誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


(62) 「なりたいもの」ではなく、ほんとうに「やりたいこと」に焦点をあてることがポイントです

10-29(土)22時15分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。

はじめてお越しの方は、「こちら」をご覧ください。




「ビーイング」の悟りが、あるがままの受容と、

自己の明け渡しを可能にします。

 くわしくは以下の記事をご参照ください。
 (59) 「悟り」からその後の体験 〔1〕 意識が定着するまで
 (60) 「悟り」からその後の体験 〔2〕 「在るもの」としての目覚め
 (61) 「悟り」からその後の体験 〔3〕 現代社会は「ハート」の犠牲のうえに成り立っています





そして私たちの感じる能力―「ハート」が私たちをそれぞれの使命へと導き、

自己の真の能力の発現を可能にします。




私たちは感じる能力によって、

自分の本当にやりたいことに心を開いていく必要があります。




ここで一つ注意しなければいけないことがあります。

私たちが使命に目覚めるためには、

自分の「なりたいもの」ではなく、

自分のほんとうに「やりたいこと」に

焦点をあてるようにすることがポイントになります。




「なりたいもの」になれるのか、なれないのかは、外部の評価に依存しており、

自分で決めることはできません。

このため私たちはその結果にジレンマを感じることになります。




一方、自分のほんとうに「やりたいこと」がわかると、

私たちはそれをやるだけで、幸福になります。

やるのかやらないのかは、自分で決めることができることだからです。

これによって私たち自身が、主体になることができます。




「やりたいこと」は私たちを過程へと導きます。

それを「やること」がいまここの幸福につながります。




私はかつて、

「絵本作家になりたい」と考えて、作品を作りつづけていました。

作品が完成すると、いくつかの出版社にオファーをして、

東京まで上京して持ち込みをしました。




作品展を企画したり、個展で作品を読んでいただいた方からは、

いい感想をいただいたとしても、

(出版社と契約を結んだ) 絵本作家という目標は実現せず、私は不幸でした。




絵本を描くことが、自分にとっての

「本当にやりたいこと」にまで昇華していたら、

(もちろん、無理やり昇華させることはできないのですが)

描くことができるだけで幸せであるということが、

いまならよく理解できます。




たとえば―、




「私はお金持ちになりたい (なる、なりつつある) 」は、

「私はお金を稼ぎたい」に転換して考えます。


「私はお金持ちになりたい (なる、なりつつある) 」は、

(将来の目標としている自分よりは) お金をもっていない自分に焦点をあてるだけで、

解決策 (お金を稼ぐためには、どうすればいいのか) をもっていません。

一方の「私はお金を稼ぎたい」は、

主体的に行動できる立場になるため、

つぎの行動を自分で決めることができるようになります。

これによって私たちは、具体的にお金を稼ぐ方法を考え、

それをはじめることが求められることになります。

ただし、ほんとうにそれをやりたいかどうかが問題になります。

これが、ほんとうにやりたいことであれば、

この要求によろこんで応えることができます。




「私はミュージシャンになりたい (なる、なりつつある) 」は、

「私は歌を歌いたい」に転換して考えます。


けれども私たちにはよく、その職業の肩書きにあこがれているだけの場合があります。

これは、ほんとうにやりたいことではないため、

このような願望に焦点をあてつづけるかぎり苦悩だけを経験することになります。




「私は作家になりたい (なる、なりつつある) 」は、

「私は自分の作品を書きたい (書く) 」に転換して考えます。

ただ書けばいいだけになります。

(ただし自分の作品に合った出版社を選んで

 企画書を郵送することは、必要になってくるでしょう。

 ほんとうにやりたいことであれば、こういうことも自然に見えてきます)




「私は〇〇になりたい」は、

「いま私は〇〇ではない」ことに焦点をあてることになり、

かつ外部の評価に依存しているため、私たちには自由になりません。

このため、いまここの否定になります。




「私は〇〇をやりたい」は、

ただそれをやることによって私たちの幸福につながります。

「私は〇〇をやりたい」は、私たちの自由になる、

たんなる選択のレベルで、願望が実現することになるからです。




このとき私たちは、

幸福の主導権を取り戻す決意だけが求められていることに気づきます。




その代わり、私たちには行動が求められます。

ほんとうにやりたいことであれば、行動は容易に起こります。

そこまで、ほんとうにやりたいことを見つけることがポイントになります。




次回は、自分の心地よい感覚に心を開いていくためのエクササイズをご紹介します。




精神世界ランキング  にほんブログ村  人気ブログランキング  FC2ランキング 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
スポンサーサイト


コメント:

こどもたちに
「大きくなったら何になりたい?」と聞かず、「大きくなったら何をやりたい?」って聞くようにします。
2011/10/29(土) 23:04:40 |URL|ううじじ #grGQ8zlQ [編集]
Re: こどもたちに
ううじじさん、こんにちは。

コメントありがとうございます。

そうですね。

そして可能な範囲でかまわないとは思いますので、
「いまやりたいこと」を存分に楽しませてあげて欲しいと思います。

もちろん失敗も起こるかと思いますが、好きなこと、やりたいことを自由に、
のびのびと育てられた子どもが、一番才能を伸ばすだろうと思います。

2011/10/29(土) 23:28:04 |URL|やまがみてるお #- [編集]
目標とか
職場ではよく、『職業名』の目標じゃなく、
『人間』としての目標を立てよう!って話をしてます。

どんな人間であるのか、在り方・beingということですね^-^
2011/10/29(土) 23:54:44 |URLYoShi@左脳系スピリチュアリスト #GGLe9ySY [編集]
Re: 目標とか
「『人間』としての目標を立てよう」なんて対話できるなんて、すてきな職場ですね!

在り方・beingはベースですね。
2011/10/29(土) 23:59:41 |URL|やまがみてるお #- [編集]
「本当にやりたいこと」
次回のエクササイズを読ませてもらうまでの
宿題にします☆

「やりたいこと」と「なりたいもの」を
私もよく混合しているような気がします。

(ところで今朝、携帯からコメント書こうとしたんですけど、何回やっても駄目でした。。。数字のとこでいつも不正!って。なんでだろう???)
2011/10/30(日) 02:47:27 |URL|ゆき #- [編集]
Re: 「本当にやりたいこと」
おそらく「なりたいもの」は、思考によってできているように思います。

「絵本作家になりたい」と考えていたころの私は、

「絵本作家」というブランドに引き寄せられていました。

自分の「やりたいこと」を離れたら、ハートが「心地よくない」サインを送ってくれますので、
それを、私たちはスピカさんのブログの視力検査の記事で読んだように、
小さなサインから、しだいに大きくなっていき、やがて目をそむけることができないくらいの衝撃として受け取ります。

このテーマは、エクササイズのところでお伝えしますが、

「自分のほんとうに『やりたいこと』を『心地よい感覚』から見つける」ということです。
これによって、できるだけ早い段階で気づくことができるように練習をしていきます。

そうすると、気づきが早くなる分、痛手が少なくてすみますものね。

数字の入力の障害、運営サイドの障害報告はなされていませんでしたが、
10月28日に一度運営サイドのメンテナンスがおこなわれ、それ以後アクセス障害などのシステム障害がときおり起こるようになってしまいました。

一度問い合わせてみますね。
ご迷惑をおかけしてすみません。
2011/10/30(日) 10:53:51 |URL|やまがみてるお #- [編集]
丁寧なご説明
ありがとうございます。(^ ^)
最近、とりあえず何か書くのが一番楽しいです。おそらく自分と対話してるのだと思いますが。。。

エクササイズ、楽しみです♪

あと、アクセスについてですが、iPhone の新しいのが最近出たので、そのせいでネットワークがおかしくなってるみたいで。iPhone 使用している友人らもメールがおかしいとかいろいろあったみたいです(⌒-⌒; )。。

どうもご心配おかけしました。。


ご心配おかけしました!
2011/10/30(日) 18:10:19 |URL|ゆき #- [編集]
Re: 丁寧なご説明
エクササイズ、ようやくアップすることができました。

ぜひ試してみてくださいね。
感想や意見を教えていただけるとうれしいです。

すべての人に、幸ありますように♪

2011/10/31(月) 03:27:47 |URL|やまがみてるお #- [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/10/31(月) 14:23:16 || # [編集]
Re: いつも、いつも、ありがとうございます。
みどりさん、こんにちは。
こちらこそ、いつもありがとうございます。

私たちは、言葉を通してしか、伝えあえませんが、言葉では完全に伝えることができないことを伝えあおうと試みています。

このため、私の「感じたこと」を言葉にしたものが、みどりさんにとってもピンと来る言葉でなない可能性もあります。

たとえば、私は「大いなる存在」と呼んでいますが、ほかの人にとってはピンと来ず、ある人にとっては「神」という言葉の方がピンと来るかもしれません。また別の人は「ソース」とか「一者」とか呼ぶ人もいます。

このため、言葉とその意味にとらわれすぎないほうが「あ、このことかも?」という理解が進む可能性があります。

言葉とその意味にとらわれてしまうと、みどりさんが抱いたイメージそのものではなかった場合、「いや、きっとこのことではないだろう」と思ってスルーしてしまう可能性もあります。

ですから私に言えることは、できるだけ、頭でわかろうとはしないことをおすすめします。



もう一度、別の語り方で、「感じる能力」と「大いなる存在」について補足してみますね。

「感じる能力」とは、誰もがもっている「心地いい」と感じたり、なんだか「心地よくないな」と感じたりすることを、認識する能力です。「心地いい」とか「心地悪い」感覚は頻繁に感じているのですが、私たちは、日常生活を送るために抑圧している傾向にあります。

「心地よくない」というサインを受け取っていても、私たちは日常生活を優先させるために、「心地よくない」ことをしたり、それに近づいたりすることが往々にして起こっています。

このように「心地よくない」サインを無視して「心地よくない」ことに近づくと、当然私たちは心地よくない現実を受け取ります。

無視をつづけることによって感じる能力は弱体化していきますので、より気づきにくくなります。

「心地よい」、「心地よくない」サインに注意してその感覚を読み取り、「心地いい」感覚だけにしたがって生きていくことが、人生をより心地いいものへと転換させていく方法になります。



「大いなる存在」について。

私たちの意識が、思考から分離してただ見るものとして定着すると、私たちは思考から自由になります。

このおかげで、思考が作り出していた幻想から目覚めます。

思考が作り出している幻想とは、あれは木であるとか、あれは雲であるとか言っていることによって、それが木であると信じ、雲であると信じることを言っています。

けれども、悟りを通して私たちは、実際は人間が木と名づけたものも、雲と名づけたものも、そのほかすべてのものも、ただいまここの躍動として存在しており、この存在をつかさどっている「おおもと」が存在しており、それが、この宇宙のすべてのものの本質なのだということを理解します。

私もその一部だと理解し、すべてが、それの現われだとわかります。その「おおもと」を、私は「大いなる存在」と呼んでいます。


また、わかりづらいところがあったら、教えてくださいね。
2011/10/31(月) 23:54:19 |URL|やまがみてるお #- [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/01(火) 13:12:29 || # [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/01(火) 14:47:56 || # [編集]
みどりさんへ
こんにちは。
いつもありがとうございます。

主婦業に関して、私の感じたことを少し書かせていただきますね。

主婦業というものが、業務(義務)であると、
どうしても「やらなければならないこと」に含まれてしまいます。

主婦業は、基本は愛から起こるものだと思います。

ですから、いまのみどりさんが、主婦業を喜んでやりたくなるときというのは、

みどりさんのお書きになっているように「『家のこと』を心から『やりたい自分』に」なってからではなく、

あの人(旦那さま)のために、大切な子どものために、大切は両親のために、
やってあげたくなったときなのではないかと思います。

家族の方に対する愛を、自分に感じる部分に問うてみる必要があるのではないでしょうか。

「家事をやらなくなってからの方がママはすてき」と言ってくれるすばらしい子どもさんのこと。
家事にゆとりをもって関わってもゆるしてくださるやさしい旦那さまのこと。

家族の方に愛されていること、そして愛してくれていることにもっと目をやって、その愛をしっかりと感じることができたら、みんなのために家事をやりたい、やって愛したいという気持ちが戻ってくると思います。

愛されていること、愛していることを感じることも、私たちが忘れている感じる能力に含まれていると思います。
2011/11/01(火) 20:10:25 |URL|やまがみてるお #- [編集]
あらら。ここに僕のかきたいことが全部かかれてるぢぁん…まったく!!
2012/11/13(火) 17:19:19 |URL|タカヤ #mQop/nM. [編集]
タカヤさんへ
お気になさらずに、

タカヤさんのことばで、

読者のかたにお伝えしたいことを

お伝えください。

タカヤさんの表現のほうが合う人もいるはずです。

そうして、一人でもたくさんの人が、

自分のほんとうにやりたいことに気づき、

それをすることで社会の役に立っていったら、

世界はどれほどすばらしいものに変わっていくでしょう!

ワクワクしてきますね!
2012/11/13(火) 17:32:09 |URL|やまがみてるお #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/tb.php/100-5ac6d6e3

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。