誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


【まんがで悟ろう(15)】「意図の力」・「ポジティブ・シンキング」・「世界観鏡」の統合(3)

03-21(水)11時20分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*みんなで、人間本来の能力を取り戻し、

 すばらしい世界の創造に貢献しましょう。

 一日ワンクリック、応援おねがいします。

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




前回は、

私たちが誕生して世界を体験しはじめたときには、

私たちにとって世界は、

いいも悪いもないニュートラルな状態だったということを学んだわよね(*)


「いまここ」の展開表001


ニュートラルな状態から世界を体験しはじめ、

うれしいことやかなしいこと、

楽しいことや辛いことなどを体験して、

世界とはどのようなものかということ判断していったということになるわね。




このときに私たちは、いい/悪いや、好き/嫌いの判断をして、

世界に対して無意識のうちに、

ポジティブとネガティブのいずれかの反応をしてきたということになるの。


反応010


この判断によって、体験したことがポジティブに感じられていたとしたら、

その人にとって世界はポジティブに感じられているでしょうし、




逆にこの判断によって、体験したことがネガティブに感じられていたとしたら、

その人にとって世界はネガティブに感じられることになるの。




(*)「【まんがで悟ろう(14)】「意図の力」・「ポジティブ・シンキング」・「世界観鏡」の統合(2)」参照。




*一日ワンクリック、応援おねがいします。

 みんなで世界観を転換しましょう♪

精神世界ランキング  にほんブログ村
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
スポンサーサイト


コメント:

幼い自分
白か黒か!間もいっぱいあるのにどちらかにしたがる幼い自分を発見しました。
2012/03/21(水) 23:07:24 |URL|うみ #- [編集]
うみさんへ
じつは私も、いつも白か黒、イエスかノーで判断する性格なんです~
2012/03/22(木) 18:55:27 |URL|やまがみてるお #- [編集]
やまがみさんへ
いつもお返事ありがとうございます♪

一瞬の内にあらゆる事を総合判断していい悪いと反応してるんでしょうね。反応自体は我が身を守る為の装置だと思います。

ただ反応がパターン化したものだと、新しい環境や状態に適応しにくいでしょうね。そうなると又苦しいので、適応していくためには少しでもあるポジティブの部分から、出来る範囲で反応パターンを変えていけるって事ですよね♪変えなきゃいけないではなく、出来るところで…。
2012/03/22(木) 22:00:03 |URL|うみ #- [編集]
うみさんへ
> 一瞬の内にあらゆる事を総合判断していい悪いと反応してるんでしょうね。

気づかないうちに、いつもおなじ反応をする習慣になっているのが問題だと思います。

> 反応自体は我が身を守る為の装置だと思います。

同感です。

生き延びて増殖することが生命の基本的な目的です。
基本的な目的の先に、より高次の目的が現れます。

生き延びるためには、危険を察知したり、恐怖を感じる必要があります。

けれどもこれが過剰に働いていたり、うみさんの言うようにパターン化している可能性があります。

『「意図の力」・「ポジティブ・シンキング」・「世界観鏡」の統合』を最後まで読んでいただけると、
ポジティブな反応をしばらくは試してみようと感じてもらえると思います。

試してみて、結果を体験することができたら、そのあとは自然にポジティブな反応を選ぶようになります。

まだしばらく回を必要としますので、それまで少しずつですが、いっしょに学んでいきましょうね♪



2012/03/22(木) 22:45:16 |URL|やまがみてるお #- [編集]
ありがとうございます♪
わー、お返事ありがとうございます♪はい!私としてもしっかり勉強させて頂きたいので、ちょっとずつお願いします(^-^;
やまがみさんのブログを拝見して反応している自分をじっくり観察するのが、とても学びになっています!観察出来た事からイモズルで、昔の色々な事にもつながっていて、結構ハード。
しかしながら、今までにも沢山の思い込みを変える事が出来て、つらい思い出等から卒業してきてます!なので大変だけど嬉しいです。

考えてみればこんなに自分のこころを見つめた事がなかったかもです。ネガティブな事をみるのはエネルギー要りますが、こころがかまって貰って喜んでいるのだと思います。

やまがみさんもご無理のないようお過ごし下さいね♪
2012/03/22(木) 23:11:34 |URL|うみ #- [編集]
うみさんへ
> やまがみさんのブログを拝見して反応している自分をじっくり観察するのが、とても学びになっています!観察出来た事からイモズルで、昔の色々な事にもつながっていて、結構ハード。

私もいまだに、自分の無意識のネガティブな反応に気づくことがあり、おどろかされていますよ(笑)

反応はくせのようなものなので、それに気づき違う反応をくり返すことができたら、やがて、反応自体が変化しますので、そのときには、その新しい反応が習慣になっていますよ。

2012/03/23(金) 21:22:10 |URL|やまがみてるお #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/215-ac919a17

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。