誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


悟りをあきらめる

01-25(水)13時18分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。

はじめてお越しの方は、「こちら」をご覧ください。




このような言葉を耳にすることがあります。

「もう悟りをあきらめようかと思います」




本当ですか?

悟りのことは、もうやりつくしましたか?

すべてをやったのに、悟りは起こりませんでしたか?




では、逆に考えてみましょう。

もしかしたら、何かをするから、何かをやりつづけるから、

悟りが起こらない可能性があるのかもしれません。




私たちは、悟りのために、

あれやこれや、さまざまなことをやります。

やってやって、やりつくします。




「やること」では、悟りには永遠にたどり着くことはできません。

悟りは「いまここ」に、すでにあるのですから。




悟りとは、あるがままの受容です。




「悟りをあきらめようかと思います」

これは、あきらめる気がないのかもしれません。




ほんとうにあきらめるのなら、

あきらめようと思うよりも以前に、あきらめるでしょう。




悟りに執着があるのではないでしょうか?

悟ると起こると思っている利点に。




自我が執着しているのは、

悟りが起こったときに起こりうる利点に対してなのではないでしょうか?




利点を追い求めているかぎり、あるがままの受容にはなりません。




悟りのためにあれやこれやとやることが、

「いまここ」のあるがままの状況に、抵抗していることになってはいませんか?




精神世界ランキング  にほんブログ村  人気ブログランキング  FC2ランキング 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
スポンサーサイト


コメント:

嗚呼、本当だ!
悟りの利点を求めていた。その通りです!

実際に、さまざまな人や本の情報からだけで知っている「悟り」。
本当は知っていないものを求めていた理由は、
その利点だったんだなぁ・・・

悟り=魔法の杖だと、苦しみへの万能薬エリクサーだと思っていました。

でももしかしたら、それは限りなく普通の状態なのでは?
「これじゃいけない」と思うことからする、たっくさんの試みや行為を、
ただ差し引いたというだけの、以前同様の普通だったり^^

マラソンをやめられたかどうかわかりませんが、
止めても大丈夫だとわかったことが、
一番の(生まれてから一番の)幸福です(^-^)

てる姐さん、と呼んでもいいのかなぁ(ボソ
2012/01/25(水) 15:32:23 |URL|ベル #USufH/tE [編集]
ベルちゃんへ
いいわよ、いいわよ~♪
お姐さんでも、お父さんでも、お母さんでも~(^▽^)

> 「これじゃいけない」と思うことからする、たっくさんの試みや行為を、
> ただ差し引いたというだけの、以前同様の普通だったり^^

そうよ、そうよ、「以前同様」の――。
子どものころには、みんな、この状態にいたのよね~♫

> マラソンをやめられたかどうかわかりませんが、
> 止めても大丈夫だとわかったことが、
> 一番の(生まれてから一番の)幸福です(^-^)

大丈夫だから、一度止めてみて、そうしてどうなるか見てみるの。
もしも大丈夫じゃなかったら、またマラソンのコースに戻ればいいじゃないヽ(*´∀`)ノ

2012/01/25(水) 16:22:19 |URL|やまがみてるお #- [編集]
あはは・・・

>お姐さんでも、お父さんでも、お母さんでも~(^▽^)

てるぴー姐さんの素敵さは、この許容力にある(><)!

>もしも大丈夫じゃなかったら、またマラソンのコースに戻ればいいじゃないヽ(*´∀`)ノ

人生ってなんていいんだろう(^^
この世は何でもできるとこなんだなぁ。

>子どものころには、みんな、この状態にいたのよね~♫

姐さん、それ違うよ!
子供の頃は時間をたくさん持ってたもの。
なんにでもなれる可能性と共に頬っぺた赤くして生きてられた。

オリンピック選手にも、
大会社の社長にも、
世界的なスーパースターにも、
一万人のボーイフレンドに愛される女にも、

なれない今、もっと幸せだよ?(^0^)/
2012/01/25(水) 17:00:05 |URL|ベル #USufH/tE [編集]
ベルちゃんへ
ほんとうよね~♪
人生って、何だってできるのよね~(^▽^)

> 子供の頃は時間をたくさん持ってたもの。
> なんにでもなれる可能性と共に頬っぺた赤くして生きてられた。

あたしたちは、いまだって、おんなじだけ時間をもっているのよ~
「いまここ」しかないんだから~!
2012/01/25(水) 23:37:42 |URL|やまがみてるお #- [編集]
このトリック?を見抜けるか?(笑)既にそうであることに気づくだけなんですね。
2012/01/26(木) 12:09:37 |URL|ヒロ #- [編集]
ヒロさんへ
コメントありがとうございます。

ほんとうにそのとおりですね。

自分自身とのかくれんぼのようでもありますね。

誕生して、自分を見失い、人生を通して、またそれを思い出していく。
2012/01/26(木) 20:19:48 |URL|やまがみてるお #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/175-bea893cb

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。