誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


目覚めのあと、エゴ消滅のプロセスがはじまる (byアジャシャンティ)

01-03(日)00時00分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




思考観察によって、思考のうそから目覚めると、

最初のうちは、思考からはなれることができただけで、

楽になりました。




「生きるか死ぬか」の覚悟で思考観察をしたことで、

「思考からはなれた意識」を発見することができ、

それを続けることで、その意識状態であれる時間と回数が、

しだいに増えていきました。




そうして徹底的な思考観察を続けた結果、

ある日、朝目覚めた瞬間から、眠りにつくまで、

その意識状態であることに、気づきました。




この状態が私の場合は、三年近く続きました。




ところがその後、違う体験がはじまります。




それこそが、私の

「私物語の虚偽からの完全な目覚め」に、

必要不可欠な体験でした。




*ご訪問、ありがとうございました。

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村
スポンサーサイト


見たくない思考に向き合う

01-02(土)00時00分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




悟りは、直接的アプローチによって

伝達することができます。




ただし、これには、

前回の記事にてお話ししましたように、

一時期の、徹底的な思考観察が必要です。




一時期、徹底的に思考観察をすると、

「思考からはなれた意識」

「気づいている意識」

「体験の主体」

を発見することができるでしょう。

(ノウハウは、著書やこのブログのなかで

すべて開示していますので、そちらをご参照ください。

ワークショップ、三ヶ月サポートコースなどが

必要だと感じられる方は、そちらをご利用ください。

私自身は、これは一人でもできるものだと考えていますが、

それには、「生きるか死ぬか」くらいの覚悟は必要かもしれません。

この覚悟や、一定期間徹底的に向き合うことへのサポートを

必要とされる方向けのコースをご用意してあります)




「思考からはなれた意識」

「気づいている意識」

「体験の主体」

が発見されると、

思考のうそに気づけるようになります。




思考のうそからの目覚めは、

より簡単に見抜けるものから、

より見抜きたくないものへと進んでいきます。




心の奥深くには、

見たくない思考が、ゴロゴロとしているのです!(笑)




こんなことも知らずに

うつから逃れたい一心で私は、

自分の思考のうそから目覚めるという

途中では引き返せない旅を、

気づけば、はじめてしまっていました。




*ご訪問、ありがとうございました。

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村


*また、スピリチュアルなテーマに興味のありそうなお友だちや、

 「引き寄せの法則」のさらに先(悟り)に

 興味がありそうなお友だちがいたら、ぜひ教えてあげてね!


新年 明けましておめでとうございます♪

01-01(金)00時00分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




新年、明けましておめでとうございます!




本年も、どうぞよろしくお願いいたします。




*****




私は、

うつがひどかったとき、

その苦しみから逃れたい一心で、

思考観察をはじめました。




思考は真実ではないために、

思考の語る内容と真実との相違が、

苦しみをもたらします。




私たちは、

そもそも分離して存在していませんので、

本当は死にません。




私は人間である、

私は「この自分」であるという思考盲信が、

死を空想して、苦しみます。




思考との同一化のなかで、

観察しても、思考からはなれることはできません。




思考観察によって、

思考からはなれられたとき、

私の呼ぶ

「気づいている意識」

「体験の主体」が発見されます。




最初は、「思考からはなれた意識」に気づくことは、

なかなか、むずかしいことかもしれません。




多くの人は、ここであきらめていきます。




ワークショップなどで、

私がお伝えするときに注意していることは、

一時期 「徹底的に思考観察をすること」です。




私自身、

思考観察をはじめたときは、

うつがひどくて、いつも自殺のことばかり考えていましたので、

どうせ うつで自殺するならと、

「生きるか、死ぬか」の覚悟で思考観察をしました。




思考観察をしても、

「気づいている意識」

「体験の主体」が発見できない場合は、

徹底的度が不足しているのかもしれません。




私自身は、これは、

一時期真剣にやれば、

誰にでも発見できるものだと信じています。




「思考からはなれた意識」が発見されると、

人によっては、

盲信している思考の大掃除がはじまります。




これが、エゴ消滅のプロセスです。




*****




2016年が、すばらしい一年になりますように!




*ご訪問、ありがとうございました。

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村


*また、スピリチュアルなテーマに興味のありそうなお友だちや、

 「引き寄せの法則」のさらに先(悟り)に

 興味がありそうなお友だちがいたら、ぜひ教えてあげてね!


感情解放の目的は「体の中に抑圧している感情エネルギーを『解放する』」だけではない

10-30(金)15時17分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




最近よくご質問をいただきます、

感情解放について、

スピリチュアルTV」にてお話ししました。

興味のある方は、ぜひ見てください。







*****




動画の中でもお話ししていますが、感情解放の目的は

「体の中に抑圧している感情エネルギーを『解放する』」だけではありません。




感情解放の目的は、

感情の抑圧の原因になっている、

「ストーリーのうそから目覚める」ことにあります。




感情解放によって、

「体の中に抑圧してきたことによって『たまっているエネルギーを解放』し、

その上で、(個別の自分を守ろうとする物語

〔過去の教育によって内面化した、

人生の先輩たちから学んだことからできた声の集大成〕が、

うそだったと見抜く」ことにあります。




抑圧した感情のある人の場合は、

「体の中に抑圧してきたことによって『たまっている感情エネルギー』」を、

感情解放によってある程度解放した「あと」、はじめて

「うそのストーリー」に気づけるようになります。




それ以前は、「『うそのストーリー』の無意識の盲信が起こっているがゆえに、

『感情の抑圧』が起り、こうして起こっている『感情の抑圧』

(無視しようとしても感じている)が、「ある」ために、

『うそのストーリー』と同一化した体(個人)が

実体として存在しているかのような錯覚を、可能にしているからです。




それは次のようにして起こっています。




「『うそのストーリー』
(「私がいる」「私とは『○○』である」「私は○○ねばならない」)
の盲信(無意識の盲信)」
 ↓
「ストーリーの盲信ゆえに、悪い感情があるという錯覚が起こる」
(ストーリーの盲信ゆえに、感情が、いい感情と悪い感情に錯覚される)
 ↓
「悪いと判断した感情の抑圧」(幻想の完成)
 ↓
「無意識の無視」(幻想の維持)
 ↓
「悪いと判断した感情の抑圧」が起こり、
それの無視(しようとする動き)が起こることで、
それが存在している(悪い感情がある)という錯覚が強化される。
 ↓
「『うそのストーリー』の無意識の盲信」の無限ループへ




ここから目覚めるに、

私の場合は、以下のプロセスが起こりました。

(わかりやすくするために、もう一度盲信の形成から語っています)




「『うそのストーリー』
(「私がいる」「私とは『○○』である」「私は○○ねばならない」)
の盲信(無意識の盲信)」
 ↓
「ストーリーの盲信ゆえに、悪い感情があるという錯覚が起こる」
(ストーリーの盲信ゆえに、感情が、いい感情と悪い感情に錯覚される)
 ↓
「悪いと判断した感情の抑圧」(幻想の完成)
 ↓
「無意識の無視」(幻想の維持)
 ↓
「『うそのストーリー』盲信ゆえに起こる
『嫌だと判断された感情』が、
無視しようとしても、どこかで感じられている
(もともと、常にあり、悪いものではないため)」
 ↓
「無視しようとしても、どこかに感じている
抑圧している感情に意識を向けて、
アクセスする覚悟を決めて、
自分からそこ(抑圧している感情)に入っていくと、
アクセスできるようになる」
 ↓
「抑圧している感情に
アクセスできるようになることによって、
体の中に抑圧してきたことによって
『たまっているエネルギーの解放』が起こる」
(動画の中でお話しした、
感情の中への突入。
私の場合は、怒り→恐怖→自虐思考への突入)
 ↓
「体の中に抑圧してきたことによって
『たまっているエネルギー」の(ある程度の)解放が起こると、
その原因(個別の自分を守ろうとする物語
〔いま自分を支配している
「過去の教育によって内面化した、
人生の先輩たちの声」〕が、
うそだったと見抜くことができるようになる。
 ↓
「いま自分を支配している
『過去の教育によって内面化した、
人生の先輩たちの声』」によってできた
「『私とは○○である』『私は○○ねばならない』などの盲信が
うそだったと『気づき続ける』(意識を向け続ける)」
(個別の自分をつくりだし、
それを維持し続けようとする「プログラム」には
「慣性の力〔ほうっておけば、それをさらに強めようとし続け、
けっして自然には止まってくれない力〕が働いているため。
少なくとも、私の場合はそうだった)
 ↓
「自分を支配している『過去の教育によって内面化した、
人生の先輩たちの声』」によってできた
「『私がいる』『私とは○○』『私は○○ねばならない』などの盲信」が
うそだったと「気づき続ける」、「意識を向け続ける」ことによって、
やがて、それがすべてうそだったわかる。




*****




感情解放は、私にとって、過酷なチャレンジでした。




このような体験が、

これ以降誰にも起こらないですむのであれば、

私はそれを願います。




けれども、私たちの思惑とは関係なく、

あるがままの出来事は、

私たちをそれぞれに必要な場所へと導きます。

(導いてくださいます)




この記事の最後に、

このチャレンジに導かれた方に次のことばを贈ります。




このチャレンジの真っ最中の私には、

この苦しみの意味がいっさい見えず、

自分の人生と運命のすべてを呪ってやりたいとさえ、

感じていました。




「弱い私」は何度も、

この苦しみ(チャレンジ)から逃れよう(「自殺しよう」)と考えました。




私の場合に、救いだったのは、

いまから考えると意味がわからないのですが、

私には、自殺は「自殺以上に恐ろしいこと」に感じられ

この「弱さ」ゆえに、この一歩を踏み出すことが躊躇され続けたことです。

(これが、私を救ってくれていたのかもしれませんね)




私には、このチャレンジに、

向き合う(この謎を解明する)以外にありませんでした。




その後、長い期間 (2年半) 

何度もあきらめようとしながらも、

向き合おうとしました。




これも、動画の中で語った

「正反対の動き」であることに気づいていただけるでしょうか。




私たちの中には、

常に「真実に気づいている存在」があります。




同時に、「『真実を避けたがっている存在』もある」ということです。




このチャレンジを感単にいうと、

「『真実を選び続ける』チャレンジ、あるいは試練」だともいえます。




このプロセスは、「自分の中の真実を知っている存在」を発見し、

これとともに生きることを学ぶまで(覚悟を決めるまで)、続くのです。




私の場合は、このプロセス(悟りへのプロセス)は、

「逃避をゆるしてくれません」でした。




たとえ、「人生からの逃避の目的」でそれがはじまったとしても、

悟りは、「人生に向き合うこと」

(真実に向き合うこと、

悪いといって分類していただけで、

もともとは何も悪くはない感情、

そしてこれがわかることによって、

あるがままの世界がそのままですばらしいものであることに気づくことに

向き合うこと)へと反転したときに、その目的を果たします。




「逃避」→「反転」→「向き合う」―。

こららの言葉で、

人生の意味がしだいに理解していただけるようになるのではないかと思います。




この過酷なチャレンジの真っ最中の私には、

まったく理解できなかったことではありますが、

このチャレンジ、このプロセス

(逃避から反転し、向き合うこと)によって

得ることができたもの

(逃避から反転し、「向き合う」を学べたこと)は、

人生最大の贈り物だったと感じています。




いまこの過酷なチャレンジの真っ最中にある人の幸運をお祈りします。




「『向き合うことからの逃避』が手ばなされますように!




*Information*




◆悟りアカデミー主催「悟りサポート3ヶ月コース」1期、11月14日スタート!




・参加代金 1期特別価格25万円〔+税〕 (通常価格35万円〔+税〕)

・9月末日お申し込み分まで、早期割引 22万円〔+税〕

0期の体験の再現性(高い確率での伝達性)の確認の目的を含んでいるため、
1期特別価格にて、ご提供させていただきます。

・定員 15名 (予定・先着順)

・詳細は こちら

・お申し込みは こちら




◆やまがみてるお&えみ 覚醒トークライブ




*やまがみてるお&えみ 覚醒トークライブ

・日時 2015年11月28日(土)、14時~16時30分 (受付開始13時30分)

・参加代金 5,000円


*やまがみてるお&えみ 覚醒ワークショップ

・日時 2015年11月29日(日)、10時~17時 (受付開始9時45分)

・参加代金 20,000円


*両日参加者様特典、
 28日トークライブ後、懇親会ご招待 (ご自身の飲食代金のご負担をお願いいたします)

*懇親会会場は、開催会議室下1階レストラン個室に決定しました。(ご飲食代金お一人4500円)

 参加者様には、開催日までに、順次メールにてご連絡いたします。

・場所 東京都目黒区

 東急田園都市線「池尻大橋駅」徒歩3分

 (詳細はお申し込みいただいた方にご連絡いたします)

・詳細は こちら

・お申し込みは こちら




*ご訪問、ありがとうございました。

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村


*また、スピリチュアルなテーマに興味のありそうなお友だちや、

 「引き寄せの法則」のさらに先(悟り)に

 興味がありそうなお友だちがいたら、ぜひ教えてあげてね!


自我が「何もしなくてもいいと、拡大解釈できる教え」を好む理由(5/10)「学習性絶望感理論」って?(2/5)通常の「学習」が起こるとき

10-15(木)09時17分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




マーティン・E・P・セリグマンと他二人の研究者による、

イヌに対して行われた実験をご紹介します。




科学的発見の多くがそうであるように、

学習性絶望感が発見されるのも、偶然によります。




最初、セリグマンらが行っていた実験は、

以下のようなものでした。

(ただし、これは著書の文章を読んで、私が理解したものであるため、

実際の実験の状況とは、多少違う可能性があることを、お断りしておきます。

文章からの理解ですので、多少の誤解も予想されるためです)




二つの部屋があり、

部屋と部屋の間には、

実験に使ったイヌが、

かろうじて飛びこえることができるくらいの高さの

仕切りがあります。

(仕切りは、取り外して、自由に行き来できるようにすることもできます)




一方の部屋は、研究者の意図によって、

イヌにある程度の痛みを感じる電撃(電気ショック)を

与えることができる仕組みになっています。

(おそらく、床に電気を流す仕組みだと思います)




電撃を流すまえに、音による信号を発信することもできます。




音のあとに、電撃に合うことで、

イヌは音のサインに対して、

どのような学習を行うか、実験できる仕組みです。




たとえば、電気による痛みを弱めるために身構えるとか、

それから逃れるために、どこかに逃げるとか、が予想されます。




電撃を流すことのできる部屋にイヌを入れて、

音のあとに、電撃を流します。




イヌは電撃に抵抗して、暴れたり、

電撃から逃れるために、

走ったり、飛んだりと、さまざまな方法を試みます。




あるとき、

隣の安全な部屋との間の仕切りを飛び越えて、

電撃のない部屋に逃れると、

イヌは、電撃から解放されます。




同じ実験をくり返すと、

最初のうちはぎこちないものの、

回を増すうちに、より回避がうまくなっていくといいます。




セリグマンは、次のように語っています。




50試行目ぐらいになると、

イヌは平然と仕切りの前に立つようになる。

電撃の開始を合図する信号が始まると、

おもむろに仕切りを飛び越えてしまい、

電撃を受けることがまったくなくなる。

(『うつ病の行動学』 21ページ参照)






これを、「回避箱実験」と呼ぶことにしましょう。




「音→電撃」を学び、

隣の部屋に仕切りを飛び越えて移動し、

電撃を回避することを学ぶと、そのイヌは、

音とともに、隣の部屋に回避することを学びます。




これが通常の「学習」です。




では、これに対して、

「学習性絶望感」が学習されるとは、

どういうことか、です。




*Information*




◆小豆島リトリート




・主催:地球ひろし、やまがみてるお

・ゲスト講師:・坂本範子さん

・日程 11月1日(日)、2日(月)、3日(火・祝) 2泊3日

・場所 小豆島国際ホテル http://www.shodoshima-kh.jp/

・アクセス http://www.shodoshima-kh.jp/access/

・参加代金:12万円(税別) 〔早期割引あり 10万円[税別] (9月23日まで) 〕

  [2泊3日宿泊代、朝2回夕食2回代金含む]

 〔1部屋4人、男女別相部屋、オーシャンビューのお部屋、夕食は、小豆島会席です]

・定員 18名 (最低催行人数10名)

・締め切り 10月18日

・詳細は こちら

・お申し込みは こちら




◆悟りアカデミー主催「悟りサポート3ヶ月コース」1期、11月14日スタート!




・参加代金 1期特別価格25万円〔+税〕 (通常価格35万円〔+税〕)

・9月末日お申し込み分まで、早期割引 22万円〔+税〕

0期の体験の再現性(高い確率での伝達性)の確認の目的を含んでいるため、
1期特別価格にて、ご提供させていただきます。

・定員 15名 (予定・先着順)

・詳細は こちら

・お申し込みは こちら




◆やまがみてるお&えみ 覚醒トークライブ




*やまがみてるお&えみ 覚醒トークライブ

・日時 2015年11月28日(土)、14時~16時30分 (受付開始13時30分)

・参加代金 5,000円


*やまがみてるお&えみ 覚醒ワークショップ

・日時 2015年11月29日(日)、10時~17時 (受付開始9時45分)

・参加代金 20,000円


*両日参加者様特典、
 28日トークライブ後、懇親会ご招待 (ご自身の飲食代金のご負担をお願いいたします)

*懇親会ご招待はご好評につき、定員になりましたので、
 お申し込み受け付けを終了させていただきました。
 お申し込み、ありがとうございました。
 キャンセル待ちのご希望のみ受け付け中!


・場所 東京都目黒区

 東急田園都市線「池尻大橋駅」徒歩3分

 (詳細はお申し込みいただいた方にご連絡いたします)

・詳細は こちら

・お申し込みは こちら




*ご訪問、ありがとうございました。

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村


*また、スピリチュアルなテーマに興味のありそうなお友だちや、

 「引き寄せの法則」のさらに先(悟り)に

 興味がありそうなお友だちがいたら、ぜひ教えてあげてね!


TOP次のページ>>

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。