誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


「あるがままに」泣き寝入りしない

02-09(木)17時00分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。

はじめてお越しの方は、「こちら」をご覧ください。




私たちが対話している「あるがままの受容」は、

誤解を招きかねないテーマです。




阿部さんのブログ「いまここ」においても、

獣医師の、ある扱いによって大切なペット(うさぎ)を亡くされた方が、

この医療に対して告訴を検討することは

自我に振り回されている行為になるのかどうかが議論されていました。

「次の旅立ち」コメント欄、「エゴ」参照)



我が家にも長く生活をともにしてきた愛犬がいますので、

この方の気持ちがよくわかります。




悟りとは、究極的には個別の自分というものは存在しておらず、

その背後に存在する完全性こそが自分の真実であることを

体験的に理解することです。




そしてこの完全性が自分の真実であることがわかってくることによって、

必然的に個別の自分(個別性)に対する価値や執着心が自然に減少していきます。

このため、わが身に降りかかった災難に対しても、

より冷静に対処できるようになります。




けれどもこれは、個別の自分の権利(社会的権利)が

消滅(減少)することを意味するのではありません。

この点を誤解しないようにしたいものです。




自我の抵抗こそが、私たちを困難に導きくことはすでに学びました。

「神の子になる方法」参照)。




「あるがままの受容」にゆだねていくと、

私たちは、自分の人生がより容易に展開していくことを目撃します。

これが「あるがままの受容」が私たちの人生にもたらす利点です。




けれどもここに落とし穴があります。

自我は、この利点を利用して、

あるがままの受容を私たちに押しつけようとしてくるのです。




これが感情の抑圧につながります。




私たちは、あるがままを受け入れるように、

自分の感情をコントロールしようとします。




けれども感情とは、じっさいには私たちには

コントロールできるものではありません。




起こる感情は純粋なものであり、悪いものではなく、

たんなる反応だからです。




起こる感情を起こるがままに感じること、

これも含めて「あるがまま」です。




起こる感情を抑圧しようとすることは、

感情の「あるがまま」に抵抗していることになります。




スピリチュアルな修行によって、

感情のコントロールができるようになると

考えているかたもおられるかもしれませんが、

これは誤解です。




悟りにおいて私たちは、

感情とは自然に起こるものであること、

そして自然に消えていくものであることを

体験的に理解します。




これによって私たちは、

ただ起こり消えていく感情を

自然に受け流すことができるようになります。




このため私たちは、

起こった感情に巻き込まれることがしだいに少なくなっていきます。




こうして私たちは巻き込まれることなく、

起こった感情を冷静に、そして自然に表現できるようになります。




もしも医療ミスを経験されたとしたら、

その経験に対して感じることを大切にして、

つぎの行動を選択することが求められているのだと私は考えます。




自分の子どもが危険なところに近づいて行った場合、

私たちはそれを止めようとします。




本当の愛情とは、すべてをただ許すことではありません。




医療に対して、甘い部分を持ちつづけて

その仕事に従事していくことは、

その獣医師の方の今後の人生にとって、

危険なことではないでしょうか。




大切なペットに対する医療ミスを経験された方の

感じるままの行動(もしかしたら告訴、

それとも告訴までは至らなかったとしても、相談や意見)が、

その獣医師の方の人生にとって役に立つ(学びにつながる)

行為である可能性があることを忘れてはならないと私は思います。




そしてこのために、

大切なペットが自分の命を犠牲にしてまでこのことを

教えてくれていた可能性があるのだとしたら?




もちろん、大切なペットを亡くされた方の

悲しみは痛いほどわかります。




けれども、宇宙はここまで完璧にできている

可能性があるのかもしれません。




だからこそ、あるがまま(感じるまま)にゆだねることが

大切であると私は感じます。




精神世界ランキング  にほんブログ村  人気ブログランキング  FC2ランキング 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
スポンサーサイト


コメント:

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/188-5d136bb9

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。