誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


(14) 「意識の中心」が定着するとは、日常生活の夢から目覚めるようなもの

08-24(水)15時49分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。

はじめてお越しの方は、こちらをご覧ください。




エックハルト・トールは、無意識な心が、私たちを乗っ取っていることを

『ニュー・アース』のなかで指摘しています(*1)


  「ほとんどの人は依然として、絶え間ない思考の流れ(大半が無意味な繰り返しである) や

   衝動的思考に自分を完全に同一化している。この思考プロセスとそれに付随する感情から

   離れて『私、僕 (I)』は存在しない。これはスピリチュアルな無自覚状態を意味する。

   頭のなかには片時も止まらずにしゃべり続けている声があると言われると、人は

   『それはどんな声か?』と聞き返したり、そんなことはないとむきになって否定する。

   聞き返したり、むきになったりするのはもちろん、その声、考えている無意識な心だ。

   それが人々を乗っ取っていると見ることもできる」




医療分野では「意識のある状態」とは、「起きている状態」、「覚醒している状態」という意味で

使われています。これに反して「眠っている状態」や意識障害などの「失神状態」や「昏睡状態」

など、また全身麻酔処置などによる「意識の消失状態」を「無意識」と言います。




また「起きている状態」、「覚醒している状態」においても「意識的である状態」と「無意識の状態」

があります。




いま私たちが問題にしているのは、後者、

「起きている状態」「覚醒している状態」における「無意識」です。




夢を見ているときの私たちは、現実世界の自己のことは忘れ、夢の世界に没頭しています。

夢のなかの世界が、私たちを完全に翻弄します。

目を覚ました私たちは、現実の世界に戻り、

どのような夢を見ていたとしても、夢のなかの出来事の影響から完全に離れた、

安全な場所にいることを思い出します。




「無意識である」とは、日常生活における夢見の状態と同じような状態です。

私たちは自己 (「意識の中心」) の存在を完全に忘れ、日常の出来事に没頭します。

起こる出来事、起こった出来事が、私たちを翻弄します。




「意識の中心」が定着するとは、この日常の夢から目覚めることです。




(*1)Tolle, Eckhart, A New Earth: Awakening to Your Life's Purpose, Penguin Books,2006.
エックハルト・トール著『ニュー・アース』吉田利子訳、サンマーク出版、2008年、39ページ参照。





↓*ランキング参加しています*↓*ポチッっとクリックくだされば、ありがたいです*↓

FC2ランキング  人気ブログランキング  精神世界ランキング  にほんブログ村 精神世界サイトランキングTOP100
関連記事
スポンサーサイト


コメント:

私は3.11を機に世界が変わりました。
大変な最中ではありましたが、あれほどまで心が静まり、世界が美しく輝いて感じられたことはありませんでした。
自分の中の何かが開かれ、それまでとは同じ生き方が出来なくなり、気がついたら大きな流れに巻き込まれ、見えない流れを信じ、ゆだねるということが出来るようになりました。
2011/09/20(火) 12:10:08 |URL|陽子ママ #- [編集]
Re: タイトルなし
陽子ママさんは、震災を体験されたのですね。

自分を巻き込む見えない流れを信じてそれにゆだねることは、
多くの人が必死に逃れようとしていることだと思います。

自分のなかに、自分の進むべき方向を知っている部分があります。
それを魂と呼ぶのか、直感と呼ぶのかは、私たちの自由ですが、
それにゆだねて結果を見たとき、はじめてその意味が理解できるのだと思います。
2011/09/20(火) 18:19:43 |URL|やまがみてるお #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/32-f9a5ab2f

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。