誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


愛犬との残された時間(4)

08-13(月)18時35分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




野原に咲く花であろうと、

買ってきた花であろうと、

自分で育てた花であろうと、

いつかはかならず枯れます。




ただ私たちは、道端で一瞬目にした花よりも、

それとも、きのう買ってきた花よりも、

さらには、自分で育てた花のほうにより強い愛着を感じます。




私たちとは、

自分により近い命、

より強い絆を感じる命へと、

執着心を増して感じる顕在意識なのですから。




悟りは、ワンネスを体感させ、

すべての命あるように見えるものたちは、

じっさいには、生まれてくることもなく、

死んでいくこともない存在であることを

私たちに思いださせてくれます。




そうして取り戻したワンネスの感覚とともに私たちは、

「いまここ」に現実化された

個としての命も同時に生きていることを理解します。




ワンネスとのつながりを取り戻した自己の感覚は、

ワンネス(自己の永遠性、永遠であるという感覚)を軸にして

生きはじめていますので、その有限の側面の終焉に対しても、

かつてほどの大きなインパクトを感じなくなっています。




自分にとって大切な人の命に対しての

執着心が減少していくことは、

愛の減少を意味するように思われるかもしれません。

が、じっさいにはそうではありません。




日常的につねに命の本質を見つめ、

その本質と真剣にかかわっているからこそ、

それに対しての後悔を感じる必要性を

感じなくなっているからです。




*ワンクリック、応援おねがいします。

 みんなで世界観を転換しましょう♪

精神世界ランキング  にほんブログ村
 
関連記事
スポンサーサイト


コメント:

お盆ですね~
ご無沙汰しています。
そろそろ残暑に入る頃でしょうか?早いですね~。
体調など崩されていませんか???


わんちゃん 体調はいかがですか?
うちもミニチュアダックスがいるのでよくわかります。昨年は14歳のゴールデンを見送りました。

愛犬との残された時間シリーズ、感慨深く拝読させていただきました。うんうんそうだよねとうなずきながら。
命あるものはいずれ必ず肉体から卒業しますものね。
私も人生半ばを過ぎたからか、人を見送る回数が増したからか、以前より死をそれほど忌み嫌うことがなくなりました。
それでも家族や近い人の死はとてつもなく悲しいでしょうし、執着もまだまだしてしまうのだと思います。

やまがみさんはとても優しい方なので、なおのことおつらいと思います。
上手く言えないのですが、わんちゃんとの穏やかな時間がたくさん続くといいですね。

残暑厳しくなりそうですが、ご自愛下さい。
埼玉から応援してます~。

2012/08/13(月) 20:54:53 |URL|さおっち #HFPCtE.A [編集]
さおっちさんへ
こんにちは。
コメントありがとうございます。

さおっちさんもお元気ですか?
まだまだ暑い日が続きますので、お体ご自愛ください。

さおっちさん宅のダックスちゃんは、お元気ですか。

うちのダックスは、いま14歳で、お見送り体勢に入りましたので、
ゴールデンちゃんと同じ年齢ですね。

> それでも家族や近い人の死はとてつもなく悲しいでしょうし、執着もまだまだしてしまうのだと思います。

執着している自分をしっかりと観察しつつ、
感じるままに感情を感じて、
残された時間をできるだけ無駄にしないようにすごしていきたいと思います。

2012/08/13(月) 21:21:06 |URL|やまがみてるお #- [編集]
大切なもの
こんにちは。
毎日暑いですね。

うちにも11歳のミニチュアダックスがいます。
私も、生まれてからずっと犬が居る生活をしています。何頭見送った事でしょう。何頭見送っても慣れる事はなく、大切なものを手放すのは身を裂かれる思いですが、それ以上に幸せを沢山もらってますからね、いつも全力で愛し、悔いのないように愛し続けて行こうと思っています。
今だに亡くなった子のお墓に行くと泣いてしまいますが、居た時よりずっとずっと身近に感じています。

どうぞゆっくりと悔いのないようにお過ごし下さい。

少しでもワンちゃんやご家族の方が幸せに過ごせますようお祈りしています。
2012/08/17(金) 12:34:05 |URL|華 #- [編集]
華さんへ
こんにちは。
ありがとうございます。

まだ本当に暑いですね。

うちは三頭目で、二頭目のあとは、もう飼わない(見送ることがつらいため)
と決めていたのですが、けっきょく飼ってしまいました(笑)

そういうこともあり、三頭目の子との時間が充実していましたので、後悔もなく、
告知後も、それ以前とあまり変わらない時間をすごすことができています。

でも考えたら、病気であっても、健康でも、残された時間(「いまここ」)には
いつも同じ価値があるのですよね。

これはきっと私たち人間もおなじなのですよね。
大切なことを学ばせていただいています。
2012/08/18(土) 12:35:25 |URL|やまがみてるお #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/257-aa2db9ae

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。