誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


願望実現、引き寄せ行為、スピリチュアルな探求が、さとりを疎外する

04-14(火)10時26分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




願望実現や引き寄せの法則などは、

たしかに魅力的な話だと思います。




私も、夢中に探求した時期があります。




けれども、この行為自体が、現状拒絶になります。




現状とは、現状のことだから、現状しかないというのに!




拒絶することのできるような人生の体験

―拒絶することのできるような、

瞬間瞬間の「いまこの瞬間」―など、存在しません。




私たちに「実現させたり」、

「引き寄せたり」することのできるような現実など、

じつは存在しません。




さとりとは、自分の盲信している「現状拒絶」が、

うそだと見抜くこと、気づくことです。




人生で深く考えることもなく求めてきたことから、

願望実現、引き寄せの法則などや、

スピリチュアルな探求も、悟りへの道も、

すべて「現状拒絶」であり、

私たちを悟りから遠ざけます。




その対象がなんであれ。




物質追求から恋愛の成就も、

願望実現も、スピリチュアルな探求も、

すべてはなにかを「求める行為」であって、

現状拒絶です。




悟りとは、自分のなかに、

そうやって「唯一『あるもの』」から目をそらさせようとしている

微妙な「働き」あるいは「活動」が、

うそだったと、私たち自身が気づくことです。




*Information*




◆やまがみてるお×地球ひろし トークライブ in 琵琶湖

滋賀県、京阪電鉄「浜大津駅」、JR東海道線「大津駅」近くの会場

(お申し込みいただいた方に、ご連絡いたします)

日時 2015年4月19日(日) 14:00~16:30 (受付開始13:30~)

(終了後、懇親会の予定あり。ご自身のご飲食代金をお願いします)

参加代金 5000円  (定員あり 15名)

詳細は こちら

お申し込みは、こちら  (アースヒーリングHP告知ページ内)




◆第9回「やまがみてるおサットサンin大阪」

場所:大阪市内(お申し込みいただいた方に、ご連絡いたします)

日時:第9回、2015年5月 15日(金)19:00~21:00(受付開始 18:45~)

参加費:3000円

第9回(2015年5月15日開催)お申し込みは こちら




◆2Daysワークショップ「『目覚めの一瞥』から『自我消滅のプロセス』へ」 in 東京

東京都新宿区高田馬場 スペースジー

日時 2015年 6月 6・7日(土・日) 10:00~17:00 (受付開始 9:45~)

参加費:36,000円 (お申し込み後、お振り込みをお願いします)

詳細は こちら

お申し込みは こちら




◆2Daysワークショップ「さとり意識定着」 in 大阪

大阪市内(お申し込みいただいた方に、ご連絡いたします)

日時:2015年7月4日(土)~5日(日)、

     10:00~16:30(受付開始 9:45~)

参加費:36000円(2日コース)

お申し込みは こちら




*ご訪問、ありがとうございました。

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村


*また、スピリチュアルなテーマに興味のありそうなお友だちや、

 「引き寄せの法則」のさらに先(悟り)に

 興味がありそうなお友だちがいたら、ぜひ教えてあげてね!
スポンサーサイト


「ビジネス系の人が嫌う傾向にあること」と「スピリチュアル系の人が嫌う傾向にあること」

11-28(金)09時59分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




「生きる」とは、「いまこの瞬間」の要求に向き合うこと、

応えていくことだと学びました(※)




けれども、私たちは、このような

『「いまこの瞬間」の要求に応える』というような概念に、

拒絶感を感じる傾向があるのではないかと、私は感じています。




この理由が、星 飛雄馬(ほし ひゅうま)的な努力(強制)では、

真の意味で価値のあるものは(あるいは、より価値の高いものは)

生み出されない、と気づいているからではないかと思います。




これには私も同感です。




けれども、現代の私たちはこれを嫌うあまりに、

ただほうっておくだけで実現しうる可能性

イチロー選手的、自己の当然の能力の活用)さえも

いっしょに捨て去っている可能性がある、

というのが、私の意見です。




それが、「いまこの瞬間」の要求に応えることの連続によって

到達しえる地平です。




このなかに入ると、努力のない努力が、

私たちを誘引していくようになります。




このとき、私たちは、

本来の、「創造主のしもべ」の役割に戻ります。




私たちのなかには、二つの対立する傾向があると私は感じています。




スピリチュアルな傾向(「Be感覚」優勢の感覚)と、

ビジネス的な傾向(人生を活動と認識している傾向。「Do感覚」優勢の感覚)です。




それぞれ、どちらか一方しかもっていないわけではなく、

人生の時期によって、どちらの傾向が強く働いているかの問題です。




当然のことながら、

生きることは、両方のバランスを必要としています。




私自身は、私たちは、「Be感覚」をベースとして必要とし、

そのうえで、「Do感覚」を謳歌しているように感じています。




ですから、私がお伝えしていることは、

「Be感覚」を主体にして生きる方法といえるでしょう。




けれども、「Be感覚」のみを生きるために、

私たちは生きているのではありません。




「Be感覚」は静の感覚、

つまり、そこには生は含まれていないからです。




つまり、生(動、活動)が必要ないとしたら、

誕生はなかったことになります。




生まれてきたということが、

私たちが動の存在で(も)ある証拠です。




この世界に生まれてきたことが、

動を要求している証拠といえます。




けれども、スピリチュアルを探求しておられる方のなかには、Beを追求するあまり、

Doを拒絶、無視、抵抗する傾向のある方もいらっしゃるということがわかってきました。




その一方で、ビジネス系から人生を追求されておられる方は、この逆で、

Doを追求するあまり、Beを拒絶、無視、抵抗する傾向があるということがわかってきました。




もしもそのような傾向があるとしたら、

(意識的、無意識にかかわらず)それを守ろうとすることは、

「生きる」ことを拒絶する(している)ことを意味します。




そのようなとき、私たちは生きることが苦しくなります。




「生きる」ことに、このような方法で

(意識的であれ、無意識であれ)自分が抵抗しているからです。




「ただ在る」とは、何もしないで「ただ在る」ことを

いっているのではありません。




「いまこの瞬間」の「起こり」として、「在ること」をいっている、ということがわかると、

その人は、「いまこの瞬間」の要求に応えるという自然な活動によって、

イチロー選手的、自己の当然の能力が発現されていくことを目撃するでしょう。

(当然ですがこれは、今日バットをもって素振りをはじめた鈴木一郎選手〔少年野球の選手〕が、

 明日にはイチロー選手〔プロ野球、そしてそれを経たゆえのメジャーリーグの選手〕になっている

 という話ではありません。

 小学生の鈴木一郎選手は、自分の時間のほとんどをそれに費やし、

 さらにそれを何年も彼なりに〔彼なりにというのは、この努力が好きだった。

 それほど野球が好きだったということですが〕楽しんだゆえのことである、といえるでしょう)




一方で、「成功法則」が伝えていることは、

私たちの活動を、無理やりある方向へと導くことではありません。




私たちが自分の活動を

意志の力によってある方向へと導こうとしているようなときには、

必要不可欠なベースとなる「Be感覚」が欠落しているはずだからです。




なぜなら、「Be感覚」があるときには、

努力など存在していない

(どちらかの方向へと導く必要もなく、

ある方向へと自然に進展していく状態にある)からです。




「Be感覚」があるときには、

「ただ在る」だけで完璧であることが

わかっているはずだからです。




「Be感覚」のベースのうえに「Do感覚」が生きられているとき、

ただ「いまこの瞬間」の要求への対応が生きられているとき、

私たちは、まったく努力のない努力に誘引されることで、

自分本来の能力が自然に発現されるようになります。

(くりかえしますが、これには何年も要することがありますが)




「Be感覚」であったとしても、

「Do感覚」であったとしても、

何かに拒絶感を感じる傾向があるとしたら、

それこそが、過去に学んだ物語によって

つくられた虚偽にほかなりません。




たとえば、

「いまからでは、遅すぎる」そんな物語が、

「いまこの瞬間」の要求から逃れるための

怠惰のいいわけに選ばれたり、

「より多く、もっともっと」という物語が、

私たちを「いまこの瞬間」の「あるがまま」から

逃れさせようとしているのです。




「いまこの瞬間」の「あるがまま」、

その要求から逃れることなど、

誰にもできるはずはありません。




なぜなら、それ以外存在していないのですから。




鍵は、「いまこの瞬間」に「生きる」ことです。




それはつまり、

「いまこの瞬間」の要求に応えること、

応え続けていくことを意味しています。




(※) 『「成功法則」盲信の時代が終わる理由』

    『「成功法則」盲信の時代が終わる理由』の補足―すべての人に今生における役割・使命がある』参照。




*Information*




◆第7回「やまがみてるおサットサンin大阪」

大阪市内(お申し込みいただいた方に、ご連絡いたします)

第7回:2015年1月16日(金)19:00~21:00(受付開始 18:45~)

参加費:各回、3000円(お申し込み後、お振り込みをお願いします)

お申し込みは こちら




*ご訪問、ありがとうございました。

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村


*また、スピリチュアルなテーマに興味のありそうなお友だちや、

 「引き寄せの法則」のさらに先(悟り)に

 興味がありそうなお友だちがいたら、ぜひ教えてあげてね!


11月25日の記事『「成功法則」盲信の時代が終わる理由』の補足―すべての人に今生における役割・使命がある

11-27(木)08時57分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




「いまこの瞬間」との一体化が起こり、

「いまこの瞬間」の要求に応えることができるようになると、

「いまこの瞬間」との二人三脚によって、

人生が自然に誘引されていくように感じるようになります。




このとき、この人は努力を感じません。




個人的(自我的)意志もありません。




このとき、この人は、

その瞬間の活動に、

自分〔分離した自分〕の意図を必要としていないからです。




これは、星 飛雄馬(ほし ひゅうま)と、イチロー選手のちがいのようなものです。




前者は押しつけられた訓練をとおして、

自己の能力を発達させていきます。




後者の獲得した能力は、その人の感じる

「いまこの瞬間」の要求への対応の集大成によって

導かれたものといえるでしょう。




前者は、物語(自分や父の物語)によって

導き出された答え(信念)に従ったものであり、

後者は、物語(教えや常識)の影響を受けていない感覚によって

導き出されたものになります。




「いまこの瞬間」の要求への対応の集大成によって

導きだされるものとは「自分の感覚」がベースになっています。




この「自分の感覚」は、

「分離した自分」の意志とはちがいます。




なぜ分離していないのかというと

「いまこの瞬間」の要求に応えているだけですので、

そのときのその人は、

何かをしている感覚を感じていないからです。




このようなとき、この人は

自分が存在しているという感覚を感じていません。




「いまこの瞬間」との一体化が起こっているからです。




当然のことではありますが、努力もありません。




努力がないといういいかたが、正しいかどうかはわかりませんが、

その人にとっては、この努力は好きでやっていることであるため

苦にならないどころか、喜びと感じられるものなのです。




第三者から見ると、おどろくほどの努力に見えることもあるでしょうが、

本人からすると、これをしているときのほうが幸せなのです。




このような人にとっては逆に、

この努力から引き離されるほうが、苦悩になります。




これゆえ、本当ににやりたいことには、

人生を転換させていく力があります。




このようなものが見つかるとその人は、

自然にその仕事をするパイオニアになると私は考えています。




本当にやりたいことには、努力などまったく必要ありません。




では、本当にやりたいことが、パチンコやテレビ・ゲームだとしたら?




それは、その人の物語が、

それが自分の「やりたこと」だといって

真の「本当にやりたいこと」から逃げているだけのことです。




なぜなら、私たちを、その人本来の役割、能力

―本当にやりたいこと―を見つけだすために導いてくれてるものは、

「いまこの瞬間」の要求に応えることだからです。




要求に応えるとは、生産的な活動です。

非生産的な活動(何かをつくりだすことなく、

消費するだけの状態)には、なりえないからです。




パチンコやテレビ・ゲーム、そのほかの娯楽は、

「いまこの瞬間」の要求に、

自我が何らかの理由をつけて抵抗しようとして逃げこむ

「非難場所」にほかなりません。




過去に学んできた物語の操作からはなれ、

「いまこの瞬間」の要求に向き合い、応えつづけていくと、

やがてその人は、その人本来の役割へと導かれていくだろうと、

私は考えています。




そのとき、私たちはこれまで気づかなかった

生産能力が自分にあったことに気づき、

おどろくかもしれません。




私たちはこの宇宙をつくりだした創造主の子どもであるがゆえ、

もともと無限の創造性を有していたことに気づくでしょう。




それは何も不思議なことではありません。




もともともっているものだからです。




このとき、私たちは自分のなかに、

創造性を発揮したい願望が内在されていたことに気づくでしょう。




それこそが、個人の物語を超越した、

その人本来の役割、使命だといえると、

私は考えています。




*Information*




◆第7回「やまがみてるおサットサンin大阪」

大阪市内(お申し込みいただいた方に、ご連絡いたします)

第7回:2015年1月16日(金)19:00~21:00(受付開始 18:45~)

参加費:各回、3000円(お申し込み後、お振り込みをお願いします)

お申し込みは こちら




*ご訪問、ありがとうございました。

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村


*また、スピリチュアルなテーマに興味のありそうなお友だちや、

 「引き寄せの法則」のさらに先(悟り)に

 興味がありそうなお友だちがいたら、ぜひ教えてあげてね!


「成功法則」盲信の時代が終わる理由

11-25(火)16時03分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




2Daysワークショップ『「さとり意識定着」in大阪』無事終了しました。

ご参加くださいましたみなさま、ありがとうございました。




今回も、私自身にとっても、

とっても貴重な体験となりました。




またどこかでお会いできますことを楽しみにしています。




*****




私は、近いうちに

「成功法則」盲信の時代は終わると感じています。




すぐに終わるというわけではないかもしれませんが、

多くの人が「盲信段階(※1)」である以上、

それが真実にならないことに、

すでに気づきはじめているはずだからです。




私たちは、

世界から分離し、個別に存在しているという錯覚である

自我盲信から、目覚めようとしている時代に生きています。




私たちを乗っ取っている自我が存在しなければ、

そのうそから目覚めると、個人の願望はなくなります。




それに代わって、

「全」こそが自分の真実であったことがわかります。




これによって、

「全」の起こり(「いまこの瞬間」の起こり)に

ゆだねるようになっていきます。




分離した自分がいるという錯覚がうそだとわかると、

それ―つまり「全」の起こりこそ―が、自分だとわかるからです。




このときに私たちが体験することは、

それまで「盲信していたこと」が、

ただのうそにすぎなかったとわかることです。




つまり、まったく正反対の状態になります。




それまで信じていたものとは、

完全に、真逆の状態になります。




ですから、分離した自分が存在している、

という誤解を、前提のうえで、

「成功法則」を利用しても、

(うその願望、つまり、そもそも個人の願望など存在しないところに、

個人の願望をつくりだすことで、

それ〔ありのまま〕に抵抗することになるため)

それは、起こらなかったのです。




かつて「成功法則」を体験し、これを伝えはじめた人は

分離した自分の虚偽から目覚め(意識的、無意識にかかわらず)、

個が「全」の媒体に戻ることで、

「全」の起こりとの「一体感」のなかに戻ったため、

願望が実現するように錯覚しただけのことだったのです。




このため、自分という個人の願望が現実化したように感じたのですが、

実際には、もともと分離した個など存在していなかったため、

この幻想の個が「全」のなかへと戻ったため、

「全」という、もともとあった(それしかなかった)

「一つの起こり」を、意識がとらえることができるようになり、

これを願望が実現したと錯覚するようになっただけの話なのです。




この1世紀くらいのあいだに、

「成功法則」を体験した人たちの話を聞いた人が、

これを曲解していきました。




近年、目にする

願望実現を伝えている著書のなかには、

自我レベルで、これが曲解されたものさえ見受けられます。

(はっきりというと、その多くがこの傾向にあると私は感じています)




そのようなものは、自我が、自分が意図したことによって、

願望が実現したかのように物語をつくり変えた視点から、

現実世界のほうをねじ曲げて認識したものをベースに書かれています。




それに反して、

世界とは、もともと、あるがままです。




これゆえ、自我から見ると

(自我が自分の視点で、いい/悪いを宣言すると)、

いいことと悪いことが混在しているように見えます。




いいことが起こったときに、

自分が意図したからだとその人が思うことで、

そのように見えていただけの話なのです。




ある人のなかに、

願望が実現してほしいという欲求があると、

実現しなかった事実、

「悪いこと」(と自我が判断した出来事)が起こったときには、

それは自分が意図していなかった、と解釈されたり、

その出来事が起こったこと自体に無意識になることで、

起こらなかったことにさえ、されえるようなことが起こります。




「悪い」と判断された出来事やそれが起こった事実は、

意識的、無意識にかかわらない、意図によって、

それは、その人の物語から排除されます。




こうして、その人は、自分の見たいものだけを

選択的に認識していくことになります。




真実を見なくなります。




これが自我視点において、

願望実現のうそがつくられるメカニズムです。




私たちは、世界のなかから、

自分の見たいものだけを選択的に取りだし、

見たくないものは、意識的、無意識にかかわらずに、

自分の物語から、排除することで

世界のほんとうの姿から、

つねに目をそむけようとし続けているのです。




「思考は現実化する」、

私たちの「願望は現実化する」、

自分と似たものを「引き寄せる」と―。




自分がいなくなると、

願望はなくなります。






「成功法則」の真実はここにあります。




これが無数にある

「成功法則」の玉石混交のなかから、

私たちを導きえる真実を含むメッセージを

発掘する試金石です。




分離した自分がいるという幻想からの目覚めが起こると、

世界は、もともと「一」「非二元」「二のない一」

―「あるがまま」―であったことがわかります。




「一」「非二元」「二のない一」の「あるがまま」である

「いまこの瞬間」だけが存在していることが、わかります。




「いまこの瞬間」は、毎瞬姿を変えます。




同じ顔を見せることはありません。




つまり、「同じ対応などできない」ということです。




この意味では、「いまこの瞬間」は、

それに対峙している私たちにとっては、

挑戦であり、要求です。




「あるがまま」とは、この挑戦、要求に応えることなのです。




「あるがまま」とは、指をこまねいて、

ただ見ているだけの状態のことでは、

けっしてありません。




自我の甘えが、

「あるがまま」を曲解しているだけの話です。




願望実現とは、

願望を宇宙にお願いして、

ただ待っているだけで、

起こることでは、けっしてありません。




自我の甘えが、

お願いしたら、あとは待つだけと、

曲解しているだけの話です。




「成功法則」が真実になるとき、

私たちは真剣に

「いまこの瞬間」に向き合っている状態になっています。




これが、「生きる」ということです。




「いまこの瞬間」に「生きる」ことに向き合うことなく、

未来に何か「いいこと」が、起こることはありません。




「いまこの瞬間」に「生きる」ことによって、

もともと、世界にはいいも悪いもなかったことが

体験されるからです。




いいものも、悪いものも、なかったことが体験されたとき、

世界から悪いものはなくなります。




「いまこの瞬間」に「生きる」こと

「成功法則」はこれを私たちに教えてくれているのです。




自我のうそから目覚めると、

人生が挑戦の連続

―「いまこの瞬間」に「生きる」こと―

に変わります。




この挑戦の要求に応えること、応え続けること、

これこそが、「あるがまま」にゆだねている状態なのです。




このとき、私たちは、「宇宙という一つの命」になります

(もともとそうだったのですが、いままでこれに抵抗していました。

自我の物語を盲信していたために)。




このとき、私たちは、

自分の可能性が無限大であることを体験します。




この要求への対応が、

この体が滅びる瞬間まで、

続いていくことがわかるからです。




近い将来、

自我優勢の時代は幕を閉じるだろう、

と私は考えています。




先見性のある人たちには、

これが感じられているのではないかと思います。




私たちは、「宇宙そのもの」の媒体の役割に戻ります。




そのときには、「あるがまま」だけが

存在していることがわかるでしょう。




このとき、私たちには、

私という個人の願望など、

もともと存在していなかったことがわかるでしょう。




そもそも、「私」という「世界から分離した個人」が

存在していなかったことがわかるのですから。




私たちは、もともと「成功法則」など必要としていません。




鍵は、盲信している「うそから目覚めること」です。




第2段階の過程に、ゆだねていくことです(※2)




「『分離しつづけていたい(いたがっている)』自分のうそ」から、

目覚めることにあります。




このとき、私たちは、

「全」―「宇宙そのもの」―という「一つの命」

を「生きる」ようになります。




(※1)(※2)ロバート・シャインフェルドのいう第1段階、第2段階のこと。

   詳細は、前シリーズ記事

   バーナデット・ロバーツの体験した自我消滅のプロセス(1)

   バーナデット・ロバーツの体験した自我消滅のプロセス(15)

   をご参照ください。





*ご訪問、ありがとうございました。

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村


*また、スピリチュアルなテーマに興味のありそうなお友だちや、

 「引き寄せの法則」のさらに先(悟り)に

 興味がありそうなお友だちがいたら、ぜひ教えてあげてね!


人生が好転するメカニズム(3)本当に正直になって、真実に目を向ける勇気はあるか?

07-11(金)09時21分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




いまこの瞬間は、これまでも、これからも、

例外なくあるがまま以外のものになることはありません。




この真実に目を向ける勇気はありますか? 




願望実現、自己啓発、豊かさを求めることによって、

いまこの瞬間のあるがままにあらがうことによって、

存在しない苦悩をつくりだす可能性があるということです。




大切なことは、いまよりもよくなることを求めることではなく、

意識的に生きることです。




なぜなら、無意識に生きることで、

過去と同じことをつねにくり返すことになるからです。




過去と同じことをくり返す理由は、

過去の思考をいま選択していることになるからです。




いまこの瞬間の意識性が高まると、

過去の思考から解放されます。




いまこの瞬間がより肯定的に感じられるものに変化します。




いまこの瞬間に対する否定性の低い、新しい行動が起こります。




否定的な行動から、肯定的な行動に変化します。




これが人生が好転するメカニズムです。




*Information*




*各種イベント開催いたします!




※7月26日開催、福岡1Dayワークショップ、募集開始しました!


◆「1Dayワークショップ『さとり意識発見』in福岡」

・福岡市内:2014年7月26日(土)10:00~16:30 (延長の場合あり、開場9:40)

・参加費:20,000円(お申し込み後、お振込み)

・お申し込みは こちら


※前日2014年7月25日(金)にはトークライブも開催します。


◆やまがみてるおトークライブ in 福岡

・福岡市内:2014年7月25日(金)19:00~21:00

・参加費:3000円(お申し込み後、お振込み)

・お申し込みは こちら




*ご訪問、ありがとうございました。

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村


*また、スピリチュアルなテーマに興味のありそうなお友だちや、

 「引き寄せの法則」のさらに先(悟り)に

 興味がありそうなお友だちがいたら、ぜひ教えてあげてね!


TOP次のページ>>

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。