誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


(64) 人生におけるさまざまな制約からの完全な解放が、「ほんとうにやりたいこと」の発掘を可能にします

10-31(月)22時35分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。

はじめてお越しの方は、「こちら」をご覧ください。




私たちは、自分の可能性を存分に発揮して、

社会に貢献するために生まれてきました。




秘めている才能を磨き、それを発揮して社会に貢献することが、

どれほどすばらしいことかは、想像するだけで理解していただけるでしょう。




自己の才能にしだいに目覚めていくことによって私たちは、

自分の、自分に対する評価が自然に高まっていくことを体験するでしょう。

それは、自己暗示でもなく、アファーメーションでもなく、

真実として受け入れられていきます。




その理由は、自分で、自分の奥深くに埋もれていた宝の発掘に成功したからです。

宝物とは、自分の「ほんとうにやりたいこと」です。




けれども私たちは自我 (思考) の語る

「ほんとうにやりたいこと」によくだまされます(*1)。 

見つけたものが「ほんとうに」、

「ほんとうにやりたいこと」であるかどうかが問題になります。




人生の経験で培ってきた、さまざまな制約に制限された範囲内からしか、

私たちは、それを探せなくなってしまっているからです。

これらの制約からの完全な解放が真の宝物の発掘を可能にします。

このために「気づき」「ビーイング」「ハート」の悟りへと開かれていく必要があります。




「気づき」の悟りが達成されると、

意識が思考から分離します。

意識が思考から分離してその状態が定着すると私たちは、

思考にまったく拘束されていない選択肢を取り戻すことができます。




「ビーイング」の悟りが達成されると私たちは、

自己がこの体と思考に拘束されたものではなく、

宇宙そのものであり、宇宙の本質―「永遠なるもの」「無限なるもの」

「不変なるもの」「非二元なるもの」「ワンネス」―こそが

自己の真実であることを頭の理解ではなく、体験的に把握します。

あるがままの幸福を生きることができるようになり、

同時に私たちを、自己の真の能力と可能性に目覚めさせてくれます。




「ハート」の悟りが達成されると私たちは、

思考に拘束されていない自己の真の望みを察知できるようになります。

思考や経験や常識や実現可能性などにはまったく束縛されません。

無限の可能性のなかから、真の「ほんとうにやりたいこと」を

見つけだすことができるようになります。




思考や経験に束縛されたニセモノの「ほんとうにやりたいこと」ではなく、

ハートの無限の可能性のなから浮上してきた真の「ほんとうにやりたいこと」は

私たちを、それをやるだけで「無条件の幸せ」へと導きます。




前回の記事とは矛盾しているように感じられるかもしれませんが、

私たちはお金のためにそれをおこないません。




「ほんとうにやりたいこと」であるがゆえ、

私たちはそれをやるだけで幸せを実感することができます。

ですからそれに対する評価も対価も必要としません。

私たちは、エクササイズを通して、

「ほんとうにやりたいこと」を活用して、

ほかの人の役に立つ方法を考えました。

それを「考え出す」ことができたら、

それはお金になる可能性を秘めています。

私たちは、感謝の対価として、

お金を支払い、受け取るシステムのなかに生きているからです(*2)




私たちはそれぞれの才能に対する評価を自然に受け取るようになっていきます。

これに比例して、その貢献に対する対価が高まっていくことを目撃するでしょう。




(*1)私たちはよくこれにだまされますので、十分に注意しましょう。それをするだけで「無条件に幸福」に感じられないのであれば、それは真の「ほんとうにやりたいこと」ではない可能性があります。エクササイズをくり返し、もっと深く、自由な可能性のなかを掘りさげていきましょう。
(*2)これを渋る人もなかには存在します。けれども、そのような人からまで、無理やりに対価を得る必要はありません。
ほかの人の才能を正当に評価できない人は、自分の才能を正当に評価できません。そのようは人はそれによって自分の世界に苦しみをみずからつくりだしていることになります。
私たちがそれに関わる時間は非生産的な時間になるでしょう。それよりも、他者の才能をしっかりと評価してよろこんで対価を支払い、感謝の波動を世界に循環させている人たちのために働きましょう。
私たちは、そのような非生産的な時間に関わることよりも、才能を発揮して人々の役に立つという生産的な時間に関わっていくようにすることによって、より生産的になり、しだいにそのような損失を上回る対価を得ることができるようになっていくでしょう。





精神世界ランキング  にほんブログ村  人気ブログランキング  FC2ランキング 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
スポンサーサイト


コメント:

気づき、ビーイング、ハート
『悟り』の階段を上っていくことは、
人間が本来持っている素晴らしい力を
取り戻していく過程とも言えますね^-^
2011/11/01(火) 00:04:23 |URLYoShi@左脳系スピリチュアリスト #GGLe9ySY [編集]
ああ、ホントよくわかります。

今朝YoShiさんの「潜在意識のライブラリ」にもコメントしてきましたが、
自分は何も持っていないって思っていたのは、
自我から見た現実にあわせた視点でした。

自我からみたやりたいことって
実は、しなくちゃならないって思っていることで
不安からきているんですよね。
今のままで充分満たされているんだってことに気づいて
そっからの発想にならないかぎり
ほんとうのやりたいこと見えてきません。
見えてこないっていうと、見えなかったものが、あるとき現れるって感じに聞こえますけど、
見えるも見えないも、最初からそこにあったんですよね。
見つけるものでもないんですよね。
これまたなあんんだってなりますね(笑)

YoShiさんのところでも書きましたけど、
一回でも静けさを感じたら、静けさとはどういうものかがわかるように
一回でもお砂糖なめたらお砂糖の甘さがどういうものかわかるように
一回感じてみないと理解するのって難しいと思います。
とにもかくにも、気づきからすべて始まるなあとつくづく感じます。
2011/11/01(火) 10:43:40 |URL陽子ママ #- [編集]
意識と思考の分離
はじめまして。
素晴らしい内容に感動しました。
私も是非「意識の中心」法で悟りたいと熱望しているのですが、そこで質問があります。

私は、思考を現在進行形で観察できたことがないです。
直前の考えについて、その直後の思考がコメントするばかりです。
つまり、思考が過去の思考を把握するばかりで、直前の思考について「今」思考していることには無自覚、無意識なのです。

--エックハルト・トール著『さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる』より引用--
E氏:ちょっとした実験をしてみませんか?目を閉じて、心の中で、こうつぶやいてください。「どんな考えが浮かんでくるだろう?」そして、よーく神経をとぎすませて、考えが浮かんでくるのを待ちます。ねづみ穴を見張っているネコになったつもりで、やってみましょう。穴から飛び出してくるのは、どんな考えでしょう?さあ、いますぐ試してごらんなさい。

相手:考えが浮かんでくるまで、結構時間がかかりましたよ。

E氏:そのとおり!意識を集中させて「いまに在る」限り、思考活動はストップします。心はじっと動かず、静止状態でありながら、とてもシャープです。集中力が低下してくると、さまざまな想念が、次々と浮かんできます。思考が「雑念づくり」を再開したのです。静止状態は失われました。あなたは「時間の世界」に戻ってきたのです。
--引用終わり--

私は、上記引用文のように、思考が止まるように工夫することはできますが、現在進行形で思考を見ることができません。
しかし、それができて、意識と思考の分離なのですよね?

意識はいまここにいるようですから、分離が起ると、今にいる意識が現在進行形で思考を見ることができるのだと推測しています。

しかし、私は思考がないときに意識することはあっても、思考があるときには思考にも意識にも「無意識」になってしまうのです。

E・トール氏の「いまに在る限り、思考活動はストップします」ということなら短時間可能ですが、思考しながら意識していることが一瞬たりともできない、というわけです。

「意識の中心」は、やはり「思考がない状態にいる」こととは違うのですよね?

やまがみさんのご意見をご教示いただけると幸いです。
2011/11/01(火) 16:40:26 |URL|ムシコウ #- [編集]
Re: 気づき、ビーイング、ハート
そのとおりですね。

本来の能力を取り戻すだけですので、
何の不思議もありませんね。

このことをもっと伝えることができると、
世界はどんどん変わっていくでしょうね。
2011/11/01(火) 19:35:49 |URL|やまがみてるお #- [編集]
陽子ママさんへ
ほんとうですね。

陽子ママさんの言うとおりです。

悟りは体験ですので、

この体験を伝えていくことが重要ですね。
2011/11/01(火) 19:43:28 |URL|やまがみてるお #- [編集]
さっそく
やまがみさん、こんばんは!
はじめましてm(_ _)m
ackeyと申します。

悟りの書さんから以前リンクを辿ってやって来て、ずっと読ませていただいておりました!

やまがみさんの言葉ひとつひとつが、丁寧に、正確に、それでいてやさしく表現されていて、読むだけで心が落ち着いております。
いつもありがとうございます!

さっそく昨日からエクササイズをしています。
自分の好きなものだけを書き連ねるだけでも、
幸せな気持ちやいろんな縁に感謝したくなりました!
続けて集中して取り組みます!
2011/11/01(火) 20:03:58 |URL|ackey #- [編集]
Re: 意識と思考の分離
ムシコロさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
ぜひ、達成されることを応援させてください。

一つ質問があります。

> 直前の考えについて、その直後の思考がコメントするばかりです。

では、直前の考えについて、それに対する思考でコメントしているのは「誰」ですか?



>直前の思考について「今」思考していることには無自覚、無意識なのです。

このときに「今」思考していることには「無自覚」、「無意識」なのです、と気づいているのは「無意識」なのではなく、「意識」なのではないでしょうか? 


ご安心ください。

ムシコロさんは、すでに悟りを体験しています。


> エックハルト・トール著『さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる」より

> 相手:考えが浮かんでくるまで、結構時間がかかりましたよ。

このとき、結構時間がかかっているあいだ、私たちは悟りを体験しています。



ムシコロさんが

> 直前の思考について「今」思考していることには無自覚、無意識で

あれば、私たちは思考と完全に同一化していますので、

それを見ていること(無自覚で、無意識です)には気づけません。


> 直前の考えについて、その直後の思考がコメントするばかり

であることに気づいているということは、思考から分離して観察しているからです。

この観察している視点(「この思考は、さっきの考えに対するコメントだ」と観察している視点)が、「意識の中心」です。


その状態が、思考から離れた状態ですので、その状態をもっと評価して、
それにもっと慣れ親しんでいくようにしてください。

自我の悟りに対する期待(きっともっとすばらしいことが起こるはず)が、
悟りの状態に気づかせないようにしています。


ムシコロさんの

> 意識が、現在進行形で思考を見ることができ

ているから、直前の考えについて、その直後の思考がコメントしていることに気づいているのです。

思考に完全に同一化してしまっていると、直前の考えに同一化しているときには、その考えを体験し、
その直後の思考(たとえそれが思考に対するコメントであっても)に同一化しているときには、その思考を体験しているので、「この思考は直前の考えに対してのコメントだ」なんて、考えることもなく、同一化しているからです。


> E・トール氏の「いまに在る限り、思考活動はストップします」ということなら短時間可能ですが、

これが悟りです。


思考しながら意識していることが一瞬たりともできない、というわけです。

「思考しながら、意識する」ではなく、(思考活動のストップした状態から)「意識しながら、思考が起こったときには気づく」(「思考に気づいていることに、気づくこと」です)ことができるようになりたいのです。


> 「意識の中心」は、やはり「思考がない状態にいる」こととは違うのですよね?

思考は起こりますが、つねにそれが、観察されている状態です。

けれども修練していくにしたがって、思考はほとんど起こらなくなります。


「思考活動のストップした今ここ」に慣れ親しみ、それが定着した状態が最近の記事で話してきた「気づき」の悟りです。
2011/11/01(火) 20:47:38 |URL|やまがみてるお #- [編集]
Re: さっそく
ackeyさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

好きなことを考えると私たちは心地いい感覚になれますね。

好きなことだけを考えて生きていってもいい世界を作っていきたいですね。

これからも、よろしくお願いします。
2011/11/01(火) 20:51:05 |URL|やまがみてるお #- [編集]
Re: 意識と思考の分離
大変丁寧な回答をいただきまして、ありがとうございます。
恐縮です。
ご指摘いただいた内容をよく吟味してみます。

とりあえず、思考がない状態を維持するよう意図して、そこに留まる練習をしていますが、それを続けてみます。

『そしておよそ三ヶ月が経過したある日、私はほとんど思考していない自分に気づきました。
それは世界が、ひっくり返ったような感覚でした。
思考が作る幻想の世界の虚偽から目覚めたのです。』

このやまがみさんの文章、いいですね。
世界がひっくり返ったような感覚、やはり期待してしまいますね。^^笑

ところで、私のHNはムシコウ(無思考)でした。
ムシコロでもいいですが・・。^^

なにかありましたら、また投稿させてください。
ありがとうございました。

2011/11/02(水) 09:19:18 |URL|ムシコウ #- [編集]
今YoShiさんのところにコメントしようと書いてて、これやまがみさんのところの方がいいかなとか思って戻ってきました。(笑)
(今朝こちらのコメント読んでムシコロさんのこと気になってて)

みんな気づいているんですよ。
(だからムシコロさんも大丈夫♪)
悟りなんて、瞬間瞬間の目覚めだから。
一回気づいて達成!じゃないから。

思考から離れてちょっとリラックスしたその瞬間、それがいまここ♪
2011/11/02(水) 09:25:44 |URL陽子ママ #- [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/02(水) 09:55:28 || # [編集]
Re: 意識と思考の分離
これの答えを書き忘れてしまいました。

----
一つ質問があります。
> 直前の考えについて、その直後の思考がコメントするばかりです。

では、直前の考えについて、それに対する思考でコメントしているのは「誰」ですか?
----

答えは思考です。その後にやってきた思考です。
その次の思考がまた、さっきの思考を認識します。

それは、思考を観察しようとしたときの話です。
観察しようとすると、思考は止まります。
これが緩むと思考が始まります。

それで、あ、いま思考があった(過去形)、と認識しますが、これは現在進行形ではない、という話なのです。

しかし、話が堂々巡りになってるようでしたら、ごめんなさい。


陽子ママさんへ

ムシコロです。^^笑

気にかけてくれて、ありがとうございます。

>みんな気づいているんですよ。


気付いていることに、気付かないでいるのでしょうか?

ややこしいです。^^



2011/11/02(水) 11:50:43 |URL|ムシコウ #- [編集]
Re: Re: 意識と思考の分離
ムシコウさん、こんにちは。

HN、もうしわけございません。
虫好きの方かと、勝手にイメージしてしまいました。
私も虫好きなもので

『そしておよそ三ヶ月が経過したある日、私はほとんど思考していない自分に気づきました。
それは世界が、ひっくり返ったような感覚でした。
思考が作る幻想の世界の虚偽から目覚めたのです。』


期待を抱いて当然の表現ですね。
これを解消しながら、悟りを伝えることができるようにこれから考えていきますね。

> 観察しようとすると、思考は止まります。
> これが緩むと思考が始まります。


これで、当然なんですよ。
緩んで思考が始まるのは、長年積みあげてきた癖ですから。
そして、緩んだときに気づいて、ふたたび観察すると、思考は止まります。

この思考の観察が、一日のうちで75パーセントに達すると、
観察しようとしなくても、観察している自分に変わっていることを体験します。
観察する習慣が身についた自分になっています。

このとき、観察しなくても思考が観察されています。
このおかげで思考からの自由を獲得しますので、世界がひっくりかえったように感じました。
2011/11/02(水) 22:11:36 |URL|やまがみてるお #- [編集]
陽子ママさんへ
HNを間違えてしまっていたのですが、ムシコウさんでした。


「思考から離れてちょっとリラックスしたその瞬間、それがいまここ♪」

ほんとうに、そのとおりですね。
2011/11/02(水) 22:14:48 |URL|やまがみてるお #- [編集]
Re: 自分が開けました。
みどりさん、こんにちは。

こちらこそ、いつもありがとうございます。


感動しながら、読ませていただきました。

ほんとうに、このブログをはじめてよかったと感じることができました。


自我は、いつもみどりさんの隙を狙っていますので、

これからも油断はなされませんように注意してくださいね。


みどりさんの旦那さんも、お子さんも、ほんとうにすばらしいご家族だと感じました。

たくさん話をして、自分の感じることをいつもお話してくださいね。


嫌だと感じたことは、嫌だと伝えていいですし、

(自分が感じたことを、感じたままに伝えることは、けんかではありませんし、ただの事実です。

 自分の感じたことを、ただの事実として伝えることは、悪いことではありません。

 感じたことを、感じなかったようにふるまって、自分を欺くと、後々、つらくなり、何もできなくなります)

うれしいと感じたら、素直にうれしいと伝えてください。



これが、私が感じるままに生きることをおすすめしている理由です。
2011/11/02(水) 22:32:46 |URL|やまがみてるお #- [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/02(水) 23:21:50 || # [編集]
Re: 主人もやまがみ様のブログを今日から拝読しています。
> まるで地球の外から地球を見ているように、見つめています。

まさに、そのとおりですよね。

自分のことでありながら、まったく自分のことではないような感覚。

> しずかに見つめているうちに、前は長く留まっていた自我物語が、短時間で消えるようになりました。
> ふと気づくと、いつのまにか、あの苦しい気持ちが無くなっていました。
> これは本当に、大きな喜びです。

苦悩を、いままで自分で作っていたことに気づき、
もう苦しみたくないから、自分で作らないように注意することができるようになったのですね。

これは、この時代に起こっている人類の意識の進化です。

みどりさんには、たまたま、ほかの人よりも早くそれが起こりました(いっぱい苦しんだおかげで)。
その体験は、それまでの、みどりさんとおなじように悩んでいるほかの人たちの力になれる体験です。

余裕がでてきて、悩んでいる人たちの力になりたいともしも感じられましたら、
みどりさんのやり方で、ぜひ伝えていってほしいと思います。

もちろん、伝えなくてもいいのですが、伝えることで、みどりさんがますます強く、自己の能力を開花させていくことができるようになることだからです。

みどりさんのすばらしいご主人さまに、ぜひよろしくお伝えくださいね。
2011/11/03(木) 00:30:11 |URL|やまがみてるお #- [編集]
やまがみさんへ。

またもや、丁寧なお返事をいただき、嬉しくもあり、ありがたくもあります。

HNは、ムシコウ改めムシコロにしました。
そのほうが、なんだか楽しいですから。^^笑

今回の説明は、とても分かりやすく、納得がゆくものでした。

お礼のお返事とともに、もう一つお伝えしたいと思いました。

やまがみさんの「意識の中心」メソッドは、もう随分長いことこうした悟り関係に取り組んできた私にとっても、いままで類似のものがありませんでした。

本当に素晴らしいものだと思います。
すぐそこにあっても、指摘されないとわからなかったこと。

「意識の中心」を維持する。
それは「意識を意識する」という状態。
あるいは、自分を外から客観的に観る状態。
または、頭の中を見張って、言葉をとめること。

どれもやりました。
しかし、これを本気で維持しようとしたことはありませんでした。
やまがみさんの実例があることが、大変な説得力になっております。

今後とも、ここのコメント欄に関わることで、このモチベーションを維持したいと思います。

まずはお礼まで。
2011/11/03(木) 09:40:46 |URL|ムシコロ #- [編集]
ムシコロさん…笑ってしまいました!
ああ、ちゃんとムシコウさんとお呼びしたかった!(笑)

ムシコロさんと聞いて、私は虫好きな人というより
自分はムシコロのようにちっぽけな存在だ…という自分を卑下した感じでつけた名前なのかなって勝手に思って、いやいやそんなことはないのになあとか思っていました。(笑)
(ムシコロ=ちっぽけな存在って虫に対して失礼な話ですが…)
2011/11/03(木) 10:08:56 |URL陽子ママ #- [編集]
ムシコロさんへ
HNとっても好きです。

いつもコメントありがとうございます。



そのようにまで言っていただいて、光栄です。

「意識の中心」メソッドは、たくさんのすぐれた先人たちの知恵とアイデアとアドバイスのおかげで語れるようになったものです。

すべてのスピリチュアル・マスターたちの貢献に感謝ですね。


ムシコロさんの言うように、私たちには、

試してみることよりも、本気で維持する決意こそ、重要なことなのかもしれませんね。

これを押しつけにならないように注意しながら、伝えていくようにしたいと思いました。

これからもムシコロさんのモチベーションの維持に貢献できるように、

ブログをつづけて生きたいと思います。
2011/11/03(木) 21:40:06 |URL|やまがみてるお #- [編集]
Re: ムシコロさん…笑ってしまいました!
私がまちがってしまったのですが、

ムシコロさんって、すてきなHNだなぁって、大好きなんです。

私は虫好きなもので。

> 自分はムシコロのようにちっぽけな存在だ…という自分を卑下した感じでつけた名前・・・

そうか、そんなふうにも取れますね・・・。
2011/11/03(木) 21:54:26 |URL|やまがみてるお #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/102-df11b0ea

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。