誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


愛犬との残された時間(6)

08-20(月)16時47分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




まだ若いころ、愛犬は、

犬種(ミニチュアダックス)的に、

頚椎椎間板ヘルニアになりやすいということで、

5.5キログラム以下という体重制限をうけました。




けれども体質的なものか、

食事制限ではほとんど体重コントロールができませんでした。




食事量がどんどんと少なくなり、

いまから思うといつも飢えた状態にしてしまっていたのだろうと思います。

豊かな日々の食事と引き換えに、未来の病気の可能性と闘い、

いま(の喜び〔食事〕)を犠牲にしていたのです。




食事制限や運動などで気をつけていたにもかかわらず、

11歳のときにヘルニアを発症しました。




骨と骨とのあいだのクッションの役割を果たしているものが

椎間板です。




頚椎椎間板ヘルニアは、椎間板の中央にある髄核という部分が

何らかの理由によって飛びだし、神経を圧迫するために起こります。




飛びだしているはずの髄核を切除するため、

緊急手術の準備がなされました。

が、CT検査の結果、問題の髄核は発見されず、

医学的には打つ手がなくなりました。




ただゆだねる以外方法はなくなり、

後ろ足が不随になりました。




医学的には見放されましたが、

数か月後、症状は自然に改善されはじめました。

その後、半年が経過すると日常生活には支障をきたさない程度にまで

自然に治りました。



日々の生活(「いまここ」の日常〔ただ食べること〕)を

犠牲にして、病気と闘うことはやめました。

食事制限はせずに、

体重は8キロをゆうにこえていますが、

いまも自分の足で歩いています。




医学が発達するよりも昔は、

つぎのようなことが起こったのでしょう。




人(生命)は老化し、何か苦しんでいるように見えはじめます。




対処法がなかったため、がん(がんであった場合)は

あっというまに進行し、生命を終えんへと導きます。




医学が発達する歴史の過程で

さまざまな病気とそれに対する対処法が考案され、

あるものは早いうちに手を打てば、

それによって予定されていた命の終えん予定時刻を

ある程度は引き伸ばすことができるということがわかっていきました。




こうして私たちは、ある種の老化現象は

うまくすれば回避することができるという知恵と技術を獲得しました。




このため、自我はこの種の老化現象に対しては、

回避できるもの、回避したいものと考えるようになりました。




こうして、この種の老化現象は、私たち自我にとっての

いい/悪いの判断によると、「悪いもの」に分類されました。




大儀の目的としては、生命は誕生と死をとおして進化を獲得し、

「大いなるもの」、「宇宙そのもの」の目的を果たします。



老化現象、そして死は、けっして悪いものではなく、

生命の物質的側面の役割の達成を意味します。




物質的存在としてのゴール(終着駅)です。




*ワンクリック、応援おねがいします。

 みんなで世界観を転換しましょう♪

精神世界ランキング  にほんブログ村
 
関連記事
スポンサーサイト


コメント:

やまがみさん、御無沙汰しております。

昨年、25年間ともに仕事をしてきた私の上司が、胆管がんで入院し、その後わずか2ヶ月で逝去しました。67歳でした。
他方、私の父は、2回がんを患って、その間に阪神大震災も被災したのに、90歳にして今のところ普通に生活できています。

「いのち」は自我の思惑を超えたところで、はたらいているなーと、やまがみさんの記事からも感じました。

ところで、がんと老化について、京都の中村仁一医師の意見は傾聴に値すると思います。御存知だったかも知れませんが、参考までに貼っておきます。http://bit.ly/J6cGN7



2012/08/20(月) 20:44:42 |URL|加藤 #- [編集]
加藤さんへ
こんにちは。

お元気ですか?

まだまだ暑い日が続きますので、お体ご自愛ください。

「いのち」は本当に不思議ですね。

医学はすばらしい恩恵を私たちに与えてくれますが、
それは人間が作ったもので、
人間は、私たちの図り知ることのできない力が作りだしたものですので、

「医学」<「いのちの能力」

なのですよね。

中村仁一医師の記事、とっても参考になりました。

医学に携わっている方がおなじように感じられていることを知ることができ、
とっても勇気づけられました。

やはり、生命にとってあるがままが一番利にかなっているのだと感じました。

いつもすてきな情報をご紹介くださり、ありがとうございます。

すてきな世の中になってきましたね。
2012/08/21(火) 00:03:48 |URL|やまがみてるお #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/259-b4015ae5

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。