誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


「ことば」の錯覚から目覚めよう(2)

01-15(火)15時32分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




前回の記事では、私たちが共通認識している花を、

「花」と呼んでいるのは、私たち人間だけであることを学びました。




私たちが花と呼んでいるそれは、

およそ3億年まえにこの世界に誕生しました。




誕生後、長くそれは、この宇宙のなかで、

それとして存在しつづけてきました。




およそ20万年まえには私たち人類の祖先が誕生し、

この20万年のどこかで、ことばを開発しました。




ことばを開発した私たちの祖先は、

いま私たちが共通認識しているものを「花」と名づけ、

ことばによって「花とは何か?」を説明するようになりました。




「これは花である」

「花とはこういうものである」という説明が、

その後、長い時間をかけて伝達されつづけていきました。




この長い時間のどこかで、私たちは、

それを自分たちの側が「花」と名づけたことを忘れていきました。




このため、ここで語られている「説明」をこえた部分にある真実は、

その意味から排斥され、いまではまったく認識されていません。




これは、花だけではなく、

すべてのものに対して、おこなわれています。




さまざまな動物たち、植物、宇宙、すべてに。

そしてそれは、自分自身に対しても―。




こうして、いまでは世界は、

私たちの頭のなかにある概念(物質としての説明)に制限されており、

このため、物質至上主義に支配されているのです。




すべてが物質に還元され、その真実は遠い昔に忘れ去られ、

これほど科学が発達した21世紀においても、

私たちは、いまだにこの自分たちのつくりだした幻想の世界

(概念で説明された世界)から脱することはできていません。




くわしくは、



概念からの目覚めを体験しましょう。




アマゾンにてカスタマーレビューくださいましたみなさま、

読んでくださいましたみなさま、

ほんとうにありがとうございます。


とっても勇気づけられました。


今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。




*ワンクリック、応援おねがいします。

 みんなで世界観を転換しましょう♪

精神世界ランキング  にほんブログ村
 
関連記事
スポンサーサイト


コメント:

遅ればせながら
先日、オンラインで注文しました!
到着するまで数週間かかるとは思いますが
やまがみさんが精魂込めて創り上げられた
内容を拝見させて頂くのが楽しみです。
今後のご活躍、応援してます!
2013/01/18(金) 00:01:26 |URL|ゆき@あむ禅 #HfMzn2gY [編集]
ゆきさんへ
おひさしぶりです~♪

そして、ご注文も、ありがとうございます!

じつはじつは、
昨日、出版社のかたから連絡があったのですが、
ありがたいことに、すでに初版在庫が少なくなり、
増刷が決まったばかりなんです!

アマゾンでも品切れで、増刷後の発送になるだろうと思います。

手元に届くには、しばらくかかるかと思いますが、
また感想でも聞かせてくださいね~!

よろしくお願いします♪
2013/01/18(金) 01:46:04 |URL|やまがみてるお #- [編集]
こんばんわ。
ご著書すべて読ませて頂きました!

他の方も仰ってますが、図説入りで期待どおりとても読みやすかったです!
読んでて難しいかな?と感じる文章には必ず絵による説明が上に入っており、ブログではわからなかった部分も理解することができました。
また論理的に科学に基づいた説明もされているので、スピリチュアル系の本に慣れていない人でもとっつきやすい本だなと感じました。

“いまここ”や、自我=記憶、無思考、宇宙との分離と統一など、馴染みのない人には難解なさとりのキーワード、それにプラスして実践が丁寧に説明されており、こちらの本だけで最初の一瞥を得る人は得るのではないかと思います。

理解→さとりでは必ずしもないですが、私のように最初の一瞥と思える出来事からその後四苦八苦し、あれこれと追体験する方法を探してしまう者にとっては、ただシンプルに思考を観る大切さを理解でき、自我も納得の内容でずっと観察を続けていこうという気持ちになりました。

そんな中、あらゆる思考を観察しているうち「思考を観察しよう」という思考を観察をしていたら、目の前が真っ白になったというか、何か大きな気づきが降りてきそうな感覚になりました。
言葉ではうまく説明できないのですが…。


お忙しいと思いますが、21世紀のさとり読本第2弾!期待しております!
次はやはり絵本ですかね?
それまでこちらのブログ、ご著書を支えに思考観察を続けて行こうと思います!
素敵な本、ありがとうございました!(^^)
2013/01/18(金) 03:15:59 |URL|つとむ #- [編集]
無抵抗
欲望とは何か?
ひとつの思考です。
それはひとつの思考への固着です。
もしあなたがある想念や思いつきに固着しなかったら、その想念は自由に流れます。
いいですか、その固着はエネルギーの詰まりです。
それはあるがままに対する抵抗です。
あるがままに対するどんな抵抗も、葛藤です。
あなたは思考を止めることはできません。
それはただその思考にはどんな実体も、また独立した本質もないことを理解するということなのです。
あなたのなかには、何かを止めたり何かをしたりできる何らかの力をもったどんな実体も存在しません。
しかしそれを理解することが重要なのです。
その抵抗の認識は、無抵抗の地点から起こるに違いありません。
その無抵抗の瞬間、あなたはそこにいます。
自分が抵抗していることを、あなたは無抵抗からしか認識できません。
例えば、もしあなたが完全に狂っていたら、あなたにそれはわかりません。
正気の地点からしか、あなたは自分の狂気を認識しません。
その無抵抗の地点からの抵抗の認識のなかで、あなたはごく微妙なくつろぎに気づくでしょう。
そしてしばらくして、それがより頻繁に起こるうちに、それはもっとはっきりしたものになります。
その瞬間、そこに手放しがあります。

『Living Reality』James Braha (p152-155)

やまがみさん、コメント欄の皆さん、あまりに美しい言葉だったのでシェアさせてください。失礼いたしました。
2013/01/19(土) 13:05:39 |URL|nobody #noRfYm1U [編集]
つとむさんへ
うれしいご感想、ありがとうございます!

> あらゆる思考を観察しているうち「思考を観察しよう」という思考を観察をしていたら、目の前が真っ白になったというか、何か大きな気づきが降りてきそうな感覚になりました。

そういうことが起こったときには、どんどんと、その感覚を信じて、感じられるようにしてください。

> 言葉ではうまく説明できないのですが…。

当面のあいだ(定着して体験が深まるまで)は、ことばで説明することが目的ではなく、それを体験することが目的ですので、ことばであらわそうと思考するよりも、その状態をじっくりと、ただ感じられることをおすすめします。

体験が進み、その状態があたりまえになり、つとむさんのことばでそれをほかの方と共有したいと感じられたら、しだいにことばででも表現することができるようになっていくはずです。

> お忙しいと思いますが、21世紀のさとり読本第2弾!期待しております!

ありがとうございます。

つぎの目標は、思春期世代向けの「さとり読本」です!

私は筆が遅い人なので、年内を目標にしたいと思っています。
2013/01/20(日) 15:10:33 |URL|やまがみてるお #- [編集]
Re: 無抵抗
nobodyさん、シェアありがとうございます。

とっても感動しました。

James Braha さんのことは存じあげていませんが、

こういうかたが、たくさんこの地球上にあらわれはじめていることが、

新しい時代の幕がすでにあいていることを実感させてくれます。


人類はいま、思考からの目覚めを体験しています。

なんとすばらしいことでしょうか!


記事にさせていただきたいと思います。

ありがとうございました。
2013/01/20(日) 15:25:09 |URL|やまがみてるお #- [編集]
ご指摘通り、この体験をみなさまに共有のするため、また感覚を忘れた時のメモのためと無意識に思考で組み立てようとました(^^;)

結局メモして読み返してみても、また同じ感覚になれないことの方が多いんですよね。
なれる時はなれるし、なれない時はなれない。
どうにかなろうと必死に「観察、観察…」と頑張ってると、ハッとして「なにを頑張ってるんだろう…」とすんなり思考から抜け出せたり。

まだ定着されていない証拠ですね(笑)

しかしこのハッとする瞬間は以前より断然多くなってきました。
没頭状態から抜けだす、私というトランス状態から目覚めると言いますか、
観察がわからなくなり苦しくなって「観察!観察!」とやってる時こそ、思い出すべきポイントかと思いました。
体験者でいるうちはわからないということが最近腑に落ち始めた次第です。


思春期向けですか!!
悩み多き世代ですが、しかし自分の可能性に制限がない世代ですもんね。大人になるにつれ観念という制限を自分でつけてしまい、どんどん臆病になっていくという…。
まだ臆病になる前に、まだ自分のことを根拠なしに信じらる時に悟りに出会えたら素晴らしいと思います。
すごく楽しみですが気長にお待ちしております(笑)

長文で申し訳ありません(^^;)
アドバイスありがとうございました!


2013/01/20(日) 19:28:35 |URL|つとむ #- [編集]
つとむさんへ
> どうにかなろうと必死に「観察、観察…」と頑張ってると、ハッとして「なにを頑張ってるんだろう…」とすんなり思考から抜け出せたり。

「観察、観察・・・」っていう「思考」に巻き込まれ、ハッとして思い出しているのですね(笑)

> しかしこのハッとする瞬間は以前より断然多くなってきました。

断然、前進していますね!

もちろん、大人の人が読むと、なおわかりやすい「思春期世代向け」を考えています!
2013/01/20(日) 23:34:57 |URL|やまがみてるお #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/331-993aad67

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。