誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


(91) 「誰でも悟りプロジェクト」 2011年11月までの要点

12-15(木)20時00分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。

はじめてお越しの方は、「こちら」をご覧ください。




意識性が高まり、ここまでの「まとめ」


「誰でも悟りプロジェクト」 2011年11月までのまとめ
〔1〕私たちはいま進化の過渡期を経験しています
〔2〕すべては「一なるもの」の現れです
〔3〕無意識状態から、目覚めた意識状態が定着することが悟りです
〔4〕こうして私たちは、宇宙があるがままであることを体験的に理解していきます
〔5〕あるがままの世界に、心を開いていきましょう
〔6〕こうして私たちは、あるがままにゆだねるほうが
   人生がよりよく展開していくことを目撃するようになっていきます

〔7〕心地よい感覚に従って生きていくことが、私たちを幸福へと導きます
〔8〕条件つきの幸福が、私たちを真の幸福から遠ざけます
〔9〕自分のほんとうの声に従って生きていきましょう
〔10〕過去の経験の影響を受けた願望が、
    私たちのほんとうの気持ちのうえにおおい被されています

〔11〕日常の「やらなければならないこと」をこなしながら、
    「ほんとうにやりたいこと」に心を開いていくことは可能です

〔12〕人生経験からつくりあげた自己イメージから見ると、
    自分本来の能力が「だいそれたこと」に見えます



でお伝えしてきたような、

自分のほんとうにやりたいことが見えてくると、

それにゆだねるほうが心地よいことであることがわかってきますので、

自然にそれにゆだねていくようになります。




自我は抵抗をあきらめます。




まるで川を流される枯葉のように、

人生の展開にゆだねるようになっていきます。




ほんとうにやりたいことは、

それまでは「だいそれたこと」ではありましたが、

人生の流れにゆだねるにつれて、

「だいそれたこと」から「あたりまえのこと」に

変わっていくことを経験します。




「『誰でも悟りプロジェクト』 2011年11月までの要点」




私たちは、過去の経験や学んできたことからつくりあげてきた

「自分という感覚」 (自我) と同一化しています。




人生の経験を通して、これのみとしか関わることができないため、

これが「自分のすべて」だと勘違いをしています。




過去の経験や学んできたこととは、

束縛された概念にすぎません。




この束縛された概念にほんとうの自分をはめこんで生きているために私たちは

生きることに窮屈感を感じ、真の自分の能力を発揮できないでいます。




真の自分の能力は、ほんとうにやりたいことに

心を開いていくことによって、実現可能になっていきます。




過去の経験や学んできたことによる

束縛された概念が、それを拘束しています。




この拘束から脱するために、

思考から分離した意識状態を獲得する必要があります。

思考を観察する視点が定着した状態が、悟りです。




悟りとは、新しい習慣の獲得にほかなりません。

したがって、誰にでも可能です。




一般的には私たちには、思考が起こったときに、

思考と同一化する習慣が身についてしまっています。

思考との同一化が起こる原因は、私たちの無意識にあります。




思考が起こったときに、無意識に思考と同一化するため

その思考に乗っ取られ、思考イコール自分の状態になります。




思考に乗っ取られ、思考のままに行動することが、

私たちを困難に巻きこんでいます。




新しい習慣の獲得とは、

無意識に生きる習慣が身についてしまっている状態のうえに、

新しい習慣を上書きするようなものです。




思考との同一化が起こったときに、

それに気づく習慣を身につけることを言っています。




思考が起こったときに気づき、それの観察を試みると、

思考は起こり、しばらくののちに自然に消えていくことを経験します。




無意識に思考を経験すると、私たちはその思考に、

同意したり、反発したり、抵抗したりすることによって、

さらに余分な思考を引き起こしていきます。




どんどんと思考に燃料を送りこんでいくような状態になり、

自己の生産的なエネルギーが、ムダに浪費されることになります。

本来はほかの創造性にまわすはずであったエネルギーが枯渇し、

非生産的な人生へと没落してしまうようなことが起こっています。




自分の頭のなかに思考が起こったときにそれに気づき、

ただ観察を試みると、思考はしばらくののちに

自然に消えていくことを体験します。




すぐにまた別の思考が起こることもありますが、

観察に慣れてくるにしたがって、思考と思考とのあいだには、

ブランク、スペース、空間があることに気づくようになります。

これがノーマインド、無思考、無、空、悟りの状態です。




思考が起こったときに、観察する習慣が身についていくにしたがって、

一日のうちに、悟りの状態を生きている時間のほうがしだいに多くなっていきます。




それまでは無意識に生きることが習慣であったため、

意識をして思考を観察する必要があったところが、

こんどは逆に、自然に思考を観察している状態が

習慣化されていることに気づくでしょう。




その後も、ときおり思考に翻弄されることがあるかもしれませんが、

ふたたび無意識が優勢な状態にあともどりすることはありません。




悟り―思考を観察する視点が定着すると、

思考が、過去の経験や学んできたことからできた

虚偽であったことを理解します。




そこには個別の私が存在しているという自分の感覚や、

個別の自我意識の影響を受けた願望 (人生観) も含みます。




そのようなものの影響を受けた願望は、ニセモノの願望です。

ニセモノの願望を含む概念でできた虚偽が、

自分のほんとうの気持ちのうえに被され、

その背後へとおおい隠していたことに気づくでしょう。




思考から離れた意識状態の獲得によって私たちは、

さまざまなものごとの背後にある秩序が見えるようになっていきます。




思考に拘束されていたときには、

この秩序に必死で抵抗していたことがわかるでしょう。

そうして宇宙の秩序に逆らって必死で抵抗していたために

手にしていた結果も、リアルに実感するでしょう。




私たちの人生に問題をつくりだしていたのは、

私たちの人生が問題の塊であったのは、

過去の経験や学んできたことの影響を受けた

自我の期待や願望、抵抗のためです。




この抵抗を手放すと、

すべてがうまく展開していくことを私たちは目撃します。




百聞は一見にしかず。




私たちは抵抗を手放します。




精神世界ランキング  にほんブログ村  人気ブログランキング  FC2ランキング 

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト


(90) 「誰でも悟りプロジェクト」 2011年11月までのまとめ 〔12〕 人生経験からつくりあげた自己イメージから見ると、自分本来の能力が「だいそれたこと」に見えます

12-14(水)21時50分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。

はじめてお越しの方は、「こちら」をご覧ください。




そのときそのときにおける自分の行動の選択は、

他者から押しつけられたものではなく、自分で選んだものです。




自分に決定権があるにもかかわらず、私たちは、

自分のほんとうにやりたいことを選択することを恐れます。




どうして私たちは、

自分のほんとうにやりたいことを選択することを恐れるのでしょうか?




それを選択することによって、

自分の人生がどれほど変化していくか、想像がつかないからです。




ほんとうにやりたことに心を開いていくにつれて、

自分の可能性や偉大さが、自我の想像のおよばない範囲にまで

広がっていくことを経験します。




これには、権利と責任がともないます。

これは私たちの権利であるのですが、

この権利には、果たさなければならない責任がともないます。




これに気づいたときに、

自我は自分には荷が重いと感じる傾向にあるからです。




私たちは、過去の経験や学んできたことを記憶し、

自分とは何かという概念をつくりあげています。

これが自己イメージです。

この自己イメージに従って判断している中枢が、自我です。




自己イメージが形成されると、

この自己イメージのとおりに生きるようになります。




これによって、私たちは無意識のうちに

自分の可能性をどんどんと狭めていっています。




こうしてつくりあげられたさまざまな概念

(たとえば「私には『やらなければならないこと』があり、

 それをするためには『やりたいこと』をする余裕なんてない」や、

 「自分のやりたいことで食べていけるはずがない」など) に、

その後の人生をはめ込んで生きています。




本当にやりたいことに心を開いていくにつれて気づくことは、

往々にして私たちをおどろかせます。




なぜならそれは、おどろくほど

「だいそれたこと」である傾向にあるからです。

ほんとうにやりたいことは、往々にして、

「だいそれたこと」に感じられる可能性があります。

(ただしそれが「だいそれたこと」に見えるのは、

自我の目 〔過去の経験を通した視点〕 から見た場合の話ですが)




「だいそれたこと」を目の当たりにして私たちは、

「そんなこと、自分にできるはずがない」と考え、

そのたいへんそうに見える仕事から、目をそらします。

そうしてその後、自分で選んだ (可能性を束縛した) 

人生に辟易としているのです。




できる/できないの概念を利用して、

その後の展開を操作しようとしているのは自我です。




ほんとうにやりたいことには、

(たとえそれがどれほど、だいそれたことであろうと)

できる/できないは関係がありません。




だいそれたことに見えるのは、

過去の経験から学んできたことを参考にして

判断しているからにほかなりません。





私たちは、人生の経験によって

自己イメージをどんどんと狭めてきています。

自己イメージが狭くなっている分だけ、

その人が自分本来の能力 (可能性 〔ほんとうにやりたいこと〕 ) と

出会ったときにそれは、「だいそれたこと」に感じられます。




こうして自我は、自分の (だいそれたと感じる) 責任を恐れ、

その可能性にフタをして、その後は、見て見ないふりを決めこんで生きていきます。




精神世界ランキング  にほんブログ村  人気ブログランキング  FC2ランキング 

このエントリーをはてなブックマークに追加



(89) 「誰でも悟りプロジェクト」 2011年11月までのまとめ 〔11〕 日常の「やらなければならないこと」をこなしながら、「ほんとうにやりたいこと」に心を開いていくことは可能です

12-13(火)23時49分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。

はじめてお越しの方は、「こちら」をご覧ください。




私たちは、知らないうちに、

二者択一をする習慣を身につけてしまっている傾向にあります。




私たちは、自分に「やらなければならないこと」があり、

それをするためには自分の「やりたいこと」は

やることはできないと考えている傾向にあります。




どのようにして、この二つを両立することができるのでしょうか?




そのまえに、つぎのことを考えてみましょう。




どのようにして、私たちはこの二つの両立をあきらめているのでしょうか?




たとえばそれは、以下のような理由からです。




時間がない。

お金がない。

まだ若すぎる。

もう歳をとりすぎている。




ではこのような理由を考慮したうえで、

いったいどのようにして私たちは、

この二つを両立することができるのでしょうか?




それは、ただ自分の「ほんとうにやりたいこと」に

心を開いていくことから、はじまります。

それに心を開くとは、

自分の「ほんとうにやりたいこと」を感じていくことです。




日常の「やらなければならないこと」をやりながら、

それを感じることは可能です。




どうして感じてはいけないのでしょうか?




それを感じることによって、自我のコントロール性が脅かされるからです。

自我は、世界を自分の思いどおりに展開させたがります。

このため自我は、世界が、自分の思いどおりに

展開していかないことに恐れを感じます。

恐れを感じることには、近づかないようにする習性があるからです。




時間がないから、それをしない。

お金がないから、それをしない。

歳をとりすぎているから、それをしない。

若すぎるから、それをしない。

理由はいくらでもつくりだすことができます。




「ほんとうにやりたいこと」は、

「やらなければならないこと」ではありません。

「ほんとうにやりたいこと」は、

「『ほんとうに』やりたい」がゆえ、

やらない (やめる) 理由が見つかりません。




したがって、それは自己完結的です。

結果を必要としません。




ただそれをすることが幸福の理由になります。

日常の「やらなければならないこと」をこなしながら、

「やりたいこと」に心を開いていくことは可能です。




それは、「やりたくないこと」を否定することによってではなく、

自分のほんとうの気持ちに心を開いていくことによって可能になります。

その過程で私たちは、「やりたくないこと」が

「やりたいこと」の障害だったのではなく、

ほんとうの自分の声、

自分の「ほんとうにやりたいこと」から逃れようとしていたことが、

その障害であったことを理解していきます。




精神世界ランキング  にほんブログ村  人気ブログランキング  FC2ランキング 


このエントリーをはてなブックマークに追加



(88) 「誰でも悟りプロジェクト」 2011年11月までのまとめ 〔10〕 過去の経験の影響を受けた願望が、私たちのほんとうの気持ちのうえにおおい被されています

12-09(金)23時40分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。

はじめてお越しの方は、「こちら」をご覧ください。




「私は〇〇したい」「私は〇〇になりたい」など、

そのために生きはじめると、純粋な展開である「いまここ」が、

そのためのステップになってしまい、

「いまここ」が内在している本当の価値が見えなくなってしまいます。




このように生きはじめることによって私たちは、

「いま〇〇ではないため」、

「いつか〇〇できるまで」、

幸福ではなくなります。




思考の観察に慣れ、思考や感情から離れた意識状態が定着すると、

思考や感情に惑わされることが少なくなっていきます。

ますます自分のほんとうの気持ちに気づきやすくなり、

また逆に、それが自分の気分を害する原因であることがわかってきますので、

その気持ちに逆らうことができなくなっていきます。




「いまここ」で、自分の「心地いい感覚」に従いますので、

「いまここ」が「心地よく」なります。




このようなことをじっさいに経験して私たちは、「いまここ」を

「心地よい状態」に維持することは、自分の責任であることを理解します。




その後、自分の心地いい感覚に責任をもち、

それの選択をずっとつづけていきますので、

「心地いい、いまここ」がずっとつづいていくようになります。




そうして「いまここ」の積み重ねである人生 (全体) が、心地よくなります。

私たちに変えることができるのは、「いまここ」の選択 (行動) だけです。




「心地いい感覚」に従うとは、そのときどきに

「自分のやりたい」と感じることに従うことです。




私たちの閉塞感は、これまでの人生経験から学んだ

「やらなければならないこと」に拘束されていることによって

起こっています。




さらに私たちはこれを拡大解釈している傾向にあります。

私たちには「やらなければならないこと」があり、

それをするためには「 (自分のほんとうに) やりたいこと」を

犠牲にしなければならないと。




このように考え、自分のほんとうの気持ちにフタをしました。

けれども私たちのほんとうの気持ちは、

これによって消滅するわけではありません。




ただそのうえに別の気持ちを被せて、

とりあえず、見えなくしただけです。

別の気持ちとは、

よりかんたんに成し遂げることができるように見える願望や、

休日のレジャーや趣味などです。




こうして自我の願望 (過去の経験の影響を受けた願望) が、

ほんとうの自分の気持ちのうえにおおい被されていきました。




精神世界ランキング  にほんブログ村  人気ブログランキング  FC2ランキング 

このエントリーをはてなブックマークに追加



(87) 「誰でも悟りプロジェクト」 2011年11月までのまとめ 〔9〕 自分のほんとうの声に従って生きていきましょう

12-08(木)21時40分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。

はじめてお越しの方は、「こちら」をご覧ください。




自我は、人生を通して外から学んできた概念でできています。




自我の声 (概念) の虚偽を見破ることができるようになっていくにつれて、

自分のなかから発せられる、かすかな別の声に気づくようになっていきます。

やがてそれが、自分のほんとうの声であることに気づきます。




かすかである理由は、自我の声がまだまだ私たちを支配しているからです。




タマネギの皮を一枚ずつ剥いでいくように私たちは、

これまでの人生で学んできた偽りの世界観から、目覚めていきます。

一枚剥ぐことによって、また根深い観念が現れます。

いくつもの偽りの観念を一枚、また一枚と剥いでいき、

最終的に私たちは、思考に束縛されていない意識状態を経験します。




この状態において私たちは、

自分のほんとうの声を聞き分けることが容易になります。

それまでは、かすかにしか聞こえず、

ときには、その振りをする自我に欺かれることもありましたが、

このときにはもう、自我の声とほんとうの自分の声との違いが

明らかに見分けられるようになります。




自我の声に操られていたことが、

どれほどおろかなことであったのかがわかります。

その後は、自我の声に翻弄されることがしだいに少なくなっていき、

自分のほんとうの声に従って生きるようになります。




自我の声に従った場合と、

自分のほんとうの声に従った場合とでは、

どのような違いを経験することになるのかを考えていきましょう。




自我の声に従うと、どのようになるのでしょうか?




自我とは、これまでの人生で経験してきたことや、

学んできたことからつくりあげられた概念の集大成 (記憶) です。




生命の進化の過程で誕生した私たち人類の祖先は、

あるとき言葉を開発しました。




これによって私たちは、

世界を言葉で表すことができるようになりました。




「空(そら)」という言葉が、

頭のうえにある空を表していることを私たちは意識しますが、

いまここにある空が、宇宙の果てまでつながっていることは意識しません。




宇宙と空はもともと分断されたものではありません。

宇宙も空も、相互に密接につながり、

けっして分断することのできない「宇宙そのもの」の現れです。




けれども私たちは、世界を言葉で表し、分類することによって、

無意識のうちに、バラバラに切り刻んでしまっているのです。




すべてをこのように扱っています。

木と大地は、分断されたものではありません。

大地と雨は、分断されたものではありません。

雨は大地に降り注ぎ、川となり海へと流れ込みます。

大地とを潤した水分は、木や草花を育て、光合成を通して地球に酸素をつくります。

植物は生きものを育て、生きものの死は、大地 (土) を豊かにします。

上記はほんの一例です。

すべてのものが関連し合い、宇宙という一つの命を営んでいます。




地球と太陽も、分断されたものではありません。

そして私たち人間も、それらのものと分断されたものではありません。

私とあなたも、分断されたものではありません。




宇宙とは、自然や私たちをそのうちに含んで、

かつても、いまも、これからも、

けっして分断されることなく存在しつづけていきます。




進化の歴史のある時期に現れた私たち人間が、

「一なる宇宙」のそれぞれの部分に名前をつけていき、

分類し、バラバラなもののように扱いはじめました。

そしてその後の長い歴史の過程で、このことを忘れてしまいました。

現代ではすべてのものが、もともとバラバラであったかのように私たちは扱っています。




じっさいは、すべてが、宇宙という一つの命

(「ワンネス」「一なるもの」)の営みの現れです。




ここで扱ったことは世界観についてですが、

人生の経験を通して、さまざまな側面で、

これとおなじように、それぞれが人生を通して

学んできたとおりにしか見えなくなるようなことが起こっています。




人間とは何か? 

私とは何か? 

生きるとはどういうことか? 

学ぶとは、どういうことか? 

働くとは、どういうことか?




さまざまな側面において、

それぞれが人生で経験してきたこと、

学んできたことの影響 (束縛) を受けています。

そしてそのとおりにしか、世界は見えなくなります。




これが、自我の声に従ったときに私たちが経験していることです。




では、自分のほんとうの声に従うと、どのようになるのでしょうか?




思考の観察に慣れ、思考から離れた意識の状態が定着してくると、

思考や感情に振り回される必要がないことがわかってきます。




思考や感情 (自我の声) に従う必要はなく、

このため自分が思考や感情から自由であることが理解されていきます。




自我の声は、さまざまなことに影響をおよぼします。

雨は大地をうるおし、作物を育てます。

けれども自我は、突然の雨にうたれて自分がびしょ濡れになると、憤慨します。




雨は、じっさいはいいものでも、悪いものでもありません。

宇宙という一つの命 (「ワンネス」「一なるもの」) の営みの現れです。




私たちの (思考の) 思いどおりにいかないときも、

それは宇宙という一つの命 (「ワンネス」「一なるもの」) の営みの展開です。




思考の観察に慣れてくると、

思考の (自我の) 思いどおりにいかないときにも冷静に

その後の展開を観察することができるようになります。




自我の声に束縛されていませんので、

出来事が起こったときに、

その出来事に対する意味づけがおこなわれていません。

(「え? 大雨だって! 最悪だ!」)




出来事をただあるがままに観察することに慣れてくると私たちは、

私たち (自我) の思いどおりに進展しないときには、

そのほうが、よりよい方向へと進んでいることに気づくようになっていきます。




それまでは、思考や感情や体を自分だと感じていましたが、

このような経験を観察するにしたがって、

自分が思考や感情や体を離れた存在であり、

宇宙という展開そのものであることを経験によって理解していきます。




このような体験を通して私たちは、

この大きな流れ、宇宙のあるがままの展開こそが、

自分のほんとうの姿であることを体験的に理解していき、

しだいに自分の感覚が転換していきます。




思考や感情や体を自分だと思っていた感覚から、

思考や感情や体から離れた視点が定着した感覚へ。

このときにはまだ自分という感覚がそれを経験しています。

そしてさらにそれらをこえたあるがままの展開こそが、

私であるという感覚へと転換していきます。

あるがままの展開が、自分の真の姿であると感じるようになると、

個としての自分が存在するという感覚がなくなり、

あるがままの展開だけが残ります。

私はこれを自我の脱落と呼んでいます。




内面的には、自我の声と、自分のほんとうの声との違いを

認識することができるようになりますので、自然に、

自分のほんとうの声に従うようになります。




自分のほんとうの声に従うことは、「いまここ」の幸福を意味します。

こうして「いまここ」が幸福になり、

「いまここ」の積み重ねである人生が、幸福になります。




この時点で私たちは、

自分のほんとうの声に従うことは、

自分の幸福のための責任であることを理解します。




この責任を果たすこととは、

自分のほんとうの気持ちに応えることです。

こうして私たちは、幸福とは、たんなる選択であったことを理解します。




内面的にも、外面的にも、あるがままにゆだね、

それでいてよりよい結果を手にする人生を生きることができるようになっていきます。




これが、自分のほんとうの声に従ったときに私たちが経験することです。




精神世界ランキング  にほんブログ村  人気ブログランキング  FC2ランキング 

このエントリーをはてなブックマークに追加



TOP次のページ>>

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。