誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


「すること」から、「気づいている状態」の評価へ

05-23(金)15時28分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




どのようなワークや瞑想も、

「すること」が目的になった時点で、

真実は「すること」の背後に隠されてしまいます。




私がワークをおすすめしている理由は、

「気づいている意識」を発見していただき、

ただ、その意識の状態に慣れ親しみ、

ワークをしていないときでも日常的に、

その状態で「ある」ことができるようになるためです。




「気づいている意識」であることは、

意識的にできます。




思考を観察します。

思考に気づきます。

あるいは、思考が起こっていないことに気づきます。

それに、「気づいている存在」に意識を向けます。

それが「気づいている意識」です。




意識を向けるだけで、それを発見することができます。




それが続いている状態が悟りです。




つまり、「気づいている意識」であることを

「忘れなければ」、

「忘れてもすぐに思い出せば」、

誰もが「悟りの意識状態を続けていくことができます」。




けれども、私たちは忘れます。




意識的であることは、

自我にとっては刺激のない、

つまらないことだからです。




自我はつねによりよくなること、

より刺激のあることを求めているからです。




思考観察を続けていくと、

思考とは、たんなる思考であって

たとえどんな内容のものであっても、

真実(「いまここ」の起こり)とは、

何の関係もないということがわかります。




悟りとは、これまで同一化していた

「無意識の思考」に気づき、

それがたんなる思考であるがゆえに、

いっさい信じる必要がないとわかっている状態のことです。




思考は起こり続けますが、

思考をそのままにほうっておくことができるようになることで、

思考の影響を受けにくくなります。

これによって、思考に操作されていない意識は、「いまここ」にくつろぎます。




自我(思考)が

刺激(自分の主張の正しさを証明すること)を求めることよりも、

ただあたりまえの状態(「『いまここ』の起こり」こそが真実であり、

(思考は信じるに値せず、ただそのままにほうっておくこと)を求めたら、

求め続けたら、自分の意志で選び続けたら、

それは、その状態は、ただ続いていきます。
 



悟りは「すること」ではありません。

「ある状態」のことです。




「ある状態」とは、

思考に「気づいている意識」が、

思考は信じるには値しないと気づいており、

その状態で、「いまこの瞬間」に

完全にある状態です。




*Information*




*各種イベント開催いたします!




◆「2Daysワークショップ『さとり意識定着』in松阪」

・松阪市内:2014年6月28日(土)~29日(日)

・参加費:35,000円~(お申し込み後、お振込み)

・ワークショップin松阪 詳細はこちら

・主催者、伊勢の菊理姫さんのごあいさつのページは、こちら



◆「1Dayワークショップ『さとり意識発見』in浜松」

・浜松市内:2014年7月6日(日)10:00~16:30(9:45受付開始)

・参加費:20,000円~(お申し込み後、お振込み)

・お申し込みは こちら




◆2014年7月下旬、トークライブ&1Dayワークショップin福岡 詳細準備中




◆「やまがみてるお サットサンin大阪」


・大阪市内:2014年7月11日(金)19:00~21:00(受付開始 18:45~)

・参加費:3,000円(お申し込み後、お振込み)

・お申し込み:準備中

・サットサン詳細は こちら




*ご訪問、ありがとうございました。

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村


*また、スピリチュアルなテーマに興味のありそうなお友だちや、

 「引き寄せの法則」のさらに先(悟り)に

 興味がありそうなお友だちがいたら、ぜひ教えてあげてね!
スポンサーサイト


思考に「気づいている存在」に気づく―思考に「気づいている存在」こそが、「本当の自分」

04-24(木)14時55分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




2Daysワークショップ「悟り意識定着」(2014年4月19日~20日開催)に

ご参加くださいましたみなさま、本当にありがとうございました。




お話させていただきましたように、

何をどれほど学んでも、

学んだもののなかには、答えはありません。




発見していくのは、「私たち自身」です。




「いまこの瞬間」に起こっていることに、気づくこと、

気づいている意識を評価し、それを生きること、ただそれだけです。




そうすると、それこそが、探していた「入り口」であることが、

しだいにわかっていくようになると思います。




お伝えしたかったことは、お話しましたように、

答えはすでに私たちのうちにあること、

それを評価し、それを信頼し、それを生きることです。




今回のワークショップが目覚めのきっかけになることができましたら、幸いです。




また、その「入り口」を確認したいとき、

もしも再度「入り口」までの手助けが必要と感じるようなことがありましたら、

またどこかで再会できることを楽しみにしています。




思考からはなれた自分―「本当の自分」―は、思考の影響を受けません。




思考に「気づいている存在」に気づく―

思考に「気づいている存在」こそが、「本当の自分」です。




私のお伝えしていることの基本(2011年の記事)を再度ご紹介したいと思います。




(8)悟りの「直接体験」の伝達を試みてみましょう

(9)「直接体験」その2――日常の生活の最中にも、「意識の中心」を思い出しましょう

(10)私たちの頭のなかは、いつも おしゃべりしています




*Information*




*各種イベント開催いたします!




◆「やまがみてるお サットサンin大阪」


・大阪市内:2014年5月9日(金)19:00~21:00(受付開始 18:45~)

・参加費:3,000円(お申し込み後、お振込み)

・お申し込みは こちら

・サットサン詳細は こちら




◆今後のワークショップの予定


*2014年6月、2Daysワークショップin三重(伊勢もしくは松阪にて、検討中)


 主催:風と空と星 伊勢の菊理姫さん

 お問い合わせ kazesolahoshi@gmail.com

*2014年7月、1Dayワークショップin浜松(静岡県)

 詳細準備中




*ご訪問、ありがとうございました。

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村


*また、スピリチュアルなテーマに興味のありそうなお友だちや、

 「引き寄せの法則」のさらに先(悟り)に

 興味がありそうなお友だちがいたら、ぜひ教えてあげてね!


私たちは「気づいている意識」によって、何を経験したいのか? (1/2)避けるべき感情など、もともと存在しなかったことを経験する

02-09(日)14時23分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




前回の質問者さんの感情に関しての質問は、

以下のとおりです。




*****




感情に意識を向けてしばらく経ってから

だんだん感情が小さくなり始めて、

そこに生じた空間、広がりが感じられる、

という感じで感情に気づいてすぐに、

感情に気づいている意識に気づいている、とは言えないのではと思います。

この点についてもご指南をいただきたく思います。




*****




結論からお話しますと、

純粋な感情を感じることができるようになるのは、

思考の抵抗が手放されたあとのことになります。




ですから、まず気づきたいのは、

感情が起こったときに、

思考がどのように反応しているかです。




感情が起こります。




たとえば、恐怖の感情に気づいたとしましょう。




そのときに気づきたいことは、

そのとき体験している恐怖の感情に対して、

思考がどのよう反応しているのかに気づくことです。




抵抗しているか、

いいとか悪いとか判断しているかもしれません。




抵抗や、悪いと判断していることに気づいたら、

自分が抵抗していることに気づき、

そのうえで、そのときに感じている感情を

純粋なエネルギーとして感じるようにします。




この観察を続ける目的は、

これによって、それまではいい/悪いと判断していた感情にも、

いいものも悪いものもなかったことに気づきたいためです。


(これに関しては、また別の記事でお伝えしたいと思います。

 「この感情はいい」、「この感情は悪い」ということ自体、

 ただ教えられてきただけの思考による判断にすぎないからです)




ところが、抑圧してきた感情の場合は、

感情には、エネルギーがありますので、

そのエネルギーの強さによっては、

そこからはなれるのに時間を要する場合があります。




エネルギーの強さが増している理由は、

抑圧してきた期間や量によって、

その感情のエネルギーの滞積量が増大しているためです。




私の場合は、長年抑圧していた感情を感じきるのに、

半年近くの時間を要しました。




先にお話しましたように、

感情を感じることで、私たちが経験したいことは、

感情には、いいものも悪いものもない、

ということを体験的にわかっていきたい、ということです。




前回の記事において私は、

無意識の傾向が高いと、

それ以前の人生で学んできたことのデータによる判断によって

無意識に振り回されることになると、お伝えしました。




感情を純粋に感じることができない理由は、

無意識の思考のなかに、

よい感情と悪い感情をふりわけるデータが蓄積されているからです。




悪い感情という判断がおこなわれると、

私たちは自分が悪い気分であることを信じたり、

逆にそれに抵抗したり、

また自分が悪い気分であることを信じたまま、

さらにそれに抵抗したりします。




悪い気分と信じることや、このときに起こる抵抗が、

苦悩として体験されます。




思考によるストーリーや抵抗と、

感情が結びつくことによって、

苦悩として感じられることになります。




これが苦悩の原因です。




抵抗せず、起こった感情の純粋なエネルギーを感じると、感じきると、

体験することが変化します。




個人差はありますが、私たちはそれぞれ、

過去の人生において悪いと判断した感情を抑圧している可能性があります。




抑圧された感情は、体のなかに滞留し、蓄積されていきます。

これには許容量があり、限度域に近づくほどに

その人の感じる苦悩度が増します。




ここで私の語ったこと、

「感情とは悪いものではなく、ただ感じられるために起こっている」

が正しいとすれば、これが起こることは当然のことだといえることが

わかっていただけると思います。




そのようなときには、私たちは、

それに向き合わざるをえなくなるような体験をします。




ある種の感情を悪いものであると信じている以上、それを恐れ、

私たちはそれを避けようとするわけですが、そこには解決策はありません。




あきらめてそれに向き合い、

その滞留していたエネルギーが体から解放されると、

私たちは、感情にはよいものも、悪いものもないということをじっさいに体験します。




向き合い、感情を感じるときの注意点ですが、

思考をひきはなすことです。




思考のストーリーと感情が結びつくことで、出口はなくなります。

思考を信じることで、「悪い感情におそわれている」というストーリーが

真実として感じられることになる、という表現でわかっていただけるでしょうか。




思考をひきはなし(その感情に対する思考、ストーリーには意識を向けずに)、

そのいいも悪いもない「純粋な感情的エネルギーを感じる」という具合です。





起こる感情には、いいも悪いもなく、

ただ感じるだけでいいということがわかってくると、

起こる感情に抵抗する必要はなく、

ただ起こるがままに感じることができるようになります。




こうして過去の抑圧していた「純粋な感情的エネルギー」を感じきると、

そのあとは、過去のものではなく、瞬間瞬間に起こる感情だけに

対処していけばいいことになります。




そのときには「気づいている意識のまま」時間を要しなくなっていると思います。




現時点では、

「感情が小さくなるのに時間がかかってはいけない」

といっているのも思考であることに気づき、

起こる感情の純粋なエネルギーを、

いい/悪いをいわずに、ただ感じることを試してみてください。




いままでは悪いといっていた感情を感じているときに、

「本当は何も悪いものでもなかったのだ」と気づきはじめることで、

大きな変化を体験されるのではないかと思います。




このことをとてもわかりやすく、かつ体験に結びつきやすく伝えている本が

以前にもご紹介した

ロバート・シャインフェルド著

なにが起こっても、「絶対幸せ」でいる法』です。

感情に苦しめられている方はご参照されることをおすすめします。




*Information*




*各種イベント開催いたします!




◆「やまがみてるお サットサンin大阪」


・大阪市内:2014年3月 7日(金)19:00~21:00(受付開始 18:45~)

・参加費:3,000円(お申し込み後、お振込み)

・お申し込みは こちら

・サットサン詳細は こちら




◆「やまがみてるお トークライブin福岡」


・福岡市内:2014年3月14日(金)19:00~21:00

・参加費:3,000円(お申し込み後、お振込み)

・お申し込みは こちら



 
◆「1Dayワークショップ『さとり意識発見in福岡』


・福岡市内:2014年3月15日(土)10:00~16:30

・参加費:20,000円(お申し込み後、お振込み)

・お申し込みは こちら




◆「1Dayワークショップ『さとり意識発見in大阪』

 
・大阪市内:2014年3月29日(土)10:00~16:30

・参加費:20,000円(お申し込み後、お振込み)

・お申し込みは こちら




◆「2Daysワークショップ『さとり意識定着in東京』


・東京都区内:2014年4月19日(土)~20日(日)10:00~17:00

・参加費:35,000円(お申し込み後、お振込み)

・お申し込みは こちら



*1Dayワークショップ&2Daysワークショップ詳細は こちら




*ご訪問、ありがとうございました。

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村


*また、スピリチュアルなテーマに興味のありそうなお友だちや、

 「引き寄せの法則」のさらに先(悟り)に

 興味がありそうなお友だちがいたら、ぜひ教えてあげてね!



私たちは「気づいている意識」によって、何を経験したいのか? (1/2)「思考観察」をすると思考は消える

02-07(金)13時42分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




悟りとは、無意識の(思考の)抵抗がなく、

あるがままにゆだねている状態のことです。

すべては、あるがままであることがわかっており、

それに抵抗のない状態のことをいいます。




ところが、これを思考と感情の反応が妨害します。




この妨害があるかぎり、あるがままにゆだねることはできません。




そこで私は、「思考観察」と「感情の解放」

の必要性をお伝えしています。




つまり悟りには、三つの方向からのアプローチ方法があります。

(1)思考観察

(2)感情の解放

(3)あるがままにゆだねる




これを私は、

「悟りへの三つのアプローチ」と呼んでいます。




「思考観察」と「感情の解放」に関して、

ご質問をいただきましたので、お答えします。

(今回は、思考観察について)




*****




思考に気づいている意識に気づくというのが、私の場合




思考に意識を向けると思考が消える→

これを繰り返す→

思考があったところにだんだん空間、広がりがはっきり感じられる→

そこに意識を置き続ける




というものなのですがどうなのでしょう。

ぜひアドバイス欲しいです。




*****




いつもお伝えしていますように、その状態が、ノーマインドです(※)。




私たちは、通常、

以下の二つの意識状態のあいだを

無意識にいったりきたりする経験をしています。




「意識的状態」←→「無意識状態」です。




現代は、一般的にはほとんどの人が、

目覚めている時間のほとんどの時間を、

「無意識状態」で生きている傾向にあります。




無意識の傾向が高いと、

それ以前の人生で学んできたことのデータによる判断によって

(そのデータが真実であってもなくても、そして、

 ほとんどの場合、真実ではありません。

 これが、無意識の思考です)

無意識に振り回されることになります。




いま、目のまえにあるパソコンの画面を見ていることを

意識してみてください。




いま、自分が目のまえのパソコンの場面を見ていることに「気づきました」。




意識を向けるまえにも、気づいていたとしたら、

意識性の高い人ということになります。




意識を向けるまで、意識されていなかっとしたら、

それまでは、無意識の傾向が高かった、ということになります。




さきほど、私は、

無意識の傾向が高いと、

それ以前の人生で学んできたことのデータによる判断によって

無意識に振り回されることになることを指摘しました。




いまの自分の状況に意識を向けるだけでも、

意識性は高まりますが、

「思考観察」をする理由は、

「無意識の思考」に気づくことで

「無意識の思考」による乗っ取りから、

はなれることができるようになるからです。




質問者さんの

「思考に意識を向けると思考が消える」という体験が起こる理由は、

それが、私たち人間のもともともっている能力だからです。




しっかりと意識をすると、私たちは、それだけで「ノーマインド」

つまり、悟りの意識状態になります。




ですから、体験が必要なのです。

(ところが、私たちは思考の語ることの方を

 信じます〔信じたい〕ので、この状態を評価しません)




「意識を向けることで消える思考」が真実でありえるでしょうか?




では、真実は、何―もしくは、

「思考」と「それに気づいている存在、意識、自分」のどちら―

でしょうか?




少なくとも、

消えた思考のあとに残ったものの方が、

真実性が高いといえることがわかっていただけるのではないかと思います。




このように、

私が「思考観察」をおすすめしている理由は、

これによって、自分の意思で容易に「ノーマインド」になることができることを

経験的に学んでいただくためです。




この経験をくり返していくことで、

意識を向けると消え去るものに、振り回されることの無益さを、

体験的に理解できるからです。




ですから、これに慣れ親しむために、

日常生活中に、つねに「思考観察」をしていただき、

思考に気づく習慣を身につけていきたい、ということになります。




ノーマインドの状態は、あまりにもあたりまえの意識状態であるために、

それを認められなかったり、認めたくない欲求のために、

退けられる傾向があります。




このためにまた悟りは遠のくわけです。




アジズ・クリストフ(アナディ)は、

目覚めている時間のおよそ70パーセントがノーマインドの意識状態に

占められるようになると、その状態が定着し、それが悟り(気づきの悟り)であると

語っています。

アジズとの対話―魂の覚醒を求めて




質問者さんの「そこに意識を置き続け」ている状態が、

目覚めている時間のおよそ70パーセントを

占めるようになったらという意味です。




私はそれを、習慣の転換にすぎないとお話しています。




「ノーマインド」については、以下の過去記事をご参照ください。

「(8)悟りの「直接体験」の伝達を試みてみましょう」

「『ノーマインド』の体験」

「『体験の主体』は、ことばを発したのが自分自身でありながら、 発せられたことばを、第三者的にも気づくことができる」

「『体験している自分』を取り戻す (1/2)『忘れてもオッケー! でも、思いだす!』」

「『体験している自分』を取り戻す (2/2)『ずっと』は『いまここ』の積み重ね」

「思考に気づいているとき、私たちは思考からはなれている」




(※)自我は悟りに抵抗します。
 
   悟りによって、自分が幻想に過ぎないことが

   ばれてしまうことがわかっているからです。

   そうすると、もう宿主をコントロールすることができません。

   コントロール欲求のあるところには、自我があります。

   思考と同一化しているということです。

   『はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね』にて、お願いしていますように、

   最低でも、通し番号を入れてある過去記事はすべてお読みのうえ、

   新しい記事を読んでいただけますよう、お願いします。

  (通し番号のついている記事は、91番まであります。

   ワークショップなどにご参加を検討いただけている方は、

   それに合わせて、著書もお読みのうえご参加いただけました方が、

   より深い理解(体験)へとご招待できるのではないか思っています。

   「いまここ」にさとりを選択する生きかた―21世紀のさとり読本 (覚醒ブックス)

   悟りは「人生で最大のチャレンジ」といっても

   いいすぎではないと私は感じてます。

   最大のチャレンジのための貴重な機会を、

   最大限に生かしていこうではありませんか!)

   一つの小さな記事だけを読むと、自我が悟りを妨害するために、

   自我を維持するために役に立つ意味へと翻訳して解釈し、

   より悟りを妨害しかねません。

  (いまでは私は、この妨害でさえも、

   それぞれにとっての必要な体験であると感じているのではありますが・・・)

   たとえば、「本当にやりたいことをすると、勝手にうまくいく」のは、

   思考のいう「本当にやりたいこと」がうそであることが見破れる感覚が

   内側にできているからです。


   願望実現に関しては、以下の記事をご参照ください。

   「(62)「なりたいもの」ではなく、
    ほんとうに「やりたいこと」に焦点をあてることがポイントです」


   「悟りのあと、どうして願望が実現化するようになるのか?」




*Information*




*各種イベント開催いたします!




◆「やまがみてるお サットサンin大阪」


・大阪市内:2014年3月 7日(金)19:00~21:00(受付開始 18:45~)

・参加費:3,000円(お申し込み後、お振込み)

・お申し込みは こちら

・サットサン詳細は こちら




◆「やまがみてるお トークライブin福岡」


・福岡市内:2014年3月14日(金)19:00~21:00

・参加費:3,000円(お申し込み後、お振込み)

・お申し込みは こちら



 
◆「1Dayワークショップ『さとり意識発見in福岡』


・福岡市内:2014年3月15日(土)10:00~16:30

・参加費:20,000円(お申し込み後、お振込み)

・お申し込みは こちら




◆「1Dayワークショップ『さとり意識発見in大阪』

 
・大阪市内:2014年3月29日(土)10:00~16:30

・参加費:20,000円(お申し込み後、お振込み)

・お申し込みは こちら




◆「2Daysワークショップ『さとり意識定着in東京』


・東京都区内:2014年4月19日(土)~20日(日)10:00~17:00

・参加費:35,000円(お申し込み後、お振込み)

・お申し込みは こちら



*1Dayワークショップ&2Daysワークショップ詳細は こちら




*ご訪問、ありがとうございました。

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村


*また、スピリチュアルなテーマに興味のありそうなお友だちや、

 「引き寄せの法則」のさらに先(悟り)に

 興味がありそうなお友だちがいたら、ぜひ教えてあげてね!



「いまここ」で、自分の意識が、かかわっていることに意識を向け、さらに、それに気づいているものに意識を向ける

05-21(火)09時50分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




そのとき、その瞬間に、

自分の意識が、かかわっていることに意識を向け、

さらに、それに気づいているものに意識を向けてみましょう。




そのとき、その瞬間に、自分がやっていることに、意識を向け、

それをやっている意識の視点で、

やっていることに意識を向けます。




これを意識する目的は、

「いまここ」で、自分のやっていることに、意識を向けて、

自分がそれをやっていることに気づきながら、

思考に意識を占有されないようにするためです。




無意識のときの私たちは、

そのとき、その瞬間に、

自分の意識が、かかわっていることには、意識を向けずに、

これをおこない、かつ意識は、頭のなかの思考の内容のことも、

同時に考えていることがある、ということです。




(1)「いまここ」で、自分のやっていることに、意識を向けて、

   自分がそれをやっていることに気づいている状態

(2)そのとき、その瞬間に、自分の意識が、かかわっていることには、

   意識を向けておらず、このため頭のなかでは、ひとりごとに

   巻き込まれえる(もしくは巻き込まれて意識が見失われている)状態




この二つの違いを意識してください。




自分が行動をしているときは、

おもに、このどちらの状態なのかを、観察してみてください。




そのときの行動と、頭のなかの思考の内容のことを考える比率が、

その人の、無意識の度合いになります。




そのとき、その瞬間の行動に、どれくらい集中していますか。




おおよそのパーセントで考えてみましょう。




行動30%:思考70%?  

これでは、思考寄りですね。




行動50%:思考50%?  

まだまだ、思考に意識をとられているのではないでしょうか。




行動70%:思考30%?

もう少し思考偏重が減少したら、もっと楽になれるかもしれません。




行動90%:思考10%

これくらいにまでなれば、ほぼその人の、

そのときに、かかわっていることに対してもっている能力の

真の力が、ほぼ発揮されているといっていいでしょう。




思考に意識をとられることで、私たちは、

無駄なエネルギーと、その人本来の能力を

浪費していることになります。




無意識に、思考に傾けていた意識を、

その瞬間の行動のために活用することができるようになっていくと、

受けとる結果に、変化が起こりはじめるでしょう。




*Information*


*『「さとり意識」発見ワークショップ』を開催いたします。

「意識化している自分」という定点を見つけることに重点をおいた、

 ワーク中心のワークショップになります。


◆2013年5月26日、東京にて 詳細は、こちら




*『「いまここ」にさとりを選択する生きかた』ナチュラルスピリット刊、好評発売中!






*ワンクリック、応援おねがいします。

 みんなで世界観を転換しましょう♪

精神世界ランキング  にほんブログ村


TOP次のページ>>

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。