誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


「成功法則」「願望実現」「引き寄せの法則」が「悟り」の副産物である理由

07-08(日)17時34分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*みんなで、人間本来の能力を取り戻し、

 すばらしい世界の創造に貢献しましょう。

 一日ワンクリック、応援おねがいします。

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




「成功法則」「願望実現」「引き寄せの法則」が機能する理由は

「悟り」、すなわち私たちが自分自身の真の本質とのつながりを

取り戻しているからです。




真の本質とのつながりを取り戻すことができているから、

真の能力が発揮されます。




自我(思考)とは、真の本質から誕生し、

そこに芽生えた自己感覚です。




このため、真の本質とは自我の理解をこえています。




けれども私たちはこれまでの人生のすべてを

自我(自己感覚)をとおしてのみ経験してきているため、

自我の判断のみが正しいという幻想の世界に生きています。




自我の執着によって真の能力の発現が阻害されているため、

私たちは、成功や、引き寄せとはほど遠い人生を生きることになります。




自我(思考)の判断に対しての無意識の執着のために、

真の能力が抑制されるのは残念なことです。




あなたは、その体を、どうやってつくりましたか?

自分でつくったおぼえはない?

では、誰がそれをつくってくれましたか?

つくってくれたものが、本当の自分かもしれません。




あなたは自分の体を、どうやって動かしていますか?

どうやって維持、機能させているのですか?




あなたはどうやって、傷を治しますか(これまで治してきましたか)?

(私たちには骨折さえも、自然に治す能力があります)




あなたはその体をどうやって、自由に動かして活用しているのですか?




体を動かす方法や、維持、機能する方法は、

思考に理解できますか?




私たちの本質とそれのもつ真の能力は、思考には理解できません。




自我(思考や判断)の届かないところの能力を活用して生きているのですが、

私たちはこのことを無視して無意識に生きています。




自我(顕在意識)にはこのことは理解できません。

けれども活用しています。




真の能力とは、自我(思考)には理解できない部分に存在し、

いまも無意識に活用されています。




自我(思考)はこの届かないところにある能力にゆだねることに抵抗します。

これが自我の抵抗です。

このため真の能力は制限を受けているのです。




「成功法則」「願望実現」「引き寄せの法則」が機能する理由は

「悟り」、すなわち私たちが自分自身の真の本質とのつながりを

取り戻し、自我の判断(抵抗)が手放されているからです。




自我(顕在意識)による

「自分の人生とは、こうあるべきだ」というが判断が手放され、

あるがままの出来事(顕在意識には理解できない真の本質の導き)に

ゆだねられているからです。




*一日ワンクリック、応援おねがいします。

 みんなで世界観を転換しましょう♪

精神世界ランキング  にほんブログ村
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
スポンサーサイト


コメント:

やまがみさん、こんにちは。

いつもありがとうございます。

自我(思考)は、つくづく手強いと感じます。

常に今現在の状況を評価し、何もしないでいることや、何も考えないでいることを許そうとしないのが分かります。

常に他人や社会の価値観と比べようとしているのが分かります。

こうした自我(思考)に無自覚な状態で長い間生きてきたのだと思うと、とても悔まれます。

でも、物質的な成功に完全に心を奪われていた過去の自分がこの事実を知ったとしても、相変わらず、そうした成功を求め続けていたのではないかと思います。

ある意味、そうした成功をあきらめざるを得ないと感じる今だからこそ、そのことの重大さに気付けたのだと思います。

まだまだ多くの人達が物質的な成功を渇望し、それを得られないことに苦しみ、それを得るために苦しんでおり、その苦しみは成功を手にするためにはやむを得ないものと捉えています。

本当は皆、「ただ」幸せになりたいだけのはずです。

しかし、画一化された社会の価値観によって、その価値観に乗っ取った条件を満たさなければ、つまり成功しなければ、幸せにはなれないと思い込まされてしまっています。

自分自身、こうしたことを頭では分かっていても、そこから自由になるのは難しいと感じます。

やはり悟ること以外に自由になる方法はないのかもしれません。

一人でも多くの人が悟って、そういう人たちが、本当の幸せを得るための指針を示すことで、社会全体の幸福度を上げていく必要を強く感じます。

僕もなんとかそこに貢献できるようにないたいと思っています。

2012/07/09(月) 08:22:54 |URL|おおの #- [編集]
おおのさんへ
こんにちは♪

> 自我(思考)は、つくづく手強いと感じます。
> 常に今現在の状況を評価し、何もしないでいることや、何も考えないでいることを許そうとしないのが分かります。 (←分かりますに注目)

悟りは、何も考えないでいることを目指していませんので、再確認ください。

私たちは日常つねに思考を活用しています。

思考を活用するのは、悪いことではありません。

けれども活用している主人が、思考である従者を活用していることを忘れ、

活用している思考の内容(すなわち従者)に従属(思考内容に同一化)していることが問題の原因です。

ただ思考が起こったときに思考が起こっていることに気づき、その内容をあるがままに観察することができるようになることをおすすめしています。


> 常に他人や社会の価値観と比べようとしているのが分かります。(←分かりますに注目)

ここで、おおのさんが自我の特徴について「分かてきている」(「分かります」×2)

ところがポイントです。


自我とは戦わないように注意しましょう。

手ごわいのは、自我を変えようとしたり、打ち負かそうとするからです。


ただそれに気づき、それに従わない選択が私たちには可能です。

> こうした自我(思考)に無自覚な状態で長い間生きてきたのだと思うと、とても悔まれます。

これも自我の策略です。

おおのさんの痛いところをつついて、「後悔」と同一化しているのです。

この場合二つの選択肢が考えられます。

1)自我の特徴(戦略)に気づいたことを前進ととらえ、評価する。

2)「いまここ」に存在しない思考のもたらした「過去」を悔やみ、「いまここ」を侵食する。


つねにこのようなことに気づいていると、自然に選択肢(1)を選ぶようになります。

そのほうが明らかに自分のプラスになりますので。

> まだまだ多くの人達が物質的な成功を渇望し、それを得られないことに苦しみ、それを得るために苦しんでおり、その苦しみは成功を手にするためにはやむを得ないものと捉えています。

私たちは、物質的な成功は悪いものではありませんが、それがすべてになり、それによって「いまここ」の幸福からみずから目を背けていることになることに気づきはじめている時代を生きているのでしょうね。

> しかし、画一化された社会の価値観によって、その価値観に乗っ取った条件を満たさなければ、つまり成功しなければ、幸せにはなれないと思い込まされてしまっています。

そうですね。

けれどもそれを自分に許した(思い込ませた)のは自分だということに目を向ければ、

それを許さないようにするのも自分の自由になりますので、無力感から開放され、

自分の人生の主導権が、自分自身の手に取り戻されます。


私たちの幸福は外側の環境には依存していません。

一人の人がこれに気づき、ただ「いまここ」の幸福を自分の選択で選べば、

その人が幸福になった分だけ、世界に幸福の波動が発信されます。
2012/07/09(月) 14:37:42 |URL|やまがみてるお #- [編集]
やまがみさん

アドバイスありがとうございます。

改めて気づきを頂きました。

本当に進歩は、一進一退ですね。
2012/07/09(月) 15:49:29 |URL|おおの #- [編集]
おおのさんへ
そうですね(笑)

でも確実に前進していますので、

自我がなんていっても、

このことは忘れないでくださいね!
2012/07/09(月) 21:00:12 |URL|やまがみてるお #- [編集]
おじゃまします。

スピリチュアルに関しては素人ですが、解りやすい文章で、理解が深まります。

仕事や趣味や家庭で閉塞感を感じることが、最近ちょくちょくありますが、それらに対してヒントを得られた気がします。

またおじゃまします。
2012/07/10(火) 06:00:01 |URL|sodomu #- [編集]
sodomuさんへ
こんにちは♪

初コメント、感想ありがとうございます。

> 仕事や趣味や家庭で閉塞感を感じることが、最近ちょくちょくありますが、それらに対してヒントを得られた気がします。

私もかつては強い閉塞感に悩まされましたが、閉塞感の語るメッセージにゆだねていくと、人生がどんどんと楽になることを経験しました。

またぜひ遊びにきてくださいね。
2012/07/10(火) 15:51:09 |URL|やまがみてるお #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/247-f2e6952a
こんにちは、やまがみてるおです。ご訪問ありがとうございます。*みんなで、人間本来の能力を取り戻し、 すばらしい世界の創造に貢献しましょう。 一日ワンクリック、応援おねが...
2012/07/08(日) 17:57:42 | まとめwoネタ速neo

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。