誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


(68) 何か「言葉」が起こり、それに気づいたときには、言葉に「気づいたもの」の存在に気づきましょう

11-08(火)23時52分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。

はじめてお越しの方は、「こちら」をご覧ください。




頭のなかの「言葉」を見張る練習法を復習しましょう。

(ムシコロさんのアドバイスを受けて、「いまここ」に意識を集中して、
 頭のなかに言葉が起こるのを見張る方法をご紹介しました。
 「(67)瞬間、瞬間における『思考』と、
 『出来事』とを区別する習慣を身につけましょう」
参照)




静かな、心の落ち着く場所を選んで座りましょう。

自分の部屋でもいいですし、公園のベンチなどでもいいでしょう。




準備ができたら、呼吸に意識を集中して、深呼吸をしましょう。

息を吸っていることに意識を集中しながら、息を深く吸いましょう。

宇宙から、体中にエネルギーを吸い込んでいるようなイメージで、

それをおこなってください。

息を吐きだしていることに意識を集中しながら、息をすべて吐きだしましょう。

息を吐きだしながら、体中から力を抜いていくような感じで、リラックスしてください。




2~3回、くり返しましょう。

最後に息を吐きだしたときにリラックスしたまま、

つぎのステップへと進みましょう。




「いまここ」の状況に意識を集中します。

自分が見ているものや、聞こえてくる音、

感じるものなどに意識を集中しましょう。




意識を「いまここ」に集中させて、

頭のなかに何か「言葉」が起こるのを見張ってください。

何らかの「言葉」が起こったら、すぐに気づけるように

意識を研ぎ澄ませて「言葉」が起こることを見張ります。




この時点で、頭のなかに何も「言葉」が

起こっていなかったとしたら、

その状態が「意識」が明晰になっている状態です。

その状態と親しみ、その状態のまま、

頭のなかに「言葉」が起こるのを見張りつづけましょう。




意識の注意がうすれてくると、

そこに「言葉」が入り込んでくる余地が生まれます。




「言葉」が起こっても、何も悪いことではありません。

「言葉」が起こったときに、私たちが無意識に、

言葉の組み合わせである思考に巻き込まれてしまうことによって、

それに翻弄されて私たちは苦悩におそわれることになります。




頭のなかの「言葉」を見張りつづけていると、

「言葉」が起こったときには、すぐに気づくことができるでしょう。




何か「言葉」が起こり、それに気づいたときには、

「自分が」言葉に「気づいたこと」に気づいてください。

頭のなかの言葉に「気づいたもの」 (主体) に気づく必要があります。

頭のなかの言葉に「気づいたもの」 (主体) こそが、ほんとうの私たち自身です。

それを感じてください。




「いまここ」に意識を集中すると、

なかなか「言葉」は起こらないのではないでしょうか?




どうして、なかなか「言葉」は起こってこないのでしょうか?




「意識」が、「いまここ」に「目覚め」ているからです。

「いまここ」に意識を集中して、

なかなか思考が起こらない「瞬間」こそが「いまここ」です。




「いまここ」に意識を集中して、

なかなか思考 (言葉) が起こらない「私」に親しみましょう。




現在、私たちは意識を集中して、この状態を獲得しています。

けれども、この状態に親しんでいくにつれて、

しだいにこの状態こそが通常の状態へと転換していきます。




この状態が通常の状態に転換すると、

私たちは、いまのように意図的に意識を集中しなくても、

「言葉」が起こったときには自然にそれに気づき、

それ本来の言葉・思考という価値ある道具として

活用することができる意識の状態を獲得することができています。




精神世界ランキング  にほんブログ村  人気ブログランキング  FC2ランキング
関連記事
スポンサーサイト


コメント:

おはようございます☆
本日もやまがみさんの。
真摯で心のこもった記事、
ありがたく読ませていただきました。

ふと思い出したのですが、
以前、蓮さんとお話していたとき

「これはいいかも!」

と思ったテクニックがありました。
目を閉じて、そこに見えるものを
見ている存在にフォーカスする、
というもので、何か他の人もどっかで
似たようなこと書いてた気もしますが
万が一、何かのご参考になるような
ことがあるかもしれないと思ったので
シェアさせて頂きます。
ピンと来なければスルーで全然
かまいませんのでー。(^^)

(ところで、Journey into Now、私は今のところ半分くらいのとこで止まっています。内容が濃いので、ちょっと読んでは、うーん、って感じですか。(^^;))
2011/11/09(水) 00:18:09 |URL|ゆき #- [編集]
初めてコメントします
こんにちは、いつも興味深く拝見しています。方法論を具体的にかつ段階的に書かれているので、とてもわかりやすいですね。

言葉を見張ることを試して見たところ、自分の場合は、言葉はあまり浮かんでこず、どちらかというと映像が真っ先に浮かんでくることがおおいので、言葉と映像を見張るようアレンジしています。ネガティブ思考になっている時は、失敗したシーンを想像する傾向にあるみたいです。

見張りを始めて数日ですが、ちょっとずつ気付きの頻度があがってきたように思います。

2011/11/09(水) 06:35:34 |URL|すんすん #- [編集]
はじめまして!
http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/?mode=m&no=8&cr=ffd31d73a22ffb2578a08c1e0f4b3449
と言う事はエイブハムの教えは間違い?ウソ?無知?それとも方便ですか?引き寄せの法則を勉強してきた自分にとってはちょっと混乱してしまうところがありますんでコメントお願い致します!
2011/11/09(水) 10:19:24 |URL|ダイカイオウ #- [編集]
ゆきさんへ
こんにちは。

> 目を閉じて、そこに見えるものを
> 見ている存在にフォーカスする

すばらしい方法だと思います。

> 他の人もどっかで似たようなこと書いてた気もしますが・・・

私も、どこかで似たようなことを書いたような気がします(笑)♪


“Journey into Now”

私も、楽しみながら読んでいます。いま私は第8章です。
2011/11/09(水) 15:51:01 |URL|やまがみてるお #- [編集]
すんすんさんへ
貴重な情報を、ありがとうございます。

私たちは、自分の体験を中心に考える傾向にありますので、
どうしても自分以外の体験をされている方の気持ちには気づきにくいものです。

> 言葉を見張ることを試して見たところ、自分の場合は、言葉はあまり浮かんでこず、どちらかというと映像が真っ先に浮かんでくることがおおいので、言葉と映像を見張るようアレンジしています。

言葉や思考が起こらなければ、それらの影響を受けにくいのかとも思いましたが、映像的イメージが、言葉や思考の代わりを果たして直接私たちに影響しているということがわかり、おどろきました。

> ネガティブ思考になっている時は、失敗したシーンを想像する傾向にあるみたいです。

私の場合は情報の入手を、聴覚に頼る傾向にありますので、頭のなかが言葉や思考に支配されている傾向にあるのでしょう。

> 見張りを始めて数日ですが、ちょっとずつ気付きの頻度があがってきたように思います。

ぜひ今後の体験をシェアしていただけると、ありがたいです。
2011/11/09(水) 15:59:41 |URL|やまがみてるお #- [編集]
ダイカイオウさんへ
はじめまして。
コメントありがとうございます。

私も長く、成功法則、成功哲学、願望実現、引き寄せの法則といわれるものを学んできました。

学んでいる最中に私が経験したことは、自分のなかにある「そうであってほしい」という気持ちを投影しているときには、そのような教えを必死で信仰していたように思います。

ほんとうに長く私はこのような教えを信じ(信じようとして)教えのとおりに生きてきました(はじめて私がそのような教えと出会ってから、20年以上が経過します)。

けれども、どれほど長く、どれほど真剣にそのようなことを学び、教えのとおりに(20年間、どれほどポジティブに、前向きに、願望をイメージしたり、アファーメーションしたり)したところで、それは起こりませんでした。

(ただしこれは私の体験であり、ダイカイオウさんの人生では、このとおりのことが起こっているのかもしれません。
 そのような場合には、私が、ダイカイオウさんの気分を害しかねないことを書いている可能性があることをお許しください)

ほんとうに長く、つらい時間を私は経験しました。

そのころの私には、強い願望があり、まったく実現しなかったのですから。

私は、ダイカイオウさんのように、自分の人生をよりよいものへと転換させるために、引き寄せの法則などを研究しておられる方を混乱させたり、困らせたりするために、このブログをしているわけではありません。

その後、私は悟りの教えと出会い、じっさいに悟りを体験し、考え方が一変しました。
このときから、私の人生は大きく転換しはじめました。

悟りと自覚しないままに、悟りの状態に達せられている方も存在します。

悟りに達した人の行動は、宇宙の意図(「大いなる存在の意図・計画」)と合致しますので、
障害もなく進展していきます。

悟りと自覚しないままに、自分の願望実現を体験された方がそれを人々に伝えようとすると、おそらく、悟りの重要性を伝え損ねたままに、「私たちが思考で意図したとおりのことが、現実世界に起こる」というような内容になるでしょう。

(「エイブラハムの教え」がそうだと言っているわけではありません。
 願望実現を語るすべてのマスターが、人間の真実〔悟り〕をすべて理解しているわけではありません。
 もちろん私も、自分がすべてを理解しているとは思っていません。
 ただ自分の体験を語ることができるだけです。
 それぞれの人が、自分の理解したところまでを、そこに到達するまでの人に伝達することができます)

じっさいにはおそらく、エイブラハムも教えのどこかで、悟りの重要性を語っているのではないかと思います。
けれどもそれを読む私たち自身が、願望実現にフォーカスするあまり、このもっとも重要な部分を読み逃してしまっているのではないでしょうか。

悟りの重要性の意味を読み逃しているかぎり、私たちはこの教えを、自我のために利用します。

自我の願望はかならずしも、宇宙の意図と一致しませんので、宇宙の法則から逸脱している度合いに応じて、排除される(願望が実現するどころか、逆につらい思いを経験する)傾向にあります。

ダイカイオウさんが例にあげた記事で私がお伝えしたかったことは、こういう理由からです。

私の経験では、悟りを達成すると私たちは、ほぼ自動的に(あるがままの出来事に抵抗しないかぎり)、その人本来の役割や使命とでもいえる、人生の価値ある目的へと導かれていきます。

そしてそれが進むと(すべてにゆだねることに成功すると)、その人の人生の目的が宇宙の意図(「大いなる存在の意図・計画」)と合致していますので、実現していく過程がまるで植物が花を咲かせるように、自然に達成されていくのを目撃することになるでしょう。

それはほとんど自動的で、すばらしい体験になります。

ただし、すべての出来事に抵抗せず、あるがままにゆだね、外側の世界との相互作用を通すことができると(家のなかにただ引き込んでいても、何も変わりません)、それが起こることを目の当たりにします。

これが起こるために私は、「悟りの達成」を第一におすすめしています。

学んだことと、ダイカイオウさん自身の経験をを照らし合わせて、結果を見て、今後の生き方を選ばれることをおすすめします。

ダイカイオウさんにすばらしい幸がありますように、お祈りいたします。
2011/11/09(水) 16:57:25 |URL|やまがみてるお #- [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/09(水) 20:30:52 || # [編集]
みどりさんへ
うれしいご報告、ありがとうございます。

働くことが、楽しいとになるなんて、すばらしい変化ですね。
私もうれしくて仕方がありません。

みどりさんご考案の「今ここ」の自分に還る方法

立って足元においた「ごま粒」(なんでもかまいません)を自我の私として、止まってじっくり上から見つめる!

何か、ものを見つめるということですね

ぜひ私も試させていただきますね。

地球を離れて地球を見る! というイメージ・テクニックも私はお気に入りです。

2011/11/09(水) 20:45:14 |URL|やまがみてるお #- [編集]
Reやまがみてるおさんへ
お答え頂きありがとうございます!
ちょっとクレームのような文章内容にしてごめんなさいm(_ _)m
実は僕もやまがみさんとよく似ています。
引き寄せの法則を数年実践してきて望まない事は叶うのに望む事は何も叶いませんでした。
それどころか今現在たぶん他人からみたら不幸のどん底状態です。
僕自身精神的には絶望の峠は越えたと感じてますが・・
引き寄せの法則という言葉のイメージが思考を自我を混乱させているようにも思います。
ずっと引き寄せを実践してきたんですが¨エイブハムとの対話"を読んだのは実はまだ1ヶ月ぐらい前の事でその時なぜか不思議といい気分がしなくておかしいなと思ってました。あれだけ熱心に四六時中考えてたのにと。
やまがみさんのコメントを読んで自分なりに腑に落ちました。
何がいけないんだと色々な書籍やサイトやブログなどをすがる様な思いで見ているうちに阿部敏郎さんやこくさいさん、そして、やまがみさんのブログにたどり着いたのも必然だったなぁと。
書きだしたらきりがないくらいいろんな事が完璧なタイミングで起こってると実感しつつある今日この頃です。
もう思考をいじくりまわすのも疲れてたとこでした。
最近の僕のテーマは目覚め(悟り)です。
今までの教訓を生かしたうえでやまがみさんをはじめ識者の方々から勉強させて頂いてるとこです。
やまがみさんがこう質問したらどう答えてくれるんだろうと思うと気になっちゃって、本当にごめんなさいm(_ _)m
過去の記録二回読みました全部。
これからも楽しみにしてますのでよろしくお願いします!

2011/11/09(水) 20:46:40 |URL|ダイカイオウ #sQpEACgk [編集]
ダイカイオウさんへ
私も、ダイカイオウさんとおなじように感じて、
苦しい日々を送ってきましたので、
ダイカイオウさんの気持ちが痛いほどわかります。

そして、その気持ちが痛いほどわかるからこそ、
ほんとうに「悟り」を第一の目標にされることをおすすめします。

ダイカイオウさんの言われているとおり、
ダイカイオウさんがいま「悟り」の情報と出会われたのも、必然―
これまでのすべての経験あってこそだと思います。

ぜひ、ともに、悟りの時代を進んでいきましょう!

こちらこそ、これからもよろしくお願いしますね。
2011/11/09(水) 21:14:27 |URL|やまがみてるお #- [編集]
初コメです
やまがみさん

こんばんわ!初コメです。そしてリンク貼っていただきありがとうございますm(__)m

ゆきさんのところでもコメントしたのですが、
私が良く行う「今」にもどってくる方法として
五感に感じたものをすかさず「私は今、○○と感じてます」とコトバにするものです。

これ、時間制限しながらやるといいんですが、面白いことに、見えてるはず、聞こえてるはずなのに、それがコトバにでてこないんです。
コトバにするときに「いや、待て、んんんん‥」って考えてコトバにつまる。今にいないんですよね・・。だんだんこれが楽しくなってくると、あたまで考えずに感じたことがすらすら出てくるようになります。これだけ情報に囲まれてるからほんとうだったらすらすらでてきて当たり前っておもうんですが、いかに自分が「今」にいないかっていうのを実感できるエクササイズです!

あと、ダグラスハーディングさん、私も好きで「顔があるもの、顔がないもの」という本をかなり深くよみ、あぁこういう感覚ね、全体になるってってちょっとだけわかったような気がしてます。。みなさんのような悟り的な経験してないんですが、まぁどっちゃでもえぇかっておもいつつ、やまがみさんをはじめみなさんのシェアしてくださる話を楽しみによませていただいてます!!

これからもちょくちょく見させていただきますねー♪
2011/11/09(水) 23:51:15 |URL|めーやん #- [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/10(木) 05:18:35 || # [編集]
めーやんさんへ
初コメント、ありがとうございます♪

そして、めーやんさんの「感じたものをコトバにするテクニック」
お教えいただき、ありがとうございます。

一度、読者の方のオリジナルの方法をまとめてご紹介したいなと、思っています。

そうすることによって、たくさんの方法のなかから、みんながそれぞれ自分に合った方法を見つけられたり、さらにアレンジしたりして、より体験が進んでいくといいなと思います。

めーやんさんのやつは、時間制限しながらやることがコツですね。

私もなんか、コトバににつまってしまいそうだなんて、やるまえから思ってしまっています(笑)。


ダグラス・ハーディングさんの実験方法は、YouTubeで紹介されてあるのは、やられましたか?

本ではわかりにくいのですが、動画では非常にわかりやすく伝えられていて、おすすめです。

過去記事の、おすすめのスピリチュアル・ティーチャーのダグラス・ハーディングの記事に埋め込みしてあります。

それぞれの体験をシェアしながら、みんなで楽しく悟ってしまいましょう!
2011/11/10(木) 23:10:05 |URL|やまがみてるお #- [編集]
みどりさんへ
こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。

「止まって上から見つめる」方法は、
ゴマ粒を自分だとイメージするのですね?

> 「私は、生まれてもいなかったんだなぁ~」と。
> 生まれてもいないのですから、死ぬことも無い。

究極の悟りですね。

こういうことを体験していくと、私たちから、死の恐怖がなくなり、世界の見え方が変わるので、もっと広がっていくといいですね。

> 背後にとてつもなく大きな温かな光があるように感じました。

エネルギーレベルでそれを体験されているのだと思います。

みどりさんは、ほんとうの自分(魂)との関係が密になってきているのでしょうね。

これからも報告楽しみにしています。

あと、そろそろ、様づけが照れくさくなってまいりましたぁ(笑)。
2011/11/10(木) 23:30:12 |URL|やまがみてるお #- [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/11(金) 12:25:47 || # [編集]
みどりさんへ
こんにちは、

いつもコメントありがとうございます。


> 「私たちの体には、
>  生命が進化の過程で獲得してきた、
>  38億年分の能力が、内在されています。」
>
> この↑文章の【 内在されています 】
>
> ここが勘違いなんだ!と体感しました。


ほんとうですね。
私たちは、肉体の「なか」に拘束されていませんものね。


> 魂は天界にいて、体というレンタカー(借物)を
> 天界の魂(ほんとうの自分)が、
> まるでリモコンで動かしてる!という体感でした。

> 「もともと生まれていなかったんだ!」と体感しました。

私もおなじように感じています。


> 【「からだ」は「からっぽ」だから「からだ」と言う。】

みどりさんの祖父母さんは、すばらしい視点をもっておられたのですね。

私たちは、人間としての大人になる過程で、一度生命の本質である宇宙そのものの「私」から、一人の「人間」になってしまいます。

この過程で、私たちは自分を偽り、人を偽り、偽りの人生を歩むようになってしまうのでしょう。

一度私たちは「人間」になり再度、宇宙に還っていくのでしょうね。

この理由が「人間」になり、「人間」として、宇宙に貢献する(人生の真の意味を生きる)ためだと私は思っています。

そしてこの一人の「人間」が、自分の「人生の真の意味」を生きるために「内在している」ように見える思える(じっさいは外側すべてに偏在しているのですが)生命が進化の過程で獲得してきた能力を活用するように、私はおすすめしました。最終的には、それがすべてに偏在していることを理解していただけることと思っています。

> 私は自分の本音をごまかすことが本当に苦しくなる人で

私もおなじですので、これからは、ごまかすことなく内面で感じることを大切に生きていきましょう!

2011/11/11(金) 21:42:37 |URL|やまがみてるお #- [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/12(土) 13:23:13 || # [編集]
みどりさんへ
> すべては一つ、元はひとつ!
> 神と本当の自分(無垢な自分)は同一だった! です。
> やまがみさんのお陰で体感させて頂きました!!!

私は、みどりさん自身が、すでに真実なるものと、つながっていたのだと思っています。

そして幸運にも私に、ただそれをごまかそうとしていた部分(自我の幻想)を取り除く手助けをさせていただくことができただけだと思います。

私のほうこそ、みどりさんのそのような報告を聞かせていただけることに、大きな勇気をいただくことができ、ほんとうに感謝しています。

> 「これからは、ごまかすことなく内面で感じることを大切に生きていきましょう!」
> 2歳のまま(無邪気・無垢・正直・本音)で
> 生かせていただきます!

けれども「無邪気さ」は、ときにみどりさんを窮地におとしいれかねませんので、注意してくださいね。
自分の信念と異なることを耳にしたとき、ときには攻撃的になる人が存在することは経験済みだと思います。

冷静に「無垢・正直・本音」を出してもかまわなさそうな人を選べる目をもてるようになると、もっと生きやすくなると思いますので。
2011/11/13(日) 23:27:47 |URL|やまがみてるお #- [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/14(月) 11:48:37 || # [編集]
みどりさんへ
> たっくさん痛い目に合いました。傷つきました。特に宗教組織の幹部の方々に無防備に向かっていき、ザックリ傷つき動けなくなりました。

みどりさんは、ほんとうに、つらい経験をされましたね。

残念ながら、現存の多くの宗教組織は、ビジネスとして(収益あげるため、存続するために)存在しています。

悟りがじっさいに起こり得ることを知っている組織も存在するとは思いますが(ここまで無知な宗教組織しか存在しないとは考えたくないからですが、おそらくみどりさんの出会われた幹部の方たちは、何も知らないことでしょう)、信者が悟りを開くと、宗教組織自体を必要としなくなるため、収益をあげつづけるため、存続していくためには、このことを知っていたとしても、話すことができない状態になっているのでしょう。

自分の「無邪気・無垢・正直・本音」を出すことによって、敵愾心を抱く人が存在する可能性を理解したうえで、どんな反応を受けてもゆらがない(抵抗しない、反応しない、気にしない)強さをもてるようになると、誰に話しても、何を言われても、大丈夫になっていくでしょう。

真実は、真実であるがゆえ、誰も説得する必要はありません。
(ただ自分がわかっているだけで完結します)

大げさなことを言えば、たとえ、もし十字架に貼りつけられても、毒ニンジンのさかずきの刑に処されても、その意味がわかるので、このときのソクラテスやキリストのように、恐れることがなくなっていくでしょう。

でもそれまでは、「無邪気さ」は自由に開放すると、自分を苦しめる人生のルートへと私たちを導きかねないということを理解しておきたいですね。
2011/11/14(月) 15:35:35 |URL|やまがみてるお #- [編集]
みどりさんへ、↑コメントの補足
でもこの、自分を苦しめる人生のルート自体が、必然なのでしょうね。
2011/11/14(月) 16:15:30 |URL|やまがみてるお #- [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/14(月) 17:09:46 || # [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/15(火) 05:01:58 || # [編集]
みどりさんへ
数日まえの満月のお月さんから、
輝きがとっても澄んでいるように感じます。
心の奥深くまで、明るく照らしてくれているようですね。

> ず~~っと離れて見る生き方を実践し、本当の自分は「生まれてはいなかった」「あの世にいたままだった」> ということを体感すると
> 恐怖感・不安感が襲ってきても、大安心・永遠の安全地帯から
> じっくり離れてみていられる!ことを頂き
> また、この恐怖感・不安感は実は神だった!ということに気づきました。

みどりさんのなかで、加速度的に進化が起こっているのですね。

よく、「あるがままの受容」とか、「自我の明け渡し」とかと表現されますが、
これを、無邪気←→邪気で考えると、わかりやすいですね。

自我は邪気で抵抗し、真我は無邪気にすべてを受容するように見えます。

> そうか!この「もう二度と傷つきたくない!」と頑なに感じているわたしは、無邪気ではないわたし、つまり邪気のわたしか~~~と。\(^o^)/

邪気の私→自我の私。

> よし!喜んで傷付こう♪
> よし!積極的に傷付こう♪

これが、あるがままの受容、起こるがままの受容ですね。

> 地上天国も在り得るだろうな~~なんて、
> 喜んでおります。(*´∀`*)

そして、地上に天国と地獄が存在していると信じていたもの(自我)が、
    地上に幸福と不幸が存在していると信じていたもの(自我)が、

あるがまま、起こるがままの受容を経験すると、
それまで、地獄だと思っていたものが、
     不幸だと思っていたものが、
ただあるがままの姿の現れであったことを理解し、
地上から、地獄が、不幸が、姿を消していることを目撃します。

私はいま45歳ですが、悟りが遅かったとは思っていません。
ただ残された時間を、それ(真実の私)とともに生きて生きたいと思っています。
2011/11/15(火) 15:29:59 |URL|やまがみてるお #- [編集]
「いまここ」について
はじめまして。つい最近こちらに導かれて参りました。ありがとうございます。「いまここ」に集中、またはリラックスしようと試みると必ず すぐに眠ってしまいます。「いまここ」に集中をしようと音を聞いて言葉が湧くのを見ようとしますが1分と持たずに眠ってしまいます。内側に入って「いまここ」に寛ごうとすると 目を開けていても じきに眠ってしまいます。頭が ぐわーーんと締めつけられるような痛みを伴う時もあります。そんなことの繰り返しで 意識を覚醒させる事が出来ないのですが 何故すぐに眠くなるのでしょうか? 思考は一日中やって来ます。思考を見張り、言葉を見張り、すると人の顔や昨日観たテレビの画像が頭に浮かんだりと 抵抗が激しくて「いまここ」に安らぐことも集中することも出来なくて辛いので こちらに書かせていただきました。もしよろしければアドバイスを お願い致します。よろしくお願い致します。
2012/08/08(水) 18:23:59 |URL|野口 恵実子 #- [編集]
野口 恵実子さんへ
はじめまして。
コメントありがとうございます。

恵実子さんが、どのような日常を送られているのかわかりませんので、確実なことはお答えできませんが、
もしかしたら、常時、疲労がピークに達している可能性はございませんでしょうか?

常に睡眠不足の状態にあるとか、仕事を多く抱え込んでいるとかです。

もしもそうだとすると、体はまずその状態(蓄積した疲労状態)を解消しようとするでしょうから、すぐに眠ってしまうのも正常な反応かと思われます。

またどのような体勢でおこなっているかにも関係するでしょう。

横になったり、ソファーにもたれかかったりとした体勢でおこなっているのだとしたら、
もたれかからずに座った体勢でおこなうとか、工夫が必要でしょう。

> 思考は一日中やって来ます。思考を見張り、言葉を見張り、すると人の顔や昨日観たテレビの画像が頭に浮かんだりと 抵抗が激しくて「いまここ」に安らぐことも集中することも出来なくて辛い・・・

私たちがおこなおうとしていることは、思考がおこったときにそれに気づくことで、思考が起こること自体は問題ではありません。

わざわざ「思考を観察するぞ」という機会をとると眠ってしまうのであれば、日常的に思考が起こっているときにはそれに気づくように心がけてみることをおすすめします。


2012/08/08(水) 21:24:31 |URL|やまがみてるお #- [編集]
「いまここ」について
やまがみ様
お返事ありがとうございます。
仕事は週に17時間程度で、睡眠時間は大体8時間です。いくらでも寝れます。すぐに眠たくなるのは 体質と自我の抵抗、意識がはっきりしていない等が要因だと思います。目を瞑って内側に入ろうとすると意識が沈んでいくような感じで そのままの状態でいると夢を見ている。という繰り返しが多いです。起きていても目を閉じても夢を見ているなんて・・・とりあえず もっともっと真剣に熱意を持って焦らずに注意深く気づくように努力します。
ありがとうございました。これからも 宜しくお願い致します。
2012/08/09(木) 22:37:06 |URL|野口恵実子 #- [編集]
野口さんへ
野口さんもおっしゃられているように、
すぐに無意識状態にのみこまれてしまうようですね。

目をつぶらないで、鏡に写る自分の顔と目を合わせながら、
思考を観察するという方法もありますので、一度試してみてはいかがでしょうか。
2012/08/10(金) 22:42:01 |URL|やまがみてるお #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/119-5ae59261

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。