誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


私たちの「自分 ≠ 宇宙」という大前提 (1) 説明でOK?

02-04(土)19時33分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。

はじめてお越しの方は、「こちら」をご覧ください。




私たちが、私たち(人類)として誕生したときから、

私たちは、すでに宇宙から独立した自分という感覚を生き、

この感覚を前提に対話を進めてきたことがわかります。




このような分離の大前提に立った世界観の伝達ゲームが

人類の歴史を通してずっとくり返されてきているのです。




この世界へと誕生し、自己意識が形成されはじめる以前の私たちは、

まだ宇宙から分離しておらず、

「個別の自分が存在しているという感覚」は

まだ形成されていません。




これは、外から見ると悟りと同じ状態ですが、

悟りを自己(思考から離れた自己)に

目覚めている状態ととらえるならば、

これはまだ気づくための自己意識が形成される以前のため、

悟っているというよりも、

意識の誕生以前の(宇宙からの)未分離の状態であると言ったほうが

その状態をより正確に表現していることになるでしょう。




ではこの世界へと誕生し、

目が見えるようになったとき、

私たちがはじめて目にしたものは、何でしょうか?




そう、もちろん、この世界です。




生まれてはじめて世界を目にしたとき、

私たちはそれをどのように感じたでしょうか?




「世界とは何か?」




もっともな疑問ではありますが、

けれどもこれは好奇心からのものであって、

その真実を追究するような

根本的な疑問ではなかったことでしょう。




言葉を覚えはじめた子どもが、

さまざまなものを指差して、

「これは何?」とたずねることを思い出してみましょう。




私たち大人は

子どもにいろいろなものごとをたずねられると、

それを教えてあげますね?




ほんとうですか?




じっさいには私たちはただ、説明をしているだけにすぎません。

私たちは、それを説明して、すべてをわかったつもりになり、

まだ完全にわかったわけではないにもかかわらず、そこで終わっているのです。




子ども:「これは何?」

大人 :「木だよ」

子ども:「木って何?」

大人 :「植物の一種だよ」

子ども:「植物って何?」

大人 :「幹(茎)があって、枝があって、地面に根をはり、

     葉っぱがあって、花を咲かせて、実をつける・・・」


そうしたら、子どもはこう質問するでしょう。


子ども:「幹って何?

     枝って何?

     根って何?

     葉っぱって何?

     花って何?

     実って何?」

大人 :「幹(茎)とは、葉や花を支える部分だよ。

     枝とは、植物の茎が先端に向かって分れた部分のことだよ。

     根とは、地中に伸びて、水分や養分を吸収したり、

     呼吸したり地面から栄養を吸収する器官のことだよ・・・」




植物のことをすべて説明しつくしても、

その真の意味をすべて語り尽くすことはできません。




なぜなら、私たち動物が呼吸によって排出した二酸化炭素を植物が吸収し、

植物が排出した酸素を、私たち動物が呼吸し、

私たち動物はある種の植物を食料とし、

その排泄物や死骸が土に還り、それがまた植物の糧となったりと、

すべてが密接に関連しているからです。




私たちはこのように言葉で説明しているつもりになってはいますが、

言葉での説明は、その真の意味を語っているわけではないことに

疑問すら感じていない状態にあるのです。




説明では、根本的な疑問に答えることはできません。




子どものころからこのような説明に慣れ親しんできた私たちは、

説明された(説明した)ということで、満足するように、

きっちりとしつけられてきているのです。




精神世界ランキング  にほんブログ村  人気ブログランキング  FC2ランキング 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
スポンサーサイト


コメント:

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/183-c23e4f7b

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。