誰でも「悟り」プロジェクト   意識の中心みいつけた!

やまがみてるお blog   意識の中心―ほんとうの自分―の見つけ方

スポンサーサイト

-----(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント:(-) |トラックバック:(-)


『誰でも「悟り」プロジェクト』について

02-01(月)22時01分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




ブログ リニューアル・オープンしました!

『誰でも「悟り」プロジェクト』 進化系

「やまがみてるおブログ」は こちら




*****




『誰でも「悟り」プロジェクト』 は、

私たちが自分だと錯覚している

個人の幻想からの目覚めをお伝えしてきました。




覚醒体験と呼ばれている体験では、

幻想を維持しようとする結晶力の何割かは解消されますが、

なかにはその残滓に苦しめられる人があります。


(向き合うことが避けられ、これから逃避されることもあります)。




この「エゴの残滓の解消プロセス」―悟後の修行―を、

アジャシャンティのことばをお借りして、

「エゴ消滅のプロセス」と呼び、

これに向き合う方法や、

これをできるだけスムーズに進展させる方法について

お伝えしてきました。




私の体験では、

このプロセスによって起こったことは、

過去との和解でした。




いまもエゴというエネルギーは起こりますが、

過去との和解によって、

エゴ・エネルギーから目覚める

「自由意志」が取り戻されました。




「エゴがなくなる」という空想は、

覚醒体験をつかみとったエゴの妄想にすぎません。




エゴ・エネルギーからの解放はないと気づき、

目覚めることで、そのエネルギーを

自分の意志によって無視することが

できるようになるだけの話です。




いつもつかみとろうとするエネルギーは起こり続けますが、

それを自分の意志で無視することが

できるようになるだけの話です。




エゴは、これを不可能だと

私たちに信じ込ませることによって、

生き延びます!




非二元は、

非二元であるがゆえ、

二元を否定しません。




ありのままの二元を

完全受容します。




それを、非二元と二元にわけません。




これゆえ、私の体験では

非二元がわかればわかるほど、

二元に戻ってきました。




非二元と分離のない二元が、

これまでもこれからも完全に起こり、

それが私たちの目に見える

「非二元の姿」だとわかりました。




私にとって、

過去との和解は、親との和解でした。

親との和解は、自分との和解でした。

自分との和解は、世界との和解でした。




過去との和解は、

親に対して感じていた

確執の解消によって起こりました。




親との和解は自分との和解でした。




自分との和解は世界との和解でした。




このとき、世界に対して感じていた、

憎しみが解消されました。




世界に対して感じていた否定性は、

記憶のつくりだした幻想にすぎないものであるにもかかわらず、

私たちはそれを世界へと投影し、

世界に対して否定性を感じていたのだ、とわかりました。




親との確執の解消は、

子どもにとっては、

もっとも避けたいテーマであるのかもしれません。




これが、二元の拒絶、

非二元への逃避が起こる理由です。




世界に対しての、「ノー!」というエネルギーは、

覚醒体験のあとにも残る場合があります。




覚醒体験が悟りと錯覚されている場合や、

ゴールに到達したと錯覚されることで、

世界に対する「ノー!」というエネルギーの

残存が可能になります。




このような場合は、

二元へと戻ってくることができません。




非二元だけがつかみとられ

(非二元への逃避が起こり)、

二元の拒絶、抵抗が起こります。




非二元は、

非二元であるがゆえ、

二元を否定しません。




二元の拒絶、抵抗がある場合は、

非二元と二元という「二元の中」にある証拠です。




絶対的非二元をつかみとり、

そこへ逃避します。




このようなとき、

私たちは世界との和解を必要としているわけです。




こうして、悟後の修行、エゴ消滅のプロセス、

拒絶否定していた二元との和解のプロセスが起こりえます。


(ただし、拒絶し続けることも可能ではありますが)




ところが、これは、エゴの残滓にとっては、

もっとも見たくないことです。




もっとも見たくないものへと向き合うこと、

これが『誰でも「悟り」プロジェクト』のテーマでした。




これが悟りを妨害しているものだからです。




私の考えは、

ブログをはじめたときと、いまもまったく変わりません。




悟後の修行、

エゴ消滅のプロセス、

拒絶否定していた二元との和解のプロセスに

向き合うことによって、それは誰にでも起こりえます。




「誰にでも!」です。




逃避が、これを妨害しているだけなのです。




和解に向き合いますか?




それとも、逃避を続けますか?




覚醒体験はゴールではありません。




過去との和解のはじまりです。




過去との和解は世界との和解です。




世界との和解が済むと、

世界のために全力で働きはじめるでしょう。




それこそが、「命の目的」だと感じるようになるからです。




二元がバラ色の世界に変わります。




バラ色の世界で働き続けること、

これが自分の探していたことだと気づくでしょう。




この働きには、終わりはありません。




働けば、働くほど、幸せに感じるからです。




世界との和解、これが真の人生のスタート地点です。




覚醒体験は、過去との和解(世界との和解)のはじまり。




世界との和解、これが真の人生のはじまりのホイッスルです!




『誰でも「悟り」プロジェクト』 進化系

「やまがみてるおブログ」は こちら




「やまがみてるおブログ」にて、

「あなたという人生のドラマ」と、

「私という人生のドラマ」の交差地点で、

それぞれのドラマの演出者、兼出演者として、お会いしましょう!




長い間のおつきあい、

本当にありがとうございました。




*ご訪問、ありがとうございました。

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村


*また、スピリチュアルなテーマに興味のありそうなお友だちや、

 「引き寄せの法則」のさらに先(悟り)に

 興味がありそうなお友だちがいたら、ぜひ教えてあげてね!
スポンサーサイト


【『誰でも「悟り」プロジェクト』最終回】 「いい/悪い」、「いい人/悪い人」のうそから目覚めるまで

02-01(月)09時00分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




覚醒体験が起こると、

「いい/悪い」の判断は、

思考盲信ゆえに起こっていたとわかりました。




覚醒体験中は、思考のうそから目覚めていましたので、

思考の影響を受けることはなく、

「いい/悪い」の判断から、解放されました。




ところが、しばらくすると、

「いい/悪い」のうそから目覚めていることが「いい」、

「いい/悪い」のうその中にある人は「悪い」、

という思考に乗っ取られていることに気づきました。




このときにはもう、自分の意志では、真実

―「いい/悪い」はない。ゆえにいい人も、悪い人もいない―を

選ぶことはできず、

「いい/悪い」のうそから目覚めていることが「いい」、

「いい/悪い」のうその中にある人は「悪い」と主張するエゴに

乗っ取られていました。




世界には「いい/悪い」はない、

「いい/悪い」をいう「悪い人」がいるだけだ、

というわけです。




まんまと私はこのトリックに、いっぱい食わされました(笑)。




もしも「いい/悪い」はない、が真実だとしたら、

「いい人/悪い人」などいるはずはありません。




「悪い人」のように見える人も、

自分の思考による「悪い」という判断が、投影されているがゆえ、

そう見えるのではないか、という疑問が起こりました。




そのとおりでした。




けっきょく、自分の思考だけが、

「いい/悪い」をいっていることに気づきました。




私は、このように主張する思考に抗い、

「いい人/悪い人」がいるという思考の主張に

抗い―無理やりに無視し―退けました。




このようにして、

このあとも私を取り込もうとする、

さまざまな思考盲信に向き合い、

そのうそを見破る努力を惜しみませんでした。




さまざまなうそが私を取り込もうと

手ぐすねを引いていました。




「スピリチュアルはいい/スピリチュアル以外は悪い」

「悟りはいい/悟り以外は悪い」

「非二元こそが真実であるがゆえ、非二元だけが真実(いい)/

二元は究極的には真実ではないがゆえ、価値はない、あるいは低い(悪い)」




みずからの決意で思考のうそを見破っていく

というプロセスをとおして私は、

私のなかにつねに「『私』と『私以外』にわけ、

『私をいい』、『私以外を悪い』と主張したがっている

エネルギーがあることに気づき続けました。




同時に、これに気づくことは容易なことではないということも理解しました。

が、これは、私にとっては不可能なチャレンジではありませんでした。




不可能だ、といいたがっているエネルギーに抗い、

うそを見破るというチャレンジに、向き合うか否か、

これが試されているだけなのです。




これゆえ、私はこのチャレンジを自力、自由意志と感じています。




『誰でも「悟り」プロジェクト』、は、

自力に向き合う人のためのもの、

みずからの自由意志を行使してこの困難な人生の荒波に

みずから航海していく勇気のある人のためのものです。




そしていま『誰でも「悟り」プロジェクト」は、

その役割を終えつつあると感じます。




「いい人/悪い人」という錯覚から目覚めると、

すべての人が悟る必要などもともとなく、

宇宙の創造主のつくりだした、

私たちのエゴイズムと呼ぶエネルギーの行為さえもが、

必要不可欠な起こりであったことがわかりました。




どうして私たちは、ついつい人と競争してしまうのでしょうか。

どうして私たちは、人よりもすぐれようとしてしまうのでしょうか。

どうして私たちは、つねに前進しようとするのでしょうか。

この操作ゆえに、私たちは相対的世界において、

進化、発展を獲得することができます。




危険への挑戦がなければ、進化は起こりえません。




一方には、果敢に挑戦するものがあり、

もう一方には、安全を選択することで、

より安全に命を受け継ぐものもあるでしょう。




進化や成長には、両者が必要であり、

このアクセルとブレーキがなければ、

創造主の与えてくれた二元世界にゆるされたリーラ(遊び)は、

楽しめないのではないでしょうか。




危険に果敢に挑戦するものばかりだと、

その種は簡単に数を減らしていき、

やがて絶滅してしまうかもしれません。




挑戦を避けるものばかりだとすると、

その種は新しい能力を獲得することができずに、

環境の変化が起こるとそれに適応することができずに、

簡単に絶滅してしまうかもしれません。




生命には、挑戦による進化によって、

その可能性の謳歌がゆるされているといえます。




二元世界のリーラを謳歌することを、

どうして抑制する必要があるでしょう。




進化、発展は、悪いことではありません。

「いい/悪い」はないのですから。




これを抑制するエネルギーを感じるとき、

「いい/悪いはない」の思考をつかみとった

エゴのトリックの中にある可能性があります。




エゴが覚醒体験をつかみとり

「非二元こそが真実/二元は幻想」によって私たちをだまし、

(そのエゴからみたら、面倒くさい)二元から逃避したときに、

二元世界の進化、発展に対する抵抗、拒絶が起こりえるわけです。




とはいえ、

「非二元こそが真実/二元は幻想」によって

二元から逃避している人も、

「悪い人」ではありません。




「いい人/悪い人」など、そもそも存在しません。




「いい/悪い」をいっている自分がいるだけでした。




世界には「いい/悪い」はない、

「いい/悪い」をいう、「悪い人」がいるだけだ、

というエゴのトリックにだまされていただけでした。




私は、以下の問いと向き合いました。




すべての人のあるがままを認め、

目のまえに現れる、

あるがままの姿と愛し合うことはできますか?




これこそが、私にとって

もっとも難題な要求であったと感じていますが、

これが可能になったときはじめて、

私にとっての世界との和解が起こりました。




ただし、これは無理やり起こることではありませんでした。




自分自身がつくりだしていた

過去との確執の解消によってはじめてもたらされました。




私にとって『誰でも「悟り」プロジェクト』でお伝えしてきたことは、

私に必要不可欠だった、過去との和解の物語です。




この和解の体験でわかったことは、

過去との和解とは、親との和解であったということです。




さらに、親との和解とは、自分との和解でした。




そして、自分との和解とは、世界との和解でした。




世界との和解が起こったとき、

世界に対して一方的に投影していた

世界に対する憎しみが解消されました。




『誰でも「悟り」プロジェクト』でお伝えしてきたことは、

「これはすべての人に起こりえる」 ということです。




私は、「これは誰にでも可能」 だと確信しています。

過去との和解のプロセスに向き合えば。




起こらない理由は、

その人自身の「ここ」(二元世界に戻ってくるための過去との和解)からの

逃避
にあります。




ただしこれは、

すべての人に必要なことではありません。




けれども、

すべての人にこの和解が起こることを祈って――




長い間のおつきあい、本当にありがとうございました。

リニューアル・ブログにて、お会いしましょう!




やまがみてるお




*****




〇〇さんは、悟っていますか?

〇〇さんについて、どう思われますか?

という質問をお受けすることがあります。




悟りは、自分の問題です。




これゆえ、誰かが悟っているとか、

誰かは悟っていないとかは、

まったく関係はありません。




これに気を取られる理由は、

自分に向き合っていないからです。

(このとき、私たちは、悟りから遠ざかります)




悟りに向き合いたいなら、

このような疑問は、

ただの思考の戯れ言だと気づくことが大切かと思います。




このようなことが、

単なる思考の戯れ言にすぎないと気づくことは、

私の説明では、自由意志だからです。




どうしても気になる場合は、それが、

今回の記事で私に起こったような、

「いい人/悪い人」のうその中にいることに気づき、

このうそに向き合う時期が到来したというサインかもしれません。




*****




前回の記事でお伝えした

無意識のエネルギーの操作とは、

内から起こるエネルギーのことです。




私の体験では、

子どものころから受けてきた教育が、

私を操作するようになっていました。




私を操作するものは、

思考や感情として感知されるものもあり、

私の体をつき動かすエネルギーとして感じられることもありました。




前回の記事で取り上げたエネルギーとは、

このようなエネルギーのことをいっています。




*****




今回をもちまして、

『誰でも「悟り」プロジェクト』

コメント欄へのご質問への回答は

終了させていただきます。




ご質問をいただいておきながら、

お答えできなかったものも多々あったかと思います。




お答えできなかったことを、お詫び申し上げます。




*ご訪問、ありがとうございました。

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村


*また、スピリチュアルなテーマに興味のありそうなお友だちや、

 「引き寄せの法則」のさらに先(悟り)に

 興味がありそうなお友だちがいたら、ぜひ教えてあげてね!


私たちにできることは、私たちを乗っ取り、操作している「分離の錯覚がある」と、気づくことができるだけ

01-30(土)10時02分
こんにちは、やまがみてるおです。

ご訪問ありがとうございます。




*ブログランキング、応援お願します♪

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村

はじめてお越しの方は、「こちら」を見てね。




思考観察によって、覚醒体験が起こったあと、

無意識のより深くにある思考が

意識化されるようになっていきました。




が、深いところにあるそれは、

より見たくない思考であったため、

このプロセスは苦しい体験になりました。




見たくない思考によってできた、

見たくない抑圧した感情は、

なかなか意識化することはできませんでした。




抑圧した感情の解放のあと、

自分がエネルギーに支配されていることに気づきました。




エネルギーの支配からの目覚めは、

思考からの目覚め、

感情解放よりも、難しく感じました。




が、それに対しても

思考と同じ対処法で接しました。




エネルギーに対しても、思考と同じく、

「ただ気づく」ができただけです。




無意識のエネルギー的支配に気づき続けることで、

それもやがて、ほうっておくことができるようになりました。




私たちは、さまざまなエネルギーに支配されています。




その原因は、親の教育にあると私は考えています。




すべて、後天的なものといっても、

いいすぎではないと私は思っています。




が、責任を逃れたいエゴは、

後天的なものであると認めることを嫌がるでしょうが・・・。




覚醒体験をつかみとり、

「悟った私」「すごい私」が

私たちを支配することもあるでしょう。




すでに教えはじめている人は、

教師という「すごい私」をつかみとっているかもしれません。




「教える私」と「教えられる他者」という

分離の中にあるかもしれません。




覚醒体験のあった自分に優越性を感じ、

他者を無意識に見下すこともあるかもしれません。




が、「すごい私」の中にあるときには、

これは見えません。




エゴが悟りをつかみとっている状態です。




エゴのうそから目覚める

自由意志はありますか?




この自由意志がないと感じている場合は、

まだエゴの中にある可能性があります。




エゴは非常に巧妙です。




私たちにできることは、

この巧妙さを見破ることだけです。




見破らなければ

(自由意志を行使していなければ)、

うその中。




他者との分離がある限り、エゴの中である証拠。




「自分」と、「自分に対する批判などによって対立する他者」があるとしたら、

それこそが、分離の錯覚の中である証拠です。




思考のうそから目覚めるという自由意志を行使することで、

やがて、ことばや思考としては観察できない

エネルギーが自分を操作していることに気づくかもしれません。




それに気づき続けると、

エネルギー的操作からの目覚めが起こります。




これに気づくまでは、私も、

そんなエネルギーに突き動かされているとは知りませんでした。




エゴは巧妙に私を操作していたわけです。




私たちにできることは、

私たちを乗っ取り、操作している

「分離の錯覚がある」と、

気づくことができるだけ。




これに気づくことが、自由意志。




この自由意志を行使せず、

だまされたままでいたい段階もあります。




*ご訪問、ありがとうございました。

 
 一日ワンクリック!

 少しでもたくさんの人に読んでもらい、

 少しでもたくさんの人の力になれたらと思っています。

 応援いただける方は、ぜひブログランキングの応援をおねがいします!

精神世界ランキング  にほんブログ村


*また、スピリチュアルなテーマに興味のありそうなお友だちや、

 「引き寄せの法則」のさらに先(悟り)に

 興味がありそうなお友だちがいたら、ぜひ教えてあげてね!


TOP次のページ>>

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

やまがみてるお

Author:やまがみてるお
アーティスト
誰でも「悟り」プロジェクト主催

さとりとは
人間にとって
自然な意識状態です。

子どものころ、私たちは
自然にさとりの意識状態で
起こるできごとを
楽しんでいました。

さとりは
むつかしいもののように
感じられているかも
しれませんが
そうではありません。

さとりとは
自分にとっての
自然な状態に戻ること。

自然の、ありのままの自分を
とりもどしましょう!

※現在、コメントへの
 返信はおこなって
 おりません。

 ご質問には、記事のなかで
 お答えさせていただくことも
 ありますので、お気軽にどうぞ。

著書

『スターピープル vol.56』より、連載がスタート!

ぜひ、ご覧ください!

アクセスカウンター

カテゴリ

はじめての方へ―最初にお読みください (1)
応援ください (1)
日々感じたこと (56)
意識の中心―「ゼロ視点」 (19)
願望実現の真実 (31)
スピリチュアル (23)
自我―いつわりの自己 (88)
言葉・思考・概念のトリック (83)
「大いなる存在」につながる (9)
シンクロニシティ―「大いなるものの意図」 (5)
悟り―意識の目覚め (40)
いまここ―時間と空間の幻想 (13)
内なる声―感じる能力 (17)
癒し―感情からの解放 (25)
経済的豊かさについて (1)
常識の虚偽 (40)
記憶の糸 (1)
あるがままの受容 (14)
悟りの時代の訪れ (23)
スピリチュアル・エゴ (5)
私が人生で体験してきたこと (101)
悟りの誤解 (30)
エクササイズ (15)
まんが「悟り」プロジェクト (22)
「誰でも悟りプロジェクト」まとめ (13)
読者さんとの思考観察記録 (13)
著書 (1)
セミナー・ワークショップ・イベント (38)
動画 (2)
アート活動 (9)
お知らせ (6)
おすすめスピリチュアル・ティーチャー (14)
おすすめブログ (0)
ご縁 (1)
絵本の力 (1)
コメント欄の質問への答え (22)
「誰でも悟りプロジェクト」復習 (4)
メディア出演 (10)
真実を知っている視点 (8)
悟りへの3つのアプローチ (8)
邪悪への対処法 (3)
エゴ消滅のプロセス (18)
能力の目覚め (6)
自分の人生を生きる (10)
自責と他責 (6)
悟りの全体像 (23)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事ランキング

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

↓Twitter やってます♪↓

検索フォーム

QRコード

QR

ランキングサイト

精神世界ランキング にほんブログ村 人気ブログランキング FC2ランキング  ブログ総合ガイドの Lisme 精神世界サイトランキングTOP100 blogram投票ボタン

↓↓↓お気に入りのブログ↓↓↓

このブログをリンクに追加する

私の悟りに一役を買った書籍

やまがみてるおの書籍は、以下のインターネット書店でもご購入いただけます。

ブックサービス

お仕事のご依頼

セミナー・ワークショップのご依頼、 執筆のご依頼は、 こちらからお願いいたします。           担当:原田

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright

Copyright(C)Teruo Yamagami 2011-2015 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。