誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


私たちには、人生のミッションがある

11-29(木)15時16分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




私たちにはそれぞれ、人生のミッションがあります。




それは自己表現をとおして達成されます。




自己表現をしているとき、私たちは幸福になります。




自己表現を怠っているとき、私たちは不満を感じます。




「自己表現を犠牲にした収益」→「豊かさ」→「自己表現」ではありません。




私たちが生きることができる瞬間は「いまここ」以外に存在しないからです。




「いまここ」において、自己表現を犠牲にするということは、

思考の奴隷と化していることを意味します。




なぜならそれは「いまここ」において、

自分には自己表現することができる価値(豊かさ)がないと、

自分で決めたことになるからです。




私たちは、自己表現するために生まれてきています。




野の花は、ただ咲き、風は吹き、

太陽は私たちの世界を照らします。




ただあるがままに。




ただ自分らしく生きること、これが自己表現です。




自己表現するためには、お金が必要だという幻想は捨てましょう。




マネーゲームを捨てましょう。




マネーゲームを捨てても

生きていくことができることを私たちは自分の人生で体験するでしょう。




生きるのにお金は必要ないといっているのではありません。

豊かになる必要がないと言っているのではありません。

私たちには豊かになる権利がありますし、誰にでも豊かになることができます。




豊かになる方法は、自己表現(自分らしさ)によってであるとお話しています。




鳥は飛び、子どもたちは笑い、雲は空を流れていきます。




それぞれが、ただそれぞれを表現しています。

表現しているという感覚さえも、もっていないことでしょう。




「ただ一つの宇宙」が目のまえに生きています。

これが、私たちの真実です。




ただそれだけ。




自分らしく生きること。

これが永遠の幸福(豊かさとともにある感覚)への入り口です。




うちにある感覚(自己表現)が豊かさをもたらしてくれることがわかっているからです。




*ワンクリック、応援おねがいします。

 みんなで世界観を転換しましょう♪

精神世界ランキング  にほんブログ村
 
関連記事
スポンサーサイト


コメント:

昨日降りてきたメッセージが同じようなものでした。あんまりにも書きたいという欲求がつよくなったので、めずらしくダイレクトにブログにのせたところでした。

今、この手のメッセージが集中して発信されているような気がしますね。エネルギーの高まりかなぁ☆やっほぉ!
2012/11/29(木) 17:54:26 |URL|タカヤ #mQop/nM. [編集]
タカヤさんへ
おなじ情報空間にアクセスしていますね!(笑)

こういうことを自由に発信できるようになったというのは、

本当にいい時代になりましたね!
2012/11/29(木) 21:27:38 |URL|やまがみてるお #- [編集]
こんにちは
初めまして、monoです。やまがみさんのブログは、いつも興味深く読ませて頂いています。

今日の記事は、自分に当てはめると、どう考えていいのかわからないので、コメントさせてもらいました。

やまがみさんが言われるように、自分がやりたいことを表現して、
価値を創造できれば素晴らしいと思いますし、そうなりたいと思うのですが、
今の私は、とくにやりたいこともなく、どちらかというとゴロゴロしていたいのです。

とはいえ、そんな私であろうと毎月、生活するのに必要なお金がかかりますから、
お金を得るために、働かなければいけません。

その結果、お金があればこんな嫌な仕事をしなくても良いのにと、
ますますお金を得ることばかり考えてしまいます。

もし、やりたいことがあったとしても、やはりお金がかかるから、
まずはお金が必要だろうという発想になるのです。

どうしたらこの思考のループから抜けて、やりたいことを見いだせるでしょうか?
2012/12/01(土) 13:52:59 |URL|momo #SFo5/nok [編集]
momoさんへ
こんにちは。

はじめまして。

コメントありがとうございます。

私はここにお書きしたことを、じっさいにやってきて、

やりたいことで収入を得ることができるところまできました。

けれども、経験してみて思うのは、

この道は本当に過酷です(笑)


だからこそ、誰もこの道を選ばないのでしょう。


けれども実際に経験してみて、この道だからこその幸福を感じています。


> もし、やりたいことがあったとしても、やはりお金がかかるから、
> まずはお金が必要だろうという発想になるのです。


当然のことながら、日常生活に必要な収入を得るルートは確保したまま、

「自分のやりたいことを見つけ」(自分が心地いいと感じることにもっと近づいていくことです)

その道をどんどんと極めていくといいでしょう。


そうすると、やがてどうすれば収入につながるのかが見えてくるでしょう。


その道は、極めていく途中で、変わっていくこともあります。

これも、自分が心地いいと感じる方向に近づいていくことで起こります。


最初からすぐには見つからずに、何度も変わっていくうちに見つかることもあります。


私の場合も三つも四つも変わってきていますが、

こうして変わることで、それ以前の不可能が可能になり、

作り出すものの価値が上がってきていることがわかります。



私たちは、本当にやりたいこともわからないくらい、

子供のころからその気持ちを

抑圧していきてきています。


暇なときにはめいいっぱい、ごろごろするといいと思います。


ごろごろもつまらないので、そのうちに飽きてくるでしょう。


本を読みたいと思えば、本を読みましょう。


そのうちに本が大好きだと感じるかもしれません。


本が大好きだったら、本に関わる仕事かもしれませんし、



もしかしたら突然、子供が好きだって気づくかもしれません。



犬が好きかもしれませんし、



感じる気持ちを否定せず、どんどんとそういう気持ちに開いていくことをおすすめします。



その先に、本当にやりたいことが存在します。



私の場合は、最初、文章で何かを伝えたいと思い、ある心理学の学会で論文を発表しました。

けれどもそのときには気持ち的にうまくいかず、そのあと、小説を書きはじめました。



その後、童話を書いてみたことによって、

絵本を描いてみたくなりました。


まったく絵を描けなかったのにです。



その後、絵本がどんどんと楽しくなっていきました。



絵本を十数冊描きました。


絵本というのは、一冊で十数枚から、多いと三十枚くらいの絵を描きます。


それを十数冊も描いたのですから、自然に絵がうまくなりました。


それまでは絵なんて描けないと思っていたんですよ。


頭のなかの意見は信じる必要なんてありません。


けれどもあるとき、本当にやりたいことは、絵本じゃないと気づき

よく考えると、論文のときに書きたかったことを、文章でお伝えすることだと気がつきました。


そうしていまにつながっています。


いまは、このブログで書いているようなことを、

文章にしてお伝えしていこうと思っています。



2013年1月に、ナチュラルスピリットより著書を出版することになりました。



その本、挿絵だらけで、絵を描けない人のままだったら、いただけなかった仕事です。



自分のやりたいことがわかってくると、それをしているだけで幸せですので、

結果も必要がなくなってきます。



そこまでいくと、結果もついてくるのですけどね。
2012/12/01(土) 17:10:43 |URL|やまがみてるお #- [編集]
ありがとうございます
やまがみさん


返信が遅くなり申し訳ありません。
丁寧にわかりやすく教えてくださり、ありがとうございました。

とてもわかりやすかったです。

やりたいことをやればいいという話は、何度も聞いたことはありますが、
その話を聞く度に、やりたいことが何も思いつかない自分には
憧れるだけであきらめていたんです。

ゴロゴロしていたいというのは、やりたいことが何もない状態で
それがやりたい欲求だと発想したことはありませんでした。

やりたいことと言うと、もっと創造的で積極的な大きなことを考えていました。

ですが、今回、やまがみさんから教えてもらって
やりたいことをやるというのは、
ありのままの自分が感じていることで良くて
それをやり続けていることで、深まってくるというのも
やまがみさんの体験談から、よくわかりました。

関連する過去記事も読んでいたら、返信が遅くなってしまいましたが、
理解も深くなり、それと共にさらにやまがみさんに聞きたくなりました。


実は私、今、失職して収入がありません。

でも、毎月、支払いもあり、ある程度のお金は必要ですから
早急に収入を確保したいのです。

どんな仕事でもよければ、仕事もなくはないのですが
私は昔から人に怖さを感じるので、なるべく人に関わらない仕事で
学歴や経歴や能力を求められず、最低限必要な収入以上の
仕事で探せば希望通りの仕事がないのです。

インターネットで展開するビジネスに可能性を感じ
そちらも取り組んでいますが、まだ収入に結びつくほどではありません。


しかし、そもそも

やまがみさんが過去記事に書かれていたように
『お金を稼がなければ生活できない』
『お金を稼がなければ困る』という言葉を
自分に言い聞かせるだけでも、心地よくないし、
その言葉に従って、仕事を探していても心地よくありません。

インターネットビジネスも、今の私には、
あまりやりたいことではないのです。

今まで私は、ずっと思考の囁きを受け入れ
その通りに行動してきましたが、この状況を機会に
自分の心地よさに聞く生き方にシフトしてみようと思うのです。

今の私が心地よく感じることと言えば、
ゴロゴロしていたいぐらいしかないのですが
思考の囁きに耳を貸さず、その時、その時の心地よさに開いていけばいいでしょうか?

何か具体的なアドバイスやヒントとなる過去記事があれば
教えて頂ければ、嬉しいです。

よろしくお願いします。


momo
2012/12/05(水) 18:28:50 |URL|momo #SFo5/nok [編集]
momoさんへ
こんにちは。


私たちは、社会的常識に合致して生きていくために、すでに疲れてます。

社会とおなじ方向を向き、その目的に向かって知らず知らずに努力させられてきているからです。


そんな社会に対して、奉仕したいと感じるほど、社会を愛することなんてできません。

まずは自分の疲労を癒すことが先決だと思います。


けれども、人間はやはり社会的動物で、いつまでも「ひきこもっている」とつまらなくなるのです。

子どものころ、親ばなれしはじめたときには、隙があったら、外出をしようとしたものです。

とりあえず、ゴロゴロとして、外の世界の幻想(常識)に翻弄されて奪われたエネルギーを癒し、

momoさんの生命力が復活してくると、何かに関わりたくなってくると思います。



私たちはそれが、「収入に結びつく」ものではなかったら、価値なしと判断する傾向にありますが、

そこにこそ、私たちの「ほんとうにやりたいこと」が眠っているのだろうと私は思っています。


> 実は私、今、失職して収入がありません。

ほんとうの幸せは、「ほんとうにやりたいこと」と「収入」のバランスをとることだと思います。


「ほんとうにやりたいこと」を見つけることができ、ときどきやっているけれども、

それをするためには、「やりたくない仕事」で収入を得ている

では、人生の何割かは、「やりたくないこと」に奪われます。


「やりたいこと」で「収入」を得るためには、

「やりたいことをやって」それの商品価値をあげ、

それを「必要としている人」のもとに届けなければなりません。


それができるようになるまでは、「収入」には結びつきません。


「やりたいことをやって収入を得ることができる商品をつくりあげる」ことができない理由は、

それを私たちは、いままで怠ってきたからです。

(時代的に、私たちはその犠牲者なのですが、それをいいわけにしない覚悟が必要です)



ほんとうは、子どものころからこういうことを考え、

自分のやりたいことをつづけていれば、必然的にその才能は伸び

商品としての価値も必然的に高まっていたはずなのです。



したがって、現在の私たちがそれをするためには、

この怠ってきた部分(才能が商品になるまでの自然な努力。

大好きなのことなので、努力は自然なことに感じられます)は、


「やりたいことをやって収入を得ることができるようになるまでは、いままでどおりの方法で生活費を得る」

方法で補うしかありません。

そこで、自分は何を選択するかです。

私は、「ほんとうにやりたいことをして収入につながるまで、そこにフォーカスする」

なら、それ以外のことはあきらめるくらいの覚悟が必要になると考えています。

(自分にもそうしてきました。)



私はここに来るまでに、たくさんのものを捨ててきました。

大好きだった車。

携帯電話もほとんどかけない。

食事も質素でもいい。

住む家もできるだけお金のかからないところを。

ほかにも多数・・・。



けれどもこれは清貧を言っているのではありません。


何を大切ととらえているのかを言っています。


私たちは、「毎月、最低限これこれのお金がいる」なんてことを言いますが、

それも、ほんとうに必要なものだけではなく、携帯電話、車など、

なくても人生を充実させることができるものも、そのなかに含めがちだということです。


「生きるためには最低限・・・」なんていっている金額も、社会通念なのです。


あれも、これも、それも、みんなやって、

でも、「ゴロゴロして、その先のやりたいことを見つけたいんです」

は、甘え以外の何ものでもありません。


両親がいるなら、実家に戻る方法もあります。


地方から出てきているとして、

「田舎には帰りたくない」なんて考えているのだとしたら、

ただ「ゴロゴロしたい」だけなのに、場所が関係する理由がわかりません。


自分の気持ちを正直に伝え、

両親の理解が得られたら、

そうしたら、もっと最低限の収入で、残りの時間を

ゴロゴロに回せるのではないでしょうか。



そうすると、もっと楽に次の道が探せるということです。


「でも・・・」

って感じているなら、ずっとその状況がつづいていくでしょう。


2012/12/06(木) 19:02:19 |URL|やまがみてるお #- [編集]
やまがみさんへ
さきほどはfacebookで友達承認してくださり、ありがとうございました。

やまがみさんのコメントを頂いてから、ずっと返事をしないままにしていたのが
気になっていたので、ご報告がてらこちらにコメントを書きますね。

実は、最後のやまがみさんのコメントを読んで
私は『 働かないなんて甘えている 』 と、怒られているような怖さを感じたのです。

決して、文中にやまがみさんが、そのようなことを一言も書かれていませんし
友人に読んでもらっても、そんなこと書かれていないと言われたのですが
私が感じてしまうものは、誤魔化すことは出来ません。


特に

>甘え以外の何ものでもありません。

この言葉に自我はとても反応するみたいです。


(やまがみさんは、兎にも角にも働きなさいなどとは言われていないので、
 私の自我の思考癖に基づいたストーリーなのですが)

・・・・そうは言われてもなぁ・・・・

と、どうしてもお金のために働く気になれず、
家の中でゴロゴロしていました。


そうしたら、さきほど報告したように、
不思議なご縁で無添加石鹸の卸・販売元の仕事をしませんか?というお誘いを頂き、
私自身もその商品を気に入ったので、今、それを仕事にしているという次第です。


まだ、決して収入には繋がっていないのですが
不思議と早く売って収入を作らなければ!というような焦りがありません。


きっと私自身がこれだけの給料がもらえるからというように、お金のためではなく、
商品を気に入って始めたのが、良かったんだと思います。


それをfacebookでやまがみさんにご報告したら


>働かなければならないから、働いても、心は喜びませんものね。

>ほんとうは、働くとか、働かないとかではなく、
>日々何か心がひかれるものをとおして、ほかの人と、
>助け合いの関係を築いていくことが、人生で大切なんだと思います。


というお返事を頂き、とても嬉しくなりました。


働かなければならないと強く思い込んでいた時は、親の援助を余計なおせっかいのように感じ

そんなことを言われる自分に惨めさを感じていたものですが

思考観察を続けいている成果なのか、以前ほど働かなければいけないという思いがないので

親の援助を気持ち良く受け取ることができ、有難ささえ感じるようになりました。


内側の反映を見ているだけだと、改めて思い知る次第です。

やまがみさんのブログにとても助けて頂いています。

これからもどうぞよろしくお願いします。
ありがとうございました♪♪
2013/01/14(月) 00:00:00 |URL|momo #SFo5/nok [編集]
momoさんへ
コメントありがとうございます。

>・・・・そうは言われてもなぁ・・・・
> と、どうしてもお金のために働く気になれず、
> 家の中でゴロゴロしていました。

私もmomoさんとおなじように、
「お金のために働く」という義務感におそわれると、
ばかばかしくて、働く気にはなれません。

私たちは、機械ではなく、人間ですので、
自分のまわりにいる人たちの役に立ちたいという気持ちから、
仕事(奉仕)をするという、本来の働き方に戻っていく必要があるのだと思います。

> そうしたら、さきほど報告したように、
> 不思議なご縁で無添加石鹸の卸・販売元の仕事をしませんか?というお誘いを頂き、
> 私自身もその商品を気に入ったので、今、それを仕事にしているという次第です。

> きっと私自身がこれだけの給料がもらえるからというように、お金のためではなく、
> 商品を気に入って始めたのが、良かったんだと思います。

ほんとうによかったですね。

こういう仕事は、ほかにもあるはずなのです。

これをきっかけに、momoさんにとっての
心の喜ぶ働き方(仕事)に導かれていかれることをお祈りしています。

ご家族のかたを大切にして、感謝してすごされてくださいね。

こちらこそ、これからもよろしくお願いします!
2013/01/14(月) 01:21:28 |URL|やまがみてるお #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/312-bafddc92

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。