誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


永遠不変なる本質が私たちの意識をとおして、自己の真実に目覚める

11-13(火)00時20分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




静寂―けっして変化することのない本質―が、

この現象世界へと現れ、そこに意味や価値を見いだすことによって

それ自体の存在を楽しんでいます。




現象世界はその「変化の側面」であるため、

けっして静止することはありません。




と同時に、けっして変化することのない本質が、

その背後に存在しており、

この本質こそが、あるものすべての真実の姿です。




変化の側面は、変化しつづけていく理由から、

それは仮の姿ということになりますが、

その真実は永遠不変であるため、

どのような変化においても、

その本質面は侵食されることはありません。




私たちは(変化する側面に現れた)仮の姿を生き、

仮の真実(現象世界の体験)を謳歌しています。




仮とはいえ、この現象世界は、

永遠不変なるものの現れである以上、

真実であり、そこには価値があります。




私たち自身が、永遠不変なるものの現れであり、

永遠不変なるものが、みずからの可能性を楽しむために、この現象世界を誕生させ、

それをいま私たちをとおして楽しんでいます。




私たちがこのことに気づきはじめたこと自体が、

永遠不変なるものがこのことを実際に楽しんでいる証拠といえるでしょう。




なぜなら、永遠不変なるものは、私たち(の意識)をとおしてしか、

それを意識的に楽しむことはできないからです。

永遠不変なるものの現象界における意識とは、私たちの意識だからです。




これまでの生命の進化の過程では、

これを認識するにはいたりませんでした。




そしてついに私たち人類が、

このことに目覚めはじめました。




*ワンクリック、応援おねがいします。

 みんなで世界観を転換しましょう♪

精神世界ランキング  にほんブログ村
 
関連記事
スポンサーサイト


コメント:

教えてください
『永遠不変なるものは、私たち(の意識)をとおしてしか、それを意識的に楽しむことはできないからです』
とありますが、この私たちの意識とは、自我の事でしょうか?
もし、自我の事なら、自我を消し去り悟りを開くことは、人間の役割を放棄した行為になるのでしょうか?
2012/11/13(火) 10:15:07 |URL|こも #- [編集]
こもさんへ
こんにちは。

「永遠不変なるもの」「大いなる存在」「それ」は、現象世界を含む「すべての起こり」をゆるす空間、スペース、背後にある秩序、その力です。

その現れとして生命は誕生し、進化してきました。

進化の過程で、生命は個別の意識を獲得し、その個別の意識に蓄積した記憶の部分だけを自分だと感じて生きています。これが自我です。

自我は、意識に宿った個別性(個別の記憶とそれに従った判断)のことです。

したがって意識は、自我の起こりとその存在をゆるす空間、スペースです。

意識という場所があるから、そこに思考や感情(自我)が起こることができます。

逆にいうと、思考や感情がなくても、意識は存在しつづけます。

思考や感情(自我)の背後にある空間、スペースのようなものだからです。

このことから、意識と自我は違うものだということがわかっていただけたと思います。

意識とは、自我の存在をゆるすその基底にあるものです。

自我は、意識に依存しており、意識に宿り、寄生しなければ存在できません。

けれどもこの寄生が無意識に起こると、意識は自我にのっとられ、その存在が自我の背後に隠れてしまいます。

ただし、「永遠不変なるもの」「大いなる存在」は、「すべての起こり」をゆるしますので、自我の存在もゆるします。

したがって、自我は悪いものではないということがわかります。

では、何が問題をひき起こすのでしょうか。

意識と自我の関係から、意識があるじで、自我が従者であることがわかります。

けれども無意識に生きることで私たちは、この関係を逆転させて放置しているのです。

つまり自我が主人の座に着き、意識の存在を忘れ去っているのです。

自我とは、個別の記憶とそれに従った判断であることを思い出してください。

個別の記憶とは、数十年の経験によって培ってきた記憶とそこから得られる知識です。

私たち生命は「永遠不変なるもの」の現れですから、

物理的宇宙だけを見ても、その一部分として137億年の命を生きてきています。

これはたんなる理論ではなく、思考の虚偽を見破って生きていくと、体感的に理解されていきます。

137億年の命を生きてきた存在が、たった数十年の経験だけを真実ととらえて生きているということになります。

現代の私たちは、個別の経験だけを信じ、それに乗っ取られ、自己の主人(意識)を見失っている状態にあります。

主人(意識)が、従者(自我、個別の経験)をうまく働かせる方法があります。

主人としての役割を発揮するという方法です。

自我(思考や感情)と自分(主人、意識)とは別物であることをしっかりと認識し、

自分の真の望みに応えるために自我を活用するという方法です。

このことに関しては、このブログでも何度か取り上げました。

自分の心地いいと感じることに心を開くという方法です。

また機会があれば取り上げますね。

とりあえずいまのところは、自我は消し去る必要なないということ、

そうしようとすること自体がふたたび自我を活性化させますので、

逆効果であることを理解して、

ただ自我(思考や感情)に気づきつづけることを目標にしてください。

自我の存在に気づく、ということは、

自我をこえた意識が、存在していることを意味します。

やがて思考や感情(自我)からはなれた視点(意識)が定着すると、

それまでは思考や感情の背後に隠されていた、本当の自分(主人)の

目的(役割)に気づくことができるようになるでしょう。

主人がそれに従事しはじめると、自我はそのために働きはじめます。

それが自我の真の役割だからです。

私たちは自我をとおしてしか、この世界と関わることができないからです。
2012/11/13(火) 13:37:58 |URL|やまがみてるお #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/299-e167825b

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。