誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


(82)  「誰でも悟りプロジェクト」 2011年11月までのまとめ 〔4〕 こうして私たちは、宇宙があるがままであることを体験的に理解していきます

12-01(木)22時20分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。

はじめてお越しの方は、「こちら」をご覧ください。




頭のなかのおしゃべり、頭のなかに起こる思考に気づき、

ただ観察する習慣が身についてくると私たちは、

思考と思考とのあいだには、スペース (ブランク) が

存在することに気づきはじめます。




*じっさいに観察をするときには、

 頭のなかの言葉 (もしくはイメージ) を観察しましょう。

 (自然に言葉が起こる人と、映像が浮かぶ人がいます。

  自分のタイプのほうを観察するようにしましょう)

 言葉 (もしくはイメージ) が起こったら、それに気づき、ただ観察しましょう。

 そうすると、言葉 (もしくはイメージ) は自然に去っていくことを観察するでしょう。

 そのまま観察をつづけると、言葉 (もしくはイメージ) のない状態を

 観察していることに気づきます。

 言葉 (もしくはイメージ) のない状態を

 観察している意識、それ自体に気づきましょう。

 それが目覚めている意識の状態です。

 これが思考のない状態「ノーマインド」と言われている状態です。

 すぐにその状態を言葉 (もしくはイメージ) に転換するでしょうが、

 気にする必要はありません。

 転換された言葉 (もしくはイメージ) を否定せず、

 止めようとせず、内容を変えようともせず、

 さらにその言葉 (もしくはイメージ) を観察します。

 するとそれもまた去っていきます。

 ふたたび思考と思考 (言葉と言葉もしくはイメージとイメージ) との

 あいだのスペースに気づきます。

 これをくり返し、

 このスペース (ノーマインド) の状態を観察するようにしましょう。

 この状態が習慣になると、やがてこの状態が通常の意識の状態として定着します。

 これが悟りです。




目覚めた意識状態が定着すると私たちは、

思考や感情、体との同一化から目覚め、

この目覚めた意識の状態、ノーマインドの状態こそが、

本当の自分であることを理解していきます。




ノーマインドの状態では私たちは、自分の感覚に敏感になります。

思考や感情、過去の条件づけの影響から離れ、

自分の真の感覚、真の望みに気づくことが容易になっていきます。

この感覚にしたがうことで、

人生はよりよく展開していきます。




この説明を聞いて自我は、

世界が自分 (自我) の思いどおりになるようになると拡大解釈します。

ところがじっさいには逆のことが起こります。

宇宙の性質は、ただあるがままに展開していくことです。

自我の期待や願望は、宇宙の進む方向と合致していないことが多く、

このため、自我が体験する出来事は、期待どおりのものにはなりません。

自我はこれに抵抗を試みますが、

宇宙は、ただその方向に進んでいきます。




出来事が、自我の思いどおりに進行しなかった場合、

通常、自我は憤慨します。

当然、自我に同一化している私たちは憤慨します。

自我との同一化が起こっている理由が、私たちの無意識にありますので、

当然そのときの私たちは無意識です。

無意識であるがゆえ、私たちはこのときの―

出来事が自我の思いどおりに進行しなかった場合の―結末を見ません。

(無意識に見ているのですが、憤慨 〔感情〕 と同一化していますので、

憤慨に気をとられて、じっさいに起こっていることには気づきません)




悟りが起こると、観察する視点ができていますので、

出来事の結末をしっかりと観察することができます。

そしてこの観察をくり返していくうちに私たちは、

あるときから、自我の思いどおりに進行しないほうが、

受け取る現実がよりよい方向へと進んでいることに

気がつきはじめます。




こうして私たちは、宇宙はあるがままであることを

体験的に理解していきます。




精神世界ランキング  にほんブログ村  人気ブログランキング  FC2ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
スポンサーサイト


コメント:

なるほど
だから大きな意識そのものとずっと
繋がっていれば、なにもかもが
大丈夫で幸せでいられる訳ですね。

常にノーマインドを心がけようと
思います☆

ありがとうございました。(^^)
2011/12/02(金) 10:52:40 |URL|ゆき #- [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/12/02(金) 11:37:01 || # [編集]
こんばんは。
お久しぶりです。
まとめ、とってもわかりやすいです。
私は、まだ思考を観察したり、思考と同一化したりの繰り返しです。
先が見えなくて投げ出したくなるけど、ここまで気持ちが回復してきたので頑張ります。


また、質問して良いですか?(全く関係ないことです。ごめんなさい)
ふと思ったことです。
母の病気のことで、早く気づかなかった父が悪いとか、私が悪いとか色々考えてしまうんですけど、過去の出来事の記憶ってみんな思考が作っているんですよね?
父や母や私はただ居ただけで、色んな出来事もあったけど、今残っている記憶って全部思考がこしらえたものなんですよね。うまく言えないんですけど…。

今、私は実家で母の介護をしてます。でも、高校時代が余り楽しくなくて、生まれた町があまり好きではありません。母が元気だった頃の実家は大好きだったんですけど…。

でも、それも高校時代の思考が作り上げた記憶を今の思考が思いかえしているだけなのかなと。だから、そんなこと気にしないで、というか気にするのって思考に乗っ取られていますね。



2011/12/02(金) 20:22:46 |URL|みや #- [編集]
ゆきさんへ
> 常にノーマインドを心がけようと
> 思います☆

思考(言葉)を観察する習慣を身につけるようにしてくださいね。
ゆきさんが思考に気づいて意識化すると、思考は消えていき、
自然にノーマインドになります♪

2011/12/02(金) 21:45:49 |URL|やまがみてるお #- [編集]
Re: 報告です。
すてきなご報告をいただき、ありがとうございました。

読みながら、私のほうまで心が温かく感じさせていただくことができました。

> 11月22日から、どえらい怒りのエネルギーが出てきました。
> 自分でも驚きましたが男女間の憎しみ?のような・・支配者と奴隷のような関係の怒りでした。

怒りには(そのほかの感情にも)、さまざまな理由を考えられるでしょうが、おそらく、
その理由よりも内側に鬱積してしまっている感情のエネルギーを解放してあげる必要があるのだと思います。

ご夫婦で、互いに自分の感情をそれぞれのノートに書き、
抑圧した感情をそれぞれに解消されていたとのことですが、
このようなことをおこなうと、じっさいの関係のときには
ある程度感情が軽減されているはずですので、
より純粋な関係が築けるはずだと思います。

> 夫とは真剣に「こういうことをしていくことが世界を変えるのかもね・・」と話していますが・・

私も、私たちがそれぞれに、自己の内側のネガティブ性を自分で責任をもって解消していくことが、
外側の世界をより平和にするための具体的な方法だと思います。

> 私の自我は「捨てられるんじゃないか?」「無駄な人間になってしまったんじゃないか?」
> 「嫌われるんじゃないか」「生きている意味は無い」などなど・・
> それはそれは不安まくりました。
>
> でも・・夫も子どもたちも・・
> 「今の母さんのほうがいい」と言ってくれました。

自我はいつも状況は最悪だと私たちのけしかけてきますが、
じっさいにほんとうにそうであることはありません。

みどりさんのご家族の方も、みなさん理解のある方ばかりで、
家族の絆がより強くなったことが、お話から伺えます。

あるがままにゆだねる―

> 積極的に降参しました!
> まるで【 まな板の上の鯉 】状態でした。(笑)

「降参のすすめ」ですね!

> 「あぁ~嫌われる・・あぁ~捨てられる・・あぁ~申しわけない」という恐怖感と罪悪感でいっぱいになりました。

以下は、さっきアップした記事からです。


「判断や決めつけをせずに起こった出来事にゆだねると、
 けっして窮地におちいるようなことは起こらず、
 じっさいにはそれによって
 自分にとってよりよく世界が展開していくことを目撃します。

 このような観察をくり返すことによって私たちは、
 自我の声が、たんなる虚偽・でまかせであったことを学んでいきます」

まさに、このとおりのことを経験されていますね♪

> まずは、少しでも
> この家から本質のひな型を。。。。

そういうご家族が増えていくことが、じっさいに世界を平和にしていくのでしょうね。
2011/12/02(金) 22:09:51 |URL|やまがみてるお #- [編集]
みやさんへ
こんにちは♪
コメントありがとうございます。

> 私は、まだ思考を観察したり、思考と同一化したりの繰り返しです。
> 先が見えなくて投げ出したくなるけど、ここまで気持ちが回復してきたので頑張ります。

自分ではわからなくても思考の観察をつづけるかぎり、その視点の定着は進行しているはずですので、
あきらめずにつづけてくださいね。

自我は、「まったく進んでいない」とか、「こんなものに価値はない」と、つねに思わせてきますが、
そんな声には、惑わされないように注意してくださいね。

> 母の病気のことで、早く気づかなかった父が悪いとか、私が悪いとか色々考えてしまうんですけど、過去の出来事の記憶ってみんな思考が作っているんですよね?

過去の出来事自体は、思考のこしらえたものではなく、じっさいにみやさんの体験したことです。
けれども記憶には、みやさんの判断が投影されています。
この判断が、思考のこしらえたものになります。

出来事自体には、いいも悪いもなく、ただ起こり、去っていきます。

春が訪れ、夏になり、秋になり、冬になります。

私は寒い季節が苦手ですので、冬は苦手です。
冬が苦手で「寒いのは嫌だ」が、判断(思考)です。

けれども季節の移り変わり自体は、いいも悪いもない、
たんなる自然現象です。

しばらく、
自分以外の外側の痛みを、自分のなかに引き入れないように注意してみてください。

たとえば、お母さんが、ベッドで昔と違う姿で横になっているのを見ても、
お母さんがベッドで感じているであろう痛みや苦しみを、
みやさんまでもが、おなじように感じないように注意をしてください。

お母さんの痛みをおなじように自分のなかに引き入れても、
お母さんの病状には、何の影響も与えることはできません。

それを引き入れているのも自我です。
みやさんに責任を感じさせているのが自我です。もちろん、みやさんを乗っ取るためにです。
2011/12/02(金) 23:12:15 |URL|やまがみてるお #- [編集]
やまがみさん
ありがとうございます。
>しばらく、自分以外の外側の痛みを、自分のなかに引き入れないように注意してみてください。

ここのところ、まさにこの状況だったのに気づきました。母の苦しみ、辛さを感じようと母の過去をなぞっていた自分がいました。
だから、心も体も辛くなり始めていました。質問させてもらってよかった。

自我って恐ろしいですね。
2011/12/03(土) 10:34:17 |URL|みや #- [編集]
みやさんへ
私もおなじようなことを経験しましたので・・・。

> ここのところ、まさにこの状況だったのに気づきました。母の苦しみ、辛さを感じようと母の過去をなぞっていた自分がいました。

自我は恐ろしいですね。

お母さんのつらさを、みやさんがどれほどおなじように感じても、お母さんの状況は変わりませんし、お母さん自体が、そんなことを望むはずがありません。

すぐに忘れる可能性がありますので、気分が悪くなったら、それをサインだと思って、
どうして気分が悪いんだろうかと自分に問い、自分以外の人の痛みを自分のなかに引き入れていないか、
思い出すようにしてくださいね。
2011/12/04(日) 00:42:34 |URL|やまがみてるお #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/115-54b68ce8

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。