誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


あるがままの世界に価値が見失われたら 〔3〕 自我が本来の役割を取り戻すとき

01-07(土)12時35分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。

はじめてお越しの方は、「こちら」をご覧ください。




瞬間瞬間に立ちあがる感覚に従った行動を選択することが

「あるがままにゆだねる」ことです。




けれどもこの純粋な感覚は、私たちが人生によって身につけてきた、

「こうであるはずだ」「こうであらねばならない」などの観念におおい隠され、

気づきにくくなっています。




これらの観念をつくりだしているものが、自我です。

自我は、過去の経験や学んできたことの集大成です。

過去の記憶からできています。




私たちは、瞬間瞬間に起こる感覚を抑圧し、

過去の記憶に支配されているのです。




「あるがままにゆだねる」とは、

瞬間瞬間に自分の感じる感覚に従った行動をおこなうことです。




「起こるがままの展開」から、自我の抵抗

(「こうであるはずだ」「こうであらねばならない」)が取り除かれると、

私たちの外側の世界から障害が取り払われ、

よりスムーズに展開していくようになります。




「起こるがままの展開」を問題ととらえ、

それに抵抗して問題に仕立てあげていたものが

自分の判断や決めつけであったことを理解するには、

体験する以外にありません。




自我の操作性を手放し、

「あるがままにゆだねる」ことによって私たちは、

外側の世界がよりよく展開していくことを目撃し、

「あるがままにゆだねる」ことの意味を理解します。




けれども、瞬間瞬間に自分の感じる感覚に従った行動を

おこなうのは、自我(この体と思考)です。




私たちは、あるがままにゆだねることによって、

自分という感覚がしだいに薄れていくことを経験します。

それに代わって「ただあるがままの展開」(宇宙の背後にある秩序)こそが、

自分であったことを理解していきます。




この宇宙の背後にある秩序が、この体を通して思考を活用し、

それ本来の役割を生きていることが理解されていきます。




こうして自我は自己の真の姿に目覚め、

瞬間瞬間の感覚にゆだねることによって、本来の役割を取り戻していきます。




精神世界ランキング  にほんブログ村  人気ブログランキング  FC2ランキング 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
スポンサーサイト


コメント:

いまさっき
気づきましたが、今日の阿部さんのところへのコメント、
僕とてるおさんがまったく同じ時間に投稿してます(笑)

あるがままにゆだねると、こういうことが
普通に起きちゃうってことですね^-^
2012/01/07(土) 15:21:54 |URLYoShi@左脳系スピリチュアリスト #GGLe9ySY [編集]
YoShiさんへ
阿部さんのブログにコメントしようと思っても、いつも50番目とかだったので、
携帯に新着メールが届くように読者登録したんです♪

で、はじめて新着メールが届いてすぐにコメントして送信したら、

な、な、なんと!

そこにはYoShiさんのコメントがあり、

さすが! と感心しました(^▽^)


投稿した時間も同じでしたね。

うれしいですね♪
2012/01/07(土) 17:22:22 |URL|やまがみてるお #- [編集]
はじめまして。
しばらく前からちょくちょく読ませて頂いてましたminasocoといいます。

今年は「自分の内側に存在する叡智を信頼する」というテーマでいってみようと思っていたのですが、それはすなわち「あるがまま」のことなのかな、と思いました。
自我は信頼できないからあれこれ世話を焼きたがるのかもしれませんね。

今年もブログ楽しみにしています。
よろしくお願いします。
2012/01/08(日) 02:34:05 |URL|minasoco #MjeugF2Y [編集]
minasocoさんへ
はじめまして。
コメントありがとうございます♪

minasokoさんの今年のテーマ、

「自分の内側に存在する叡智を信頼する」

すばらしいテーマだと思います♬

実は私はほんとうに自我が強くって、
「あるがままにゆだねる」なんて、信じるどころか、考えることさえできなかい人だったんですよ(笑)

そんな私なんですが、ある日もうだめだってところまでいったときに、あきらめました。

それからは、あきらめた以上、それにゆだねるしかできなくなって、そうしていると、あることに気がつきました。

それは、自分があるがままに抵抗していないので、楽になっていることです。

そうして自分のあるがままに対する反応(ゆだねるのか、それとも、抵抗するのか)と結果との関係を冷静に観察していくと、結果は大きく違わないという結論に至りました。

このことをぜひ、観察してみてくださいね(^.^)

こちらこそ、これからもよろしくお願いします♫
2012/01/08(日) 04:17:31 |URL|やまがみてるお #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/159-37728d04

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。