誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


(75) 感情の抑圧―感情からの逃避―こそが、苦しみの根本原因です 〔4〕 これからはそれぞれに責任をもって、みずからの感情に関わっていきましょう

11-18(金)22時35分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。

はじめてお越しの方は、「こちら」をご覧ください。




昨日 (2011年11月17日) の記事、

「(74)感情の抑圧―感情からの逃避―こそが、苦しみの根本原因です 

〔3〕抑圧していた感情を感じつくすと、そこに感情を超越した『私』が残ります」
 

において私は、


ネガティブな感情を感じたときには、それをしっかりと確認 (観察) して、

そのような感覚を私たちに与えることには近づかないようにする、

もしくはそのときに自分の感じるとおりの、

何らかのアクションを起こす必要がある、

(ここで言うアクションとは、感じるままに表現したり、

 ただ自分の感じるままを伝えたりすること)


と書きました。




おなじ日の「朝日新聞」の社説で

社会保障社説担当の浜田陽太郎さんが、

「『正しく怒る』ことの大切さ」

という記事を書いていました。




浜田さんは、社説の記事を執筆するために、

原発事故による被災者の方を取材されました。

浜田さんが取材したなかから、2人の方が相次いで本を出版されました。




『原発推進者の無念』 (平凡社刊) を著した北村俊郎さんは、

原発会社に長年勤めながら、企業の形式主義に内在する

危険性に警鐘をならしてきました。

が、それが実る以前に震災被害が発生してしまいました。

本書はその無念が著されたものです。




『原発渦を生きる』 (論創社刊) を著した、元大学教授の佐々木孝さんは、

認知症の奥さんとともに緊急時非難準備区域内に残ることを選択しました。

けれども奥さんが認知症であることから、政府の指示で、

この思いが認められませんでした。

本書は、佐々木さんの体験をつづったブログが、

出版されたものです。




浜田さんは2人に、共通した資質を感じたことを社説に書いています。

この資質が、社説のタイトルにもなった「『正しく怒ること』の大切さ」です。

浜田さんは言います。


 「自分の目で見て、感じたことをもとに、

  自分の頭で考える。

  おかしい、間違っていると思えば、そのつど怒り、

  自分の言葉でその気持ちを表明できるのだ。

  そんな2人の意見はとても貴重だ」




その記事を浜田さんは、こうまとめます。



 「佐々木さんはいう。

 『必要なときに正しく怒ることが、

  この国をもっとましな国にする』

  まさに、私たちの仕事のあるべき姿として胸に刻む。




佐々木さんの体験は、国に対する憤りを佐々木さんに感じさせました。

浜田記者がこの2人の生き方から、自己を戒めたように、

私たちも、「自分の目で見て、感じたことをもとに、

自分の頭で考え、おかしい、間違っていると思えば、

そのつど怒り、自分の言葉でその気持ちを表明できる」

ことを認識し、もっと活用していく必要があるのではないでしょうか。




これからは、「必要なときに、そのつど怒ること」に、

私たちはもっと責任をもって

関わっていかなければならないと私は思います。




読者のみどりさんが、

雲 黒斎さんの「あの世に聞いた、この世の仕組み」の本日の記事で、

感情を感じつくし、その内在するエネルギーを

解放することの重要性が語られていることを教えてくださいました。

あわせてご参照ください。




感情を感じつくし、

感情が完全に浄化される経験をした私は、

これを必要としている可能性のある人と出会うと、

この価値を伝えはじめました。




けれども、この感情を感じるワークは

なかなか受け入れられにくいということを私は経験しました。




おそらくこれは、海を恐れている人に、海の真ん中に飛び込むことを

おすすめしていることになるからでしょう。




恐れずに海に体重のすべてをゆだねると、

私たちの体は海に受けとめられ、

けして沈むことはありません。

海が私たちの体を受けとめてくれることを理解すると私たちは、

その後、海を恐れることはありません。




恐れずに、感情のなかへと飛び込んでいくと、

感情のエネルギーは私たちの体から解放されていきます。

内在されていたエネルギーが解放されつくすと、

私たちはそこに、平安だけが残されていることを体験します。




過去に抑圧してきた感情をすべて解放すると私たちは、

微妙な感情の変化を察知できるようになり、

感情の真の役割 (羅針盤としての役割) を取り戻すことができます。




感情の羅針盤をうまく活用することができるようになっていくにしたがって、

私たちは国やこの世界さえも、みずからのあるがままの行動によって、

よりよいものへと変えていくことができることを体験するでしょう。




それでは、次回はいよいよ、感情のワークをご紹介します。




精神世界ランキング  にほんブログ村  人気ブログランキング  FC2ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
スポンサーサイト


コメント:

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/19(土) 07:29:55 || # [編集]
もし良かったらどうぞ。
http://blog.livedoor.jp/kokyonokaze/

この方も、やまがみさんと同じことを書かれています。

もしよかったら 覗いてみてください。

2011/11/19(土) 07:55:29 |URL|みどり #- [編集]
みどりさんへ
こんにちは。
いつもありがとうございます♪

ご紹介いただいた、故郷の風が吹くときプロジェクトさんのブログ、
私とおなじ感覚の人で、うれしく思いました。

またときどき読ませていただきますね。

いよいよ感情のワークですが、
いま自分で試しているものもあり、数日中にアップする予定でいますので、しばらくお待ちくださいね。

いいものにできるといいですね。

たくさんの男性(もちろん女性もですが)が、
抑圧している感情を解放していけると、
もっと住みやすい愛のある社会になると思います。
そんな社会にできるといいですね。

みどりさんに教えていただいた雲黒斎さんの記事を読んだとき、
うれしくて、コメントするしかないと感じました。

雲黒斎さんの講演会のお話、ぜひお聞かせくださいね。
2011/11/19(土) 21:50:52 |URL|やまがみてるお #- [編集]
全体意識で生きます(´▽`)
やまがみさん。

いつも本当に、ありがとうございます。

ところで、今!なにもかもを全体意識で見つめていますので
前よりも、この「感情を見つめる」ということが、全くしんどくなりました。

むしろ責任の気持ちで見つめています。

だって・・見つめたら消えますしねぇ~
それに1日も早く、この世を安寧にしたいですからね~

ん?ってことは・・
やっぱり自分=全体だからですよねぇ~

自分の中から敵も味方も消したら、安寧になりますよねぇ~

ガンガジさんの本のなかで1つだけ気になった(引っ掛かった)言葉がありました。

それは【 求めない!避けない! 】って言葉でした。

で、この言葉を全体意識で見つめてみると・・

味方を求めず(神を求めず)敵を避けず(恐れ・不安を避けず)なんだあ~と気付きました。

つまり、やはり!【汝の敵は汝】ってことでした。

ほんとうは全体の自分なのに、個人意識でいきると

どうしても「守る」ことに専念しますので戦いが生まれますねぇ~。敵だ!と思う人・ことを避け、

そして困ったときの神頼みで味方も求めます。

なので自分が全体だった!と気付けば

自分の中の不安や恐れの感情を見つめることは、この宇宙全体の長い歴史のカルマ(不安・恐れ)も見つめることになるので安寧になりますね。

この世から戦いは無くなりますよねぇ。

個人意識から、全体意識への変容、変換。

ここへの道が、まずは自我の恐れ・不安を見つめる!ことなんですねー

で、実際にしてみて

いつのまにか個人意識から全体意識に変換してました。

なので、いまでは、いつも全体意識の視線で見つめていますので

わたし個人のカルマ?ではなくなったので・・
(これは自分も、人も、責めなくてよくなったので)

とても楽に、むしろ責任として

勇む気持ちで「みつめる」ことができるようになりました。


自分に沸き上がってくる恐れ・不安などを「見つめる」ことが、宇宙を安寧にすることになり
また、今!苦しんでいる人たちをも楽にするのだとしたら

わたしは望外の喜びです。

やまがみさん

こうやって、誰かにむかって素直に書くことのほうが、自分が一人でノートに向かうより遥かに大きな気づきをいただきますねぇ~

やまがみさん

ほんとうに、ほんとうに、ありがとうございます。

感謝

合掌

みどり拝

2011/11/20(日) 07:07:38 |URL|みどり #- [編集]
よかったら、これも、どうぞ。
http://www.voiceblog.jp/okiraku1/

やまがみさん。このラジオもいいですよ♪
2011/11/20(日) 08:55:33 |URL|みどり #- [編集]
“正しく怒る”

してそうで
してないのかもしれませんね


その為には“正しくない怒り”も必要で
どちらでもいいから 表現してみなさいって
ことですね

なんだか子供になった感覚です^^


2011/11/20(日) 10:09:40 |URL|愛子 #9CmqCKgg [編集]
ふと人へのすごい怒りが出てきて
その人を空気人形にして
心の中でボッコボコにして
振り回していたんです

そして足をもってぐるぐる回って
ぽーんと宇宙に投げ飛ばしたら
体がすとーんと楽になりました^^

もうなんでもありですね 笑
2011/11/20(日) 19:05:52 |URL|愛子 #9CmqCKgg [編集]
みどりさんへ
こちらこそ、いつもありがとうございます。

私の場合は、恐怖の感情を感じつくしてから、もう終わったと思っていたのですが、
最近になって、見ようとしていなかった自分のなかの怒りに気づき、
昨日その解放をはじめ、今朝はおどろくほど楽になっていました。

私はこれまで、思考を見つめたり、思考から分離した意識に気づいてそれを定着させると説明していますが、
自分がとらわれている不安や恐れの感情を見つめ、そこから解放されると、
自然に個人意識から、全体意識への変容が起こるのかもしれない、とも考えるようになってきました。

まだ、じっさいのところはわかりませんが、みどりさんも、そうだったのでしょうか?

> 自分に沸き上がってくる恐れ・不安などを「見つめる」ことが、宇宙を安寧にすることになり
> また、今!苦しんでいる人たちをも楽にするのだとしたら
> わたしは望外の喜びです。

じっさいに試してみて、これを体験したら、みんながおなじ気持ちになると思います。

> こうやって、誰かにむかって素直に書くことのほうが、自分が一人でノートに向かうより遥かに大きな気づきをいただきますねぇ~

ほんとうですね。
みどりさんの言うとおりだと思います。

私は、今年の8月からブログをはじめたのですが、それ以前はずっと一人であれやこれやとやっていただけなのかもしれません。

ブログをはじめて、最初のうちはコメントをいただけるようなブログではなかったのですが、しだいにコメントをいただけるようになり、感想をいただいたり、意見の交換をくり返すようになってからは、遥かに大きな気づきをいただけるようになりました。

全体である自分と交流したほうが、人生はよりよく展開するということなのでしょうね。

PS:みどりさんに教えていただいた、安達さん、いっぺんでファンになってしまいましたよ~!
2011/11/21(月) 00:01:22 |URL|やまがみてるお #- [編集]
愛子さんへ
抑圧している怒りを、ある程度浄化できていないと、
“正しく怒る”ことは難しいのではないかと、思いました。

日ごろから、小さな怒りに気づいてそのつど表現したり、
ときには、愛子さんがやったような方法(怒りをノートにぶつけたり)を活用して、
うちに溜め込まないようにしていきたいですね。

> ふと人へのすごい怒りが出てきて
> その人を空気人形にして
> 心の中でボッコボコにして
> 振り回していたんです
>
> そして足をもってぐるぐる回って
> ぽーんと宇宙に投げ飛ばしたら
> 体がすとーんと楽になりました^^

イメージ・ヴァイオレンス?
エアー・暴力?
なんてのも、じっさいに人におこなわないかぎり、いいガス抜きになると思いました。
いやあ、いい方法ですね。

本日私は、「ふとんにくるまり、まくらを殴る」をやりました(笑)。
ただ、ほんとうは叫びながらやりたかったのですが、近所の人が何かをしていましたので、
イメージのなかで叫びました。
それでも十分な効果を感じました。

> もうなんでもありですね 笑

同感です!
2011/11/21(月) 00:38:52 |URL|やまがみてるお #- [編集]
私はこれまで、思考を見つめたり、思考から分離した意識に気づいてそれを定着させると説明していますが、
自分がとらわれている不安や恐れの感情を見つめ、そこから解放されると、
自然に個人意識から、全体意識への変容が起こるのかもしれない、とも考えるようになってきました。

まだ、じっさいのところはわかりませんが、みどりさんも、そうだったのでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はーーーっい!\(^o^)/そのとおりです!!!

嬉しいです\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

嬉しくて嬉しくてたまりませーーん!!
(涙がこみ上げてきました。。。。)

やまがみさん、ありがとーー\(^o^)/\(^o^)/

それから【 大いなるものは無邪気 】

このメッセージも、囚われをとってくれました。

なんとなく「りっぱな方?」みたいな囚われがあったので・・

な~んだ、そうだったんだーー\(^o^)/と解放されました。

2歳児が(無邪気そのものが)

間違ったからといって「怒る」ことはないもんねぇ。。(*´∀`*)

それから、昨日の雲黒斎さんの【フラクタル】の説明で

すべては1つ、ワンネスの意味もしっかり理解できました。

無邪気ちゃんが、たーーっくさんいる(これが私たちの真のすがた)

大いなるもの(無邪気)は、このたーーっくさんの無邪気ちゃんでできていた♪

【曼荼羅】も同じだねぇ~(*´∀`*)


でね、全体意識の自分になって湧き上がってくる感情を見つめると・・

ここからは自分の!ではなく、

世界の感情!長い歴史の感情!になってきます。

なので世界中の人の長い歴史の鬱積したものを「見つめる」ことで消すことができます。

まるで「かみさま」だよねー

でも、これが真の姿だったみたい。そして無邪気そのものだったねー(*´∀`*)

やまがみさんに会えて、ほんとうーによかった

あぁーよかった(*´∀`*)(*´∀`*)\(^o^)/

すごーーっく嬉しいです。

ありがとーーーやまがみさん\(^o^)/

感謝

みどり拝



2011/11/21(月) 09:46:32 |URL|みどり #- [編集]
みどりさんへ
こんにちは。

感情を解放していくと、
そこに自我をこえた全体意識(ワンネスの感覚)が残されるということですね。

なんか、とってもかんたんですね!

> 全体意識の自分になって湧き上がってくる感情を見つめると・・
> ここからは自分の!ではなく、
> 世界の感情!長い歴史の感情!になってきます。

おそらく「自分の!」という部分だけが、特殊なのでしょうね。

> でも、これが真の姿だったみたい。

だから、「真我」って呼ばれるんでしょうね♪
2011/11/21(月) 22:53:03 |URL|やまがみてるお #- [編集]
感情を感じるためには、ハートを目覚めさせ育てることも大きな助けになりました。
感情を感じること、とても大切ですよね。

私は、ラマナ・マハルシの本「あるがままに」に出会い瞑想が深まったあと、感情が噴き出してしまい大変になりました。

激怒を刺激されることが頻繁に起き、背後に恐怖・不安・恐れが隠れているように感じました。

内側の許容量一杯一杯まで感情が溜まってしまったように感じ途方に暮れていました。

当時の私は、激怒に我を忘れて暴発しないために、怒りが溜まると瞑想センターにOSHOダイナミック瞑想をしに行っていました。

直後は落ち着くのですが、2週間位経つと怒りが暴発しそうになり、またダイナミック瞑想行く、というサイクルを繰り返していました。

また、恐怖・不安・恐れなどを刺激される出来事も頻繁に起き、どうしていいか分からずにいました。

感じると感情に負け、更に状況が酷くなるように感じていました。

若いときより続けていたGYMでのトレーニングを更にハードにして気合いを高め、恐怖・不安・恐れに負けないように頑張っていました。

また、毎日遅くまで仕事をして忙しくすることで、感情を感じなくていいようにもしていました。

瞑想で深まる内側の平安と、感情や周りの状況とのギャップに、どこか気が変になりそうでもありました。

そんな生活を続けた後、体が壊れていまいました。
日に日に衰弱する体を引きずりながら、恐怖に震えながら、答えを求めてあちこちへ行きました。

そして、もうこのまま死んでしまうのか、そう覚悟した日に、サトルボディヒーリングに出会いました。

ヒーリングを受け続け助けられ、後にトレーニングに参加し溢れていた恐怖・不安・恐れ・怒りなどを癒してきました。

サトルボディヒーリングは、ハートから始めます。
ハート瞑想をすることで、段々とハートが目覚め強く大きくなってきました。

すると、感情をそのまま受け入れることが出来るようになり、感情が変容され癒されていくようになりました。

感情を感じるためには、ハートにつながり、ハートを目覚めさせ育てることも大きな助けになりました。
2013/04/19(金) 17:08:38 |URLAmbho #UXr/yv2Y [編集]
Ambhoさんへ
すてきなシェア、ありがとうございました。

ある時期まで私たちは、感情を抑圧することができますものね。

この許容力には、個人差がありますが、抑圧するだけでは、いっさい解決しません。

それでも、このことに気づくまでは、抑圧する以外の方法は、思い浮かびません。

Ambhoさんが体験された、体が壊れた体験も、抑圧から逃れるために必要不可欠な体験だったのだと思います。

Ambhoさんは、Oshoや、「サトルボディヒーリング」に出会われ、癒されたのですね。

Oshoさんの本は、最初のところで挫折してしまい、まだ読んだことがないんです。

おすすめの入門書のようなものがありましたら、ご紹介ください。

「サトルボディヒーリング」のことは、存じていませんが、感情を癒すことに着目したもののようですね。

感情は、抑圧ではなく、感じることで、その抑圧されたエネルギーを解放していく必要があると思います。

そのためのより簡単な方法がいまの時代には必要なのだと思います。

万人向けのより簡単な方法の開発が、私たちの役割といってもいいのかもしれませんね。
2013/04/19(金) 18:27:58 |URL|やまがみてるお #- [編集]
本当に抑圧してもまったく解決になりませんよね。
本当にそうですよね、感情を抑圧してもまったく解決になりませんよね。

私たちは一般的に、感情を抑圧するように育てられていますよね。
まるでそれしか無いみたいに。


抑圧しても無くなりませんよね。
全く解決しないどころか、感情はどんどん蓄積され、感情を通して目の前の出来事を見てしまい、余計に感情的になってしまったりしています。

それだけでなく、蓄積された感情は、同じような感情を感じさせられるような人や出来事を引き寄せてしまうようにも感じます。

感情はエネルギー身体に蓄積されているのですが、時として体にまで影響を及ぼしてしまいます。

私のように体が壊れてしまったり、病気になってしまうこともあります。



また、何かのきっかけで感情が刺激されてしまうと、思考を活性化してしまいます。

相手や状況についてあれこれ考えると、感情を更に活性化してしまいます。

すると思考が更に活性化され・・・

このサイクルが苦しみの原因だと感じます。



サトルボディヒーリングでは、まず感情を癒し解放します。

すると思考が落ち着いてきて観察しやすくなります。
それから、誤った信じ込みを癒し解放します。



サトルボディヒーリングは、傷や感情・誤った信じ混みを癒し解放し、エネルギーが本来の状態を取り戻すのを助けます。

そして、中心につながり、愛・慈愛・勇気・自信・喜び・などの本質から生きていけるようにサポートします。


また、チャクラ的な表現ですと、

ハートから始めて、下位のチャクラに蓄積された傷や感情を癒し解放し、第1チャクラから第3チャクラをハートで統合します。

すると、エネルギーが喉にある第5チャクラへと上昇していきます。

これは、意識の進化だと感じます。




そして、やまがみさんの本に書かれていた、「内なる存在に気づくエクササイズ 1」は、第6チャクラに関するように感じ、気に入って使わせていただいています。

実は、ガイド瞑想として使いやすいように何ヵ所か修整して使っていました。



しばらく前に、それを友人にも送ったのですが、

一昨日しばらくぶりに会うと、大変な状況にいたけれど、思考を観察することで背後にあった感情に気づき癒すことができ楽になったと喜んでいました。


それが嬉しかったので、昨日、それをそのまま私のブログに書いてしまいました。
すみません、無断で一部修整してしまいまったものを載せてしまいました。

原文に差し替えた方がよろしいようでしたら、言っていただければ差し換えさせていただきます。



OSHOの元には、いろんなレベルのいろんな方向性のたくさんの人が集まっていたので、なかなかピタリとハマる本に出会うのは難しいですよね。

それに、あまりに広大すぎて難解だったりしますよね。

なので、これ、といったおすすめの本は、思いつきませんでした。


代わりといってはなんですが、OSHOの元で長年瞑想し、その後30年以上に渡りグループをリードしてくれているリーラ、プラサード、アルヴィナの3人が書いた

「悟りのシンクロニシティ」
内なる引き寄せの法則

という本をおすすめします。

やまがみさんの本にも通じるものがあり、読みやすく分かりやすい本です。



2013/04/20(土) 00:11:25 |URLAmbho(アンボー) #UXr/yv2Y [編集]
Ambho(アンボー)さんへ
こんにちは。

> 本当にそうですよね、感情を抑圧してもまったく解決になりませんよね。

けれども、これはじっさいに体験してはじめて、わかることなんですよね。

> 私のように体が壊れてしまったり、病気になってしまうこともあります。

体験し、苦しみ、そのおかげで、目覚めることができるのですから、この体験もいいことなのだと思います。

私も、うつのおかげで目覚めることができましたので。

> やまがみさんの本に書かれていた、「内なる存在に気づくエクササイズ 1」は、第6チャクラに関するように感じ、気に入って使わせていただいています。

ありがとうございます。
あまりチャクラにはくわしくないので、何のことをいっているのか、わかりませんが(すみません)

> しばらく前に、それを友人にも送ったのですが、
> 一昨日しばらくぶりに会うと、大変な状況にいたけれど、思考を観察することで背後にあった感情に気づき癒すことができ楽になったと喜んでいました。

著書やブログでご紹介しているエクササイズは、どれもかんたんに活用いただけ、ある程度の人には、一定の効果を受け取ってういただけるのではないかと思っています。

> それが嬉しかったので、昨日、それをそのまま私のブログに書いてしまいました。
> すみません、無断で一部修整してしまいまったものを載せてしまいました。

現行の法律上の、著作権さえ尊重していただけましたら(参考もと〔著書、著者名、ブログURLなど〕をわかりやすく提示していただけましたら)、さらによりより方法を模索することはいいことだと私は考えています(諸先輩方の著作権を尊重し、お互いに、さらにどんどんとよりよいものへと開発を試みていきましょう!)。

「悟りのシンクロニシティ」 内なる引き寄せの法則のご紹介ありがとうございます。

参考にさせていただきます。
2013/04/20(土) 12:31:13 |URL|やまがみてるお #- [編集]
ありがとうございます。
やまがみさん、寛大なコメントありがとうございます。

多少順番を入れ替えたり、文を少し短くしたりした程度で

やまがみさんのエッセンスはそのままになっていると思っています。

あのエクササイズの最初に深呼吸が出てきますが、あれはすごくいいですよね~

あの深呼吸をすることでエネルギーが活性化され、深く瞑想することができます。
2013/04/20(土) 20:51:55 |URL|Ambho #UXr/yv2Y [編集]
Ambhoさんへ
こんにちは。

私自身も、先達の遺産をたくさん活用させていただいていますので(感謝)

権利を尊重したうえで、活用することは悪いことではありませんので、
そのうえで、さらに新しい価値を生み出すことで、社会は発展していくのですものね。

もっと、さまざまな遺産を、どんどん活用して、発展さえていけばいいのだと思います。

近年は、権利のために閉鎖的で、かえって、進歩が阻害されていたのではないかと、個人的には思っています。

> 多少順番を入れ替えたり、文を少し短くしたりした程度で
> やまがみさんのエッセンスはそのままになっていると思っています。

ということは、Ambhoさんが編集してくださったもののほうが、
すっきりしていいものに仕上がっているかもしれませんね(笑)

> あのエクササイズの最初に深呼吸が出てきますが、あれはすごくいいですよね~
> あの深呼吸をすることでエネルギーが活性化され、深く瞑想することができます。

ありがとうございます!
そんなふうにいっていただけて、うれしいです!

2013/04/20(土) 21:26:29 |URL|やまがみてるお #- [編集]
瞑想にガイドしながら行うコンサルティングをさせていただいているので、

その経験を使って瞑想に入りやすくちょっとだけ手を加えただけです。

やまがみさんに読んでいただければ、エッセンスは変わらずあることが、ご理解頂けると思います。

http://ameblo.jp/devaambho/entry-11513631085.html

それにしても、内なる存在にきづくエクササイズ は、いろんな輝きが散りばめられていますよね~

息を吐ききったところで、目を閉じるとか

まぶたの内側を見たあと、頭の中を観察するとか

とてもうまく流れができてますよね~

私は、感情を観察すること、感情を癒すことをメインにやって来たので、

思考を観察することは、やまがみさんに助けていただいております。

2013/04/22(月) 15:42:51 |URL|Ambho #UXr/yv2Y [編集]
Ambhoさんへ
こんにちは。

Ambhoさん版「内なる存在に気づくエクササイズ」見させていただきました。

ほとんど変わっていませんし、少しシンプルになっていますね。

> それにしても、内なる存在にきづくエクササイズ は、いろんな輝きが散りばめられていますよね~

ありがとうございます。

> 私は、感情を観察すること、感情を癒すことをメインにやって来たので、
> 思考を観察することは、やまがみさんに助けていただいております。

私は思考派ですので、
私の感情のほうで、Ambhoさん、お助けくださいね~!
2013/04/24(水) 00:15:48 |URL|やまがみてるお #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/111-15161e13

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。