

およそ3億年まえに、この世界へと誕生しました。




誕生したとき、それには名前はありませんでした。




ずっとずっと名前ももたないままに、咲き、散り、命をつないでいきました。




それから、およそ2億9千9百80万年後に人類は誕生しました。




そこからの20万年の歴史のどこかで、

私たちはそれを「花」と名づけ、

「花とは何か」を自分たちから見たことで説明しました。




野に咲く花は、自分自身に対して、

このようなことがおこなわれていること自体知らないことでしょう。




なぜなら、これは「ある種の存在の集団(人類)のなか(頭のなか)でのみ、

同意し合われている、ある一つの約束ごと」にすぎないからです。




私たちは、

このような限定的な約束事を大切に扱い(完全に盲信し)、

いまもその約束事のなかでのみ、

生きつづけていこうとしているのです。




「『花』は『花』にすぎない!」

「『私』は『私』にすぎない!」

(このような無言の合意のなかにいきています)




ほんとうは宇宙―それ自体―のあらわれとして、

宇宙―それ自体―のもつ能力を、内に秘めているというのに―。




怪我が自然に治る能力を不思議に感じませんか?

想念とともに体を自由に動かすことのできる能力を不思議に感じませんか?

目が見える能力を不思議に感じませんか?

耳が聞こえる能力を不思議に感じませんか?

食べたものが私たちの生きるエネルギーに変る能力を不思議に感じませんか?

どこからともなくあらわれるアイデアを不思議に感じませんか?




この世界へと誕生したとき、私たちには名前はありませんでした。

そこに両親から、名前を授けてもらいます(1)。

その後、この名前を主体にして、

人生の体験を記憶していきます(2)。

これが、自分自身に対して無意識のうちにおこなわれている、

意味、説明をつける過程です。

名前と同一化し、この名前の存在が人生を経験し、

この経験だけを真実であると信じることで、この過程は完結します(3)。




「宇宙―それ自体」である、

「宇宙そのもの」のあらわれとしての生命種が、

ことばで説明された概念の、

たんなる「人間」に還元されます。




無限の可能性をもつ生命種から、

「宇宙そのもの」の使いであることが忘れ去られます。




体と思考と同一化し、

体と思考を守るためのみに、全力で生きるようになります。




肉体に拘束された部分の小さな自分を守るためには、

なんと労力を要することでしょうか。




なぜなら、自分の能力を

たんなる「人間」という小さな箱のなかに閉じこめ、

すでに完結させているからです。



「何かおかしい」と感じることはあるでしょうが、

「自分の完結」から出てこないかぎり、

新しい段階への(真実の自分への)扉は永遠に開きません。




それは、その人のつくりだした幻想の扉なのですから。




幻想の扉を開くことができるのは、

それをつくりだしたその人にしかできません。




*Information*

*『「いまここ」にさとりを選択する生きかた』増刷ができました!

  インターネット書店ではすでに販売が再開されています。

  書店さまでも、そろそろ販売が再開されると思います。

  どうぞよろしくお願いします。




* 2013年1月19日開催

 「やまがみてるお&ユウ “意識の目覚め”トークセッション2013」

  のご報告記事を、ユウさんが書いてくださりました。

  記事はこちら

  「トーク会」

  「トーク会2 不安について」




*ワンクリック、応援おねがいします。

 みんなで世界観を転換しましょう♪

精神世界ランキング  にほんブログ村
 
関連記事
スポンサーサイト


コメント:

やまがみさんこんにちは。

コップに入っている「水」と、「私の体」は別と感じてます。
ではその水を飲んでお腹に入ったら水は私となるのか?
まだ私ではないような気がします。

では水が体に吸収されたらその水は私となるのか?
私になったような気がしますが、汗として流れ出るものが私とは言い難いと感じます。

それと同じように空気もそうだし、体を構成してる原子も「私の体」とは言い切れず、
どこからどこまでが「私の体」で、どこからが「他者」なのか。
宇宙に存在するものと「私の体」の間に境界線はないということを感じました。

では「私」とはこの意識なのでは?という結論に至りそうですが、この意識さえも「他者からの影響」で起こるもので、
今メールを打っているのも、やまがみさんのブログを読んだからで、ブログを読むきっかけになったのは、目覚めに関心を持ったからで、関心を持つきっかけになったのは、色々苦しいことがあったからで、苦しくなったきっかけは。。。
と、どこまで行っても、完全に、私発の意識がありません。

突き詰めると「私」個人などはどこにもいなく、そこにあるのは全てがまるで織物のように調和の上に成り立った世界があるだけ。
何ひとつ自分ではコントロールできず、やったつもりになっているだけで、すべてやらされていたんだなあーと。


久々のコメントで長文ですみません(汗)
観察をしてたら最近そのような認識になりました。
この先どのような認識となるのか?
すごく楽しみではあります(笑)
2013/02/04(月) 15:16:19 |URL|つとむ #- [編集]
初めまして
やまがみさん、初めまして。

一年前からひっそりと?ブログ読んでます

「いまここ」にさとりを選択する生き方を
今読んでます。

その中で、恐怖を感じるワークをやってみました。
途中で恐怖なのか哀しみなのかわからなくなりましたが、涙が静かに出始めました。
そして、何とあくびが出てきました。

泣きながらあくびは初体験でした。
眠い時のあくびとは違う感じで、そのうち
気持ち悪くないのに、吐き気のような感じもありました。

浄化どうかわからないけど、本に載ってるワークを実践していきます。

やまがみさんの本は、外国でも出版になるといいですね。

長くなり失礼しました。


2013/02/05(火) 15:10:33 |URL|ゆっきー #- [編集]
つとむさんへ
こんにちは!

私たちが認識している境界線はすべて確定的なものではなく、
人生経験から、そう感じるようになった幻想(想念がつくりだしている境界線)なんですよね。

> 突き詰めると「私」個人などはどこにもいなく、そこにあるのは全てがまるで織物のように調和の上に成り立った世界があるだけ。
> 何ひとつ自分ではコントロールできず、やったつもりになっているだけで、すべてやらされていたんだなあーと。

そしてその「大いなる存在」のあらわれとして、いまここに存在しているんですよね。
ああ、こんなことを思い出せるなんて、なんてすてきなんでしょうか。
こんなにも「偉大なるもの」として私たちは存在しているのですね。

ご報告、感動しました!
2013/02/05(火) 19:07:54 |URL|やまがみてるお #- [編集]
ゆっきーさんへ
初コメント、ありがとうございます!

恐怖を感じるワークは恐ろしかったですか?
私は、もう本当に恐ろしくて、ブルブルと体がふるえて数時間おびえつづけたことを覚えています。

涙は浄化としてよく起こりますが、

眠くないあくび? と吐き気はお聞きした経験がありませんので、なんともいえません。すみません。

吐き気は、あまりひどくなるようでしたら、またご相談くださいね。

> やまがみさんの本は、外国でも出版になるといいですね。

ありがとうございます。とってもうれしい感想です。
世界中の人にお伝えできると、うれしいです!
2013/02/05(火) 19:14:33 |URL|やまがみてるお #- [編集]
ありがとうございます。

この認識に至ってから楽になりました。だって私がいるように見えて、いないんですから(笑)

一時期、観察することを忘れてしまう自分を責めてしまう私がいましたが、それも大いなる存在の意志で起きたことと思うと、何も責めることがなくなります。
それに気付いて観察しようと努力しようと思考が出るのも、私の意志ではない。
その時の安心と楽な感覚がサレンダーなのかと感じてます。

で、このサレンダーの感覚時が、正に観察意識になっている自分に気付きました。
2013/02/06(水) 21:29:51 |URL|つとむ #- [編集]
つとむさんへ
こんにちは。

> この認識に至ってから楽になりました。だって私がいるように見えて、いないんですから(笑)

ほんとうに不思議ですよね。
私たちは、ずっとこの「私」とともに生き、それだけが自分だと感じ、それに振り回されていたのですから。

そしてサレンダーだから、いっさいの苦悩がなくなり、楽になるのですよね。
2013/02/07(木) 21:39:49 |URL|やまがみてるお #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/337-18273bb3

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。