誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


神の子になる方法

02-07(火)17時00分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。

はじめてお越しの方は、「こちら」をご覧ください。




2月2日の記事「自我の役割」のコメント欄において、読者のみどりさんと

ケン・ウィルバーの書籍のなかから入門書を選ぶなら、

どれがいいだろうかという話になりました。




15年ほどまえに読んでいたウィルバーの書籍を目のまえに積みあげ、

一冊ずつペラペラと目を通していきました。




そのなかの一冊、『無境界』を開いているときに、

私の目はその最終章に釘づけになりました。




ケン・ウィルバーとの出会いは、

私の人生に大きな影響を与えています。

「(58)悟りを達成するまでの時間は、新しい習慣を身につけるまでの努力にかかっています」
 「(66)今日も一日、思い出したときには、自分の思考を見張りつづけましたか?」参照)





けれども当時の私は、その真の意味をまったく理解しておらず、

ただ読んだだけで満足していたことが

明らかになったからです。

(ケン・ウィルバーは『無境界』のなかで、悟りの状態を「統一意識」と呼んでいます)




 「自分の行っていることがすべて湿った波を求めて

  いまから立ち去る波飛びであり、抵抗にすぎないことを

  看破したとき、ターニング・ポイントが訪れる。

  本人が、こういったことばで気づくかどうかは別であるが、

  この最大の転換点は霊的修行の鍵となるものである。

  自分の行っていることがすべて抵抗であることを

  絶対的に理解しないかぎり、ひそかに立ち去り、執着し、求めつづけ、

  完全にその発見を阻止してしまうからである。

  自分が立ち去っていることに気づかずに、立ち去りつづけるのだ。

  自分の行動がすべて抵抗であることに気づかないと、

  統一意識を獲得する何らかの動きがあると信じてしまう。

  自分の行動がすべて立ち去る動きにすぎないことを理解するまで、

  本人は立ち去りつづける」(*1)




当時の私はウィルバーのこのせっかくのアドバイスを理解せず、

ひそかに立ち去り、執着し、求めつづけることを

知らず知らずのうちに選択したのです。




このため、その後もさまざまなつらい苦悩の人生を経験します。

「(7)私の「人生の探求」のはじまったきっかけ 〔2〕母の死、そして、うつ病発症」参照)




苦悩とは、あるがままの人生に対する抵抗にほかなりません。

したがって、この抵抗を手放すと苦悩は直ちに減少していきます。

「(91)『誰でも悟りプロジェクト』2011年11月までの要点」
 ほか「『誰でも悟りプロジェクト』2011年11月までのまとめ」参照)





苦悩が絶頂に達し、どうしようもないところにまでくると

私たちは、このことに気づくしか方法はなくなります。




苦悩が絶頂に達したときに、私はこの抵抗をあきらめました。




するとどうでしょうか。




バタバタと暴れていたときよりも楽に、

海に浮かんでいることに気づきました。




ただプカプカと、私は人生という波にゆられていることに気づきました。




ウィルバーはつづけます。




 「だが、自分の行うことがすべて一つの抵抗、

  目をそらし、立ち去ることであることを看破した時点で、

  もはや自分を明け渡す以外、選択の余地はなくなってくる。

  しかし、あえてそうすることはできない。

  また、あえてそうしないこともできない。

  われわれはすでに(本書『無境界』において)

  そうはいかないことを見てきた。

  どちらも新たな立ち去る行為だからである。

  それは、一切何もできないことを看破したとき、

  自然におのずから起こってくる。

  統一はつねにすでにあるからだ」(*2)




私は、つねにすでにあったあるがままの幸福にゆられ、

自己充足していることに気づきました。




 「われわれが行おうとすることはすべてまちがっていた。

  すべてがすでに永遠に正しいからである」(*3)




抵抗も正しい。

抵抗が無駄であることに気づくことも正しい。

私の外側で起こるすべての出来事も、あるがまままで正しい。

晴れも雨も、夏も冬も、生も死も、善も悪も、平和も戦争も、進化も絶滅も・・・。




私のなかから起こるすべてのものもあるがままで正しい。

怒りも、悲しみも、苦しみも、憎しみも、恐れも、愛も、喜びも、楽しみも・・・。




すべてが等しく正しい。

何も否定するものはなく、何も否定されるものもない。




いや、正しいとか、正しくないとかの判断すら

存在しない世界に私たちは生きているのです。




私は、15年ほどもまえにウィルバーのこれらの言葉と出会いながらも、

そのときにはその真の意味を理解することができませんでした。




 「本人が、こういったことばで気づくかどうかは別であるが・・・」




私は気づかず、その後15年にもわたってあるがままの人生に抵抗しつづけ、

目をそらし、立ち去りつづけて、みずから苦しみを創造しつづけたのです。




その理由はウィルバーがここで言っているように

「しかし、あえてそうすることはできない。

また、あえてそうしないこともできな」かったからです。




それもまた「あるがまま」―




私たちにできること、それはただ一つ、

「抵抗を手放してみる」ことだけであり、

それすら、あえてそうしているかぎり、

(そうすることで利点〔何かいいことが起こるはずだ〕を

求めつづけているかぎり)、じっさいに起こるのは、

自我にとっては「想像を絶する導き

(自我にとっての利点が存在しないという意味での、

否定したいような出来事)」であるため、

私たちはまたその「あるがまま」に抵抗することになるからです。 




(*1)Wilber, Ken, No Boundary, Shanbhala Publications,Ink., 1979.
ケンウィルバー著『無境界』吉福伸逸訳、平河出出版、1986年、267~268ページ参照。
(*2)同書、268ページ参照。
(*3)同書、270ページ参照。





精神世界ランキング  にほんブログ村  人気ブログランキング  FC2ランキング 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
スポンサーサイト


コメント:

抵抗してました。
こんにちは。

自我に相変わらす支配されている時間が長いみやです。
でも、気持ちは落ち着いてきました。
やまがみさんのブログに本当に助けられています。

今回の内容、すごく響きました。コメント考えているうちに時間が過ぎて、遅いコメントになってしまいました。ごめんなさい。

母のことを含めて、私の今までの人生って抵抗しまくっていたなあと思いました。
母のことは、母と同世代の方を見かけると、なんで母ばかりって悔しくなります。なんで悔しいのかわからなかったんだけど、自分の描いていた人生と違ってしまっていたから、悔しいんだとやっと気づきました。そして、それが嫌で嫌で抵抗しているんだと思います。でも、抵抗しても疲れるだけで変わらないですね。

他のこともたくさん抵抗している自分がいます。今までは、ポジティブにがんばれば、思い通りの人生になれると思っていました。だから、思い通りの結果が得られなかったとき、努力やポジティブさが足りなかったと思ってました。結果に抵抗して、努力等の不足で片付けていたような気がします。

結果を恐れるあまり、本当にやりたいことほど、踏み出すことを躊躇していました。
悪い結果ばかりを考えて、妄想がふくらんでがんじがらめになっていたことがよくあります。
これも、一種の抵抗だったんだと。

人生を自分の思い通りに生きるなんて、なんて自我的発想何でしょう!!!

上手く言えないけど、抵抗するのはやめて、ちっぽけな自分の頭で考えた人生じゃなくて、もっと大きなものにゆだねて人生を歩んでいこうと思えてきました。


2012/02/11(土) 14:54:49 |URL|みや #- [編集]
みやさんへ
こんにちは♪

コメントありがとうございます(^▽^)

> 上手く言えないけど、抵抗するのはやめて、ちっぽけな自分の頭で考えた人生じゃなくて、もっと大きなものにゆだねて人生を歩んでいこうと思えてきました。

私の場合は、たとえば自分の思っている時間どおりにことが運ばなくて、帰宅が遅くなったときにイライラしたときに、それに気づき、それにゆだねてみるということがありました。

予定がおして、家に帰る時間がほんの少し遅くなっただけでイライラしていたのですが、これに気づき、のんびりと帰ったときに、何か起こるか観察してみました。

すると、帰宅が少しくらい遅くなっても、受け取るものは何も変わらないことを経験しました。

だとしたら、イライラしないだけ得ではないかと考えるようになりました。

それなのに、自我は自分の予定どおりにことが運ばないと、イライラするのですよね(笑)

こんな些細な観察が、私の場合は重要な学びにつながりました。

> 抵抗しても疲れるだけで変わらないですね。

ほんとうに、このことを観察してわかってくると、しだいに自然に抵抗を手放していくようになります。


> 結果を恐れるあまり、本当にやりたいことほど、踏み出すことを躊躇していました。
> 悪い結果ばかりを考えて、妄想がふくらんでがんじがらめになっていたことがよくあります。

こういうことはほんとうによく起こりますよね。
私たちはいつもそんなふうに、頭に振り回されているのですよね。
2012/02/12(日) 02:55:34 |URL|やまがみてるお #- [編集]
はじめまして。
今日はじめてこちらのサイトに辿り着き、興味深くあちこち読ませて頂いています。

無境界、とても面白そうだと思って早速アマゾンで注文させて頂きました。

素敵な本のご紹介ありがとうございます(*^□^*)
2012/02/14(火) 11:05:14 |URL|こいけ #- [編集]
こいけさんへ
はじめまして(^▽^)

コメントありがとうございます。

『無境界』の感想なんかもまたお教えていただけたら、うれしいです。

またぜひ遊びに来てくださいねヽ(*´∀`)ノ
2012/02/14(火) 14:11:54 |URL|やまがみてるお #- [編集]
こんばんは
私 今ここに居ますね(笑)
2012/09/09(日) 22:12:24 |URL|歩ayumi #gC0Juu8I [編集]
歩ayumiさんへ
こんにちは。

すべてが、そのままで正しいのですよね。

あえてそうすることはできず、

また、あえてそうしないこともできないのですから(笑)

ただあるがまま。

すべてはそのままで、正しい。
2012/09/10(月) 01:45:01 |URL|やまがみてるお #- [編集]
ありがとうございます
抵抗も正しい。
抵抗が無駄であることに気づくことも正しい。
私の外側で起こるすべての出来事も、あるがまままで正しい。
晴れも雨も、夏も冬も、生も死も、善も悪も、平和も戦争も、進化も絶滅も・・・。
私のなかから起こるすべてのものもあるがままで正しい。
怒りも、悲しみも、苦しみも、憎しみも、恐れも、愛も、喜びも、楽しみも・・・。
すべてが等しく正しい。
何も否定するものはなく、何も否定されるものもない。
いや、正しいとか、正しくないとかの判断すら
存在しない世界に私たちは生きているのです。

Amazonで本を注文して、こちらに飛んできました。
上記の言葉に涙が出ました。
表現してくれてありがとうございます。

本が届くのが楽しみです。
2015/05/05(火) 11:53:34 |URL|yumi #BPVKXLjE [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/187-bf3e3fdf

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。