誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


(7)私の「人生の探求」のはじまったきっかけ 〔2〕母の死、そして、うつ病発症

08-11(木)13時01分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。

はじめてお越しの方は、こちらをご覧ください。




父の死をきっかけにして、

私は「自分とはなにか?」「人間とはなにか?」を探求しはじめました。 




母も、私と同じようにこの葛藤(死を意識したときの人生の不安)に

苦しんでいたのだろうと思います。

毎朝夕、仏壇に向かって般若心経を唱えて仏さまの供養を欠かしませんでしたが、

「お父さんが死んでから、いろいろ考えてなんかおかしなりそうや」と

話していたことがあります。




このころの私は自分のなかの葛藤に対峙するのが精いっぱいで、

母に対してどうしてあげることもできませんでした。

母は、父が死んだ五年後、進行性悪性胃がんのため、急逝しました。

(父のときの経験を生かして、このときには自分のできる範囲で

母を看取ることができましたので、その後、自分が自分を責めることは

それほど強くはありませんでした)




自律神経失調症の症状が数年つづいたあと、気分がまったくすぐれず、

なにをする気にもなれず、うつ病を発症しました。




私は「なにかをやらなければならない」「生きる意味を見つけなければならない」と

急かされるように感じていました。

生きる意味を見失っていたのですから、当然かもしれません。




けれども最後には死がすべてを洗い流してしまうのですから、

生きることには幻滅していました。




自分が生まれてきた意味や理由を知りたいと感じ、必死にそれを探しました。

気分はすぐれず、自分を責めつづけながらも、さまざまなものに挑戦しました。

挑戦するしかなかったのです。自分の生きている意味を見つけるために。




生まれてきた意味とその理由を探す以外、

この滅入った気分から自分を救い出すことはできないと感じていました。




死が、すべてを洗い流すとはしても、生きている意味や価値を見つけ出す以外に、

自分に対して、生きていてもいい、

生まれてきたことはまちがいではなかったと、

感じることができなかったからです。




両親との死別を経験して感じていた自分を責めるような切迫した観念は、

少しずつ少なくなっていきましたが、

完全に癒されたと言えるようになるには、20年近くの時間を必要としました。

長く、苦しい年月でした。




私は、自分を救うためには、なにかをしなければいけないと感じ、

自分のために研究して結論づけていたことを、論文にして発表しました。

たまたま出会った友人が教えてくれた心理学系の研究団体で、

発表の機会を得、人目に触れました。




このときの私が書いたことは、

自分を救うために「自分の信じたいこと」であって、

「自分の信じていること」ではありませんでした。




かんたんにまとめると、以下のような内容です。


「人間とは、宇宙である。宇宙は永遠である。

したがって、人間とはその本質において永遠である」




けれども両親との死別を通して、私が感じていたことは、

「最後には死がすべてを洗い流してしまい、意味もすべて、なくなってしまう」だったのです。

それでも、そのままだと、生きてはいけません。

生きる意味がないのですから。




私は自分の「生きる意味」、「生きている意味」をなんとか探し出そうとして、

論文を書きはじめました。

「信じたいこと」であっても「信じることができていない」この矛盾は、

文章に現れていたのかもしれません。




発表後の反応から、批判、批評を感じることになり、

私はその世界から、すぐにしっぽを巻いて逃げ出すことになります。




私は、自分の「信じたいこと」を

(信じることはできていないけれども、信じる以外にはなかったため)、

さまざまな表現媒体を通して表現しつづけました。

小説にしたり、童話にしたり、絵本にしたり・・・。


                   ―――が、心は完全には晴れませんでした。




それらの行動はすべて「信じたいこと」にすがっていただけだからです。

私は、その後「信じたかったこと」が「信じられるようになるまで」を経験することになります。




この過程で私は、人がどうして うつになるのか、

うつは、いったいなにを教えているのかを、理解することになります。

私は人生の心の闇(うつ)がしだいに晴れていく意味を経験しました。




最後まで読んでいただき、ありがとうございました。




↓*ランキング参加しています*↓*ポチッっとクリックくだされば、ありがたいです*↓

FC2ランキング  人気ブログランキング  精神世界ランキング  にほんブログ村 精神世界サイトランキングTOP100
関連記事
スポンサーサイト


コメント:

はじめまして
ツイッターでフォローしてくださったYoshi@左脳系スピリチュアリスト さんってどういう人かなって思ってブログを見て、そのままこちらに来ました。
「信じたいことを信じられるようになる」よう、自分を洗脳中です。

今、最初から読んでいる途中です。
このまま続けて拝読致します。
2011/09/20(火) 11:51:41 |URL|陽子ママ #- [編集]
陽子ママさま、はじめまして
ご訪問、ありがとうございます。

私も、Yoshi@左脳系スピリチュアリスト さんと出会えたことは、
天の恵みのように感じています(笑)。

そのおかげで、陽子ママさんとも出会えたわけですしね。

「信じたいことを信じられるようになる」よう、自分を洗脳なさらずに、
(そうして、信じられるようになったように感じても、それは思考のウソです)
ぜひ、それをじっさいに体験してください。

直接体験は、それほどむつかしいことではなく、誰にでも可能なことを伝えていけたらと思っています。
わかりにくいところとか、もっとわかりたいところとかを、コメント欄などで質問くだされば、
お答えできるかもしれませんし、記事のテーマにさせていただくかもしれません。

今後とも、どうぞよろしくお願いします。
2011/09/20(火) 16:19:21 |URL|やまがみてるお #- [編集]
こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。

洗脳・・・と書きましたが、
気づいたことを意識的に行っていくようにしています。

ある程度理屈で真実とはそういうものかと頭に入れておいておくことも大事なのではないかと思っていますが、
習慣や考え方を変えるには、実際に実践すること、訓練するというのも必要と思いました。

意識の中心を定着させていきたいと思います。
2011/09/20(火) 19:43:30 |URL|陽子ママ #- [編集]
Re: タイトルなし
そうですね。
思考(理屈)は、真実の瀬戸際まで連れていってくれます。
そこから、その淵を飛び越えるのは、体験です。
思考でその瀬戸際までいくことを陽子ママさんは、洗脳と表現されていたのですね。
洗脳という言葉に、ネガティブなイメージを投影して話を聞いてしまっていました。

大切なことは、「意識的に行い」、
感じたことに(思考で考えていたことと違っていたとしても)心を開いていくことです。

そうすると経験的に、思考(常識・観念)<感覚(直感・直感的理解)になっていきます。
感覚的に理解することを体験と言っています。
2011/09/20(火) 20:19:37 |URL|やまがみてるお #- [編集]
求めることについて
はい。真理の瀬戸際ギリギリまで向かって行きたいと思います。
いつでも飛び込む準備万端で(笑)

「求める」と言うことは、「得られない」と思っていることの裏返しともいいますが、
「当然得られる」と思って学んでいます。
ですから、求めることに必死になっているわけでもありません。

起こるときは起こるのですし、
「それ」は、起こっても起こらなくてもいいのだし、
すべてお任せなのですが、
自分から少しでも近づくことが出来るなら
求めていこうかなというスタンスです。
趣味や楽しみでやっているようなものです。(笑)


体験が先か、理屈が先かの違いで、
何も知らないまま体験し、一体これはなんなんだろう!?
って後から頭での理解を求める人もいるだろうし、
その逆もありだと思うからです。

真理は真理で、理屈も何もいらないのでしょうが、
現代人(もしくは大人は)は頭で理解するようになっているし、
両方あって納得いくものだと思っています。
(少なくとも私は)
(私は若いときにシュタイナーの本を少し読んでいたせいか、思考や自我をあまり悪者に思っていません。)
2011/09/21(水) 10:52:55 |URL|陽子ママ #- [編集]
コインの裏表の話について
ツイッターで書いたコインの裏表の話、少し長くなりますが書かせてください。

ブログでも書いたとおり、先月家を出たのですが、
神戸から迎えに来てくれた人がいて、今一緒に住んでいます。
はばかりなくいえば、二人の生活は幸せの極みです。
そして夫とのこと、置いてきた子どもたちへの思いは負の感情で
自分を苦しめようと思えはいくらでも苦しめることが出来きる感情です。
でもそれは厭わしいものではなく、両方あって「完璧な今」なんだって思ったら
負の感情も受け入れることが出来、初めて夫に素直に感謝の思いが湧いてきました。
すべてが完璧な流れでした。


同じく両極を味わったことを思い出しました。


出産後自宅に帰って来て、夜部屋で子どもに母乳を飲ませていたとき、
今まで感じたことのないほどの震えるような喜びと感動を感じたと同時に
このかけがえのないものを失うことの底の知れぬ深い深い悲しみを感じました。
もちろん失う悲しみは、すぐさま頭から消し去りましたが、
大きなものを得た喜びは、同じくらい深い悲しみとセットで引き受けることだとその時思ったものでした。


両方セットといっても、コインの裏を出しておくか、表を出しておくかは選べるし、
嘆くことも、不快に思うこともなく、そういうものだと認識いていればいいのかなと今回改めて思った次第でした。
2011/09/21(水) 10:58:03 |URL|陽子ママ #- [編集]
Re: 求めることについて
陽子ママさん、こんにちは。
いつもありがとうございます。

私の記事は、思考や自我を悪者のように扱っている印象を与えているかもしれませんね。
私自身は、思考や自我は、私たち(「目覚めた自分」)のために存在していることを理解しています。

目覚めたあとも、私たちは自我(これまで私と思っていた〇〇〇男、もしくは〇〇〇子)と
ともに生きていきますし、その〇〇〇男、もしくは〇〇〇子が、
思考という道具や、この生きている体を活用して、
私たち(「目覚めた自分」)の人生のテーマに向かって歩んでいってくれます。

思考や自我に「私たち」が操られているのが、問題であって、
「私たち」が、思考や自我をうまく活用できるようになる必要があることを語っています。

目覚めの度合いにしたがってこれが容易になっていきます。

このような誤解は、おいおい解消していかなければいけませんね。

「体験が先か、理屈が先かの違いで、
何も知らないまま体験し、一体これはなんなんだろう!?
って後から頭での理解を求める人もいるだろうし、
その逆もありだと思うからです」

そのことは、Yoshi@左脳系スピリチュアリストさんが、ブログ「悟りの書 ~Road to Awakening~」
の最新記事「無意識の目覚め、自我の目覚め」のなかで解説されていますね。
http://ameblo.jp/0329yoshi/entry-11024342237.html

「世の中には、本人に自覚はなくても、
『目覚めた人』はたくさんいます」(上記ブログ記事参照)

陽子ママさんのブログの記事(「一体化」)を読ませていただいた限り、
陽子ママさんは、目覚めを「すでに」体験しています。

ただまだ自信をもって断言できていないだけです。

体験が、確信に変わるまでは、恐れずに飛び込んでいくしかありません。
ほかの人(常識)と意見が合わなくても、自分の体験(感覚・直感)を信じていいのですよ。

そうして飛び込んだことによってやがてそれが、
「『いってんの曇りもなく』思える」確信に変わります。
2011/09/21(水) 12:10:24 |URL|やまがみてるお #- [編集]
Re: コインの裏表の話について
生―死。
幸―不幸。
善―悪。
好きなこと―嫌いなこと。
喜び―悲しみ。
ポジティブ―ネガティブ。

どれもみんな、片方が存在しなければ、もう片方も存在できません。
片方だけを選び取ることができる(かもしれない)という幻想が、私たちを苦しめます。

「大きな喜び」は「深い悲しみ」と対のものです。
「大きな喜び」に浸れば浸るほど、それを失ったときの悲しみは深くなります。

そのことを知ること、「嘆くことも、不快に思うこともなく、そういうものだとつねに認識して」出来事と関わることが、新しい視点の獲得だと思います。
その視点が、私の言う「意識の中心」です。
2011/09/21(水) 12:49:08 |URL|やまがみてるお #- [編集]
たびたびすみません
やまがみさんのブログで「思考や自我を悪者のように扱っている印象」を受けたのではありません。
今まで、覚醒等について語られているのを目にするとき
そんなに自我を悪者にしなくてもいいんじゃなかなあって気持ちがずっとあって、
やまがみさんにといより、そういう考え方に反発する気持ちの表れでした。m(__)m

自我の言うことはそうだねって認めてあげて
ある程度好きにさせてると満足するようなので
私は少しは自由にさせています。(笑)
実際に甘い母親です…(笑)

真理については、おそらくすでに気づいていることもあるのでしょうが、
もう少し確信を深めて揺るぎないものにしていきたいと思っています。

Yoshi@左脳系スピリチュアリストさんの最新記事を読み
ちょっと人事とは思えない感覚でした!
私も同じように3月くらいから加速度的に変化があり
思いと行動との隔たりをなくせばなくすほど
無意識レベルでの確信が強まり
ブログにも「宣言」http://blog.goo.ne.jp/youkomama_2010/e/35c4872508a64e007d3444cfbb6f99ed「起こる出来事を信じる」等で気づいたことを書きました。


あっ、あと、
「はじめてお越しの方は、こちらをご覧ください。」のしたには何もリンクが張られていないようですが・・・

もうひとつ・・・
本屋さんをされているのですね!
今度、行ってみますね!(^_-)-☆
2011/09/21(水) 16:12:01 |URL|陽子ママ #- [編集]
陽子ママさん、こんにちは♪
いつもありがとうございます。

自我は、私たちの物理的な現れであり、この物理的な現われとしての自分自身ですものね。
これを完全否定することは、自己否定であり、これも、全体性に欠ける意見だと思います。

私たちには、目に見えない永遠の側面もあり、肉体や思考を通して現れる有限の側面もあります。
どちらともで私たちです。

感じたことを書いて、自分の誤解も、ほかの人の誤解も少しずつ解消していければいいので、
ここでは感じたままを書いてもらってけっこうですよ。

自我に甘くてもいいんじゃないでしょうか。
世界は永遠性の現れた、幻の劇が演じられている舞台のようなものなのですから。

真理が確信になるには、理論(思考や概念)で理解するのではなく、
感覚や直感でわかればいいので、くれぐれも。


「はじめてお越しの方は、こちらをご覧ください。」では、「こちら」をクリックするとリンクするのですが、また別のことを言われているのでしょうか。
教えていただいて、ありがとうございます。大切な指摘ですので、また教えてください。

あと、「本屋さん」は、どこかで誤解されていると思います。どこでなのでしょうか・・・。
2011/09/21(水) 18:14:29 |URL|やまがみてるお #- [編集]
本屋さんのこと!
本屋さんとは、「PICTURBOOKGALLERY RiRE」さんのことですね!

絵や絵本を真剣に描いていた時期があり、そのころは、絵本作家を目指していました。

いまもときどき、絵や立体作品をつくることがあります。

PICTURBOOKGALLERY RiRE では、ときおり企画展があり、参加することがあります。

ですから、PICTURBOOKGALLERY RiRE は、お世話になっているとってもかわいいお店です。

どうぞよろしくお願いします♪


2011/09/21(水) 18:52:47 |URL|やまがみてるお #- [編集]
「こちらをご覧ください.」の「こちら」にリンクがあったのですね。すみません。よく見たら文字の色が違ってました。m(__)m

本屋さんと思ったのは、彼に早速やまがみさんのこと話したら
ネットで調べて、本屋さんなんだ♪って言うから
「ワーイ今度行こう行こう♪」ってもりあがっちゃったの(笑)
時々大阪行くし、二人とも絵本好きだから…

あと、今ここに来てビックリ!
私のブログがお気に入りにあるじゃないですか!(汗)
うれしはずかしでくすぐったい気持ちです。(笑)
ありがとうございますm(__)m

上記2点のように、多々抜けておりますが
今後とも宜しくお願いいたします。
2011/09/23(金) 14:57:22 |URL|陽子ママ #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/16-6d3df148

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。